人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

政治にインパクトを。

d0136282_173944.jpg

秋を迎えて「いっせぇのせ!揚げずに空揚げ、揚げずに空揚げ、揚げずに空揚げ・・引き分けっ」のコマーシャルがまた放映されるようになった。このCMは私も好きだが人気があるのだろう、おしゃまなお姉さんと素直な妹、そのやりとりを聴きながら調理に励むお母さんという構図が絶妙で、短い時間内に「普通の」家庭のほのぼのとした風景が凝縮されて描かれている。ただ私に気に入られても今のところ売り上げには全然響かないのだが、でも今度スーパーへ行ったとき覚えていたら一度買ってみたい気はする。ぁそ。CMというと「3Bの原則」というのがあって、ビューティ、ビースト、べィビーのいずれかを組合わせて使えばヒット間違いなし(?)ということである。このCMでは場所がキッチンなのでビースト(動物)は出ていないがビューティ(美人)のママとベイビー(姉妹)は出ている。ビースト(動物)で言うと、「アフラック」「ニャフラック」のCMは私は嫌いだが印象には残る。印象という点では、奥さんが床下や押入れに隠れて金勘定をしているところを暴かれるCMも不愉快この上ないが、インパクトは強烈である。CMは何よりもインパクトなのである。円谷プロが小泉ポチを絶賛して声優に起用したのもこれだろう。ポチ本人が「断るつもりだったが進次郎が《政治とは関係ないから(!)是非やってくれ》と言うから受けた」などと解説するのも見え透いた茶番そのものだが、これで年末のウルトラマン映画の入りが良くなれば興行側は文句ないわけで、《人生すべて芝居》(シェイクスピア)ということだろう。ついでに言えば、森田健作などは間違ってギリギリセーフで当選した《最後の自民系知事》だから「言いたい奴には言わせておけ」でいいのである。ほら吹きの奴に次はないのだ。

============

給油継続法案提出「俎上にない」=臨時国会に-岡田外相
 
【イスラマバード時事】岡田克也外相は12日、来年1月で期限切れとなる海上自衛隊によるインド洋での給油支援活動に関し「延長しようとすれば新しい法律が要る。臨時国会でどういう法案を審議するかの方針が政府の中でほぼ固まりつつある状況で、その俎上には載っていない」と述べ、活動延長のための法案を26日召集予定の臨時国会に提出することは現時点では検討していないとの立場を強調した。 
 外相は、給油活動について「単純延長はしないと言っているが、それ以上でも以下でもない」と改めて語った。イスラマバードで記者団の質問に答えた。(2009/10/12-21:15)

============

小沢チルドレン研修初日に14人も欠席 日刊スポーツ10/14

 民主党は13日、衆院選で初当選した新人議員143人に対し、議員のイロハをたたき込む研修をスタートさせた。しかし、大事な大事な初日から14人が欠席した。選挙応援など理由を伝えた議員もいたが、無届けもあった。山岡賢次国対委員長は「社会人としてのルール。出欠は厳しく言っていく」と不快感を示し、小沢一郎幹事長も「そういうことはいけません!」。党躍進の原動力になった新人議員だが、大所帯の混乱を予感させる船出だ。

 13日、始まった新人研修は、143人を集めた全体会合。控室の出入り口には、机の上に全員分の名札が並べられ、到着した議員はそれぞれ名札を手に、室内に入る手順が取られた。初日は議員のマナーや歳費、議員パスの使い方など初歩的な内容が説明された。

 それより大事な話があった。冒頭、山岡氏は「皆さんはダイヤモンドだが、次の選挙で勝って初めてダイヤモンド。そうでなければただの石だ」「皆さんが次の衆院選に勝てば、政権は維持できる。わが党の命運をしょっていることを、ゆめゆめ忘れないように」。次回選挙で勝つことの重要性を、何度も説いた。

 しかし、会が佳境に入っても10以上の札が残ったまま。最終的に14人が姿をみせなかった。残った名前は、党職員が名簿を手にしっかりチェック。これには、山岡氏もご立腹で、報道陣に「私も、地元の会合などは定刻に始める。社会人としてのルールだ。初日だからいろんな事情はあると思うが、出欠のことや遅刻はしないよう、しっかり管理したい」と苦言を呈した。

 「小沢ガールズ」や、神奈川11区で自民党の小泉進次郎議員と戦った横粂勝仁議員ら話題の面々は、出席率100%。一方、欠席した議員の事務所は、取材に「選挙応援」や「地元の日程」を理由に挙げた。中には「研修があることを知らなかった。事務的な連絡ミス。秘書も新人なので…」という無断欠席も。欠席者が多かったためか、三宅雪子議員によると、先輩議員が「委員会や会議には必ず出席しなさい。出席することが1つの仕事だ」と、繰り返し説いたという。

 何事も最初が肝心。欠席者が10人を超え、党側も怒りを隠せない。13日夕、定例会見に臨んだ小沢氏も、無断欠席があったようだと指摘され「そういうことは、いけません ! 」と、不機嫌になった。2日目の14日は、小沢氏が出席予定という。剛腕幹事長が登場となれば、さすがに全員出席となりそうだが…。 [2009年10月14日8時43分 紙面から]

===========

 選挙応援だとか、日程が入っただとか、単純な連絡ミスだとか、今から言い訳ばかりしてどうするんだ?!
 初当選で浮かれてまだキャバクラ通いしているんじゃないのか?!
 行きたくないから行かなかったんだろう。
 欠席者は処分しろ!なんちゃって。w
 これでは小泉チルドレンの二の舞になる。それにしても今頃新人研修なんて遅過ぎるんじゃないのか。自民党みたいに幹部だけがかろうじて生き残っても困るだろうが、民主党では水脹れ状態の「その他大勢」的新人議員たちのレベルは実は相当低いのではないかと私は危惧している。「ああせい、こうせい」と中央からの指示あまただろうが、その指示も「優先順位」をはっきりメリハリつけて行わないと、新人さんたちはてんてこ舞してしまうのではないか。

 で、小沢さんが「いけません!」と記者会見で繰返し叱責した欠席者13名の内訳をテレ朝が緊急取材したというのであるから、もー、大変な騒ぎだ。w

1.予め地元で予定が入っていた・・これが11名。
2.海外で予定が入っていた・・これが1名。
3.新人研修が開かれること自体を知らなかった・・これが約1名。

*小泉チルドレンへの当選後のケアや教育が自民党はまったく不十分だった。ご案内のように杉村太蔵に至っては立候補さえ禁じられたのである。結果80名の新人議員のうち2回目の当選を果たしたのは離党組も入れて10名に留まった。
「新人議員の一番の仕事は、続いて2回目の当選を果たすことだ」というのが、田中派以来の小沢さんの金科玉条的鉄則だと言う。一にも二にも「選挙!選挙!」が小沢流なのである。樹から落ちても高速道路を歩いてもサルはサルだが、議員さんは選挙で落ちたらたちまち秘書もろとも失業して、その日から只の人である。「選挙が大好き、辻立ち大好き、握手大好き、陳情大好き・・」でないと議員さんは務まらない。

 新人研修の初日の内容は、福利厚生や事務手続き等のオリエンテーションが主体だったという。その中には「議場では携帯で《写メ》をしてはいけません」とかいった子供みたいな注意事項も含まれていたというのである。かつて自民党のいい爺さんが本会議中携帯でゲームをして遊んでいたことを思えば、これも当然の帰結だろうか。
 三宅雪子議員が衆院議員になって最初に驚いたことは「行く先々で衛視等に《最敬礼》されること」だったと言う。「初心忘るべからず」で行って欲しいものであるが、福祉問題に取組みたかったという彼女や福田えりちゃんは、昨日7つの会議を駆け回ったというのである。あちゃ。うち各省ごとに開かれる《政策会議》なるものは自民党の《族議員》たちの跳梁跋扈したいわゆる《部会》に替わるものとして「地元や各議員の要望を《閣議》等上部機関に上げて貰うべく努めることを骨子とする機関だという触れ込みだが、これも形骸化すれば自民党の《部会》と大差ないものに収斂していくしかないだろう。地元支持者との間の茶飲み話ではイッチョマイの言辞を弄するが、百戦練磨の党幹部を前にすると言いたいことの半分も言えないということでは困る。野党時代と違ってどんな政策実現にも財政的裏づけが必須であることは言うまでもないが、だからと言って旧自公政権の担い手たちにそれを追求する資格など皆無なのである。彼らこそが丼勘定の大盤振る舞いを連発してこの国の財政を逼迫させた張本人だからである。

============

2009年10月14日 16時55分 共同
羽田、成田すみ分けで合意 千葉県知事と国交相が会談

 前原誠司国土交通相と千葉県の森田健作知事が14日、国交省で会談、羽田空港と成田空港の役割分担をめぐり(1)両空港を一体的にとらえ合理的なすみ分けをする(2)これからは誤解のないよう意思疎通する―ことで合意した。森田知事は会談後、記者団に「原則的に国内線は羽田、国際線は成田という原則を国交相に確認した」と述べ、その枠組み内で羽田の国際化に「柔軟性を持つ」とした。

============

 GYAO!で洋画を見た。

コントロール

 これは何と言っても主演のレイ・リオッタの病的人間の演技が良くインパクトが強いのである。
 昔アランドロンも病的な青年をしばしば好演したが、この彼の場合異様な部分を更に特化している印象があって、普通のデートの場面までもが一層不気味で怖いのである。航空機パニックの映画「乱気流」でも彼の目が怖かった。汗。

コントロール(2004) - goo 映画コントロール(2004) - goo 映画

乱気流 タービュランス(1997) - goo 映画乱気流 タービュランス(1997) - goo 映画

============

by musasinokosugi | 2009-10-14 17:40 | 時事