人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大相撲+或る畳屋さん♪

d0136282_1682295.jpg

 昼の番組で元NHKの杉山某は「名古屋場所開催中止は暴力団の圧力に屈したことになる(だからどんな醜態になろうとも開催して、むしろ恥を晒すべきだ)」とわけのわからない「持論」をまだ繰返していた。ここまで来ると単なる「老いの一徹」で公共の電波には不要だ。これに反論したのがコメンテーターのなかにし礼で、この人の辛口批評は私も最近注目しているのである。局側解説者のコメントも杉山説には概ね否定的だった。で、なかにし説だが、「そんなこと言ったって、理事長まで在京のまま謹慎処分にして~代行を立てようかという目下の情勢の中で、もし強行して万一三賞受賞者の中から新たに《疑惑の力士》が出たりしたら収拾がつかなくなるじゃないか」・・というようなことを言っていた。なかにし氏も大の相撲ファンだそうで今回の「不幸な事態」を嘆いていた。私は少年期の「栃若」時代にはファンだったが、歳を経た今となっては相撲なんて別に好きでも嫌いでもない「アラ6」即ち「団塊の世代」の一人であるが、お年寄りが相撲が大好きなのはよくわかるから「彼らの楽しみを奪わないためには万難を排して開催すべきだ」というのならまだしも、「中止したら反社会団体の圧力に屈したことになる」なんていう理屈はいったいどこから出て来るのか、私は頭が悪いからちっともわからない。これも「解説」してくれっていうか、そしたらなかにしさんも私も、凡そ「中止論者」はみな「怖い人たちの圧力に屈した」ことになるのかよ!?笑。馬鹿も休み休み言え。*「一年を十日で暮らすいい男♪」という古川柳がある。十日はオーバーとしても、昔はそんなに年がら年中相撲興行が打たれていたわけではないのだ。今は年6回も「本場所」があって、その合間には「地方巡業」に駆り出されるのだから、力士たちはまるで公営競馬の馬たちのように(!)練習だか本番だかわからない状態に一年中置かれているのである。息抜きに(?)博打の一つも打ってみたくなろうってもんだ。ぁそ。そして一方では「公益法人=相撲協会丸儲け」の構図が頑としてある。竜虎に至っては「中止したら出世の機会が失われる」とまで言っている。たかが二ヶ月のことじゃねえか!どこまでアホなんだ!?はっきり言って、一回や二回本場所開催を中止したからと言って、この社会が一変して浄化・健全化されることなどまずあり得ないし、そういう「健全さ」などは実は却って危ういのだ。

============

大相撲 琴光喜関が肩代わり 大嶽親方の借金の一部
6月28日11時43分配信 毎日新聞

 大相撲の賭博問題で、大嶽親方(元関脇・貴闘力)が野球賭博に負けて作った数千万円の借金返済を、大関・琴光喜関が肩代わりしていたことが28日、関係者への取材で明らかになった。これらの事実は、27日に開かれた日本相撲協会の特別調査委員会で報告された。調査委は大嶽親方について、28日の相撲協会理事会に、解雇以上の処分を勧告する。

 関係者によると、2人は親交が深く、大嶽親方が野球賭博で作った借金の一部を琴光喜関が負担した。また、野球賭博の仲介者などと金銭をやり取りする際、琴光喜関が代行したことがあった。大嶽親方は知人に「琴光喜にはカネのことで迷惑をかけた。琴光喜が協会を辞めさせられるなら、自分も辞めなければならない」と話していたという。

 調査委は、大嶽親方と琴光喜関、時津風親方(元前頭・時津海)について、野球賭博への関与を否定する虚偽報告をしたなどとして、協会に懲戒処分を勧告。大嶽親方の行為については悪質性が高いとし、3人の中で唯一、解雇以上の処分を求めるとしている。【大矢伸一】

============

大嶽親方が退職願=野球賭博で引責―大相撲
6月28日12時20分配信 時事通信

 大相撲の賭博問題で、野球賭博への関与を認めていた大嶽親方(42)=元関脇貴闘力、本名納谷忠茂=が28日、日本相撲協会に退職願を提出した。一連の問題の責任を取ったとみられる。
 大嶽親方は、外部有識者で構成される特別調査委員会が、金額など悪質性が突出していると判断。同日午後1時からの相撲協会臨時理事会に除名または解雇の懲戒処分とするよう勧告する方針を示していた。
 相撲協会は理事会前の段階では退職を認めていないとしており、除名または解雇処分を検討する可能性がある。
 大嶽親方は元横綱大鵬から大鵬部屋を継ぐ形で大嶽部屋の師匠となったが、ロシア出身の弟子、露鵬が大麻検査で陽性反応を示して解雇されるなど、指導力が問われていた。

============

 成田畳店という人がいる。浅草から出ている「東武伊勢崎線」の「東部動物公園駅」前東口商店会で三代にわたって畳屋さんをやっている人で、この人は知る人ぞ知るちょっと凄い「名物おじさん」(?)なのである。
 何が凄いかというと、リンクしたターミナルの「楽天ブログ」へ行って戴くとわかるが、あちこちのblogに登録しまくり、勿論運営もしていて、今数えたら「38」あった。あちゃ。
 そりゃあ中にはもっと多い人もいるだろうが、私が知る中では最多である。

 写真や天体観測やオーディオ関係が趣味の人で、自分が仕事に出掛けた先の様子とかを撮って来ては、その写真を主体にいわゆる「回して」全部のblogを更新しているようである。幾ら「使い回し」をしているからと言って、38ものブログを日々更新するのは大変だろうと、こちらはいつも敬服脱帽である。汗。

 私と一つ違いで、彼とは私がネットを始めた頃からの知合いである。知り合った頃は「どろどろ血」で緊急入院して、そのとき撮った「ベッドでにこやかに(?)点滴を受けている写真」を彼は今でもあちこちで好んで使っている。確か看護婦さんがきれいで優しかったとか言って喜んでいたと思う。
 この人の影響で私も当初あちこちにblogを立ち上げたが、私の方は飽きっぽい性格が災いしてそのうち放置状態に陥るblogばかりになった。

cf.エキサイトブログ成田畳店


============

cf.なかにし礼オフィシャルサイト
cf.ウィキペディアなかにし礼

============

by musasinokosugi | 2010-06-28 16:11 | 時事