人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

躁病状態の安倍ポン。

 衆院予算委員会の論戦?を今日も少し見た。安倍ポンは酷い。持病のための興奮剤入りのクスリをやり過ぎたせいか、自分の席から興奮状態で「質問しろ!質問しろ!」と質問者を激しくやじり続けた。が、質問者の辻元清美は「指名していない。勝手に喋るな!」と安倍を更に退けた。首相が「喋らせろ!喋らせろ!」と外野から大声でヤジを飛ばし、質問する側が「お前なんかに訊いていない。黙れ!」と首相を制する。こんな光景がこれまであっただろうか、私の記憶にはない史上最低最悪の今国会である。
 安倍ポンは内心「少なからぬ焦り」を感じているのか、質問を受けてもそれにまともに応えることはなく、陳腐な自説を長々しく繰り返して「質問時間を無為に消費する」だけである。野党の質問者たちもそれが判っているから、「質問攻めに出る」事などまず考えず、自説を繰り返す事を最優先する。こうして国税をひたすら浪費するだけの無益な時間が流れて行く。

 この「自称平和何たら法案」を「戦争法案」だと決め付けたのは社民党の福島党首(当時)だった。彼らにしては上出来だったと私は認める。
 「安倍ポンの戦争したくてしょうがない法案」「アメリカ様の腰巾着になっていれば中韓北など怖くない法案」「自衛隊員諸君は国民のためにちょっくら地球の裏側まで行って死んで来い(或いは殺して来い)法案」「どうせこの世は殺すか殺されるか二つに一つなんだからどうせなら殺す側に回りたい法案」「憲法九条さん長い間ご苦労さんでした。もうあんたの出番はありませんからごゆっくりお休み下さいませませ♪法案」・・・岸信介の孫が仕掛けた大博打に果たしてこの国の民は無言のまま唯々諾々と盲従するのだろうか。まあ私はこの国民にはとうに愛想尽かしているから「どうぞお好きなように♪」である。

 As you like it.⇦「お気に召すまま」(byシェイクスピア)なのである。☺☺☺。

by musasinokosugi | 2015-05-28 21:32 | 時事