時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『言・美』の世界から。

 吉本隆明著『言語にとって美とは何か(略称言・美)』は楽天ブックスにもあると思う。(←失礼。今探したら無かった!が、アマゾンには2冊あった。w)角川文庫からも出ている。まだの人には是非ともお勧めしたい文学論の著書である。小説等文学作品に限らず音楽や映画にも応用の効く優れた著作だと私は思っている。
 それでどういう内容かというと、元々は理系の出身である著者が書いた本であるから、X軸Y軸の平面座標に各文学書を配置してしまうことを提案しているのである。この提案が画期的かどうか私は知らないが、私の出会った初めての文学論だった。彼は生涯を通して実にいろんなことをやらかしてくれた人で(笑)私は何もかも彼の主張に同意する人間ではないが、私が大きな影響を受けた人間の一人であることに間違いは無い。詳しいことは冒頭にリンクしたウィキペディアへ行けば有難いことに相当詳しく書いてくれている。w

 それで、吉本の設定はあくまで『平面座標』なので、これにもう一つZ座標を加えたら立派な(?)『空間座標』になるのではないかと、私は夕べふと思ったのである。
 ではそのZ軸には何を持って来るのかというと、私の考えでは『世界性』がいいのではないか。w
 ここに『世界性』とは『社会性』と言い換えてもいいし或いは『翻訳可能性』でもいい。『他言語化への可能性』でもオッケーだ。私はこれらを全部ひっくるめて『世界性』と仮に名付けたのである。吉本が苦手としていた(と言うよりは出来なかった)『多言語化』即ち外国語への十全たる翻訳の挑戦である。
 考えてみて欲しいのは、吉本が「この二人さえ読んでいれば用は足りる」とした両村上(即ち村上春樹と村上龍)にしても欧米で広く読まれているのである。「この小説は是非母国の人間にも読ませたい!」と切望する多くの人たち(ガイジンサン)がいてこその『世界性』獲得なのである。これはマンガでもポップスでも同様だ。
 あの大江健三郎にしても世界各国語に翻訳されたからこそのノーベル文学賞受賞だったのではないか。

 英米の覇権が長期に亘っている関係で今『世界語』と呼べる言語は英語しかない。スペイン語でもフランス語でもロシア語でも中国語でもなく英語なのである。学者が拵えたエスペラント語などは、政治も経済も何も絡んで来ない「学術的」「趣味的」サークルの言語でしかないだろう。いったいどれだけの人間がこのエスペラント語を日常使って生活しているのだろうか?
 M・フーコーの『言葉と物』(1965年)の日本語への翻訳に5年も10年も(?)かかったように、詩的イマージュや暗喩に富んだ著述はことほど左様にプロでも翻訳が難しいのである。私にしても英語の俳句などを見るにつけ「どうしてこんなのが俳句なの?」といつも思っていた。w
 ということで、翻訳可能か不可能か知らないが、私たちもガイジンさんに良くわかる日本語を使いたいものである。
d0136282_14101914.jpg
d0136282_1410385.jpg
d0136282_1494883.jpg
d0136282_1493374.jpg
d0136282_1491783.jpg



[PR]
by musasinokosugi | 2014-05-16 14:10