人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

この際民主党なんか見捨てちゃおうよぉってか♪

d0136282_18162397.jpg


 まあしかしあれだね。自民党現体制側に仕掛けられて以降、この間の民主党の対応は遅過ぎて話にならないように思う。全て後手後手でおろおろしているという印象しかない。小沢党首の善し悪しは別にしても「党首」というものは一政党にとってあくまで「方便」に過ぎないのだから、小沢さんに余りに依拠し過ぎた今の体制というのは異常なのである。民主党は「小沢党」ではない「筈」だ。
 これはもう、「民主党主体の政権交代」なんか諦めて、こんな党は早急に見限った方が精神衛生上いいかもしんない。汗。今の民主党は一ヶ月前仕掛けられた当初私が指摘した通り「頭を潰され胴体だけが生き残った蛇」そのままにのたうち廻っているだけだ。以前から指摘されているようにこの党には「危機管理能力」というものが決定的に欠落しているのである。
 安倍ポンの走狗=津川雅彦がいみじくも言ったように、これは「民主党バブル」だったのである。そしてバブルは儚くも弾けた。

 思うに中央の政治に「期待」するだけの我々一般民衆が一番悪いのである。自分で小さな「行動」一つしないもんだから何でもかんでも「政党頼み」の「他力本願」になってしまう。「直接民主主義」の片鱗すら感じられないから、これではナベツネあたりに「お前さんたちは黙って見てりゃあエエんよ♪」と断定されてもぐうの音も出ないのは当然じゃないか。
 政治の主人公はあくまで我々一般大衆・帝國臣民(はあ?)なのであって政党なんかじゃない(筈である)。
 ところが現況たるや政治の主人公には世襲の政治家たちがふんぞり返って納まっていて、我々はまるで彼らのパシリか召使いである。あっちゃ。

 遥か海の向こう、金融サミットが行われている「紳士の国」・イギリスの「反・銀行」デモを見たらいい。大した人数でもないのに大荒れして、某銀行のガラスまでぶち破ってしまった。彼らは今の政治に対する不満を直接表現することに何の躊躇いもない。
 あれに比べたら我々なんかは見事に飼い馴らされてしまった物言わぬ「羊」たちでしかない。誰一人鬱屈した心情を発露出来ないのだから「情けない」の一語である。
 こりゃ本当に駄目じゃないかね、お父さん?!
 だからもう「政権交代」などという大それた野望は捨てて、現有自民議席を多少でも減らすこと「だけ」を夢見ていた方が賢いのではないだろうか。その方が気楽でいいし、ショックも少なくて済むぜ。笑。
「若(←バカと読め!)者たち」よ!「セイジだのセンキョだのは年寄りどもの祭典だ(←事実だけど!)」などとお高くとまってないで、たまにはデモの一つもやらかしてみたらどうだ?!一人が立ち上がれば他も続くかも知れないぞ。w
 あんたらの親父もそのまた親父も、デモくらいはして来たぜ。その結果がこのザマだからふがいないし面目ないんだけどサってか、あちゃ。

============

2009年4月2日 02時31分 ( 2009年4月2日 08時24分更新 )『毎日jp』

<毒ギョーザ事件>箱の外から注射…中国当局、裏付け実験
【石家荘(中国河北省)浦松丈二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国公安当局が、製造元「天洋食品」(河北省石家荘市)の冷凍庫に保管されていた製品について、包装した段ボール箱の外側から殺虫剤メタミドホスが注射器で注入されたとみて、北京の政府研究所で裏付け実験を進めていることが分かった。同社関係者が1日明らかにした。

 裏付け実験を実施しているのは中国国家品質監督検査検疫総局傘下の中国検査検疫科学研究院。工場の冷凍庫内と同じ温度条件で、ギョーザの入った段ボール箱の外側から注射針を刺してメタミドホスを注入し、ギョーザや包装袋への付着状況を調べている。

 実験では、メタミドホスを溶かし込んだ溶剤の種類や温度条件によって包装袋に破損がなくても内部のギョーザが汚染されるケースが確認されたという。

 これを受け、公安当局は注射器を使った毒物混入方法に捜査を集中させている模様だ。

 日本国内で昨年1月、メタミドホスが検出された同社製のギョーザの包装袋に小さな穴や針でひっかいたような傷が発見され、外部からの混入が疑われた。しかし、同2月に大阪府枚方市のスーパーから回収されたギョーザ1袋では、穴や傷がない未開封袋の内側からメタミドホスが検出され、一転して包装前の混入が疑われた。

 同社関係者によると、中国公安当局は昨年秋以降、冷凍庫を管理する同社社員数人を断続的に拘束しており、注射器を使った混入方法についても事情を聴いている模様だ。捜査当局は容疑者をほぼ社内に絞り込んでいる模様だ。日本政府関係者は注射器を使った裏付け実験について「公式ルートでは中国側から説明を受けていない」と話している。

============

 中国というところも「国策報道」ばかりだね。以前と全然言ってることが違う。

============

金融サミット抗議で4000人がデモ、63人逮捕
2009年 04月 2日 11:27 JST
[ロンドン 1日 ロイター] ロンドン中心部で1日、20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)の開催に合わせた大規模なデモが行われ、抗議者が警察隊と激しく衝突。周辺にある銀行のガラスが壊されるなどして、63人が逮捕されたほか、男性1人がデモのさなかに倒れて死亡した。

 イングランド銀行(英中銀)前に集まった約4000人のデモ隊は、金融システムが貧富の差を拡大させているなどと抗議。一部の参加者が、近くにあるロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の窓ガラス3枚を割るなどした。

 英政府から昨年救済を受けたRBSは、グッドウィン前最高経営責任者(CEO)が年間70万ポンド(約1億円)の年金を受け取る意向であることから、非難の声が上がっている。

 一方、死亡した男性について、警察では病気が原因とみているが、検死をして詳しい死因を調べることにしている。

============

 私はふと思う。
「今回の金融サミット参加20ヶ国のGDP合計が全世界のGDPの80%を超える」と嬉々として伝えるメディアの神経は異常ではないのだろうか?
 20ヶ国で八割方を占めてしまったら残りの百数十ヶ国はどうなるのか、少しは想像力を働かせたらどうだ?!「その他大勢」の生活なんてどうでもいいのか!?

 そういうわけで繰返すが、政治の主人公はあくまで我々一般大衆なのであって政党なんかじゃない筈であるが、現況たるや政治の主人公には世襲の政治家たちがふんぞり返って納まっていて、これが揃いも揃って「不逞の輩」ぞろいで、ちょっとやそっとではイゴキそうもない。我々は主人公どころかまるで彼らの「パシリ」か「召使い」である。あっちゃ。
「(虞や虞や、汝をじゃない)この《主従逆転の現状》を如何せん?」ってか、おのおの方、ここは「決」の一字でござるぞよ。ぁそ。

============

追記1.管代表代行の「小沢=選対本部長」案、さんせーっ!(笑)

追記2.ホリエモンが外国人記者団に対して痛烈なる検察批判を展開したらしい。自分の事件と小沢事件を絡めてである。もっち英語でだぜ。自分や小沢をやれば目立つからいいんだそうだ。なにせあの黄色いコートと背広だもんな。あいつらだいぶ「来ている」んじゃないか!?フツーじゃねえよ。w
 いよっ!ホリエ大明神!大統領!千両役者っ!ぷいぷい。(←ゲンキンなもんだってか、あっそ♪)

============

by musasinokosugi | 2009-04-02 13:24 | 時事