人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

時局&金融工学。

d0136282_5255145.jpg

 『マネー資本主義』という奥歯にモノが挟まったようなわけわからないタイトルのNHK特集全5回が昨夜終わったが「で、どうなんだ!?」(小田実)というと大事なことは何も言っていないという印象である。
①いわゆる「金融資本主義」なるものが資本主義の究極の姿であるのかどうか。
②資本主義の過去と現在に対する根本的な批判とそれに対して資本主義を擁護する側からの反・批判はどこでどう噛合っているのか。
③世界経済の行く末、なかんずく今や「ドル本位制」とも言うべき現在の世界の基軸通貨=ドルに未来はあるのか・・等々切り込むべき課題は山ほどあるが、NHKはその周辺を当たらず触らず徘徊してお茶を濁しただけである。スポンサーも持たないNHKはいったい誰に何を遠慮しているのかと言えば、その視線の先にあるのは自公政権と霞ヶ関だけだと言っていいのである。「政権交代」はかかるメディア内部の風通しも俄然良くする筈である。

 で、昨夜のゲストたちは「遠慮がちに」ではあったが少しずついいことを示唆していた。「各国マネーが(かつての肉弾戦の)代理戦争をしている」だとか「公益資本主義の視点が必要だ」とか、或いは「マネー投機」ではなく「(農業等)地場産業への地道な投資が必要だ」とかである。
 最後の「地場産業育成」について言うなら、これは単に日本国内においてのみ要請されていることではなく、全世界規模で「もの作り支援」が緊急に要請されていることは自明であるが、現実には「モノを作っていたんでは食って行けない(!)」民が世界中に溢れている上、「モノを右から左へ動かすだけ」更には「何も作らず動かさず単にデータを打ちかえるだけの人間が瞬時にして膨大な利潤を獲得してしまう」体制が世界を覆い尽くしているのであり、これこそが「金が全ての世の中」のぶっちゃけた姿なのである。
 この「ウォール街の投機合戦」に学問的権威付けを与えたのがいわゆる「金融工学」なる「学」で、複雑な数式を駆使してやっていることは、要するに確率論に基づく「投機の合理化」であり「リスクの可能的分散化」なのであって、「サイコロの出目にだって理屈がある(!)」と言っているようなもので元よりこんなものが学問の名に値するものかどうか、私には甚だ疑問である。だいたいが金を貸して利鞘を稼ぐなんてことが経済の中心になっていい筈もなく、古来人間存在は「モノを作ってナンボ」だったのである。

============

2009衆院選みやざき:「中山氏指示で党本部へ」 除名の自民支部幹部が証言/宮崎 毎日jp

 次期衆院選宮崎1区で、自民県連の決定に反して中山成彬氏擁立を画策したとして、自民1区支部幹部2人が18日、除名された。除名された大村嘉一郎副支部長は「中山氏の指示で党本部へ行った」と中山氏側の事前工作があったことを認めた。県連内からは中山氏自身の除名を求める声も出ており、県連と中山氏側との溝は深まるばかり。解散目前のお家騒動に党員からは悲鳴も上がっている。【種市房子】

 党紀委員会で除名が決まったのは、大村氏と久島時夫幹事長。

 大村氏は「約3週間前に中山氏の後援会から『中山氏を推薦する書類に署名なつ印してほしい』という依頼書が届いたため16日に支部総会を開いた。党本部に行ったのも1区支部長の中山氏の指示だった」と説明した。

 党紀委に先立って開かれた県連総務会・支部長会では、中山氏への批判が続出した。緒嶋雅晃・県連会長は冒頭あいさつで中山氏擁立の動きを批判したうえで「県連が決めた1区公認候補者は上杉光弘・元参院議員だ」と述べ「党本部が中山氏を公認するならば、県連会長を辞任する覚悟だ」と息巻いた。

 参加者からも「国会議員引退という重大な決意を公言し、それを撤回する中山氏の行為は政治家として許されない」「中山氏は07年の知事選でも県連推薦候補とは違う人物を支援したうえ、共倒れに終わり、県連の厳重注意を受けた。この時の処分は軽かったが、今度こそ除名処分を」との意見も出された。

 逆に、この会場で「中山氏を支援する」と述べた1区支部幹部は「不適切な発言があった」として党則を順守するよう勧告された。

 緒嶋会長は22日にも党本部を訪ね、上杉氏を公認するよう求める方針だ。

============

2009年7月19日 16時54分 ( 2009年7月19日 19時17分更新 )
比例は民主36%、自民15% 共同通信、電話世論調査

 共同通信社が18、19の両日、衆院選への有権者の関心度や政党支持の傾向を探るために実施した全国電話世論調査で、比例代表の投票先政党で民主党が36・2%に上り、15・6%だった自民党の2倍以上に達した。前回2005年衆院選の第1回トレンド調査では自民党が31・5%、民主党15・2%だったが、完全に逆転した形だ。ただ「まだ決めていない」の回答が34・7%あり、情勢が変化する可能性もある。

============

 比例区の投票先も党首の人気度も、どこのどの新聞社の調査においてもダブルスコア以上に離されているため、自民候補の戦術は「自民隠し」に走ることが多いのだが、政党政治の根幹を否定するようなこういう姑息な手段で最近成功したのは千葉の森田健作だけである。知恵もなくした自民党はオタオタするばかりだ。

============

自民の危機的状況象徴 津島氏引退 『河北新報』

 自民党津島派会長の津島雄二党税制調査会長が19日、政界引退を表明した。高齢多選批判で苦戦が予想されていたことに加え、衆院解散をめぐる党内混乱で自民党への逆風がさらに強まったことが、第2派閥の領袖を追い込んだ。解散直前、重鎮の唐突な行動は自民党の危機的状況がにじむ退場劇となった。

 79歳、当選11回。批判の風圧は本人が一番感じていたに違いない。4月の青森市長選で、通算6選を目指した盟友の自民系現職(76)が元県議の新人に敗れ落選した。

 津島氏は記者会見で「(盟友の落選も)一つの要素。高齢多選に対する批判が流れとしてある」と述べた。
 津島氏自身も前回衆院選(2005年)で、高齢・多選を批判した民主党候補に1万5000票差まで迫られていた。

 任期中に首相が3人も交代し、迷走を続けた自民党政治も、保守地盤が頼りのベテランにはこたえた。

 青森市の医師有志が昨年10月、後期高齢者医療制度の廃止を求めた。厚相を2度務めた津島氏のおひざ元で起きた「反乱」には、影響力の陰りが見て取れた。05年、第2派閥の旧橋本派を継ぎ、会長に就いた。党税制調査会長として社会保障の安定財源確保などの税制改正論議をリード。中央政界では存在感を示した。

 中川秀直元幹事長らが両院議員総会開催を求めて署名簿を集めた16日には「麻生降ろしに使われるなら、署名を引き揚げる」と表明。反麻生グループの鎮圧に一役買った。津島氏は「なんとか(党内の)意見の食い違いは収まった」と強調したが、有権者に渦巻く突風のような自民批判を抑えることにはつながらなかった。

 「結論は一人で出した。わたしより政治経歴の長い人は党内でもそんなにいない。相談できる立場ではない」と語った津島氏。33年の政治キャリアに幕を引いた。(解説=青森総局・一条優太、報道部・藤本貴裕)


●会見要旨
 19日の記者会見で政界引退を表明した津島雄二自民党衆院議員の会見での発言要旨は次の通り。

 【次期衆院選への不出馬の理由】わが党の将来、日本の政治も、若い人が素直な目で次の時代を切り開いていく必要性を感じた。高齢、多選に対する批判は流れとしてある。政権交代という主張などチェンジしてもらいたいという流れが(世の中に)あるということを見落とすことはできない。

 【党内情勢について】いろいろな意見の食い違いがあったが、両院議員総会ではなく、(両院議員懇談会で)意見を述べ合うということに収まったのは大変結構だ。選挙直前に風向きが厳しくなると、政策に異論を唱える人が出てきた。そういう状況で、自民党は解党的な出直しが必要だと確信している。
 閣僚の中からも(両院議員総会で)意見を交換する必要があるというのは、誠に奇異な感じがする。経済政策の中心になってきた人が、これまでの努力とは別に、何かほかの意見があるかのように行動したことに強い違和感を覚えている。

 【後継者について】わたしの政治哲学をよく理解する人に引き継いでほしいが、有権者の意見を踏まえて県連が決めることなので、静かに待ちたい。
 【派閥会長職の後継について】(派内の)何人かにわたしの決断を連絡して、みんなで相談してくれと伝えた。(意中の人は)いない。お任せする。

 【今後の政治とのかかわり方】党内の大きなグループを率いてきた経験は、今後も役立つと思っている。歯に衣(きぬ)着せずに与党に対しても野党に対しても、間違ったことはいけないという発言をしていきたい。


◎「寝耳に水」党に戸惑い

 自民党津島派会長を務める津島雄二税制調査会長が19日、引退を表明した。追随する議員はいないとみられるが、派閥領袖の突然の引退表明は党内に少なからずショックを与えそうだ。

 自民党選対幹部は19日、津島氏の選挙情勢に関し「青森市長選で自民党系の現職が落選するなど厳しい情勢だった」と明かした。党内ではこうした「個別事情」(幹部)との受け止めが大勢だ。

 ただ首相の政権運営がこのような状況につながったことは否定できない。参院幹部は「自民党の窮状をまともに受けた決断。本来なら派閥領袖として先頭に立って選挙を戦うべきだろうが、ぶざまな敗北を喫して晩節を汚すよりは自ら身を引く道を選んだのではないか。引退はせずとも同じ気持ちのベテランも多いだろう」と指摘。若手は「派閥領袖の解散直前の引退表明だけに議員心理に相当マイナスの影響がある」と懸念を示した。

 津島派の船田元・事務総長は談話で「全く寝耳に水だった。厳しい選挙に向かって陣頭指揮を執ってもらおうとしていた矢先の表明で、戸惑いを隠せない」としながらも「津島派として早急に態勢を整えて選挙に臨む」と強調した。津島派の後継会長には額賀福志郎会長代理の昇格が有力とみられるが、調整は衆院選後になる可能性もある。2009年07月20日月曜日

============

 中央では自民党第二派閥の会長が交代になるというだけのことかも知れないが、地元紙ではこのニュースが大きく取り上げられており、総選挙の票の一票一票は何も中央で一括処理されるわけではないので(!)これが大きいのである。

============

衆院、あす解散 8・30総選挙 2009年7月20日 『中日新聞』朝刊

 麻生太郎首相は21日午後、衆院解散に踏み切る。その後の臨時閣議で「8月18日公示-30日投開票」の総選挙日程を決定する。各党は公示を待たず、2005年9月の郵政選挙以来、3年11カ月ぶりの選挙戦に事実上突入する。麻生内閣が支持率低迷にあえぐ中、民主党が政権交代を実現できるかが最大の焦点だ。政権選択の選挙が、ついに始まる。

 首相は21日午前の定例閣議で衆院解散を正式に表明し、解散詔書を閣議決定する。詔書には、全閣僚が署名する見通しだ。

 衆院本会議に先立ち、自民党は党本部で、議決権のない両院議員懇談会を非公開で開く。懇談会には首相も出席し、東京都議選など一連の地方選敗北を総括した上で、衆院選に臨む決意などを示す。

 懇談会では中川秀直元幹事長ら、首相に批判的な勢力から首相の責任を追及する声が上がる見通し。

 懇談会を非公開とすることへの批判も党内外で高まっており、紛糾する展開も予想される。

 首相は選挙戦では、最優先で取り組んできた景気対策の成果をアピールするとともに、外交・安全保障分野を中心に民主党の政権担当能力を問う構えだ。

 しかし、首相に批判的な自民党候補が、公然と党の方針に反する政策を訴える「分裂選挙」となる様相が強まっている。こうした中で与党が過半数を確保し、首相が政権を維持できるかは予断を許さない状況だ。

 一方、民主党は不人気の首相による解散を歓迎。混乱する自民党を尻目に、選挙活動を本格化させている。政権交代が現実味を増す中、社民党や国民新党との連立協議も加速させる方針だ。

============

cf.金融工学とは何か?
cf.金融工学ウィキペディア
cf.金融工学入門

============

by musasinokosugi | 2009-07-21 05:32 | 時事