人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

7/25.

なでしこに国民栄誉賞だそうである。男子サッカーは実力などないのにちやほや持て囃されて金もたくさん貰っているが、なでしこは逆転に次ぐ逆転で世界一になった実力がありながらリーグはセミプロ状態で観客も少なく財政も慢性的に苦しかったようだ。管や枝野ではなく新しい内閣で国民栄誉賞を授与して欲しいものだが、奴らは自分たちの人気取りと延命のためにこそ大騒ぎしたいだけなのである。大阪では今宵は天神祭本宮の花火大会があるが天候が心配されている。混雑していいポジションが取れないので私は例年テレビ観覧である。

============

福島県:18歳以下の甲状腺、生涯にわたり検査
2011年7月24日 21時4分 更新:7月24日 23時46分 毎日JP

 福島県は24日、東京電力福島第1原発事故で拡散した放射性物質の影響による甲状腺がんの早期発見のため、18歳以下の全県民約36万人を対象に、継続的な甲状腺検査を行うことを決めた。10月から開始し、20歳までは2年ごと、その後も5年ごとに生涯にわたり検査する。世界的に例がない取り組みという。
 ◇対象36万人

 旧ソ連で86年に起きたチェルノブイリ原発事故では、周辺住民が放射性物質を含む牛乳などを摂取して内部被ばくし、事故発生から4~5年後に小児の甲状腺がんの増加が確認された。甲状腺がんは早期手術で大部分が治癒するとされ、県は継続的な検査が必要と判断した。検査は無料。

 対象は92年4月2日~今年4月1日に生まれた事故当時の県内居住者で、事故後に県外に避難した人も含む。当面は福島県立医大で受け付け、後に民間医療機関の協力も得て、公民館や学校などでの集団検査を実施する。14年3月までに対象者全員の1度目の検査を終える予定。

 県は全県民約200万人を対象に、聞き取りで事故後の行動を確認し、地域・時期ごとの線量と照合して個人の被ばく量を推定する方針を決めている。8月から問診票の配布を本格的に始めるほか、避難区域の住民を中心に、事故の精神的影響も調査する。この全県民健康調査の財源は、政府が1000億円規模の基金の創設を検討しており、同調査の一環として行われる18歳以下の甲状腺検査も、それで賄われる見通し。【関雄輔】

============

仙台空港、4か月半ぶりに国内定期便再開
特集 巨大地震

 津波被害を受けた仙台空港で25日、国内定期便が東日本大震災から約4か月半ぶりに再開した。

 これまで1日15便の臨時便が運航されてきたが、ターミナルビル2階の出発ロビーが使えるようになり、大阪(伊丹)、福岡、札幌など8路線で同41便に増えた。

 急ピッチで復旧作業が進められた同空港では4月13日に臨時便で再開。到着ロビーの一部で搭乗手続きを行い、タラップで乗り降りしていた。定期便再開により夏季平常ダイヤ(43便)がほぼ戻った形だ。

 一方、国際定期便で運航再開の見通しが立っているのは10月のグアム便のみにとどまっている。
(2011年7月25日10時43分 読売新聞)

============

2次補正成立へ、仙谷氏「首相はケジメを」
特集 民主党

 東日本大震災の追加的な復旧策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案は、25日夕の参院本会議で採決され、与党と自民、公明両党などの賛成多数で成立する。

 本会議に先立ち、参院予算委員会は25日午前、菅首相と全閣僚が出席して締めくくり質疑を行った。同日午後に2次補正予算案の採決を行い、可決する運びだ。

 菅首相は、2次補正予算案の成立を「退陣3条件」の一つに挙げている。民主党は、残る特例公債法案と、再生可能エネルギー特別措置法案の早期成立を目指し、引き続き野党に協力を働きかける考えだ。

 これに関連し、仙谷由人官房副長官(民主党代表代行)は25日午前、視察先の長野県川上村で記者団に対し、「2次補正予算案も成立する(予定だ)し、エネルギー関連2法案のめどがつく。(首相は)そろそろケジメをつけ、行動に表す段階に来ている」と述べ、首相に早期退陣を促した。
(2011年7月25日11時19分 読売新聞)

============

山形、秋田も全頭検査へ=セシウム汚染疑い牛

 山形県の吉村美栄子知事は25日の定例記者会見で、放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられた肉牛が出荷された問題で、「『山形牛』のブランドを確実に守っていくため、牛肉の検査をしっかりと実施して安全性が確認されたものだけが流通するよう万全を期する」と述べ、県農業協同組合中央会(JA山形中央会)と連携した肉牛の全頭検査を行う考えを表明した。
 一方、秋田県も同日の幹部会議で、実質的な全頭検査実施方針を確認した。
(2011/07/25-12:15)時事通信

============

by musasinokosugi | 2011-07-25 13:23 | 時事