人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2009年 07月 07日 ( 1 )

d0136282_647991.jpg

 昨夜私の某blogが「坂本由紀子 下品」というキーワードの検索に引っかかっていたのを発見して思わず笑ってしまった。これは静岡知事選が終わってから知ったことだが、今回自公候補の戦術は「自民隠し」という如何にも姑息な手段を取っていたのであり、これでは獲れる票もみすみす逃していたのではないかと推測されるのである。「私は政党は関係ない」と言うのなら自公からの推薦は辞退すべきだし、麻生も呼ばずに野田聖子・猪口・片山さつきを「友人だから」と応援に呼ぶなどは「語るに落ちる」というか卑劣でさえあった。記者団から「自民党との関係」を重ねて問われて必死に言い逃れをする彼女の顔は醜く引き攣っていたからこれを「下品」と評するのは確かに当たっていた。自らの出身母体も支持母体も殊更に隠さなければならない「政党政治」とは一体何なのか、自公の選対責任者には猛省を促したいところである。逆に人気があるからと呼ばれた枡添の態度も「女性の力が必要なんですよ」という「無知なる民に教え諭す如き口ぶり」などは傲慢そのものでまさに有権者を上から見下ろしていた。おまけに「日本は私が変える」と来た日にはそのまんま東と同類である。「無党派層」を舐めてはいけない。彼らは既成政党に対して「一言物申したいことがある」からこそ距離をとっているのである。こうして一人また一人と「守旧派」の化けの皮が剥がされていく。

============

2009年07月06日 『日刊ゲンダイ』掲載
そりゃそうだよな 東国原知事に国民の8割が「ノー」 

 共同通信の世論調査で東国原宮崎県知事に厳しい数字が突きつけられた。自民党から衆院選への出馬打診を受けている東国原知事だが、81%が「衆院選に出るべきではない」と答えた。東国原の国政転身については、自民党内からも批判の声がある。これで東国原も目が覚めたろうと思ったら、「知事に残れという声はありがたい」とか言っていた。コイツは……。

============

2009年7月6日 21時43分 『共同ニュース』
東国原知事、自民に文書回答要求 衆院選への出馬条件で

 宮崎県の東国原英夫知事は6日、自民党からの次期衆院選への立候補要請に対し、自らが提示した条件への回答について「重要項目なので文章でいただきたい」と述べ、同党側に文書回答を求める考えを強調した。全国知事会の地方分権の要望を党マニフェストに載せるとの条件については、5日に同県を訪れた金子国土交通相が前向きに取り組む方針を伝えたが、口頭では不十分との認識を示したものだ。

============

2009年07月06日 『日刊ゲンダイ』掲載
現実になってきた麻生首相「サミット中に退陣」の急展開

 静岡県知事選で敗北したことで、自民党内の麻生降ろしが急展開しそうだ。麻生首相は7日夜、サミット参加のためにイタリアに旅立つが、外遊中に外堀を埋められるのは、これまでのパターン。森元首相と河野洋平衆院議長が話し合い、麻生降ろしや次期総裁の根回しをするのではないか、との見方が広がっている。麻生首相は河野氏の前では直立不動といわれ、「鈴をつけられるのは彼しかいない」という声がある。

============

 麻生が外遊から帰って都議選後に解散詔書への署名を閣僚らに迫るとなると、その際与謝野ら重鎮が署名を拒否するという事態も充分あり得るということで、そうなると麻生は辞職するしかなくなる。選挙管理内閣である。

============

新疆ウイグル暴動・識者談話 jiji.com

◇ウイグル文化への破壊行為も背景に
 水谷尚子中央大非常勤講師(中国近現代史)の話 新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで起きた暴動は、広東省の玩具工場での民族対立が直接的な引き金になったとみられるが、最近漢族に対するウイグル族の反感が強まっていたことが背景にある。中国当局はこのほどカシュガルに残るウイグルの歴史的建造物「ハンルク・メドレセ」を取り壊すなどしており、ウイグル文化の中心地に対する破壊行為に不満がくすぶっていた。
 ウイグル族にとってはそもそも安い労働力で都市部への出稼ぎを余儀なくされるなど漢族との経済格差に強い不満がある。こうした事実上の「身分制度」があるのに加えてウイグル文化への破壊行為への反発が今回のような大規模な暴動につながったのだろう。
 今回の暴動は1997年にウイグル族と漢族が衝突し、多数が死傷した「イリ事件」の時とは取り巻く環境が大きく異なる。現地から写真や情報がインターネット上で流されており、ウイグル問題が世界に露呈し、中国当局も弾圧行為を隠ぺいできない。中国政府も今後、これまでの強硬姿勢を転換せざるを得ないのではないか。(2009/07/06-21:43)

============

 中国は『中華思想』の多民族国家であるから民族問題は当然起こって然るべきである。新疆ウイグルありチベットありで、現体制の下でこれら全ての問題を軟着陸させることは絶望的に困難である。

============

by musasinokosugi | 2009-07-07 06:47 | 時事