時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

朝日楼閣。

 朝日の当たる家である。浅川マキも歌っていたが、私が好きだったのはアニマルズのオリジナルである。私は高校生の頃この歌の歌詞を覚えて、以後半世紀近く記憶していることになる。歌詞も語順も正確ではないが、以下に記すと:

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it’s been a ruins of many a poor boy
’Cause I know I’m the one

My Mother was a tailer
Sowed my new bluegeans
My father was a Gyambling man
Down in New Orleans

The one foot on the platform
The other hoot on the train
I’m going back to New Orleans
To wear that boll and chain

Oh Mother, tell your children
Not do what I have done
Spend your lives in sin and miserly
In the house of the Rising Sun

・・・こんな感じで歌詞は続くのだが、要は少年刑務所(少年鑑別所)に逆送致され逆戻りするある青年の《曳かれ者の小唄》なのである。今になってもまだ覚えているということは当時受けた印象が余程強烈だったということなのだろうと、自分では思っている。

[PR]
by musasinokosugi | 2015-04-06 18:59 | 昔話