人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お寒い季節。

d0136282_1954376.jpg

 cornerstoneという言葉をオバマが使ったというので、従来の「沖縄は太平洋のkeystone(要石)である」という言い方とどう意味が違うのかと思って「cornerstone obama」で検索にかけたら、これは今割合ポピュラーな言葉らしくいろいろな場面で使われていて、鳩山総理が使ったというニュースもあった。ちなみに「コーナー」とは「ホットコーナー」のコーナーであってcornerstoneも同じく「要石」と訳されている。メディアのみならず、拉致被害者家族会も、広島・長崎の両市長らもこぞって先のオバマ来日講演を歓迎しているようで、オバマを「褒め殺し」にする含意があるのかどうか知らないが、誉め過ぎではないかと思えて来る。彼が売り物にしている「核廃棄」の提言にしても、彼は自分の生きている時代には実現困難だと何度も繰返し言っていて、「それはあくまで理想論だ」⇒「理想論だから今急いでやらなくてもいいんだ」と「来世・彼岸」の課題へとぐんぐん遠ざけて行っているようにしか、私には見えない。「何であれ彼は屋根に上がってしまったんだから取りあえず梯子を外してしまえ」「よいしょして褒め殺しにしろ」という作戦?もあっていいだろうが、これは正攻法とは言えない。我々は何も従来の対米べったり派たちのように卑屈になる必要はさらさらないのである。お伽話はあくまでお伽話であってそんなものに真面目に期待する必要はない。*オバマの今回の、極東歴訪の順番というか順列組み合わせというか「優先順位」の立て方は巧妙だった。これが先に中国へ行って三泊したり、或いは日本を23時間の滞在で収めておいてその後直ちに中国へ向かったりしたらうまくなかっただろう。笑。近々GDP世界第二位に躍り出ようという中国は昨年の「北京オリンピック」に引き続き来年は早くも「上海万博」の開催と、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いである。「軍事部門」=「世界の憲兵」としての役割はアメリカに任せておいて、自分はまず経済的に優位に立とうという「国威発揚」戦略は(万事うまく行くかどうかは別として)したたかで巧妙と言うしかない。我が老人大国としてもこの大国の露骨なパフォーマンスを眼前にして、いつまでもアメリカの手駒・子分・イエスマンであっていいわけがないのである。

============

 これも民主党新政権の日和見主義故か、世の中急速に冷え込んで来て寒いったらありゃしない。困ったものである。岡田外相の「日米安保を前提とすれば沖縄県民には引き続き我慢して貰うしかない」などという発言は自民党旧政権以上に開き直っていて、「ばかやろう、だったらそんなことは選挙の前に言え!」ということなのである。岡田は「密約公開」も来年に先送りしてしまったとんでもねえ裏切り・背信野郎だ!*ニクソンの頭越しの電撃訪中から米中国交回復を見ればわかるように、アメリカは極東戦略遂行上日本の政治的助力などは端から伝統的に必要としておらず、必要なのは沖縄乃至は日本本土の米軍基地だけなのである。中国もロシアも北朝鮮も、日本にアメリカとの駆け引きの間に立って貰いたいなどとはさらさら思っておらず「あんた何なのさ!?」というスタンスなのである。はっきり言えば戦後一貫してアメリカの腰巾着・野幇間の役割しか担って来なかった日本の出る幕は無くなりつつあるのである。かくなる上は「大東亜共栄圏」の再来かと言われもする鳩山首相の「東アジア共同体」構想を高らかにぶち上げるくらいしか我々の存在誇示法は見当たらないのではないか。「基地があったから(太平洋戦争で)真珠湾は真っ先に叩かれた(←更には米政府は敢てそれを黙認した)」という議論もあるように、沖縄の米軍基地などは県民は元より我々には百害あって一利もない無用の代物である。朝鮮戦争を見よ。ヴェトナム戦争を見よ。在日の米軍基地はアメリカがアメリカの戦争をするために現状必要不可欠のものなのである。 

============

2009年11月16日 09時56分 共同
国民新・亀井氏が新党結成を打診 新党日本と平沼グループに

 国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)が、新党日本と無所属の平沼赳夫元経済産業相が率いる「平沼グループ」に年内の新党結成を打診していることが16日、分かった。新党に先立ち衆院での早期の統一会派発足も検討中だ。関係者が明らかにした。国民新党は民主、社民両党と連立を組んでおり、新党結成でも連立政権にとどまる意向。来年夏の参院選に向け、与党内で存在感を高める狙いがある。

============

 私はよくわからないんだけど、田中ヤッシーは亀ちゃんの選挙応援に入ったとは言え、目指すところは亀ちゃんとは隔たっているように思うし、平沼グループというのは郵政では一致しても、合流するならどうも「改革クラブ」等他の政党を望んでいるのではないかと推測されるのであるが、気の無いような素振をみせながらも、実は「大臣ポスト(の確約)」を欲しがっているのかも知れない。
「みんなの党」はどうか。霞ヶ関改革なら渡辺嘉美に任せた方が真面目にやるような気がするが官公労が彼を嫌っているのだろうか。本人も現与党に混ぜて貰いたいようなことを言っているが、これも本音はよくわからない。w
 小沢さんが「(与党が増えるのだから)プラスになることはあってもマイナスになることはない」と亀ちゃんの新党構想に賛意を表したというのは、自民党の更なる分断を考えてのことだろう。彼はまだまだ今後も一人二人とボロボロ歯が欠けるように自民党から離党者が出て来ることが望ましい展開だと考えているのである。ということはどういうことか。「ポスト民主」の将来の対抗馬としては、今ある自民党は相応しくないという判断が働いているのである。

============

3空港論議、待ったなし…関空への補給金「凍結」
関係者らに危機感

 政府の行政刷新会議の「事業仕分け」で16日、「凍結」と判定された関西空港会社への補給金(概算要求160億円)。会議で、仕分け人からは「補給金は単なる延命策だ」など、関空支援の“対症療法”に厳しい意見が相次ぎ、凍結解除の条件として大阪(伊丹)、神戸を含めた関西3空港の役割分担を決めるよう、国土交通省や地元に注文を突きつけた。

 仕分け人は「160億円をつぎ込んでどうなるのか。傷口にばんそうこうをはるぐらいでないか」と、必要性を追及し、同省の甘い需要予測を「極端に言えば背任行為だ」と切って捨てた。

 予算を査定する財務省担当者も「抜本的解決策を得ることなく漫然と補給金に依存することに、国民の理解を得られるのか」と加勢し、国交省側は「これまでの航空行政のつけがきている。抜本的解決策や戦略が必要で、地元の意向を聞きながら戦略会議を設け、解決策を構築しようとしている」と釈明に追われた。

 「凍結」判定を受け、同省の上原淳・関西国際空港・中部国際空港監理官は「関空の財務構造の抜本改善が必要という認識は理解してもらったと思うが……。関西3空港のあり方については、今後持ち帰って検討したい」と肩を落とし、会場を後にした。

 関空を「ハブ(拠点)空港」として位置づけるよう国に迫ってきた大阪府の橋下徹知事はこの日、子供の新型インフルエンザ感染で自宅待機。府幹部から電話で報告を受け、対応を協議した。

 中村誠仁・府空港戦略室長は、「財務省原案が固まるまでに、ノーアイデアであれば、補給金がゼロになる危険性がある。ただちに議論を始めるべきだ」と危機感を募らせた。

 大阪(伊丹)空港の地元で、大阪国際空港周辺都市対策協議会(11市協)の会長を務める藤原保幸・兵庫県伊丹市長は、「関西圏には2000万人おり、3空港で滑走路5本は多すぎるとは思わない。3空港を生かし、伊丹でもうけた分を関空の支援に回すといった補完関係になる枠組みを作ってほしい」と話した。
(2009年11月16日 読売新聞)

============

嘉手納町長、「普天間」嘉手納統合案に反対表明
11月16日12時46分配信 読売新聞

 沖縄県訪問中の岡田外相は16日午前、米軍普天間飛行場(宜野湾市)と嘉手納基地(嘉手納町など)を視察し、地元首長と意見交換を行った。

 宮城篤実・嘉手納町長は、外相が普天間飛行場の嘉手納基地への統合を模索していることについて、「現状でも嘉手納基地の負担は増加している。普天間を持ってきて、それから負担を軽減するのは、とてものめない」と反対する考えを表明した。

 外相は「統合案は騒音レベルが今以下になることが大前提で、そうでなければ案にならない」とした上で、「現状の嘉手納の負担を軽減した場合にどうなるかを(米側に)問うてみたい」と述べた。最終更新:11月16日12時46分

============

恐るべき自民潰しの小沢戦略 09/11/16ゲンダイネット

 自民党が、民主党の小沢幹事長が導入した「陳情システム」に真っ青になっている。民主党が導入したこのルールはこれまでの自民党政治をガラリと変えるものだ。自民党政権時代、業界団体や自治体の首長は、議員に陳情し、役所に話をつないでもらっていた。それを所属議員が役所に接触することを禁止。陳情は幹事長室で一元管理することになった。その結果、自民党の地方組織はズタズタにされ消滅へと向かう。それは国民の手に政治を取り戻す本物のこの国の改革だと専門筋は言う。小沢戦略はそういう意味で自民潰しといえそうだ。

============

2009年11月16日 『日刊ゲンダイ』掲載
イタタッ! 自民党谷垣総裁 泣きっ面に“針”

 自民党の谷垣禎一総裁(64)がサイクリング中に転倒し、顔を数針縫う大けがを負った。ああ見えてサイクリスト。なにせ今月からスタートした全国行脚も自転車で、という張り切りよう。「みんなでやろうぜ、党再生」なんて叫んでいたが、張り切り過ぎたようだ。

============

 この夏の総選挙で民主党の銀輪部隊が大活躍したからと言って、今更そのスタイルを真似てどうするんだ!?外見や格好の問題か!?
 「張り切り過ぎ」と言うよりも、「背広姿で自転車」では昼休みにちょっとその辺に蕎麦でも食べに行くようで、センスが悪過ぎると私は思う。

============

2009年11月16日 『日刊ゲンダイ』掲載
“世も末”のアホ現象「市橋ギャル」ネット中心に大量出現

 リンゼイさん事件で市橋達也(30)が逮捕された直後から、ネットに市橋をアイドル視する「市橋ギャル」が大量発生中。「捕まった時の、顔に垂れかかる黒い巻き髪に萌え~」「完全にタイプ」などなど。専門家によると、女性は弱ったイケメンには母性本能をくすぐられる傾向があるという。ミステリアスな犯罪者に少女マンガの主人公のように憧れを抱く女もいる。世も末か。

============

「事業仕分け」1兆125億円の財源確保
11月17日3時4分配信 読売新聞

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は16日、2010年度予算の概算要求から無駄を洗い出す「事業仕分け」の4日目の作業を東京・市ヶ谷の国立印刷局職員用体育館で行い、6事業を「廃止」「予算計上見送り」と判定した。

 これにより、「廃止」などの形で削減が決まった額と国への返納が求められた「埋蔵金」の額を合わせると、少なくとも1兆125億円に上る見込みとなった。

 仕分け作業は16日までに、対象の447事業のうち204事業が終わった。

 読売新聞社の集計では、「廃止」は27事業で835億円、「予算計上見送り」は7事業で495億円となった。「削減」の71事業のうち41事業は削減率が「半額」「1~2割」などと明示され、削減額は計2441億~3324億円に上った。一方、「埋蔵金」では、18基金・特別会計の6352億円を国に返納することも求めており、すべて実現すれば、総額で1兆125億~1兆1008億円に達することになる。

 仙谷行政刷新相は、事業仕分けで3兆円を捻出(ねんしゅつ)したい考えを示しているが、仕分けチーム統括役の枝野幸男・民主党元政調会長は16日、「3兆円に届かせるためにやっているわけではない」と記者団に強調した。
最終更新:11月17日3時4分

============

by musasinokosugi | 2009-11-18 19:58 | 時事