人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

7/3.

熱中症は昔私の子供の頃は「日射病」と言われていた。それも生死に関わるような深刻な病いではなく、冷暗所で暫く安静にしていたら体力も回復するような印象だった。猛暑の夏を迎えて、電力各社は節電と原発をセットで煽り立てるキャンペーンを張っている。経産省も財界もこれに乗っている。この国は3/11以来万事に亘ってパニックに陥っているかのようで異常そのものである。

============

谷垣氏:首相の弔問断る…妻佳子さんの地元葬
2011年6月30日 20時52分 更新:6月30日 20時59分 毎日JP

 自民党の谷垣禎一総裁が、妻佳子さんの地元葬への弔問を菅直人首相から打診され、断っていたことが30日、分かった。谷垣氏は同日の記者会見で「東京から遠く、ほぼ1日をつぶすので、一国の政治の責任を負う首相においでいただくのは恐縮だ」と説明したが、同党の浜田和幸参院議員を引き抜かれたしこりを指摘する声もある。

 佳子さんの地元葬は7月2日に京都府福知山市で営まれる。日程は27日に公表され、首相からの打診は民主党職員を通じて29日にあったという。浜田氏の総務政務官就任に自民党は強く反発しており、同党ベテラン議員は「いくら何でもタイミングが悪い」と首相にあきれている。

 地元葬には自民党の大島理森副総裁、古賀誠元幹事長、民主党の岡田克也幹事長、公明党の白浜一良副代表らが弔問する予定。7月6日には東京都内で「お別れの会」も開かれる。【佐藤丈一】

============

電力使用:1日から制限 供給予備率3%で警報
2011年6月30日 21時39分 更新:6月30日 23時55分 毎日JP

 政府は1日から、東京電力と東北電力管内で、最大使用電力を強制的に昨年比15%削減する電力使用制限令を、契約電力500キロワット以上の大口需要家に対し発動する。電力使用制限令は第1次オイルショック時の1974年以来、37年ぶり2回目。家庭や中小企業に対しても15%削減を求める。これに合わせて政府は30日、1日から電力需給が逼迫(ひっぱく)した場合に発動する「電力需給逼迫警報」の詳細を発表した。

 警報は、電力の需要に対する供給余力の比率を示す供給予備率が3%を切る見通しの場合、テレビや新聞、インターネット、防災無線などを通じて警報を出す。予備率が1%を下回った場合、計画停電を実施しないと、大規模停電が起きる可能性が一気に高まるという。

 電力使用制限令は電気事業法に基づいたもので、故意に違反すると100万円以下の罰金を科せられる。家庭や中小企業は対象外。制限令は東電管内は9月22日、東北電管内は9月9日まで、いずれも平日午前9時~午後8時が対象だ。【和田憲二】

============

自民硬化で国会空転 民主、再可決は封印 '11/7/1 中国新聞

 国会は22日に70日間の延長を議決したにもかかわらず審議のない空転が続いている。自民党に離党届を出した浜田和幸参院議員の総務政務官起用に自民党が態度を硬化、与野党協議が難航しているためだ。民主党は公債発行特例法案の衆院再可決を封印し低姿勢で協力を求める方針だが、審議再開は来週半ばにずれ込む見通しだ。

 自民党の逢沢一郎国対委員長は30日昼、民主党の安住淳国対委員長に対し「与野党間の信頼関係を回復させることが必要だ」として公明党を含めた3党の幹事長会談の開催を要求した。

 27日の浜田氏“引き抜き”後、民主党は「土下座してでも審議を進めたい」(安住氏)との方針に転換した。それまでは菅直人首相が出席する衆参両院予算委員会での集中審議開催に消極的だったが、29日には7月5、6両日の開催を提示。30日午後の民自公3党の国対委員長でも安住氏は集中審議を重ねて提案した。

 民主党が延長幅を70日とした際、公債法案を早々に参院に送付し60日後に衆院再可決する狙いもあるとみられていた。しかし「もはや、その選択肢はない」(民主党国対幹部)という状況だ。

 一方、自公両党も東日本大震災への対応を前進させなければ批判を浴びかねず、いつまでも日程協議に応じないではいられないのが実情。福島第1原発事故に絡む原子力損害賠償支援機構法案を来週中に審議入りさせる必要があるとの認識では民主党と一致しているものの、安易に与党ペースに乗るわけにいかないとのジレンマがある。

 逢沢氏が幹事長会談を要求したのも、民主党側の責任者である岡田克也幹事長の正式な謝罪をきっかけに審議再開に応じるとの条件の意味合いもありそうだ。

 これに対し岡田氏も30日午後の記者会見で「どういう場であっても説明することにやぶさかではない」と強調。3党の国対委員長を通じて、7月4日に開催する方向で調整が進められた。

============

国民新党・亀井政調会長、一体改革案を批判

 国民新党の亀井亜紀子政調会長は30日夜、国会内で記者会見し、政府・与党の「社会保障・税一体改革案」について、「与謝野経済財政相が自民党時代に作った社会保障政策を是とし、民主党政権に押しつけた。内容が不十分で認められない」と批判し、閣議決定を認めない考えを強調した。

 ただ、亀井氏はこの案で野党と協議を進めることに関しては容認する意向を示した。
(2011年6月30日22時50分 読売新聞)

============

cf.熱中症のHP
cf.ウィキペディア熱中症

============

冬も西日本中心に5社が電力不足 経産省、原発停止で試算

 経済産業省は2日までに、定期点検などで停止している原発が再稼働しない場合、東北電力、関西電力、北陸電力、四国電力、九州電力の5社が、今年12月から来年2月ごろに4~20%程度の供給力不足に陥るとの見通しをまとめた。不足する供給量は約570万キロワットとされる。

 定期点検入りする原発が相次ぎ、再稼働が実現しなければ電力会社の供給力は低下するため、各社は休止している火力発電所の再開を急ぐ。火力などの供給力が拡大すれば、需給格差は縮小する見通し。

 同省は原発をすべて火力発電で代替した場合の燃料コストの増加は、原発を運転する電力9社の合計で年間3兆円を超えると試算。

2011/07/03 02:02 【共同通信】

============

*経済産業省はまだ性懲りもなくこんなデマを振り撒いている見下げ果てた官庁である。
 一部メディアで何故か重宝されている『元』経済産業省出身の官僚どもなどは、元を辿れば『小泉ポチ』や『竹中平蔵』などの腰巾着だった連中でろくなものではない。お里が知れるというものである。

============

by musasinokosugi | 2011-07-21 14:09 | 時事