人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:時事( 409 )

 国会中継は産経に次ぐ安倍ポンベッタリのNHKしかやっていない。民放各局は「安保山場などどうでもいい」ということか、或いは「どうせNHKには勝てない」と踏んでいるのか、どこもかしこもレギュラーのお馬鹿さん番組優先である。その方が視聴率を稼げると思っているのだろうし、またスポンサーもその方が有難いわけだ。(⇦どの局も番組制作には常にスポンサーからのお目付役が眼を光らせている。)
 彼らは自衛隊員が死のうが、日本本土がテロの標的になろうが一向に構わないのである。この国は今や「数字が全て、金が全て」の世の中だが、「それだけじゃあアカンゼヨ!」と親分・アメリカからきつく言われているからである。

 弱小野党共闘は「今夜を逃しては見せ場がない」とばかりに徹底抗戦の構えだが、これも何処まで本気か疑わしい。本気だと言うのなら野党全員で直ちに総辞職してみたらどうだ?!
 昔の旧社会党と同じ道を歩んでいるようにしか私には見えないのである。

 今後の推移は自公政権の匙加減一つであるから、SEALDsも既に「その後」を射程に入れて行動しているのである。そこが60年安保を岸信介に強行突破されて意気消沈してしまった旧反安保闘争と違う点である。石原慎太郎の爺さん以下の三馬鹿トリオにはそれがわからない。

 ☆国会前デモは深夜零時を廻っても未だ続行中である。安倍派の(?)フジ系列でもデモの人数は減っていないと報じていた。これは警察の執拗な妨害・弾圧を撥ね除けての行動であり、札幌・京都・名古屋等各地方都市でも展開中である。デモの波が引かない以上弱小野党共闘も頑張るしかないし、これに安倍ポンは怖れをなして早々と委員会室を退出してしまった。
 憲法学者も元自衛官も一般市民も、まともな人達はみんな違憲だと反対している安保法案を安倍一派のみが血迷って押し通そうとしているのだ。度し難い連中だ!🚀🐳👽😍👙😰📺。

  1.SEALDsは安保法案が通ったら、今度は法案に賛成した議員の落選運動をすると言っている。これを組織的に展開すると、今や安倍の私兵と化した官憲は汚い手を使って妨害して来るかも知れないから、やるんなら細心の注意を払ってやって下さい。w

  2.みんな何処からあんな沢山の似たようなポスターやらステッカーやらを持ってデモに参加して来るのかと私は不思議だったが、今は日本全国のコンビニで、あれはコード番号を打ち込めば幾らでもプリントアウト出来るらしい。《ネットプリント》というのだ。私は時代遅れのしがない老人だから、そんなこととは知らなかった。あちゃ。時代は変わる。🍯👽😰👙🚀🐳📺。

by musasinokosugi | 2015-09-16 21:19 | 時事

60年安保の記憶。

 60年安保闘争の記憶と言っても私は当時まだ小学校5年生だったから、その年齢での記憶である。私たちは休み時間には校庭に出て『国会デモごっこ』をした。掛け声は「安保反対!キス止めろ!」だった。ここに「キス止めろ!」とは大人たちが言う「岸(=総理大臣)辞めろ!」の掛け声を子供なりにもじって言ったもので、これが当時まだ大人たちの記憶に残っていた『警職法反対闘争』の記憶を呼び覚まして、別の角度から教師たちを刺激し苦笑させたという。

 岸の孫の安倍ポンは今『安保反対・安倍辞めろ!』のシュプレヒコールに追いまくられているのだから、血は争えないと言うべきだろう。孫もまた同じ道を歩むのである。🙌🙌🙌😰👙😍👽🐳🚀。

by musasinokosugi | 2015-09-15 15:23 | 時事

三馬鹿トリオ♪

 森田実氏が『日刊ゲンダイ』で指摘しているのは石原慎太郎~安倍晋三~橋下徹の三人の系譜が《極右幼児性ニヒリスト》の連鎖であるという点であり、これを参考に私は以下の『はてな俳句』を投稿した。⇩

 石原に安倍に橋下極右の譜 

 ⇧こんな句は辛うじて5・7・5になっているだけが取り柄の駄作に過ぎないのだが、この三馬鹿トリオを評するにはこの程度で十分だと思う。
 石原はSEALD′sの活動を「無意味だ」「すぐ雲散霧消する」と酷評したが、これは彼の主観的願望を吐露しただけのことで、結果彼も既に充分耄碌したことを自ら明かす証左にしかなっていない。
 余計なお世話だが賞味期限の切れた《右翼的老兵=モウロク爺い》はこれ以上恥を晒す事なく早く去った方がいいと衷心より御忠告申し上げる次第である。あんたの時代は終わったんだ。🚀🐳👽📺😰😍🙌。

by musasinokosugi | 2015-09-15 13:12 | 時事
 山形市長選挙では自公その他が推薦した候補者が当選して「自公政権はホッと一息」したのだとどのメディアも一列横並びで報じていたが、国政で言えば、元々現行の《小選挙区比例代表制》という選挙制度は自公政権と共産党を利するだけの超欺瞞的選挙制度なのであり、「山形市民は阿呆だ」とか「世界を見る視野が欠落している」のだとか貶してみてもあまり有意義なことではない。

 《小選挙区制》というのは元来「政権交代を可能にする」為に導入される制度であるから、アメリカのように『拮抗した二大政党』が一つしかない議席の争奪戦を繰り広げるのでなければ実効性がなく無意味だ。日本ではこれに「中選挙区制の名残」のような《比例代表制》を接ぎ木しているから、「単独では政権を獲得も維持も出来ない」今や落ちぶれた自民党+公明党の《自公政権》優位にしか物事は運ばない。他方共産党は他の野党批判に重きを置く政党であるから、《野党勢力の分散化》を導くだけである。「小異を捨てて大同に付け!」と御題目を称える少数野党は今もいるのだろうが、彼らがやっていることはこれと正反対の《小異に徹底的にこだわり大同など捨て去れ!》という自公が喜ぶだけの独りよがりの自慰行為そのものでしかない。
 
 政党別支持率で言うと自民党は23%しかないにも関わらず断トツの一番人気である。これに続くのは4%しかない民主党と公明党なのだから、遥か以前誰かが言っていた「多党化と言ってもそれは野党の多党化である」という指摘そのものの現実がこの国を覆い尽くしているのだ。

 かつては300議席も獲得して政権を担ったこともある民主党が、今や『落ち目の三度笠』然として4%台の支持率しかないというのは『文字通りの自業自得』であるが、だからと言ってすぐさま自民支持に回帰する救われない阿呆達も23%しかいないのである。ということは、23%の支持率があれば衆議院の60%を越える議席数を確保出来、安倍ポンの如き半分狂った人間を先頭に違憲立法でも何でも出来るのが現行制度なのである。同じ保守派でも自民以外の別の政党を選んだ連中も少なくはない。「どうせ自公の補完勢力に過ぎないじゃないか」と腐してやってもいいのだが、先日の総裁選に対立候補すら立てなかった自民内腑抜け達とは同列には論じられないだろう。

 というわけで、おじさんここは『SEALD′sに期待するしかないぜよ♪』である。🚀🐳👽📺😰😍🙌。
 そこで一句。⇩⇩
洪水に火山噴火に安倍の害。

by musasinokosugi | 2015-09-14 05:06 | 時事
 今日は珍しくNHK教育テレビで参院の国会審議を中継していたが私は見なかった。台風情報を優先したのだ。
 委員会ではそもそも《学習能力》というものが全く欠落している安倍は今日も「そんなのどうでもいいじゃん♪」と馬鹿丸出しのヤジを飛ばし野党に追求されて撤回したそうだが、奴は「謝罪はしない」男であり自分の席からどんな不規則発言をしても後で取り消せばいいと思っている。質問者は舐められ切っているということだろう。馬鹿に付ける薬はないというか、本人は一旦「躁状態に陥る」と狂的に浮かれて反省など及びも付かない阿呆である。「馬鹿は死ななきゃ直らない」というよりも、国会審議中に半ば錯乱してしまうのだから、こんな者は首相官邸に住まわせるのではなく即刻脳外科病院に入院させた方が良い。係る狂的人間を、自民党は無投票で総裁に再選させたのであるから彼の党は既に終わっている。せいぜい来年夏の次回参院選と時期不明の衆院総選挙を待っているがいい。お前らの多くは国会という名前の猿山には二度ともう戻って来られないぞ。

 共同通信に拠ればその安倍内閣の支持率が38.5%となり、先月初めて40%を切った数字を下回って更に最低を更新したという。これでは何かの間違いで《安倍有利》の数字でも出ない限り《衆院解散総選挙》などは打てないから《衆参同時選挙》はないだろう。
 政党別では自民党の支持率が23%、かつて政権を取ったことのある民主党が今や公明党と同じく4%台であるから野党は《相変わらずの弱者連合》でしかない。地方議会では共産党候補が1位当選を果たしたりしているが、国政では次の選挙がない間は《一強多弱》が解消されるわけもない。

 そう言えばJR天王寺駅前ではSEALDs系だろうか、何処かの連中が署名活動をしていたが私は近寄らなかった。行けば署名などせず議論してしまう怖れがあるから(!)そこはスルーしてドトールコーヒーへ急いだのである。帰りに現場を見たときは彼らはもう居なかった。お早いご帰還であった。w🚀🚀🐳🐳☕☀📺👽。

by musasinokosugi | 2015-09-11 19:02 | 時事
 財務省の言う《日本型軽減税率》と言うのは検討するに値しない《口から出任せの嘘八百》である。《軽減税率》と言うのはそもそも、「ダイヤモンド等宝飾品・贅沢品に掛ける税率よりも生鮮食料品等生活必需品に掛ける税率を低く収めよう」という『生活者保護』の観点から為される税制である。それを財務省は不評の《マイナンバー制》と抱き合わせで「マイナンバーを始終持ち歩いた上で使うなら、4,000円までは後で返してやってもいいよ♪」という制度の名称として使いたいというのである。「登録~申告無ければ還付無し」(時事通信)というマイナンバーを半ば強制する試案なのだ。
 財務省の提案通りに法改正されそのシステムが構築される為には、1.まず全国津々浦々の末端に『マイナンバーの読み取り装置』を設置しなければならず、それは当然只では出来ないし、2.役所~銀行口座~各店舗~各顧客を接続する新しいシステムが必須の条件となる事は火を見るより明らかである。しかも之には3,000億円以上の莫大な費用が必要となるのだから「一体何の為の税制改革か?!国家財政を更に悪化させる為の税制改革か?!」ということになる。
 血税を使って官僚どもの天下り先を作成しなければならない合理的理由など何処にもないから、あれだけ『安倍ポン密着の公明党』までもが、この財務省の発したアドバルンには『先の選挙で自公共同で提出した選挙公約に背いているのではないか?』とビビってしまったのである。

 以上、安倍ポン政権のやることはその悉くが我々にとって百害あって一利もない諸悪の根源そのものなのである。🚀🐳☔👽📺👙😅😡。

by musasinokosugi | 2015-09-11 00:55 | 時事


 1.関西では昨夜150mmから200mmの大雨が降ったと騒いでいたが甲子園球場の阪神vs巨人戦が開催出来た程であり、他方関東地方ではとりわけ栃木県では500mm以上の大雨が降りこの大雨は明日までも降り続くと言う。千葉県・東京都・埼玉県・茨城県・栃木県・福島県・そしてそれ以北の東北地方を台風18号と17号に挟まれた形で縦長の直線的で巨大な筋状の積乱雲(雨雲群)が目下通過中である。
 今後も明日にかけて更に200mm以上の大雨が北関東~東北地方~北海道にかけて降り注ぐという予想であり、気象庁は栃木県地方には『特別大雨警報』を発令している。「河の近くには近づくな!」とか言われてもそこに住んでいる人たちは行くしかない。着の身着のままで自宅を離れた家族👪も続出している。電気・水道・ガスの情報はないが一部では「水」の需要が高く、ペットボトル700本が配布されたという。泥水が氾濫している画像が繰り返し報道されているにも関わらず他方では深刻な『水不足』が発生しているというのだから皮肉なものである。川沿いの住宅は一部床上浸水も発生し、泥水を被った乗用車の画像も屡々放映されている。幼児を抱いて避難する父親が膝まで水に浸かって道を歩いていたし、救急の🚒消防車もタイヤ半分までを泥水に晒して進んでいた。私はそれらの光景をポケッとテレビで観るだけで、ただただ😲驚いている情けない老人である。

 日本を中心に未だかつてない《天変地異》が起こっているわけでは無いだろうが、安倍ポン政権の傍若無人な施政が始まって以降、この日本では火山噴火から台風まで天災が絶えることがない。まるで「安倍のせいで日本人全体に対して天罰が下されている(!)」かの如くである。

 2.老人と言えば《有料老人ホーム》の虐待・不審死の問題も最近のニュース・ネタになっている。入居した老母の待遇に疑問を感じた子息が部屋に隠しカメラを設置して虐待の実態が明らかになった。それは介護どころか虐待であり犯罪であった。「深夜ナースコールが煩い(!)」からと入居者を殴り放り投げ、コール用の回線を切り離して「(非常用の)赤ボタンを押すと爆発するよ!」と脅して去る。老婆には何もさせないつもりなのである。その録画を見た上司は「信じられない。あり得ない」と絶句した。この介護職員はいずれブタ箱に抛り込まれるに違いない。この「あり得ない事態」は《氷山の一角》であるとテレビの解説員は宣っていた。

 一般に資本は回転させないと減る一方で縮小してしまうから、資本は日夜その投下先を求めて世界を徘徊し続ける。日本の企業とて例外ではない。「旨味がある♪」と判断された業種には続々と多くの業界(多業種)から資本が流入する。「老人化社会だから老齢化対策に取り組もう」と社会的使命感に意欲を燃やして参入して来る訳ではない。老人介護がしたくて来るのではなく「老人ホームは儲かるぞ!😍👙🚀」と踏んでやって来るわけである。
 経営サイドがそうであるから応募して来る職員にも半端な者が紛れ込んで来て別段不思議はない。『安月給の上に昼夜の重労働』という職場だから職員数が慢性的に不足している。即採用だろう。

 《円安株高》を基本に金持ちには更なる金を集中させ、《貧富の差》を拡大して全ての国民を「金だ!株だ!」の《拝金主義》に誘導するのがアベノミクスの正体・本性である。

 我々が「金さえ有れば怖いものは何もない♪」などという妄言・妄想に惑わされているうちに、安保法案から憲法改悪にまで一気に突き進もうという安倍の《アホノミクス》もそろそろメッキが剥がれかけているとは思うが「水に堕ちた犬は撃て!」である。安倍ポン下の自公政権は一日も早く退場させることがこの国を救う唯一の道であると私は考える次第である。🚀🚀📺☔😡👽😰😆🐤😠🐾🐼☀。

 ☆補遺:「大雨に依る重大な危険が差し迫っている」という最上位ランクの特別警戒の警報が栃木県・茨城県両県に発せられ、自衛隊以下のヘリコプターも数十機出動して空からの救助作業に入っており、浸水家屋に取り残された人々を(午後8時の段階で)既に260人以上を救出した。自衛隊員諸君も中東の訳の分からない『紛争地域』に駆り出されて米軍の護衛・兵站にあたるよりも遙かに有意義で有効な「直接日本人を救う任務」を与えられてさぞ満足しているだろう。シリアにはロシアも軍事顧問団を派遣するとのことであるから、彼の地はさながら『米露の代理戦争の場』と言うよりは寧ろ「直接対決の場」へと化しつつある。我々は、そんな場所へ行って「殺して来い。殺されて来い」とお気楽に言っている安倍や百田に対しては「ゴルフをしている暇があったら、お前らこそがまず先頭を切って現地へ行け!」と厳重に抗議しなければならない。🐩🐹👽😍👙🚀🐳☔。

by musasinokosugi | 2015-09-10 11:41 | 時事

瀕死の自民党議員たち。

 野田聖子は敗れた。総裁選で安倍に勝てるわけがないのだから野田本人は「立候補出来るなら勝利」と踏んでいたのだろうが、「力及ばずして」推薦人20人が集まらなかった。だから敗北である。少しだけ彼女について調べては見たが、彼女のオフィシャルサイトには「安倍との対談」等々古い記事しかなかったし、彼女は私が勝手に想像していた程リベラルな政治家ではなかった。ちょっとはしゃぎ過ぎる《目立ちたがり》という意味では民主党の某女と似ている。一回自民党を離党しているのだが(⇦どういう事情か知らないが⇨)党三役の一人として抜擢されてもいる。

 (政治家に「一貫性」を期待する方がおかしいのだが)本人も当初は会議で安倍支持を表明していたという。だから、現安倍政権に不満を持つ古賀辺りの旧実力者に担ぎ出されたのかも知れない。古賀らに派閥内を引っかき回されては叶わない岸田派などは緊急総会を開いて引き締めを図った程である。「岸田さんが出るならともかく野田聖子では応援する義理はない」というのが連中の大勢だったようだ。
 勝つことが判っている身内だけの選挙も拒否し、世論調査でも60%の人間が「ちょっと待てよ!」と言っている国民一般には何もさせないで突っ走る自民党であり安倍ポンである。それで通ると思われているのだから、我々も見くびられたものである。

「総裁選となると安保法案の審議に影響が出るから無投票再選がいい」というのは表向きの理由で、意地汚い小心者の安倍ポンは内心、「これが誘因となって何が飛び出すかわからない《おセンキョ》が怖かった」のである。「百里の堤防も蟻の一穴から」だ。
 自民党員は全国で7万数千人、その7万数千人が七派閥相乗りの出来レース・談合で選ぶ自民党総裁⇨つまりは日本国総理大臣(⇦それも復古主義のコテコテの改憲論者だ!)が、今や一億数千万もの日本人の命運を握っているのである。

 「議論する場を持った方が自民党政治は安定する」(野田聖子)などと宣っても、次回選挙で復帰出来るかどうかわからない自民党議員達にとってはそれどころの話ではない。安倍の振りまいた不評の結果落選する議員が続出するだろう。彼らが何を言って取り繕おうと《アンチ安倍》の大波は打ち消せない。
 「溺れる者は藁をもすがる」ではなく、「次がない自民党議員らは安倍ポンに縋ることしか思いつかない」のである。👙😞😰😍😆😅🚀🐳🐦。

by musasinokosugi | 2015-09-08 11:40 | 時事

既成政党に期待しない。

 低温・長雨で野菜高騰中の日本の秋、台風18号が接近中である。私は冬ミカンを買った。初物というより未成熟な上果汁たっぷりでもなく小ぶりなので「取って置いても高くは売れない」と判断されて玉出スーパーに放出されたのだろう。「安物買いの銭失い」たる私は安いという理由だけで買ったのだが、やはりおいしいものではなかった。人間界では政界に進出して早三期も衆院議員を務めた小泉進次郎もまだ未熟・未完であると本人自身が認めているところであるがそこは今どうなっているのだろうか・・。
 以前「民主党に期待するくらいなら寧ろ小泉進次郎に期待する方がいい」ようなことをどこかに書いたが、之も無理なようだ。一寸調べたら彼は今一部で《自民党の四馬鹿》の一人とからかわれているそうだ。⇦その理由は知らないが、彼は今は石破茂にくっついている。石破から《帝王学》を学ぶつもりなのかどうか、彼から学べるものがあるとすればそれは帝王学ではなく『負けてズルズル後退する二番煎じの学・負け犬学』ではないかと私には思われる。

 石破は次期総裁選には「現内閣の一員として」他の派閥と並んで安倍擁護に回ることを既に言明している。その道が安倍の後釜に座るには最善だという計算である。進次郎は自分に近い若手達を引き連れてその石破に続く構えである。彼の描いている自分自身の政権獲得の構図は『安倍⇨石破⇨小泉』という謂わば《ダブル禅譲路線》である。今は「父と自分は違う」と言ってひたすら大人しく従順に「主流派に所属(?)」していないと自分の将来は潰されるのではないかと恐れ警戒しているのである。

 「議論の場が必要」という野田聖子に対して彼ら安倍の取り巻き連中は「そんなもの不要だ」と切り捨て、ただひたすら安倍に媚び諂い阿ることで自分の政治生命を存命・存続させようと藻掻いているのだから、こんな事態は一種異常・異様だ。最早あのアホンダラの思うがままに運営されているこの国はどこかの国の《個人崇拝》や《一党独裁》を笑ったり批判したり出来る位置にはいない。

 そうかと言って、では弱小野党に何か期待出来るだろうか?
 民主党は既にその党員の大半が《安倍ポン政権の左足》と化しているし、安倍のお友達である維新の橋下などは露骨に《政権党即ち安倍独裁政権》への擦り寄り姿勢を示して羞じない。

 というわけで、現状国会山の猿たちに期待するのは愚の骨頂であるから、自公政権を打倒するにはここはまず第一に「目が死んでいる」あの冴えない岡田代表の民主党を解体することが急務であると私は考える次第である。👙🚀🐳💿📺🐤☔。

by musasinokosugi | 2015-09-07 11:37 | 時事

難民問題を少し考える。

 難民問題を「ニュースる」と早速《る言葉》を使って見た。意味としては「ニュースを見た」と言うだけのことである。遺憾ながら大阪の田舎爺さんとしてはニュースを見ることによってだけしかこの問題に関われない。

 トルコ以南紛争地・イラン方面からの難民が陸路海路を伝ってまず目指すのは「EUの入口」たるハンガリーである。戦乱の地に暮らしていたのでは平穏な日々の暮らしなど望み得べくもないから、彼らは着の身着のままでハンガリーの首都・ブダペストに殺到する。そのためブダペストの鉄道駅前は今や《難民キャンプ》と化している。

 難民が目指すドイツ・フランスの側は「全部を受け入れる事など不可能だ」としてEU参加の各国での『分割受け入れ』を提唱するのだが、両国に比して国力の劣るハンガリー側は「そもそも難民問題はドイツの問題だ」として突っぱね、同じく国力の劣るバルト三国も分割受け入れには消極的である。「石を持て追われる如く故郷を」出た難民達に安住の地はない。

 紛争当事国ではない日中両国などは呑気なものである。日本では5年後のオリンピック開催に関連して官民総出で擦った揉んだしているし、中国では国威発揚の巨大軍事パレードである。
 我々は《紛争》などとお気楽な用語を使っているが現実は武器弾薬を駆使しての殺し合いである。家を焼かれ田畑を焼かれ親類縁者を殺されたのでは《難民》になるのも無理からぬ事態ではないか。イスラム国の跳梁を惹起したアメリカにも当然この責任はあるが彼らは国を追われた人達の為に何かしただろうか。

 金カネ金の世の中で泣くのは弱い者ばかり(必殺仕事人)である。🚀🚀🐳🐳📺😅😠😰😍😡。

by musasinokosugi | 2015-09-04 13:38 | 時事