人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

6/15.

夫に負けず劣らず厚顔無恥な伸子が「あんた、不信任案は大差で否決されたのよ。なんで辞める必要があるの!?ここで辞めたってあんたの名声なんて戻って来やしないわよ!」とネジを巻いたのかどうか、管はますます続投に執念を燃やしている。ここへ来て自公はなぜか会期末の参院問責決議案に消極姿勢だという。公明が出したくないと言っているというから驚きだ。自民党の「いけいけドンドン」に乗った結果の不信任案否決であるから、「もう止めた」のか。それで管・仙谷連合軍が押し切ったことになるのか、なんなんだこれは!なんか出来そこないのテレビドラマを見ているようで空いた口が塞がらない。自民党の半世紀に亘る悪徳政治を中断し、その間裏方として時には政権から賄賂まで貰っていた連中にちょっとだけ政治なるものをやらせてみたらこのザマである。そこには民主主義の欠片もない。我々は何も素人同然の彼らに難しいことを要求しているわけではない。普通のことを普通にやれと言っているだけだが、それが出来ない。福島からは法螺吹き枝野に原乳の出荷停止を言い渡された酪農家が自殺したという報道があった。一度基準値を超えたからと言って、その後の追跡調査はなされているのか。私は毎日あることないこと吹きまくった枝野こそ、風評被害を撒き散らした張本人であると確信している。このままでは、管・仙谷一派と東電だけが生き残って、他の国民は全て衰滅の一途を辿るしかないのかと、そんな気がして来る。悪党の悪徳が栄える時代である。

============

国会:政府・民主党「会期大幅に延長」 3カ月程度
2011年6月15日 11時47分 更新:6月15日 13時9分 毎日JP

 政府・民主党は15日、22日までの今国会の会期を3カ月程度延長する方向で調整に入った。党幹部が明らかにした。菅直人首相が7月中の提出を指示した11年度2次補正予算案や、赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立の見通しがつかないため、大幅延長する方向となった。ただ、党執行部は菅首相の国会閉会までの続投は前提としない考えだ。

 民主党の岡田克也幹事長は15日午前、川崎市であった日本郵政グループ労組の全国大会であいさつし「大震災で(国会を)閉じて、国会議員が夏休みを取ることはあり得ない。大幅に延長して必要な法案を審議する」と述べた。首相の退陣時期については「会期の大幅延長と、首相がどこかの段階で交代することは矛盾しない」と述べ、2次補正の成立を待たず、編成に一定のめどがついた段階で首相が退陣するとの認識を示した。

 枝野幸男官房長官も同日の記者会見で「延長幅と首相の言う『一定のめど』に、論理的に相関関係があるとは思わない」と述べた。

 党幹部は会期延長幅を3カ月としたうえで「(本格的な復興予算となる)3次補正も今国会で成立させればいい。首相はどこかで退陣するのだから、途中で閉会する意味がない」と述べた。【影山哲也、光田宗義】
top

<首相と亀井氏>国会会期延長、2次補正提出で一致
<自民、会期延長応じず>1.5次補正は「首相の延命」
<民・自議連会合に109人>再編見据え 会期延長要求で一致
<菅首相>8月までに退陣 2次補正と特例公債「やりきる」
<退陣はいつ?>菅首相「退陣約束ない」…「ひょう変」批判集中

============

放射性物質:セシウム濃度で遊泳判定 環境省
2011年6月15日 10時19分 毎日JP

 環境省は14日、全国の海や湖沼、河川などにある水浴場が遊泳に適しているかどうかを判定するため、大腸菌数などを基にした従来の指標とは別に、放射性セシウムの濃度の指針値を新たに導入することを決めた。各地で本格的な遊泳シーズンを迎えるのに先立って月内に具体的な数値を決め、自治体側に通知する。

 福島第1原発事故を受け、水浴場を管理する自治体から国の指針を示すよう求める声が上がっていたことに対応した。半減期約30年のセシウム137と約2年のセシウム134が指針値の対象で、約8日の放射性ヨウ素131は除外する。

 調査は水質のほか、砂浜や湖岸などでの大気中の濃度測定も併せて行う方針で、指針には調査方法なども盛り込む。同省は自治体に月1回程度の調査を求めるが、法的拘束力はなく、自治体が実施するかは任意。指針の適用は当面今夏限りとし、来年以降は調査結果などを踏まえ検討する。

 放射性セシウムについては、飲料水で1リットル当たり200ベクレルという国の暫定基準値が設定されており、環境省は原子力安全委員会に意見を求め、今後、具体的な数値を調整する。

 海水浴場などは全国に約850カ所。千葉、東京、神奈川、静岡の4都県が5、6月に、九十九里浜や片瀬海岸など計34地点で放射性物質を独自に測定した調査では、いずれも検出されなかった。

============

東日本大震災:福島の避難所で食中毒 県外の支援団体提供
2011年6月15日 11時25分 更新:6月15日 13時1分 毎日JP

 東日本大震災の避難者約150人が生活する福島県田村市船引町の旧春山小避難所で鶏肉料理を食べた69人が食中毒を発症していたことが15日、県庁への取材で分かった。料理は県外の支援団体が提供したもので、県は食中毒の事実を発表しなかった。

 県食品生活衛生課によると、4日午後5時ごろ、県外の支援団体が鶏肉の煮込み料理を避難者ら約120人に提供。約1時間半後、19~90歳の男女69人が腹痛や下痢などの食中毒症状を訴えた。このうち1人は通院したが症状は軽く、全員快方に向かっているという。発症者9人と料理の検体から食中毒を引き起こすウエルシュ菌が検出され、同課は提供された料理による集団食中毒と断定した。

 県は避難所での炊き出しについて十分な加熱など食中毒の予防策を呼びかけているが、「お見舞いや支援で持ち込まれる料理に関しては提供者に自主的な予防をお願いするしかない」と話している。【種市房子】

============

東日本大震災:宮城のカキ養殖業を支援 広島県
2011年6月15日 11時55分 更新:6月15日 11時56分 毎日JP

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県のカキ養殖業の復興に協力しようと、カキ生産量日本一の広島県が15日、支援に乗り出した。出荷量が激減すると市場規模が縮小し、広島産にも影響する懸念があるためで、生産量2位の宮城の復興に力を貸すことになった。この日は、カキの幼生調査に使う顕微鏡4台を宮城県水産技術総合センター(石巻市)に送った。

 センターは幼生の成長度合いなどを調べ、生息海域に効果的にいかだを配置するため、毎年6月、宮城県内の漁協と協力して個体数調査を石巻沖でしていた。今回の大津波でセンター建物の1階が被災し、カキ養殖を手がける19漁協のほとんども壊滅的な打撃を受けた。しかし業者からは「今年もカキをやりたい」という希望が寄せられ、5月末、広島県水産海洋技術センター(呉市)に調査用顕微鏡の提供を依頼していた。

 広島県は他にも、養殖用いかだ150台分の「浮き」(発泡スチロール製)と針金を提供し、9~10月のいかだ製造時期には技術者10人も派遣する方針。宮城産が関東の市場に出回る10~12月は供給量が大きく減る見込みのため、関東向けの広島産の出荷は、通常の年明けから11月に繰り上げる準備をする。

 全国のカキ生産量は、広島産がトップの約6割で、次いで宮城産が約15%を占める。【星大樹】

============

仙台七夕まつり:復興と鎮魂願い 製作急ピッチ
2011年6月15日 11時22分 更新:6月15日 11時36分 毎日JP

 仙台市の「仙台七夕まつり」(8月6~8日)を彩る七夕飾りの製作が急ピッチで進められている。今年の祭りのテーマである「復興と鎮魂」の思いを込め、連日作業が続く。

 宮城県利府町の「鳴海屋紙商事」の作業場では、3月から作業を始める予定だったが、震災の影響で5月下旬から開始。パートの女性たちが、故人の霊を慰める意味合いもあるという「くす玉」を丁寧に仕上げていた。

 いとこが行方不明の松野美也子さん(71)は「今年は、みんながそれぞれの願いを込める特別な七夕になると思います。大勢の人たちに来てほしい」と話した。【丸山博】

============

作業員被ばく 防ぐ手だて あるだろうに
2011年6月15日 10:45 カテゴリー:コラム > 西日本新聞社説

 できないのか。しないのか。東京電力の対応はどうも鈍い。国にせかされないと動かない。後手後手の印象が強い。

 ただ、東電だけでは手に負えない、態勢を組めない、というならば、国も指示や指導をするだけなく、東電とともに汗をかき、実効を上げるしかあるまい。

 国民の健康を守るのは国の務めだ。

 大量の放射線を浴びない限り、すぐに病気になったり、死んだりすることはない。だが、被ばく量は少ない方がいい。ただちに被害はなくても、被ばく量が多いほど長期的には影響が出やすくなる。

 東電福島第1原発の作業員計8人が被ばく線量限度の250ミリシーベルトを超えていたことが分かった。上限250ミリシーベルトは福島第1原発事故に限った特例措置だ。

 本来の被ばく線量限度は通常時が5年間で100ミリシーベルトかつ年間50ミリシーベルトで、緊急時はこれと別に100ミリシーベルトとしている。

 250ミリシーベルトは、一生の間にがんになるリスクが約1%高くなる数字だという。ならば100人が浴びると、そのうち1人が「この被ばく」が原因で、がんになるという計算になるのだろうか。

 厚生労働省の資料によると、原発事故直後から東電は作業員の被ばく管理で厚労省の指導を繰り返し受けてきた。

 3月24日に作業員3人が被ばくした事故を受けて、福島労働局は同30日、作業員の個人被ばく線量の測定と被ばく限度の管理を徹底するよう口頭指導した。

 4月にも幾度も、東電に対し被ばく線量の管理の徹底などを指導していた。

 さらに、政府が5月17日に発表した原発事故対策の工程表にも、作業員の被ばく線量管理、臨時健康診断の徹底などが盛り込まれた。これを受け、厚労省は東電に対し、早急な測定などを求めた。

 福島第1原発に立ち入り調査も行い、その結果出てきたのが、今回の8人だ。しかも、測定はまだ完了していない。

 いま厚労省が報告を求めているのは3月中に福島第1原発で作業を始めた約3700人についてだが、このうち1400人近くの検査結果が届いていない。

 さらに「4月から」「5月から」働き始めた作業員はその後の報告となる。

 250ミリシーベルトの上限は超えないが、被ばく線量が200ミリシーベルトを超えたのが東電社員と関連企業で計6人、100ミリシーベルトを超えて200ミリシーベルト以下が計88人もいた。

 こうした被ばくを防ぐ、減らす方法はなかったのか。東電が適切な対策を講じてきたのか。検証が必要である。

 懸念するのは、原発の年内安定を目指す工程表を破綻させないように現場に無理をさせているのではないか、ということだ。結果、作業員の健康が二の次にされているとすれば本末転倒である。

 簡単に収束できる事態でないことは誰の目にも明らかである。事故で避難を余儀なくされた住民も帰郷まで長期間を要することを半ば覚悟している。被ばくを防ぐ対策には万全を期すべきだ。全作業員の長期の健康調査も行う必要がある。

=2011/06/15付 西日本新聞朝刊=

============

岡田氏 国会大幅延長を表明
2011年6月15日 東京新聞夕刊

 民主党の岡田克也幹事長は十五日午前、川崎市で開かれた日本郵政グループ労働組合の全国大会であいさつし、二十二日に会期末を迎える国会の会期に関し「大幅に延長し(東日本大震災の復旧・復興に)必要な法案をしっかり通していく」と表明した。党執行部は三カ月程度の延長を想定している。延長の是非や幅をめぐる野党との調整が焦点になる。

 岡田氏は「東日本大震災の(対応が急がれる)中で国会を閉じ、国会議員が夏休みを取っていることはあり得ない」と強調。復旧に充てる小規模な二〇一一年度第二次補正予算案について「『一・五次補正』を短期間に組む」と述べ、七月半ばの成立を目指す考えを示した。

 自民党が首相の延命目的だとして、延長に反対していることには「大幅延長とどこかの段階で(首相が)交代することは全然矛盾しない」と反論した。

 これに対し、自民党の逢沢一郎国対委員長は十五日午前、記者団に「菅首相のもとで大幅延長ができるとはとても思えない」と強調。公明党の白浜一良参院議員会長は党会合で「(国会を)早々に閉じるべきではない。被災地が苦しんでいる現状がある」と柔軟な姿勢を示した。

============

難者数、内閣府集計では12万4594人
特集 巨大地震

 内閣府は15日、東日本大震災で自宅から避難した人が、6月2日現在、12万4594人に上ると発表した。

 警察庁が同日発表した避難者数は9万9592人で、これより約2万5000人多い。

 警察庁はこれまで、各地の避難所や旅館・ホテルに避難した人の数を「避難者数」として集計していた。内閣府は全国の自治体の協力を得て、賃貸住宅、親族や知人宅に避難した人数なども調査し、加えた。避難者数の内訳は、公民館や学校などの避難所に4万1143人、旅館・ホテルに2万8014人、親族・知人などの家に3万2483人、民間の賃貸住宅などに2万2954人。

 避難先は47都道府県の1061市区町村に及んでいる。ただ、岩手、宮城、福島3県の仮設住宅や賃貸住宅に入居した避難者数は把握しきれておらず、内閣府の集計に入っていない。
(2011年6月15日13時55分 読売新聞)

============

菅原文太吠えた!反原発三国同盟じゃ!!
デイリースポーツ 6月15日(水)9時25分配信

 俳優・菅原文太(77)が14日、都内で行われた「岩手、宮城、福島の被災者のための『ふるさと支援』発表会見」に出席し、「反原発三国同盟」の結成を提案した。12、13日にイタリアで行われた原発再開の是非を問う国民投票で90%以上が「反対」だったことを受け、先に脱原発を宣言していたドイツとともに団結して流れを作っていくというアイデアを披露。「日本でも原発の是非を問う国民投票を」と呼びかけた。
  ◇  ◇
 「日独伊三国同盟」と言えば第2次世界大戦で連合国側と敵対したネガティブなイメージだが、菅原は「『原発をやめろ』といういい意味での三国同盟を作ればいいんだよ」と前向きな意味で提案した。イタリアでは、原発の是非を問う国民投票で94・05%の反対票が集まり、ドイツでは2022年までに国内の原発すべてを閉鎖することを宣言。菅原は両国の流れに乗る形で“同盟”を呼びかけた。
 会見では、被災地住民の移住を受け入れる地方自治体があることをPRし、仙台市出身の菅原は被災地住民を代表して謝辞を述べる立場だった。
 しかし、福島県相馬市の酪農家男性が「原発さえなければ」と書き残して自殺していたという事件を切り出すと、ヒートアップ。「衆議院の選挙なんかどうでもいいから原発の是非を問う国民投票をやってほしい。そうすれば菅さんはこれまでのことは帳消しになる」と鋭く突きつけた。
 以前は「~じゃけん」という決めセリフで太陽熱に関する企業CMに出演し、近年は飛騨地方への移住や山梨県で農業を行っている“自然派”でもあるだけに、故郷・仙台の窮状に黙っていられなかった。
 さらに、この日は菅原の呼びかけで同席した福島県郡山市出身の俳優・西田敏行(63)も怒りの声を上げ、「個人的には原発はノーです。東電は防災にかなりいいかげんだった」とピシャリ。ベテラン俳優の強力タッグで原発に対する強い姿勢をあらわにしていた。

============

岡田氏 国会大幅延長を表明
2011年6月15日 東京新聞夕刊

 民主党の岡田克也幹事長は十五日午前、川崎市で開かれた日本郵政グループ労働組合の全国大会であいさつし、二十二日に会期末を迎える国会の会期に関し「大幅に延長し(東日本大震災の復旧・復興に)必要な法案をしっかり通していく」と表明した。党執行部は三カ月程度の延長を想定している。延長の是非や幅をめぐる野党との調整が焦点になる。

 岡田氏は「東日本大震災の(対応が急がれる)中で国会を閉じ、国会議員が夏休みを取っていることはあり得ない」と強調。復旧に充てる小規模な二〇一一年度第二次補正予算案について「『一・五次補正』を短期間に組む」と述べ、七月半ばの成立を目指す考えを示した。

 自民党が首相の延命目的だとして、延長に反対していることには「大幅延長とどこかの段階で(首相が)交代することは全然矛盾しない」と反論した。

 これに対し、自民党の逢沢一郎国対委員長は十五日午前、記者団に「菅首相のもとで大幅延長ができるとはとても思えない」と強調。公明党の白浜一良参院議員会長は党会合で「(国会を)早々に閉じるべきではない。被災地が苦しんでいる現状がある」と柔軟な姿勢を示した。

============

民主・安住氏「首相の首絞める」=「君は軽い」と激怒―公明・漆原氏
時事通信 6月15日(水)19時17分配信

 15日に行われた民主、自民、公明3党の幹事長・国対委員長会談で、菅直人首相が編成を指示した2011年度第2次補正予算案をめぐり、公明党の漆原良夫国対委員長が民主党の安住淳国対委員長に「君は軽い」と激怒する場面があった。
 2次補正予算について、東日本大震災からの本格的な復興対策ではなく、小規模にとどまる見通しであることから、首相は「1.5次」予算と表現した。これに関し、自民党の石原伸晃幹事長が「2次補正でいいですね」と確認したところ、安住氏が「そうじゃなかったら、後ろから(首相の)首を絞める」と軽口をたたいた。
 石原氏は、2次補正予算の編成が首相退陣のめどとされていることを踏まえ、あえて念を押したとみられるが、これをちゃかした安住氏の態度に漆原氏の怒りが爆発。さらに、ばつが悪そうに頭をかく安住氏に「そういうことだから信頼を失う」と憤まんやる方ない様子だった。 

============

*いつも言うように、安住はただのチンピラ小僧である。
 小沢派以外の民主党議員は皆アホ揃いだが、安住以上のアホを見つけるのは難しい。

============

by musasinokosugi | 2011-07-18 12:10 | 時事