時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

福山雅治だ!オリンピックだ!

 ⚾プロ野球が取り敢えず終わり大相撲も終わって見れば、今度はテレビを付けたらどの局も《福山雅治の結婚》を取り上げていたのでいい加減うんざりした。聞けば彼はもう46歳だというのだから『結婚適齢期はとうに過ぎたただのおっさん』に過ぎないのであるが、その辺のいい歳をした阿呆で無知な女たちがこれに悲鳴を上げ騒ぎまくっているから、テレビ局も一列横並びで我先にと福山雅治の特集を作り、放映する。「そうしないと視聴率競争に後れを取る」と自分勝手に決め付けているからである。

 福山雅治がどれ程才能迸る素晴らしいタレントなのか私は知らないが、所詮は単なるタレントの一人に過ぎないから、彼自身が巧妙に自らを演じているだけのことだ。《彼への人気の一極集中》のおかげで他の男の役者やら歌手たちはこの間すっかり影が薄れてしまった。

 この国では《一極集中》は何時でも何処でも起こっている。『時代の潮流に乗り遅れてはいけない』とでも思うのか、我先に我先にと、他人を押し退けてまで流行への参加・合流を目指す個々の一般市民がいる。各地で起こっているのは一種狂乱状態=パニックである。これを煽って羞じないのがメディアであり、それを利用して《国民全体の愚民化》を図っているのが現自公政権であり、もっと言うならこれに事実上手を貸しているのが民主党を中心とした野党諸派である。全ては互いに連関した社会事象なのである。

 福山雅治特集に続いては2020年東京オリンピック競技種目の話題だった。これも「オリンピックだ!金メダルだ!」と馬鹿の一つ覚えの如く騒ぎ立てさせ、もって《国威発揚の民族主義》を扇動・先導しようという《一極集中策動の一環》に他ならない。安保法案反対だ何だと騒がれたくないからである。
 権力と相互互換関係にあるメディアによって与えられた官製談合的話題に愚かにも「待ってました!」と飛び付き打ち興じる我々一般大衆は自立心も自尊心も判断力もない《ただの烏合の衆》に過ぎないではないか。

 ニュースと言っても『周辺諸国を敵視する排外主義』か、それでなければ『国威発揚の民族主義』のニュースが殆どである。それでなければ殺人事件の報道か豪雨災害のレポートだ。
 一方安倍ポンノスケは私兵化した公安警察??を使って安保法案反対運動を露骨に弾圧し、その??警察は見て見ぬ振りをしてゴロツキ共に運動を襲撃させている。リーダーの奥田くんには??家族を殺すぞという脅迫文が届いた。同じ脅迫するんならポンノスケにすれば良さそうなものだが、安倍にそんな脅迫状が届いたなんて噂は聞いたことがない。ネトウヨの棟梁・安倍が憲法をないがしろにし蔑んでしまったことにより、今やこの国では言論出版集会の自由さえ脅かされている。自民のブタ共はこれを大歓迎し、民主党は見て見ぬ振りだ。
 税金を投入して『見せかけだけの景気回復を画策したアベノミクス』は既に失敗し、その中で少子高齢化社会を迎えようというのだから、この国の前途は多難そのものである。??????????????????????。

[PR]
by musasinokosugi | 2015-09-29 10:18 | 時事