人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

橋下も動く。

d0136282_1495687.jpg

 今朝のスーパーモーニングは終了寸前、宮崎県庁の知事室前を異例の割り込みで報じた。何かあったのかと思ったら「東国原知事が登庁して来ました!集まった報道陣は20人、他に県庁観光の方も10人いらっしゃいます!」と取り乱して絶叫しただけである。この現場のなんたらいうディレクターからして既に過剰な群集心理が働いている(或いはそのように装っている)のである。
 ばかやろう!
 知事が県庁に入るのがそんなに珍しいのか!
 この常識も見識も皆無の「狂乱報道」をまたしても引き出したというだけでも、今回の古賀と東国原の会談には充分意味があったと言わなければならない。「小泉劇場」以来一片の反省もないメディアである。まあこういう低水準の報道こそをスポンサー各社は望んでいるということだろう。

*ところで暗躍ばかりが目立つ最近の古賀の言行だが、これが「単独行動」の筈もないとしたら、背後で彼を支え連携しているのはいったい誰だろうか。「ポスト麻生」まで日程に上がらせているのだからまさか麻生本人ではないだろう。笑。中川・武部らの自称「構造改革推進派」か、チーズ・森の一派か。後者だとしたら裏にはまたしてもナベツネが暗躍していることになる。この爺さんは反麻生だから、辞任前の鳩山弟を国士だと褒め称えていた。いずれにせよこれはれっきとした倒閣運動である。

============

2009年6月24日 22時01分 毎日jp
<西松事件>「法違反はない」…小沢氏が公判に初言及

 民主党の小沢一郎代表代行は24日、西松建設前社長の初公判で、検察側が公共事業受注に関し「小沢事務所から『天の声』が出ていた」と指摘したことに「私も、事務所の者たちも、法に反することは一切していない」と反論した。19日の公判に関して小沢氏がコメントしたのは初めて。

 一方で、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相がダミー団体を通して迂回(うかい)献金を受けていた問題については「私は選挙担当で、他の人について論評する立場ではない」とコメントを避けた。愛知県田原市で記者団の質問に答えた。【渡辺創】

============

 与謝野の釈明を聞いていると、西松絡みの小沢サイドからの釈明と言葉上極似していることがわかる。「政治と金の問題」の経済事案としても(こちらは給料から強制徴収した金を迂回献金したとのことだが)似たような話だからである。与謝野は貰った五千万を返さないと言っているが、離党した渡辺は「不適切とわかれば返却する」と答えている。自民と非・自民とでは同じ趣旨の金を貰っても対応がくるりと変わってしまうところが私には興味深かった。与謝野は現内閣で3つの重要な大臣ポストを兼任するという異常な体制であるから、もしこれがヤバイということになれば即麻生は退陣だろうが・・。

============

2009年6月24日 21時03分 ( 2009年6月24日 23時53分更新 )毎日jp
<東国原知事>次期衆院選出馬に意欲…「地方のために行く」

 宮崎県の東国原英夫知事は24日、次期衆院選について、県庁内で「地方のために、国を変えるために国(国政)に行くと言わせていただく」と述べ、自民党公認候補として出馬することに意欲を示した。一方で、23日に示した二つの出馬条件に変わりがないことも強調。自民党の回答や県民の声も踏まえ、慎重に判断する意向だ。

 東国原知事は「自民党が改革していこうと言うのであれば、私は言い出しっぺの責任がある。後援会を含め(県民の)理解を得られたら、地方のために(国政に)行く」とも述べた。【石田宗久】

============

橋下知事ら20首長が新グループ…衆院選の支持政党表明へ
6月25日3時7分配信 読売新聞

 大阪府の橋下徹知事は24日夜、東京都内で横浜市の中田宏市長らと会談し、地方分権の推進を目指す自治体首長らによる政治グループを結成する方針を決めた。

 次期衆院選で各政党が政権公約(マニフェスト)で示す地方分権政策を見極め、政党支持を表明する考えだ。

 会談には、ほかに中村時広・松山市長、露木順一・神奈川県開成町長が参加した。橋下知事は会談後の25日未明、読売新聞の取材に対し、新グループについて「全国知事会や全国市長会といった既存の枠組みを超えた政治運動にしたい」と述べた。

 現時点で全国約20人の首長が賛同している、という。

 橋下知事は「応援した政党が負ければ国からの予算配分はひどいことになる。(知事を)辞める覚悟を持って取り組む」と語った。
最終更新:6月25日3時7分 読売新聞

============

東国原知事、出馬なら「比例」で 自民・古賀氏が明言

 自民党の古賀誠選挙対策委員長は24日、次期衆院選の出馬要請のため23日に会談した東国原英夫宮崎県知事について、立候補する場合は比例代表での出馬になるとの認識を示した。古賀、東国原両氏の会談に対し、説明を求めた丸山和也参院議員と党本部で面会した際に、明らかにした。

 丸山氏によると、古賀氏は東国原氏について「衆院選に出たいというなら比例しかない。本人次第だ」と明言。ただ具体的な比例代表のブロック名には言及しなかったという。古賀氏は丸山氏との面会後、出馬の可能性について記者団に、「(東国原氏は)意欲を示されているので、ゼロではないと思う」と期待感を示した。(08:01) NIKKEI NET

============

橋下知事ら「優れた政党を示したい」 nikkansports.

 大阪府の橋下徹知事らと自治体の首長でつくる新グループ結成で合意した松山市の中村時広市長は25日、「あまりにも(政党間で地方分権政策に)差がある場合には、この政党の方が優れた取り組みをしようとしているということをメッセージとして出していきたい」と述べ、次期衆院選での支持政党表明も必要との考えを示した。

 松山市で記者団の質問に答えた中村市長は「リスクを負って、政党に地方分権をどこまでやるのか突きつけたい」と強調。橋下知事らとの協議については「各政党に地方分権をどこまでやるのかを約束してもらうきっかけを、どのようにつくるか考える時がきたのではないか、という話をした」と明らかにした。

 中村市長には今月に入って、横浜市の中田宏市長から呼び掛けがあり、会談に出席したという。(共同)[2009年6月25日13時0分]

============

 これは選挙公約だけの話で「言うだけ」なら自民党とて民主党に比してそれ程見劣りする施策を打ち出すわけもないから、言ってみただけだろう。
 仮に彼らがはっきり「民主支持」を打ち出さなかった場合「民主も自民も(地方分権に関して)政策的にはどっちもどっちで同じですよ」と評価したに等しいわけである。まやかしの言葉が乱舞する季節である。

============

by musasinokosugi | 2009-06-25 14:03 | 時事