人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

名古屋市議選結果。

 減税日本が第一党となることは報道の調査でわかっていたことだが、問題はどこまで議席を伸ばすか、だった。結果は素人の新人20人当選という一人勝ちである。他党にも公約に減税や議員報酬半減を掲げた候補はいたので、新議会ではどうなるかだ。民主党の大敗も想定内のことで、愛知県は彼らの拠点だったとは言え、元々足腰の弱い浮動票頼み・風頼みの政党なので惨敗は当然、他の地区でも没落は必至である。管ら四人組の連中は砂上の楼閣の中で最後の大芝居を打っているに過ぎないが、これも身から出た錆である。自民は19議席と暫減で留まった。ところで「みんなの党」などは出て来たばかりで早くも「既成政党」の枠に入れられてしまったかの如くであり、霞ヶ関官僚批判くらいしか売りを持たない「渡辺一人党」の彼らは今後統一地方選などで強敵「維新の会」ら地域政党とどう闘って生き残りを図って行くか、それとも「その他大勢」に呑み込まれてしまうのか、お手並み拝見である。

============

名古屋市議選:「減税日本」最大勢力に…過半数には届かず 毎日jp.

 議会解散請求(リコール)成立に伴う出直し名古屋市議選(定数75)は13日投開票され、リコール運動を主導した河村たかし市長が代表の地域政党・減税日本が28議席を獲得し、議会最大勢力になった。過半数には届かなかったが、他党にも河村市長が掲げる市民税減税や市議の報酬半減などに賛成した候補が多く、市長の政策が前進しそうだ。

 他党の獲得議席は自民19(解散前23)▽公明12(14)▽民主11(27)▽共産5(8)。解散前に第1党だった民主は既成政党批判のあおりを受けて議席を半数以下に減らし、大敗した。

 計138人の候補が16区ごとに定数2~7を争った。全体の投票率は43.96%(前回39.97%)だった。

 2月の「トリプル投票」(名古屋市長選、愛知県知事選、議会解散住民投票)では河村市長の勢力が完勝。減税日本はその勢いをかって前職1人、新人40人を擁立し過半数獲得を目指した。候補者の大半は政治経験がなかったが、市長の人気を生かして有権者への浸透を図った。16区中12区で2人が当選、5区ではトップ当選した。

 地域政党ブームの火付け役となった減税日本の躍進は中央の政局や4月の統一地方選に影響を与えることは必至だ。【高橋恵子】

============

名古屋市議選:減税の流れ加速へ…財政事情厳しく批判も  毎日jp.

 出直し名古屋市議選で河村たかし市長が率いる「減税日本」が大勝したことで、市民税10%減税の流れが加速しそうだ。ただ、名古屋市の市債残高は1兆8594億円(11年度末見込み)に上り、10年度は5年ぶりに交付団体となるなど、厳しい財政事情での減税に批判の声も上がる。自治体独自に増減税する動きは同市以外にも広がっており、税のあり方は4月の統一地方選でも焦点になりそうだ。

 河村市長は13日夜の会見で「『減税日本対増税日本』で争う最も普遍的な政治に大きな道を開いた」と述べ、市民税減税の実現に自信を示した。

 名古屋市は10年度、市民税10%減税を実施し、総額約161億円を減税した。河村氏は財源として同年度に人件費削減などで約185億円を捻出したが、土地売却など単年度限りのものもある。一方、同市は5年ぶりに交付団体に転じ、国から約38億円の普通交付税が交付され、11年度は市債を約936億円発行する見込みだ。

 河村市長が主張する一律減税では、多くの税金が戻る高所得者に対し、低所得者の恩恵は乏しい。名古屋市の人口約226万人のうち納税義務者は約109万人だけ。このうち、1000万円以上減税される高所得者がいる一方で、減税額が年1万円以下にとどまる人は56%に上る。

 河村氏の手法に対し、閣僚からは「減税日本とはしゃいでいるより、市債残高を減らすことに使うべきだ」(与謝野馨経済財政担当相)などの批判が相次ぐ。「『交付税をもらって税率を下げるのはけしからん』という感情的な議論が出るのは仕方がない」(片山善博総務相)との指摘もある。

 ただ、自治体独自の減税は全国に広がりつつある。10年度は名古屋市と愛知県半田市、11年度は同県大治町と埼玉県北本市で、いずれも1年限りの市・町民税10%減税を実施。統一地方選に向け、減税日本は静岡市長選でも公認候補を擁立した。兵庫県姫路市長選では無所属新人候補が市民税10%減税を掲げている。

 一方、景気低迷で税収減が続く中で、増税に踏み切る自治体も多い。総務省市町村税課によると、10年度に個人市民税を標準税率より増税した自治体は神奈川、愛知、福岡など30県と北海道夕張、横浜、宮崎、兵庫県豊岡の4市。多くは森林環境税として住民負担を求めているが、財政事情の悪化も一因となっている。【笈田直樹、高橋恵子】

============

by musasinokosugi | 2011-03-14 15:21 | 時事