人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2チャンネル「広瀬隆はどこまで・・?」他。

d0136282_1049417.jpg

 国会村は三連休に入ってしまったので裏で何をやっているのか知らないがニュースが入って来ないから私もネタ切れである。あちゃ。今日はTBS「サンデーモーニング」もNHK「日曜討論」もテレビ朝日「サンデープロジェクト」も私には大して面白くなくて、「これだったら平日の方がナンボかマシだな」と思ったりして、その後NHK「囲碁トーナメント」を見るのを途中で止め読売「そこまで言って委員会」へ回したら広瀬隆氏が呼ばれていて、常連たちからは概ね不評だったのには別段何ら意外性はなかったが、話の推移にちょっとだけ興味が湧いて来て検索にかけたら、「広瀬隆は、どこまで信用できるの?」という2チャンネルの古いスレッドがあっていまだになんたら書き込みがあったのである。で、普段2チャンネルには行かない私だけどこれが部分的には結構面白かった。自慢じゃないけどこの人の本は私は買って読んだことは一度もないし、なんというか彼にはキワモノ・イロモノという漠然たる印象を持っているには違いないが、それを言うなら委員会のメンバーだって勝谷にしろ宮崎にしろキワモノ・イロモノ専科の謂わば「評論芸人」以上ではないのだから、彼らがまるで天敵に出会ったかのように広瀬氏を攻撃するのは犬が電柱に小便をかけるのと同様まさに「目糞鼻糞を笑う」そのままで、自分らのショバを防衛しようというケチな了見が見え見え如実であったわけである。

============

セブン-イレブン、弁当値引きを容認 7月18日3時9分配信 読売新聞

 セブン-イレブン・ジャパンが公正取引委員会の排除措置命令を受け入れ、売れ残った弁当などを加盟店が値引きする「見切り販売」を認める方針を決めたことが17日分かった。

 加盟店は今後、仕入れ値を下回らない限り、販売期限間近の弁当などの値引き販売が事実上、自由にできるようになる見通しだ。

 セブン-イレブンは6月22日、見切り販売を制限したのは独占禁止法違反だとして公取委から排除措置命令を受けた。翌23日には加盟店の全額負担だった廃棄損失のうち15%(年間約100億円)を本部側が負担すると発表したが、一部加盟店の反発が根強く、見切り販売の容認を決断した。

 販売容認に当たり、具体的な販売ルールの素案を公取委に提出した。極端な安売りにならないよう「仕入れ値を下回らない範囲」で行うとの内容を盛り込んだ。仕入れ値を下回れば店舗の粗利が減り、本部が経営指導の対価として受け取るロイヤルティーにも響いて双方の経営を圧迫するためだ。今後は公取委と販売方法のルールの細部を調整し、まとまった段階で加盟店オーナーや従業員らに伝える。
最終更新:7月18日3時9分 読売新聞

============

 最近私の生活圏内でもどんどんコンビニが新規開店しているが、その内実たるや「夫婦で昼夜働いても合わせて手取り15万にしか届かない」などという話をテレビで見ると、この業界も「胴元」だけが儲かる賭場みたいな状況なのかと(!)恐れ入谷の鬼子母神状態に陥ってしまうのである。本社も各フランチャイズ店も共に共存共栄で儲かってしょうがないなどという事態が果たして起こり得るのか、私には大いに疑問である。ま、私はQQショップが変身した百円ローソン以外コンビニへ行くことは殆どないからいいんだけど・・。ぁそ。

============

「麻生降ろし」議員は応援せず…自民都議団 7月18日7時12分配信 読売新聞

 麻生降ろしに加担する国会議員は、衆院選で応援しません--。東京都議選で大敗した自民党都議団は17日、「挙党一致で行動しなければ、衆院選で支援しない」とする内容の決議文をまとめ、党本部に提出した。

 都議団は、麻生降ろしの動きが都議選敗退の一因とみており、「党内の混乱が続けば衆院選も大敗する」(都議)として、異例の決議文提出に踏み切った。

 決議文では、麻生首相に批判的な言動をする国会議員を「責任政党の一翼を担っている自覚も責任も全く感じられない」と指弾し、「挙党一致の行動がなされない時は衆院選は重大な決意をもって臨む」とした。

 背景には「麻生内閣の低支持率の下、組織力で都議選を戦うつもりだったが、党内の混乱が従来の『自民ファン』をも離れさせ、組織選挙も崩壊した」(都議)という思いがある。

 この日は、都議選敗北を総括する都連の会議が開かれ、都選出国会議員らも多数出席。都議らから「敗北は国会議員がガタガタして党が一つにならなかったから」「自分の名が売れればいいと、テレビの前で勝手なことをしゃべる国会議員がいる。冗談じゃない」といった不満が噴出。

 矛先を向けられた形の国会議員が「麻生首相が議員の意見を聞いてどんな日本にするか語る場を作るため、(両院議員総会開催に賛成の)署名をしただけ」などと釈明に追われる一幕もあった。最終更新:7月18日7時12分 読売新聞

============

自民党:「麻生降ろし」鎮圧…執行部対応に不信感 2009年7月17日 21時38分 更新:7月18日 1時6分 毎日jp

 自民党執行部が17日、両院議員総会ではなく、議決権のない両院議員懇談会を開くことで押し切ったのは、署名数が開催に必要な128人に満たないと判断したからだ。議員懇が非公開で行われることも決まり、両院総会の開催を求める署名活動の中心となった中川秀直元幹事長らの動きは失速した。しかし、細田博之幹事長ら執行部による「反麻生」鎮圧は、衆院選を目前に党内にぬぐいがたいしこりを残す結果となった。【近藤大介】

 細田幹事長は17日、党本部で中川氏らと会談した際、「署名名簿の中身についていろいろと意見がある」と語り、署名の一部に疑義があるとの認識を示した。若林正俊両院議員総会長も同日の記者会見で「改めて本人の意思を確認し、承知していないのに、署名されているなどのケースがあった」と説明した。

 中川氏らは16日に130人以上の署名名簿を携え、両院総会開催を要求。これに対し、執行部側は個々の署名者に対する意思確認を急いだ。署名した当選1回の衆院議員は同日、党職員からの電話で「次期衆院選の党公認が分からなくなる。選挙区での公明党の支援もどうなるか」と告げられ、署名取り下げを打診されたという。

 両院総会が開かれれば、中川氏らが総裁選前倒しの議決もやりかねない。党執行部には徹底した切り崩し工作しか道はなかった。ただこうした動きは、皮肉にも両院総会を乗り切るだけの求心力を失った麻生太郎首相の窮状を浮き彫りにした。

 21日午後1時からは衆院解散のための本会議が予定され、同日午前11時半に始まる両院議員懇談会に使える時間は1時間余りしかない。マスコミに非公開という党方針も失望感を生んだ。

 執行部のメンバーからも「なぜ麻生首相がそんなに逃げるのか、理解に苦しむ」(谷川秀善参院幹事長)との疑問が聞かれる。両院総会を求めた加藤紘一元幹事長は17日、党本部で「麻生さんは党所属議員を恐れてはいけない。それでは選挙にならない」と、記者団に強調した。

============

自民3648人集団離党…長崎衆院議員の支持者 7月18日19時52分配信 読売新聞

 自民党を離党した長崎幸太郎衆院議員(比例南関東ブロック、無所属)を支持する党員3648人分の離党届が18日、甲府市の党山梨県連に提出された。

 長崎氏は当選1回。2005年の前回衆院選で、郵政民営化に反対した堀内光雄・元総務会長に対する「刺客候補」として山梨2区から党公認で出馬し、比例選で復活当選した。党は昨年6月、堀内氏の次期衆院選の公認を内定。長崎氏は、この決定を不服として離党届を提出。17日に正式に了承された。

 今回の大量離党は、公認を巡る党の決定に不満を持つ支持者が長崎氏に追随した形だが、内部対立やドタバタが尽きない自民党に嫌気がさした側面もある。

 離党届を提出した一人、党員歴42年という駒谷隆利・富士河口湖町議は18日、「党の上層部は言うこととやることがちぐはぐだ。ご都合主義の自民党になってしまった」と語った。

 党山梨県連によると、08年度現在、県連に党費を納めている一般党員数は約1万2千人。県連関係者は「今回離党届を出した自称『党員』の中には、党費を毎年納めず、我々が党員に含めていない人もいる」と話している。
最終更新:7月18日19時52分 読売新聞

============

 離党した人間を捕まえて「元々党費もろくすっぽ払っていねえ奴だからいいんだ」なんて言い出すのは末期症状だ。全国の他の自称「党員」たちの間にもそういう人間が多いということを告白しているようなもんだ。w

============

自民公約づくりは非公開…「反麻生」結集恐れ? 7月18日22時47分配信 読売新聞

 自民党が次期衆院選の政権公約(マニフェスト)の骨子を明らかにしないまま、21日の衆院解散を迎えようとしている。

 作成過程も非公開で、麻生首相に批判的な中堅・若手議員は秘密主義だとして執行部への反発を強めている。しびれを切らして党とは別の独自の公約を掲げようとする議員の動きもあり、党内の不協和音はますます大きくなっている。

 自民党のマニフェストは、公約作成プロジェクトチーム(PT)座長で首相に近い菅義偉選挙対策副委員長のほか、園田博之政調会長代理、石原伸晃幹事長代理ら「インナー」と呼ばれる5人が、6月中旬から秘密裏に会合を重ねて原案の作成を進めてきた。

 17日にPTと公約作成委員会(委員長・細田幹事長)の合同会議が初めて開かれ70項目の政策を盛り込んだ原案が提示されたが、批判が続出。「検討」「調整」「原則」などの文字が並び、財源や政策実現までの工程表も示されていなかったためだ。

 笹川総務会長は「『検討』とか『原則』などの言葉は使うな。やるならやると書け」、尾辻参院議員会長も「役所言葉ばかりで、とてもマニフェストとは言えない。もっと強い表現で書いた方がいい」と厳しく注文をつけた。

 菅氏は幹部一任を取りつけようとしたが、尾辻氏らは頑として認めなかった。 執行部がマニフェストの公開に及び腰なのは「麻生降ろし」が沈静化する前に内容を示せば、「あれが足りない、これを入れろと批判が続出し、党内のドタバタに、火に油を注ぐ」(幹部)と考えているためだ。解散後の24日にも政調審議会、総務会で党内の了承手続きを行ったうえで、内容を公表する予定だが、これが「最初で最後の平場の議論になる」(中堅)と見られている。「反麻生」勢力がマニフェスト反対で結集しないよう、解散後の日程を組み立てたと見る向きもある。

 「反麻生」の急先鋒(せんぽう)、中川秀直・元幹事長も18日のテレビ番組で、党のマニフェストが未公表であることに懸念を示したうえで「我々の意見がマニフェストに入らず、その主張を降ろすようでは、政治家ではない」と強調。党のマニフェストが意にそぐわなければ独自の公約を掲げる可能性を示唆した。

 小池百合子・元防衛相ら東京都選出の有志議員、首相と距離を置く鳩山邦夫・前総務相らも、独自の公約を作成する構えを見せている。

 こうした自民党の混乱ぶりに対し、野党側からは「政党の姿をなしていない」(鳩山民主党代表)と厳しい批判の声が上がっている。最終更新:7月18日22時47分 読売新聞

============

 「非公開」というのは新しいタイプの「劇場型」だろうか?
 それとも単なるアラ隠しの秘密主義?

============

津島雄二氏、衆院選不出馬 「いろいろ考えて」2009年7月19日13時36分
asahi.com

 自民党税制調査会長で津島派会長の津島雄二衆院議員(79)=衆院青森1区=が1カ月余り先に迫った次期衆院選に立候補しない意向を固めた。19日朝、地元の党県連幹部に伝えた。

 関係者によると、県連幹部のもとに津島氏本人から電話があり、「いろいろ考えて引退することにした」と話したという。津島氏は19日午後4時から、青森市内の事務所で記者会見し、正式に政界引退を表明する。

 津島氏は1953年に当時の大蔵省に入省。参事官などを務め、76年の衆院選で初当選した。厚生相などを歴任し、05年11月から党内第二派閥の津島派会長を務めている。現在11期目。

 次期衆院選の青森1区には津島氏をはじめ、民主、社民、共産などから6人が立候補を表明、激しい選挙戦が予想されている。大票田の青森市では4月の市長選で、津島氏と支持層が重なるとされる当時の市長(76)が通算6期目を目指したが、「高齢・多選」を批判されて大敗。津島氏にも「高齢・多選」がつきまとっているうえ、このところの自民への逆風も重なり、支持者の間には次期衆院選への危機感が広がっていた。

============

 この人も当落が微妙と危ぶまれていた自民幹部クラスの一人である。

============

 というわけで、↓ 以下が私が今日見た2チャンネル「広瀬隆はどこまで信用できるの?」の気になった箇所である。

>311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/19(日) 17:41:45 ID:iyhOXpPV
1975 昭和天皇初訪米&初公式記者会見
http://jp.youtube.com/watch?v=4b6VuxlBUYI
原爆についての発言
「広島市民には気の毒であるが、止むを得ない事」
原爆投下そのものを肯定する発言で、しかも長崎は完全無視
これで皇室に敬意を抱けと言われてもちゃんちゃらおかしいw

>355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 03:59:08 ID:9VG5s+md
141 名無しさん@3周年 sage 2009/06/29(月) 14:09:26 ID:NYBg+6IZ
618 :不良債権問題と機密費とヤクザ:2005/08/24(水) 18:44:57 ID:a9EgD95r

元内閣安全保障室審議官が2チャンネルの真実を暴露
「2chの書き込みが膨大な内閣機密費を使って行われていることすら知らない若者が多いのには驚く」
と簡単に軍需利権に煽られる単細胞な若者の無知に元カナダ大使館公使が警告した。
「2チャンネルの書き込みが、当初と違って右傾化、政権擁護的になってきているのは、
権力者がネットの影響力に気づいて、機密費を使って役人や「さくら」に書き込ませ、世論誘導をはかろうとしているからだ。
これはもはや知る人は知っている。実に卑劣な手口だ。」
,,,これは,もはや知る人は知っている。
http://www.amakiblog.com/archives/2005/07/05/
http://www.shii.gr.jp/pol/2001/2001_02/2001_0218.html
首相 何に使われるか申し上げるわけにはいかないわけですから、そのことがいいか悪いか、
私が申し上げる立場ではない、こう申し上げています。
志位 許されないこととはいえませんか。つまり、(「機密費」の目的は)「国の業務を円滑にする」
というんでしょ。国会対策というのは、党派の問題でしょ。こういうものは許されないといえませんか。
『内閣機密費の闇』
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/isiikoki09.htm

============

 内閣機密費の使途が割れてしまうことも自公が政権交代を怖れる理由の一つである。つまりは政権は適宜交代して風通しを良くしておかないとどこまでも腐敗するものなのである。

============

cf.天木直人blog.
cf.広瀬隆website「地球の落とし穴」

============


1975 昭和天皇初訪米&初公式記者会見
 ↑ この記者会見のことは微かに覚えているが、記憶の中心は天皇が広島について言及された直後に「テレビは見るが何を見ているかは言えない」と答えて記者団を笑わせたところだった。

by musasinokosugi | 2009-07-19 20:19 | 時事