人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

役人がおかしい。

d0136282_11223426.jpg

  34歳の職員(元高校球児だ!)が横領した金額が3年間で10億円である。金庫の直接の管理責任者ではなかったらしいが上司がいないときには自分で勝手に金庫を開け金を鷲摑みして(←中には通帳と印鑑が入っていたらしいからこれは違うだろう。あちゃ。)競艇通いしていたらしい。本人が配転になって初めて横領が発覚した。競艇場では100万円単位で賭ける大口さんで有名だったが、負けても(外見上)表情一つ変えなかったという。日頃「また競艇で儲かった!」と百万単位でポンポン手渡されていたという妻は「夫は競艇の天才だと信じ切っていた」などとほざいていたが、もしこれが本当ならとんでもない世間知らずの大うつけである。法的にはどうであろうとこんなものは「共犯」と呼んで構わないと私は思う。が、問題は上司及び同僚たちである。仲間や部下を信ずるのはいい。チームワークで仕事をするからにはお互いの信頼関係に基礎を置かなければ何も出来ない。で、その先は?信頼し切っていた?!はあ?それで?・・それで終わりなのである。危機管理やセイフティネットなど何もない。それで3年間で10億円が「穴場の肥やし」になった。(←配当金を成長水増しさせる肥料になったという意味である♪)あっそ。ばかやろう!『茨城国保連合会』とはいったいどういうところだ?!記者会見で理事長は「みんなで負担して弁済する」なんてしゃあしゃあと言ってやがった。単純計算では140人の職員一人当たり700万円になる。ボケッ!自分で責任取れないことには担保つけておいて当然だろうが、この能無し野郎が!理事長ら幹部たちはこの際身ぐるみ剥いで路頭に放り出せ!!ったく、どもならん、どがちゃがどがちゃが・・。あと、これは愛知県だったか自分の父親と同姓同名の人の年金300万円が宙に浮いていることを知った職員が、データを改竄して自分が受け取ってしまったというニュースもある。どうしようもない連中だ。さあ、いよいよこの国はひどいことになって来たぜ、ご同輩!しっかりしてくれよ。

============

 中国と真剣な話し合い望む=ダライ・ラマ 4月26日22時1分配信 時事通信

【ニューデリー26日時事】チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世は26日、中国政府がダライ・ラマ側と接触する意向を示したことを歓迎、「チベットの人々の怒りをどう和らげるかについて真剣な話し合いを望む」と述べた。
 ダライ・ラマは同日、訪問先の米国から亡命政府のあるインド・ダラムサラに帰任。現地からの報道によると、ダライ・ラマは記者団に対し、「接触」について詳しい情報は得ていないと説明。国際社会の懸念を緩和するためだけに行われるならば「無意味だ」と指摘した。

============

橋下知事「弁護士なのに…」nikkansports.com

 大阪府の橋下徹知事が衆院山口2区補欠選挙に出馬している自民党公認の山本繁太郎氏(59)を応援するため収録したビデオメッセージが、公職選挙法に違反する可能性を指摘され、使用が見送られていたことが25日、分かった。

 公選法143条は選挙運動でスライドなどの映写を禁止しており「街頭や個人演説会で使うと違反になる」(大阪府選管)ため。

 橋下知事は25日、大阪市内で記者団に事実関係を認め、「公職にありながら、弁護士でありながら恥ずかしい」と平謝りだった。

 関係者によると、橋下知事は山本氏側から、選挙区に入って応援してほしいと要請されたが、多忙のため23日に応援メッセージをビデオに収録して送付したという。[2008年4月25日22時19分]

============

<茨城国保連合会>10億円着服の疑いで元職員を逮捕
4月22日23時13分配信 毎日新聞

 茨城県国民健康保険団体連合会(理事長・石塚仁太郎坂東市長、水戸市笠原町)の会計課主任だった森知勇(ともお)容疑者(34)=懲戒解雇=が、連合会の管理する保険料約10億円を着服したとされる事件で、県警捜査2課と水戸署は22日夜、森容疑者を業務上横領容疑で逮捕した。

 調べでは、森容疑者は今年3月上旬ごろ、9回にわたり、連合会が保管した約2800万円を水戸市内の金融機関から引き出して横領した疑い。

 逮捕に先立ち、同日会見した連合会は、通帳と印鑑が同じ金庫に入れられていたうえ、管理権限のない森容疑者が頻繁に開けていたことなど、ずさんな管理を認めた。

 説明によると、金庫はダイヤルと鍵で施錠するタイプで約20の通帳と印鑑を保管。上司が管理していたが、森容疑者は上司が出張などでいない時には開けることができた。県による定期監査の資料も森容疑者が作成するなど、1人に任せられていた。

 森容疑者は05年度から3年間で、多い時には1回に300万円を超える現金を着服していたという。損失を集中させた特別会計に約10億円の穴を開けたまま今年4月に他の課に異動。連合会は退職準備金などから補てんして市町村への支出に充てた。

 石塚理事長は「県民、被保険者に深くおわびする」と陳謝した。【若井耕司、八田浩輔】最終更新:4月23日0時57分

============

大阪狭山市職員の療養費詐欺:被害総額1億6000万円--中間報告まとめ /大阪
4月26日18時1分配信 毎日新聞

 ◇再発防止検討委
 大阪狭山市の保険年金グループ元主査、白馬良嗣被告(41)=詐欺罪で公判中、懲戒免職=が、国民健康保険の高額療養費をだまし取ったとされる事件で、市の再発防止検討委員会(委員長=高橋安紘副市長)は中間報告をまとめた。26日以降、市内約2万3600戸に全戸配布する。
 報告によると、大阪地裁での審理を通じ、被害総額が約1億6000万円に上ることが判明。使い道も自宅の新築や未公開株の購入、家族旅行などに充てたことが分かった。
 事件の背景については、担当者が白馬被告1人だった▽月初めに一定金額を担当課長の口座に入金し、課長決裁で現金が引き出せる「前渡資金」が使われていた――などの問題点を指摘。再発防止策として、前渡資金による高額療養費支給の原則廃止▽全業務を2人以上の職員で行う▽現金を取り扱う部署での定期的な人事異動の実施――などを決めた。
 また、市は白馬被告側から約4800万円の被害弁済があったことを明らかにし、「引き続き全額の賠償を求めていく」とした。関係職員の処分については「公判の行方を見守り、できるだけ早く実施したい」とした。【曽根田和久】4月26日朝刊
最終更新:4月26日18時1分

by musasinokosugi | 2008-04-27 11:24 | 時事