人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

右を向いても左を見ても・・・。

 昨夜《報道ステーション》を視ていて改めて感じたことがある。それは「古舘~朝日は信用出来ない」ということである。安保法制に関して「拙速に走らず」「時間をかけてじっくり審議すべきだ」というのが相も変わらぬ朝日~古舘の主張である。果たしてそうか?
 時間をかけようが「丁寧に説明」しようが、戦争法案は戦争法案である。廃案になろうが継続審議になろうが、戦争法案が平和法案に突如変身するわけでは無い。

 例のオンエアー中の論争で古舘は「自分は朝日の人間だから(!)“I′m not Abe.”などという打ち合わせにないアドリブを認める訳には行かない」と相手を強圧的に制した。その朝日のスタンスというのは安倍一派提出の法案に微塵も異を唱えるものではない。「拙速に奔るな」と恰も公平中立であるかの如く自己粉飾しているだけなのである。「時間をかけて説明すれば必ず判って貰える」という安倍~自公の言い分と何処が違うか?
 こうやって安倍に恰好の出口を与え、あわよくばSEALD′sら《法案絶対反対派》との間に《和解の道》を構築してポイントを稼ぎ自社の地位を高めようというのが朝日の姑息で醜悪な手法である。「産経さんや読売さんにこんなこと出来ますか♪」と言いたいのである。大手メディア中では一番「左寄り」の毎日にしても「徹底的に議論しろ」(岸井)と言うだけだから、ここも朝日と大差ない。

 大手メディアがこのように批判精神をほぼ完璧に喪失しているのをいいことに、国会山の弱小野党の猿達は「私達は反対しましたよ♪」というポーズでアリバイ作りをしているだけだ。それによって次回の《お選挙♪》で自分さえ多少なりとも票を稼げれば御の字なのである。見下げ果てた連中だ。自分の議席の方が安保法案を葬る事より大切なのである。
 野党側がこういう状態なのを見越しているから自公は「ゆっくり♪」時間を潰して行けば万事OKだとふんぞり返っている。民主党の中には維新顔負けの《安倍志向》の右派もいる。共産党などは何処の野党とも連携・共闘が不可能だから「政権獲得は我々のロマンです♪」などとほざいている。自分たちだけで絶対多数を獲得する気でいるのか?⇦そんなことを望む人間はまずいない。
 
 オリンピックも「どんぶり勘定でええわええわ♪」の森元総理がぐしゃぐしゃにしてしまった。・・・というわけで「右を向いても左を見ても真っ暗闇じゃあござんせんか」(鶴田浩二)という我が国である。🐳🐾🐼👽😡🚀☀。

by musasinokosugi | 2015-08-19 07:34 | 時事