人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

参院選小論♪

d0136282_18493470.jpg

 さて、発足10ヶ月の民主政権への国民の中間総括だそうだが、端的に言って、メディアの大方の予想を覆しここまで自民党を押し上げてしまったのは管直人本人である。彼はかつて「官僚なんて大馬鹿ですよ!」とカメラの前でぶち上げたが、自分はそれに輪をかけた救いようのない超大馬鹿であることを今回図らずも露呈してしまったのである。私も管がここまでアホだとは正直思っていなかった。あれはもう老人ぼけが始まっているのではないか。ところでメディアが自分たちでこれまで幾度となく喧伝しておきながらなぜかこの間すっぽり欠落させてしまった重要な「世論動向」が一つある。それは十ヶ月前自民党の支持者たちは口々に「今回だけは自民党には入れない」「今回は自民党にお灸をすえる」と言っていたことである。つまり「次回も引き続き自民には投票しない」「これからは民主にする」などとは、彼ら保守層は一言も言っていなかったのである。枡添ら自民離党組はここを決定的に読み違え「自民にはもはや再生能力なし」と即断したが、それはメディアの表層的でおざなりな情勢分析を鵜呑みにしたからであって彼らは不明を恥じるしかない。彼らの連続離脱を受けてもなお自民は驚異的な回復力を示し、現有38から51へと大躍進を果たしてしまった。自民に唯一残ったスター「新次郎」が応援に入った選挙区では14勝3敗、逆に現首相・管が応援に入った選挙区では民主党候補は1勝14敗という結果である。管の一連の言行はこの「一時離反・緊急避難の保守層」を強烈に後押しして「自民回帰」へ向かわせてしまったのである。まさに「ばっかじゃなかろか」である。7月1日付の『週刊新潮』はなぜ管はここまで官僚に骨抜きにされてしまったのかを端的に暴露している。ある日国会答弁で簡単な経済用語を理解出来ず立ち往生した管に、大馬鹿呼ばわりされた官僚たちは一律サボタージュを決め込み、なんと一人も助け舟を出さなかったのである。これに懲りた彼は180度宗旨換えし、以後官僚らから日々経済学の初歩について今更ながら付け焼刃のレクチャーを受ける羽目に陥ったのであった。管の全面屈服である。財務官僚らからしてみれば、自分たちが改めて「尊敬」され国政に於ける「優位」が確保されるなら相手は自民でも民主でも構わないのである。「小鳩」を前線から放逐して以降の「民主党旧体制復古」はかくまでにもろく底の浅い体制なのであった。

============

1.私が管内閣不支持を基本とするに至ったのは唯一霞ヶ関丸投げの「沖縄売渡し」政策によると言っていいのであるが、一人区を始めとした日本全国の保守層をあっけなく先祖帰りさせてしまった原因は遺憾ながら沖縄問題ではなく、やはり右顧左眄・出したり引っ込めたりの独善的消費税発言である。
「なに、10%? 言い出しっぺの自民党と同じじゃないか。だったら自民の方がなんぼかいい」と彼らが考えるのにどんな無理・障害があるだろうか。ありゃしない。支持再移行のゆり戻しは「渡りに舟」の様相で全くスムースに行なわれたのである。
 マニフェストを悉く反故にして前回吹いた「無党派層の風」はそっくり「みんなの党」へ「禅譲」し、更には一旦は自分に向いた保守層の支持もまたそっくり従来の自民党に返上してしまって、いったいどうやってセンキョに勝てるというのか。
 小沢の複数区に二人立てた戦術が無謀で今回の敗因であると、一部メデイアと新執行部は言うのであるが、今回二人立てて共倒れに終わった選挙区など存在しないのである。
 管が当初掲げた「現有54議席確保」という目標は、既に「戦況我に利あらず」と知った上での望み叶わぬ目標設定であるが、ここに枝野幹事長が管総理に「殿、衆参同日選挙をすれば参院の過半数と衆院270議席は確保出来ますぞ。ぶひひ」と机上の空論だけを根拠に「衆参同日センキョ」を進言したという話がある。
 野田国対がかつて偽メールにいきり立つ永田議員をけしかけて、結果自爆から骨も拾わぬ「自死」へと追い込んだように、彼らにはどうも野党時代から後先考えぬ「行け行けどんどん」の体質が抜け切れていないように見受けられる。「(小沢自由党に)庇を貸して母屋を奪われた」前科のある彼らには、もともと冷徹に現状を分析し先を見通す「眼力」~つまりは「老獪な政治力」というものが決定的に欠けているのである。これでは小沢に嫌われ愛想を尽かされるのもまた当然と言える。

2.民主党支持者乃至は好意的な人たちの中には「だから言わないこっちゃない」「それみたことか」と忸怩たる複雑な思いを抱く人もいるだろうが、私はそれはちょっと違うかも知れないぜと言っておきたいのである。
 管に消費税を口走らせることに成功し「してやったり」の財務官僚はもとより民主政権が不安定になることは願ったり叶ったりの展開であるし、管ら執行部自体がそもそも多少の敗北は「織り込み済」だった筈である。
 厚生大臣だったときカイワレをむしゃむしゃ食ったイラカンを筆頭に、彼らは皆何が嫌だと言って、小沢がいやでいやでたまらず「自・社・さ」政権に走った連中である。言ってみれば、「小沢と自民とどちらを選ぶか?」と問われれば一も二もなく自民を選ぶ度し難い連中なのである。ただ現有衆院308議席を蹴ってまで自民との連携に走る「大義名分」はどこにもないから、むしろ「参院選大敗北」から法案が全く通らない「衆参逆捩れ」の今日の事態の方が「動く」理由が出現して彼らには有難かったのではないか。
 無論彼らは自分から民主党を割るだけの度量も才覚もないから、小沢派が切れて、小沢派の方から「分裂」を言い出して欲しいというのが本音のように私には思われる。

3.いずれにせよ、沖縄県で候補者も立てられなかった民主党など敗れて当然というのが私の偽らざる感想である。「小鳩つぶし」はアメリカによる内政干渉に等しく、外務省官僚や防衛省官僚などは米国の走狗そのものである。

============

by musasinokosugi | 2010-07-12 18:51 | 時事