人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー

2009年 10月 31日 ( 2 )

旧政権の化石。

d0136282_16485230.jpg

旧政権の金融庁長官をしていたというチョビ髭の五味某という天下りのゴミが「ウェイクアップ」に出て来て、「旧政権のせいにしないで民主党は自分の責任で問題解決しろ」などと偉そうにほざいていたが、言ってる内容は「大企業に負担を課すな」とか「外需だ」とか、見事に旧態依然の決まり文句だけであって進歩というものがなく、こいつらは「政権交代の現実」というものをいまだ「見たくないから見ていない(!)」時代に取り残されたボンクラだなと私は呆れた。だいたいが民主党を「普通に」批判していいのは我々一般市民「だけ(!)」なのであって、旧政権の中枢にいて今や全否定された奴らが何を偉そうにしゃしゃり出て来るのか!?鳩ちゃんならずとも、「お前らだけには言われたくねえよ」ということなのである。奴らの出番はとっくに終わっている。自民党の林某という参院議員といい、こういう奴らを後生大事に有難がって只飯食わせて抱き込んでいる財界だとか某野村総研のシンクタンクだとかといった組織は程度が低過ぎて「お里が知れる」と言うしかないところである。保守でも復古派でもいいから「もっと頭が切れて使う値打ちのある人間を使え!」と言うことなのだ。

============

「核兵器全廃」決議:最多170カ国の賛成で採択 国連委 10/30毎日jp

【ニューヨーク小倉孝保】国連総会第1委員会(軍縮・安全保障)は29日、日本が作成し米国などとともに提出した核兵器全廃を目指す決議案を過去最多の170カ国の賛成で採択した。同種の決議案採択は94年から16年連続。共同提案国は87カ国で過去最多。米国は初めて共同提案国となった。12月の国連総会で採択される見込み。これで、核実験全面禁止条約(CTBT)の発効や来年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に弾みがつくとみられる。

 米国の賛成は00年以来9年ぶり。英露など核保有国も賛成した。賛成は最も多かった06年の169カ国を超えた。反対はインド、北朝鮮の2カ国で昨年から2カ国減った。中国や、昨年賛成だったフランス、昨年反対だったイスラエルなど計8カ国が棄権した。

 決議は前文で、NPTが核不拡散体制に決定的に重要としたうえで、▽米露の政治的主導で世界的な核軍縮機運が高まっている▽9月の国連安保理首脳会合で「核兵器のない世界」への道筋が確認された--ことに言及、オバマ米大統領が目指す「核なき世界」への動きを歓迎している。

 さらに主文は▽核保有国に核兵器削減を要請▽CTBTの署名・批准を呼び掛け▽CTBT発効までの間、核実験の一時停止の重要性を強調▽兵器用核分裂性物質生産禁止条約(カットオフ条約)交渉の即時開始を要求▽核テロ防止の重要性を強調--する内容となっている。

 日本は細部を変えながらも94年から毎年、同趣旨の決議案を作成、採択させてきた。

 中国は核実験一時停止を求めていることに反発し棄権したと考えられている。

 国連総会決議は安保理決議と違い拘束力はないが、国際社会の政治的意思を示す効果がある。

 ◇国連総会「核兵器全廃」決議の骨子
一、核兵器全廃に向け、決意を新たにする

一、核拡散防止条約(NPT)の義務履行の重要性を再確認。非加盟国に加入を要請。

一、核保有国に透明性のある方法で核削減を要請

一、米露による第1次戦略兵器削減条約(START1)の後継条約作りを歓迎

一、核実験全面禁止条約(CTBT)の早期発効に向け、署名、批准を要請

一、核テロ防止の重要性を強調

============

 インドと北朝鮮が反対、中国・フランス・イスラエル等が棄権ということである。

============

 2009年10月30日 15時14分 毎日jp ( 2009年10月30日 22時23分更新 )
<訃報>三遊亭円楽さん76歳=落語家、「笑点」の元司会者

 テレビの人気番組「笑点」の司会者を長く務めた落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・吉河寛海=よしかわ・ひろうみ)さんが29日午前8時15分、肺がんのため東京都中野区内の自宅で死去した。76歳。葬儀は近親者と円楽一門で行い、後日お別れ会を開く。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 東京都台東区出身。1955年、六代目三遊亭円生に入門して全生を名乗った。62年、真打ちに昇進し、五代目円楽を襲名。同世代の立川談志さん、古今亭志ん朝(2001年死去)、月の家円鏡(現・橘家円蔵)さんと共に「四天王」と呼ばれた。

 「笑点」(日本テレビ系)には1966年5月のスタート時から出演。「星の王子さま、円楽です」などのキャッチフレーズで人気者になったが、落語に専念しようと77年に降板した。

 78年、落語協会の真打ち昇進制度をめぐり、当時会長の五代目柳家小さん(02年死去)ら執行部と、前会長の円生らが対立。この「落語協会分裂騒動」の際、円楽さんは師匠の円生と共に協会を脱退したため、寄席に出演できなくなった。

 円生が79年に亡くなったあとも、円楽さんの一門は落語協会に戻らなかった。85年には私財を投じて東京都江東区に寄席「若竹」を開設。だが、この寄席は89年に閉館した。一方、82年に急逝した三波伸介の後任司会者として83年に「笑点」に復帰。体調を崩して人工透析を受けていたが、06年5月まで務めた。

 07年2月、東京・国立演芸場で「芝浜」を演じた後、第一線からの引退を発表。その後も胃がん、肺がんの手術を受けながら、後進の指導を続けていた。

 繊細な芸風で「芝浜」「中村仲蔵」「浜野矩随(のりゆき)」などの人情噺(ばなし)を得意とした。

 三遊亭鳳楽さん、好楽さん、円橘さん、楽太郎さん(来年3月、六代目円楽を襲名)ら、多くの弟子を育てた。【油井雅和】

 ◇「人情噺のお手本のような人」…桂歌丸さん

 「笑点」で長年、共演してきた桂歌丸さん(73)は「ちょっと落ち込んでるって聞いたので怒ってあげようと、おととい(28日)連絡して、きょう(30日)会う約束をしていたんです。驚きました」と話す。「円生師匠亡き後、人情噺のお手本のような人でした。1年前に『中村仲蔵』を教えてほしいとお願いしたのが、お会いした最後でした」と残念そう。「落語以外は不器用な人。『笑点』の司会でも間違えたりして、それがかえって面白く、大喜利も陽気になりました。噺家の呼吸を知っているので、歴代司会者の中で一番やりやすかった。柱がなくなって寂しいですね」

 病気療養中の立川談志さん(73)は「一緒の時期に入門し、共に若い時代を過ごしました。残念です」というコメントを出した。

 ◇「円く穏やかで格好いい方でした」…桂三枝さん

 上方落語協会会長の桂三枝さん(66)は「ショックです。昨年12月の対談が、お目にかかった最後でした。お疲れなのに長時間付き合っていただき、自ら寄席を持たれた苦労をもとに、天満天神繁昌亭(はんじょうてい)(2006年オープン)の運営についてアドバイスをいただきました。芸名のごとく、円く穏やかで格好いい方でした」と語った。

============

 星の王子様である。慎んでご冥福をお祈りします。合掌。

============

2009年10月30日 15時00分『日刊サイゾー』
押尾学のホステス変死事件 遺族の怒りと政治家・大物警察OBによる捜査への圧力

押尾被告はスーツ姿で出廷、短く刈った頭は白髪が目立ったという。
芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 押尾学被告の麻薬取締法違反の罪に関する初公判が10月23日に開かれた。世間の注目は、すぐに26日に開かれた酒井法子の初公判に移ってしまった感じだが、事件の"悪質性"から考えたら、押尾事件のほうが考察するに値することは間違いないはずだ。

 その初公判だが、押尾によって見殺しにされたと言える銀座ホステスの田中香織さんの遺族が「押尾はすべて、娘のせいにする」と言っていたように、押尾は公判でも「クスリは香織さんから勧められた」という供述を変えることはなかった。それどころか、体調が急変した香織さんを置いたまま、ほかの場所で合成麻薬を身体から抜く画策をしていたというのだから、あまりの身勝手さに開いた口が塞がらない。

 裁判は、起訴内容に沿った麻薬使用のみについての審理。香織さんの変死事件については検察からの追及もなかった。そのことを受けて公判後は、香織さんの件について「押尾の再逮捕はない」とか「あっても在宅起訴」「いや、書類送検で終わり」などといった噂や憶測が飛び交っている。その根拠は、この事件の影に、押尾のスポンサーであるパチンコ・パチスロ卸大手「フィールズ」の山本英俊会長や、下着通販会社「ピーチ・ジョン」の野口美佳社長がつながる、政治家や大物警察OBの存在がチラついているからだ。

 山本、野口は、自らに累を及ぼしかねないことから、捜査当局に圧力をかけて変死事件の真相を握り潰したいと考えているかもしれない。だが、実際には現時点では、圧力は現場にまで届かず、捜査一課の捜査は粛々と進んでいるようだ。したがって、押尾の再逮捕は判決後に訪れると筆者は信じている。というのも、押尾は任意の事情聴取で、香織さんの体調が急変した後、意識がなくなるまでに30分以上の時間があったことを認めているからだ。

 これは、保護責任者遺棄致死罪にあたる。法廷で押尾は「香織さんにクスリを勧められた」と証言しているが、そのクスリは一体、誰が持っていたものなのか? 香織さんの自宅の家宅捜索ではドラッグの類が押収されているが、捜査当局はこれも押尾が香織さんに預けていたものと見ているという。

 さらに押尾は、ロサンゼルスから7月29日に帰国したと証言しているが、ロス滞在中の押尾に呼ばれて渡米した元ホステスが写真誌で「クスリを飲まされて、死にそうになった」と告白している。そのクスリは合成麻薬だった可能性が高い。帰国時にこのクスリを持ち帰ったことも考えられるのではないか。

 捜査一課は、押尾がドラッグ中毒だったかに焦点を絞って、押尾が出入りしていた銀座や六本木のクラブ関係者から、徹底的に事情聴取を重ねており、それを立証できる証言者を確保したという話もある。

 今回の初公判には、傍聴券を取得するために、香織さんの銀座の仲間たちが100人以上並んだと聞いた。ホステスやスタッフの押尾に対する怒りを感じる。それだけに、香織さんの変死事件は、圧力で真相が握りつぶされるようなことがあってはならないのだ。(文=本多圭)

============

アトランティスのこころ(GYAO!)

 フーバーがFBI長官だった時代の話で、奇怪な老人と母子家庭の少年との間の魂の交流を描いている。但し、私としてはアンソニー・ホプキンスが主演の割りには今ひとつ食い足りない部分のある映画だった。
 アンソニー・ホプキンスというといわゆる「性格俳優」であって、インタヴューするにも注文が多く気難しい役者だということになっているが、これも彼の自己演出の効用というべきもので、実際の映画はおどろおどろしい展開の割には、結構落着くべきところに無難に納まるという印象がある。w

アトランティスのこころ(2001) - goo 映画アトランティスのこころ(2001) - goo 映画

============

by musasinokosugi | 2009-10-31 16:44 | 時事
d0136282_7182099.jpg
d0136282_7184026.jpg
d0136282_719523.jpg
d0136282_7193738.jpg
d0136282_7195612.jpg

 デンデンタウンの阪急そばである。
 天玉丼が単品で360円というのが目に入ったのでどんなものかなとつい注文してしまったが、品物が出て来て、これは失敗だったと気づいた。私は事前の想像力が欠如していたのである。あちゃ。
 スタンドそばの「天ぷら」というと、確かに桜えびは何匹か入ってはいるが、それを無理矢理(?)天かすで固めたような感じで、一般に全然うまくないのである。それもうどんやそばにトッピングしてあるのなら、これはそういうもんだと思って文句は言わないで食べるが、今回の「丼」ものでは只でさえおいしくない天ぷらをべチョべチョに甘辛く煮込んであって、「こんな偽物の(!)天ぷらなんか要らないから、普通の「玉子丼」か「牛丼」にしてくれ!その方がよっぽどおいしい!」と思った次第である。

by musasinokosugi | 2009-10-31 07:39