人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

横須賀市長選。

 細田というのは何者だろうか。どこの馬の骨か知らないが、私には民主党を始めとした野党を口汚く『罵倒』(←本人の言葉)することだけに長けている(?)というイメージしかない。育ちが悪いのか言説が下品で国会村の野次狸そのままである。お前に言われたくないってか、あちゃ。麻生は「党三役の人事なんか自分では言ったことはない」と言っているそうだが、じゃあ誰がそんな勝手なことを言っているんだろうか。ナベツネか。笑。今の時期、人事で抜擢される側(桝添とか?)は嬉しいだろうが、降ろされる側はたまらない。降ろすのなら真っ先に細田と麻生自身だろう。二人とも無能なことにかけては誰にも引けをとらないからだ。

*そうかと思えば横須賀市長選では自公民相乗りの旧自治省官製候補が33歳の元市議の新人に敗れた。小泉ポチも街頭で応援した元役人の現職である。無党派層の勝利だそうである。連合はここでも相乗りを立てた。時代もあれだね、変わるときは早い。あっという間に小泉旋風は地元で去った。

*とにかく最近の政治はいいこと悪いこと含めて、メディアを通して連日何かと話題になっていないといけないらしい。メディアが要請するのか議員・政治家の側からオファーが来るのか、毎日テレビに顔を出している人間とそうでない人間との間には、選挙に入ってからの街頭での人集めにも、実際の獲得票にも自ずと大きな開きが生じるだろう。これもテレポリティックス現象の一つで、我々の日常は概ねテレビ漬け、報道漬け、ネット漬けなのである。劇場型政治の基礎・土台は日々弛まなく醸成され続けている。これを断ち切るったって、あーた、いったい我々のとり得るどんな有効な手立てがあると言うのかね!?日々のニュースの内容をとりあえずは把握していないと現状認識に遅れをとりかねないし、そうかと言ってこれらにずぶずぶに漬かっていたのでは単なるマリオネット・夢遊病質に成り下がる可能性大である。我々は結局は偉大なるナベツネ大明神の掌の上にしか生存を許されていないのかねってか、はあ??今日もあちこちで報道されるどこかで聞いたことのオーム返しのような「街の声」ではなく、正真正銘自分で考えたことを自分の言葉で発する「自助自立」という在り方は、我々にとってなかなか困難な課題なのである。

============

首相、党人事見送り…「自分から言ったことない」 6月27日22時25分配信 読売新聞

 麻生首相は27日夜、東京・内幸町の帝国ホテルで自民党の細田幹事長と会談し、衆院解散・総選挙の時期や閣僚の補充人事を巡って協議した。

 党三役人事については否定的な見解を示し、見送られる公算が大きくなった。解散時期に関しては、重要法案の成立を優先する考えを示し、7月12日投開票の東京都議選後とする意向を伝えた。結果的に、三役交代を巡る党内の混乱を露呈したことで、首相の求心力は一段と低下する可能性も出ている。

 会談で細田氏は党役員人事について、「首相にすべてお任せする」と述べた。首相は「党役員人事をやるとか、自分から言ったことはない。外野が言っているだけだ」と述べ、細田氏ら党三役を交代させない考えを示唆した。内閣改造についても否定的な見解を示したが、閣僚の補充人事を行う可能性は残されている。

 一方、首相は貨物検査特別措置法案、臓器移植法改正案、水俣病未認定患者の救済法案に関し、「早くまとめてほしい」と指示した。貨物検査特措法案の国会提出は7月3日になる見通しで、これらの法案の今国会での成立を目指す考えを表明することで、都議選前の衆院解散は行わない意向を示したものだ。

 首相は細田氏との会談に先立ち、同ホテルで島村宜伸総裁特別補佐と会った。島村氏は党三役を代えず、都議選前に解散しないよう進言し、首相は聞いていたという。

 党内の一部からは首相の退陣を求める声が公然と出ているが、首相は自ら衆院解散・総選挙に踏み切る考えで、8月上旬の投開票を念頭に党内調整を加速させる構えだ。静岡県知事選(7月5日投開票)と都議選の結果をふまえ、最終判断をするとみられる。

 これに関連し、伊吹文明・元幹事長は27日の読売テレビの番組で「目前に衆院解散が迫っている。今の態勢を変えずに挙党一致で進んでいくしかない」と述べた。園田博之政調会長代理も徳島市での講演で、「(選挙)寸前になって役員を代えて出直そうというのも問題だ」と語った。

 古賀選挙対策委員長は名古屋市内での党愛知県連大会であいさつし、「表紙を替えれば自民党が信頼を得る政党として変わっていけるのか。しっかり軸足を構え、腰を据え、今の態勢で選挙に向かう」と述べ、党内の「麻生降ろし」の動きをけん制した。 最終更新:6月28日1時44分 読売新聞

============

横須賀市長選、小泉元首相応援の現職敗退…33歳新人が当選
特集 2009政権選択

 小泉純一郎元首相のおひざ元の神奈川県横須賀市で28日、市長選の投開票が行われ、新人で前市議の吉田雄人氏(33)が、元首相が応援する現職の蒲谷亮一氏(64)ら2人を破り、初当選を果たした。

 14日に31歳で初当選した熊谷俊人・千葉市長らに続き、全国で3番目に若い市長の誕生となる。

 小泉元首相は告示前の14日に街頭演説で、告示日の21日夜にも蒲谷氏の個人演説会で、旧自治省(総務省)出身の蒲谷氏の行政経験を挙げ、支持を訴えた。元首相が地元で選挙の街頭演説をしたのは9年ぶり。次期衆院選には、神奈川11区(横須賀市など)から次男進次郎氏(28)が出馬する。

 米海軍横須賀基地を抱える同市では、9期36年にわたり、旧自治省出身者3人が市政を担い続けてきた。今回も自民、民主、公明の県議や市議らが超党派で蒲谷氏を応援したが、吉田氏は「若さ」と「変革」を前面に掲げて、無党派層の多くを取り込んだ。蒲谷氏を応援した市議は「小泉人気も通用しなかった。選挙の方法を一から見直さなければならない」と話した。(2009年6月28日23時46分 読売新聞)

============

橋下知事らの新グループ、大阪の全首長に参加呼びかけへ
6月29日3時5分配信 読売新聞

 地方分権の推進を掲げ、新たな政治グループ「首長連合」の結成を目指す大阪府の橋下徹知事が7月1日、府内全43市町村長に首長連合への参加を呼びかける会合を大阪市内で開く。

 次期衆院選に向け、まず地元で賛同を広げる狙いだ。

 橋下知事は今月26日、各市町村長にあてた文書で「地方分権改革を大阪から推進しようとする私の考えを聞いていただく会を開催したい」と連携を呼びかけている。最終更新:6月29日3時5分 読売新聞

============

by musasinokosugi | 2009-06-29 09:19 | 時事