人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像負荷増大が原因の不具合だったのか!?

 不具合が発生していたのは私のところだけではなかったようなので一安心した。exblogは人気が急上昇しているということだろうか、誰かの悪意に基づく不具合でなかったことが判明したのは私には幸いだったが、それにしては私のブログの復旧は今日(3/27)になってからだから数日遅れということになる。

 私が今回の投稿不調で改めて確認したのは、我々ブロガーはあまりにもどれか一つのブログに拘泥・溺愛し過ぎて投稿・閲覧をそこのみへ偏重・集中してはいけないということだ。我々は各ブロバイダーに依拠してその場をちょっと間借しているだけの儚い存在に過ぎない。

 【本家ヤースケ伝】という某ブログなどはその良い例だ。私が2009年に書いた或る記事に対してどこの誰かは知らないが2年も経ってから一方的なクレームがついて、このクレームに怯えた編集部は私のブログ全体を突如閉鎖→閲覧不能にしてしまったのだ。しかもブログを復活させるには当日の記事投稿全部を削除せよとの条件まで付けて来たのには驚いた。私がその日に「投稿したという事実」そのものを歴史から抹殺しろという命令なのだ。

「あったことをなかったことにしろ!」というのだからこんなのは(誰かの言葉を借りるならば)『ナチスもやらなかった暴挙』そのものである。その日の記述には京都の【納涼床】関連の小コラムもあって、これなどは文句の付けようもない平凡そのものの平和ボケとでも言いたいくらいの内容だったのだから、この部分まで削除しなければならない【合理的】根拠などどこにもないのだ。

 私は編集部からの暴力的な威嚇に反発して2年以上その削除要求を無視し続けたが、どういう風の吹き回しか、つい先日ふと削除にあっさり応じることにしたのである。別にそのブログを失うことが心底惜しまれたというわけではない。「不当な要求に応じることを拒否してもしなくても同じじゃないか」と改めて感じただけのことなのである。いや、むしろそこは私が10年前後続けて来たブログであるだけに、自分では消し去ってしまいたいくらい気恥ずかしい内容の記事もたくさんあるのだ。

 こうして先方の指示する通り私は記事の全文削除に応じたのだが、向こうはまだ何か文句を言い足りないのか、私の『本家ヤースケ伝』というブログは今現在に至るまで未だ公開されておらず「確認中」だそうだ。


by musasinokosugi | 2014-03-27 18:35 | 時事