人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:時事( 409 )

新語大賞の候補作?

 “web R25”を見たら今年の新語大賞の候補として早速《佐野る》という動詞がツイッターに挙げられているという記事があった。意味は無論「他人の作品をパクること」である。話題の姓に《る》を付けて動詞化しているだけのことだから、流行るかどうかは別として、これで良かったら幾らでも造語可能である。

 1.安倍る・・・みんなの意思を無視して自分の危険な意志を押し通すこと。
 2.武藤る・・・自分の責任を棚上げして責任の所在を曖昧化すること。
 3.森る・・・・公金をジャブジャブ無駄遣いしておいて「何が問題なんだ?」とそらっとぼけること。
 ・・というように幾らでも出来る。《佐野る》は確かに秀逸だが、爆笑問題の太田光のような『やり過ぎ』という意見も出て来るに違いない。彼は佐野に対しては常に同情的で、エンブレムが白紙撤回されると早速「自分はこうだ♪」と自作を売り込む『半・有名人』が続出していることに不快感を示していた。私もあの現象は頂けないと思う。彼らはチャンスがあれば常に自分の名前をメディアに露出して置かないと満足出来ないのである。そうしていないと《忘れられてしまう!》という強迫観念があるのだ。まったく、金と数字が全ての世の中である。
 ☆$¥119.52(12:20ロイター)😥😳😠😅🚀🐳📺。

by musasinokosugi | 2015-09-04 09:44 | 時事
 「小保方ちゃんと佐野を比較する」という話だが、と言っても、比較しているのは私ではなく今売れっ子の精神科医・香山リカ氏である。(⇦私が参照したのは『ライブドアニュース』である。ここは初めて行ってみたのだが、結構面白いネタがあったので早速『お気に入り登録』した♪)
 中高年のヒヒ親父の一人として、私は当時若く可愛いリケジョたる小保方ちゃんを徹底擁護していたのだが、その甲斐もなく彼女はいつの間にか何ら説明することなく全面撤退してしまったから、私は可も不可もなく応援団を辞め、今「スタップ細胞は無かった」ことになっている。
「理研も《ネイチャー》誌も巻き込んだあの大騒ぎは一体何だったんだろう?」と私などはキツネにつままれた感じだが、香山リカ医師はオボチャンを《自己愛性パーソナリティ障害》だと断定している。「彼女は精神の病でスタップ細胞があると思い込んだ」と言うのである。

 これに比して今回の佐野、永井、武藤や森といった面々には自己愛も特権意識も傲岸不遜な虚栄心もあるが《パーソナリティ障害》とまでは言えないとの判断を医師はしている。小保方ちゃんはビョーキだったが彼らは違うと言うのである。

 《ネットリンチ》と言う言葉も彼女は持ち出している。この語句こそ使っていないが佐野が主張しているのはこれである。自分は何も悪くないがこれ以上この状況を耐えることは出来ないとまるで自分こそが被害者であるかの如く主張して止まないのである。永井、武藤、森もスタンスは同様である。彼らは詰まるところ徹頭徹尾開き直っているのである。悪いのは自分達ではなくネットで延々と《私刑》を繰り返すユーザー達だと言うのだから、こんな《上から目線の優越感》を恥も外聞もなく振りまいてみせ、そのままヤケクソで世界から多数の賓客を招いての『国民の祭典』など出来るものかどうか、少しは冷静に反省してみたらどうか?・・・などと助言しても無効だと私は思う。森を筆頭に(いや「安倍ポンを筆頭に」と言うべきか)彼らにあるのは根拠のない意地だけであり平常心などは既に喪失・消失し切っているのである。

 香山リカ医師の結論はかなり強硬であった。
1.オリンピック開催自体を白紙撤回するか、若しくは
2.運営主体をNPOにでも移せ。
 と言うのである。
 ⇧⇧私はこの提案には大賛成だが、利権に目が眩んだ頭のおかしい者達には何も見えないだろうと思う。というかIOC自体が既に金の亡者と化しているのである。やんぬるかなだ。🚀😰😅😍👙😠😡📺🐳。

by musasinokosugi | 2015-09-03 12:48 | 時事

野田聖子出馬か!?

 『総決起集会』かどうかは知らないが、自身のパーティーで野田聖子さんは今の自分の心境を称して『義を見てせざるは勇なきなり』だと説明したそうだ。本人は次期自民総裁選に出馬する意欲満々なのである。出席者は20人を超えていたというから、集会参加の彼らが切り崩しに遭って離反しない限りは、聖子氏は充分立候補する為の推薦人を確保していることになる。自分は立候補を見送った石破も彼女のパーティーには来たそうだ。彼女はパーティーでは「党内で議論する場が必要だ」と余りにも当然な主張をしたらしい。今の自民党には安倍のご機嫌伺いをするだけの連中が溢れ返っているのである。

「議論となればどんな主張が飛び出して来るか判らない」とでも思っているのか、小心者の安倍は反対意見を封じ込めた上での《無投票・無風再選》を熱望しているらしい。だから、そのファッショ的野望が木っ端微塵に打ち砕かれるだけでも、リベラル保守たる野田聖子さんの出馬には少なからぬ意味がある。
 仮に彼女の出馬があって尚、彼女の得票が21しか無かったとしたなら(!)自民党議員団にはまともな人間が21人しか居なかったということになる。総裁選で《自民党のまとも度》が図らずも露呈するのである。📺🚀🐳🐾🐤😍😅😰🚀。

by musasinokosugi | 2015-09-02 14:05 | 時事

円安株高は終わった?

 7月半ばから8月半ば迄$¥相場は124円台で安定していたが、そこに中国国策への不信~中国経済への不安から世界同時株安が勃発し、$は一時一気に117円台迄下落した。
 私は阿呆だから121円になった時点で「(3円も下げたんだから)もう充分じゃないか」と判断して$を買ってしまったのだ。まさかその後117円に迄円高が進むとは思わなかったからだが、お陰で大損したかも知れないじゃないか。あっそ。

 中国が元の小幅な切り下げを連発したからと言って米・ユーロ圏そして日本も非難囂々だったが、日本だってユーロだって、そんなことだったら常套手段ではないか。みんなアメリカを目標に自国通貨を切り下げて、「買いたくはないが但し売りたい」「買うよりも売れ!」を基本政策に据えているのである。安倍ポンの《円安株高》誘導の国策こそそのいい例だ。中国も同じことをしたかっただけのことなのだ。世界は$のみを別格扱いして祭り上げてしまいたいかのようだが、当然アメリカは「それだけは勘弁してくれよ😥」と利上げを渋っている現状である。

 ロイターやWSJのコラムを読んでいて思うのは、彼らトレイダー達は如何にもその場限りの思い付きで、自分の会社有利の情報だけを垂れ流していることだ。先の$買い必須の時期に「今は$売りの好時期だ♪」と吹きまくっている男もいたのには私も呆れ果てた。彼らの知ったかぶりは要注意である。

  ☆疑惑振りまき隊隊長・佐野某デザイナーのエンブレムは漸く採用中止になったが、これまで組織委員会はさんざん「何の問題もない」とゴリ押しを続けていたのだから余りにも遅すぎる決断である。
 新国立競技場でもそうだった。いよいよにっちもさっちもいかなくなってから漸く見直すのであるから何十億も税金が失われる。あの不人気だった森元総理などは「たった500億も出せないのか」とぶうたれたくらいだから通常の金銭感覚を既に喪失し切っているのである。
 これから先老人化が進む一方の老大国・日本でまだまだ懲りずに国債を乱発し続け、後世の人々を借金漬けにしても構わないというのであるから、この国の政治は既に壊れ切っていると言うしかない。自分の名前を冠した用語を政策にしてしまった安倍ポンは恥を知らない極道総理ではないのか。安倍得意の円安株高政策ももう効き目はなくなっている。

 ☆組織委員会の記者会見も随分人を喰った内容だった。「佐野は何も悪くないが、本人が『これ以上の誹謗中傷には耐えられないから取り下げる』と言っているから取り下げる」というのだ。佐野も組織委員会も選考委員会も何も悪くないと言うのだから、じゃあ悪いのは専門家の選考が理解出来ない阿呆な一般国民なのかということになる。佐野自身は自分はコピーも盗作もしていないが、しかし家族が誹謗中傷されるのは我慢出来ないから取り下げるのだなどと宣っている。が、彼の細君というのはこれまで彼の会社のスタッフとして懸命に佐野を擁護して来た女なのであるから佐野と同罪と見られて当然なのだ。新国立競技場の件同様ここでも『誰も悪くない』という《責任の曖昧化》が貫かれている。

 元々私は再度の東京オリンピック開催には反対だった。ブログにも書いた。高齢化が進む一方の日本でやるより、まだ一度も開催したことがない後発国に譲るべきだと考えた。が、又もや土建屋に金をばらまきたい一心の安倍ポン政府は強引に誘致へと突き進み、全ては金絡みのIOCはこれを受けて「東京開催の方が儲かる♪」と判断したのである。彼らは火山も地震もテロも戦争も怖くないと言っているわけである。全ては金勘定優先の世界なのである。

by musasinokosugi | 2015-09-01 10:47 | 時事

小林よしのりを読む。

 『国民の権利と国家の義務の問題』であるが今回参考にしたのは『自民党議員は保守ではなくネトウヨ化している』という小林よしのりの弁護士.comニュースである。彼は『自称・保守』であるが同じく『自称・保守』の自民からは保守とは認められていない。が、彼の論点は明快で歯切れが良く、訳の分からない安倍の『ごまかし説明』とは違って必ずしも保守とは言えない私にも総じて心地良く響いた。ついでに言って於けば、現在の政治状況は『保革の対立』で括ることは不可能だし、民主や共産を『革新』と呼ぶのなら私は革新などではない。
 国民の権利というものは個々の人間固有の基本的人権に由来し、この基本的人権を死守するためにこそ発動されるのが国家権力というものである。しかし我が安倍ポンは自分の一時的に過ぎない政治権力に国民の権利全てを従属させることを目指しているとんでもないファシストである。
 というわけで以下小林氏の議論を要約すれば⇩⇩

①これは戦争法案ではなく《従米法案》である。
②集団的自衛権を使うには憲法改正が必要である。
③(外国からの攻撃というなら)原発にミサイル落とされる方が余程危険だが、これは個別的自衛権の範疇だ。軍事同盟を結んでいない国なら幾らでもある。
④中国は尖閣を取りに出る余裕など無い。
⑤立憲主義に基づく《法の支配》が貫かれていなければならない。
⑥自民党議員は『WILL』『チャンネル桜』ばかりを好んで読み全体がネトウヨ化しているから『在特会』や百田と記念撮影して悦に入っている。安倍のFacebookもそれで情勢に対する理解が極めて浅薄である。
⑦民主主義の根幹は議論であるが「反権力的マスコミを懲らしめるにはCMを減らせ」などという議論を封じ込める《議論不要》の発想を自民党はしている。安倍晋三本人も議論が巻き起こり批判が噴出するのを怖れてテレビ出演を避け、自党の『ニコニコチャンネル』でたった1万人の視聴者相手に誰からも妨害されない《説明》をぶって自己満足した。
⑧『東京新聞』は極左だが権力に追従するだけの『産経新聞』は報道ではない。
⑨共同体が崩壊し、個々人は砂粒に還元されている。
⑩右も左も自分と自分のポジションに利する言論しか耳に入って来ない。

 ⇧⇧論旨は(私の個人的まとめだが)ざっと以上の如くである。国会山の猿達や産経・読売主導の腐れメディアなどより遙かに有意義な議論だと私は思う。新しい時代には新しい論議が要請されているということなのだろうか。馬鹿共の旧態依然たる屁理屈は不要なのである。🚀🚀😡😍👙😠👽🐼🐾🐳🐳😥。

by musasinokosugi | 2015-08-20 15:36 | 時事
 昨夜《報道ステーション》を視ていて改めて感じたことがある。それは「古舘~朝日は信用出来ない」ということである。安保法制に関して「拙速に走らず」「時間をかけてじっくり審議すべきだ」というのが相も変わらぬ朝日~古舘の主張である。果たしてそうか?
 時間をかけようが「丁寧に説明」しようが、戦争法案は戦争法案である。廃案になろうが継続審議になろうが、戦争法案が平和法案に突如変身するわけでは無い。

 例のオンエアー中の論争で古舘は「自分は朝日の人間だから(!)“I′m not Abe.”などという打ち合わせにないアドリブを認める訳には行かない」と相手を強圧的に制した。その朝日のスタンスというのは安倍一派提出の法案に微塵も異を唱えるものではない。「拙速に奔るな」と恰も公平中立であるかの如く自己粉飾しているだけなのである。「時間をかけて説明すれば必ず判って貰える」という安倍~自公の言い分と何処が違うか?
 こうやって安倍に恰好の出口を与え、あわよくばSEALD′sら《法案絶対反対派》との間に《和解の道》を構築してポイントを稼ぎ自社の地位を高めようというのが朝日の姑息で醜悪な手法である。「産経さんや読売さんにこんなこと出来ますか♪」と言いたいのである。大手メディア中では一番「左寄り」の毎日にしても「徹底的に議論しろ」(岸井)と言うだけだから、ここも朝日と大差ない。

 大手メディアがこのように批判精神をほぼ完璧に喪失しているのをいいことに、国会山の弱小野党の猿達は「私達は反対しましたよ♪」というポーズでアリバイ作りをしているだけだ。それによって次回の《お選挙♪》で自分さえ多少なりとも票を稼げれば御の字なのである。見下げ果てた連中だ。自分の議席の方が安保法案を葬る事より大切なのである。
 野党側がこういう状態なのを見越しているから自公は「ゆっくり♪」時間を潰して行けば万事OKだとふんぞり返っている。民主党の中には維新顔負けの《安倍志向》の右派もいる。共産党などは何処の野党とも連携・共闘が不可能だから「政権獲得は我々のロマンです♪」などとほざいている。自分たちだけで絶対多数を獲得する気でいるのか?⇦そんなことを望む人間はまずいない。
 
 オリンピックも「どんぶり勘定でええわええわ♪」の森元総理がぐしゃぐしゃにしてしまった。・・・というわけで「右を向いても左を見ても真っ暗闇じゃあござんせんか」(鶴田浩二)という我が国である。🐳🐾🐼👽😡🚀☀。

by musasinokosugi | 2015-08-19 07:34 | 時事

荒れる日本列島。

 台風がよく来る日本列島である。桜島の警戒レベルは最高の5であり、人心が乱れっ放しで凶悪犯罪が絶えることがない。これらの不気味な主調音に同調し輪をかけて劣悪なのが安倍ポン・ファッショ政権である。これがこの国を地獄のどん底まで引き摺り込むのである。そうはならないという保証など何処にもないという現実に報道は目をつむっている。
 諸悪の根源は自民党・安倍一派であるが、これを地獄の果てまでも支持し続けようという尖兵がノータリンな自民党支持者及び公明党支持者らである。彼ら《カネカネ亡者》達は「己が金にさえなるなら国が亡びたってかまやしない。何が何でも金だ!株だ!」という錯綜の限度迄到達した救いようのない阿呆たちであるが、彼らを猛烈に援護射撃しているのが産経・読売を先頭とした大メディアである。
「報道が阿呆たちと安倍ポン一派を擁護して已まないのだからこの国は相当ピンチである。」
 というよりも、既にもう助からない瀕死の状態かも知れない。

 メディアは九月自民党総裁選は《無風容認》で安倍晋三が再選されると決まったような話を既に見る聞くなしに書き立てている。大メディアが恥も外聞もなく安倍の提灯持ちをしているのである。大新聞のノータリンな主幹らは「憲法学者もSEALsもおら知らねえや♪おら安倍様の小間使いで結構でやんす♪」とふんぞり返って高校野球でも観ているのだろう。

 「安倍支持を真っ先に打ち出したのは何処の派閥だったか?」などと詮索する趣味は私にはない。奴らが先陣争いするのは自分と自派閥のポジション目当てでしかない。要するにエゴだ。そんな者らに我々が付き合う必要は皆無だ。額賀53、二階34、細田95(⇦ここが安倍の出身派閥だ)、麻生37だとかで、以上全ては安倍の再選支持だとメディアは断定する。あと態度保留は岸田45と、石原14だけだと今から決め付けているのだから、安倍ポンも「破顔一笑の図」ではないか。次回参院選で彼らのうち衆院議員らが落選することは有り得ないが、衆院選となったら彼らの内果たしてどれだけの数が国会の猿山に戻って来られるか、これはわからない。前回自民党に投票した人達も今は大半が?ソッポを向いている。自公が再び野党に転落すればいいと私は思っているが、その可能性は決して小さくない。🚀🚀🐾🐾😅😅👙👙😰🐳🐳💿📺。

by musasinokosugi | 2015-08-17 15:48 | 時事

総理談話。

 安倍の『戦後70年談話』の記者会見をNHKで見た。3,500字~4,000字だったそうである。村山談話の3倍の長さだが内容は逆に薄められ三分の一も無かっただろう。ちらちらアンチョコを見ながらの《ちょろまかし》と《言い逃れ》のオンパレードだった。元々の安倍の支持者らを騙くらかすにはあの程度で充分だったろうが、肝心の支持者数は連日減る一方であり、一旦離れた《人心》があんな《ええカッコしい・換骨奪胎》と《美辞麗句》のてんこ盛りで回復するとは私には到底思われない。日本人はそんなに阿呆ではない。
 私が格別頭が悪いわけではないと思うのだが『安倍の長広舌』は意味不明な部分が大半である。長々わけわからない言辞を労した後の「記者団との質疑応答」でも安倍は国会同様一人で喋りまくっていた。しかも質問出来たのは幹事団からの2社と産経・読売その他だけで、朝日・毎日は(⇦まだまだ「忠誠心が足りない!」ということか♪)指名されなかったからお笑いだ。

 テレビでは何処かの局が「反省なんかする必要ないよ😆」という若者の声を拾っていた。
 私も自慢ではないが《戦後生まれ》のはしりであり、「戦前も戦中も知らない人間」である点では彼と同等だが、侵略した過去を『反省』するのは当たり前だと若い頃から何の疑いも持たずずっと考えている。善悪は問わず所謂《戦後民主主義》の下そういう教育を受けたからだろうと思う。
 反省するしないに関して言うなら、これは以前にも指摘したことだが《言う事が逆》なのである。侵略した側が「何時までもあやまって居られないよ」と開き直り、侵略された側が逆に「もっと謝れ」と要求し続ける。これでは未来永劫両者の反目・対立は解決し得ないに決まっている。
 普通の喧嘩でもそうだろう。殴った方が「あんなことして御免な」と繰り返し詫びを入れ、殴られた方は逆に「何時までもそんなに謝らなくてもいいよ♪」と相手を赦す。⇦こうでなければ『両者の和解』など永遠に不可能だ。安倍政権は韓国・中国・北朝鮮と(即ち近隣諸国の悉くと)反目し合い、ならばとこっちの都合だけで今や邦人の殆どが駆逐された『北方領土』を返して貰いたくても、ロシアはロシアで《自国領土》と《不凍港確保》には何処にも負けずにガメツイ国だから、日本など足元を見られて適当にあしらわれるだけだ。

 だいたいが北朝鮮の工作員らが数次に亘って我が国領土に侵入し、我が国民を好きなだけ拉致し続けても何年間も気付かなかったというのだから、この国の《国防意識》というものは一体全体何処にあるのか。(⇦その時自衛隊でも警察でも海上保安庁でもいいが、一体みんな何をしていたのか。)自国領土も自国民も『管理』し得ない、防衛し得ないというこんな国情では『北の金様』に舐められたって至極当然ではないか。それで相手側が「調査する」とか「調査中」とか我が国をせせら笑い「鼻であしらっている」のに何も有効な対応策を講じえない。『制裁措置発動』などと言っても手の内はとっくの昔に出し尽くしているから次の手というものがない。『太陽と北風』のイソップ寓話は既に以前に私は示した。寒がっている貧者のコートを脱がすには北風では無理なのだ。

 アメリカに追随するだけの外務官僚と戦争志向の安倍のノータリンには《外交センス》というものが皆無だと言ってやりたい。我々は極東離れ小島の田舎者に過ぎないのである。全てはこれを自覚してからの話だ。歴代総理談話でも彼らは《天皇制》のての字も触れていない。明治欽定憲法を改訂したのが現憲法であり、あの戦争を始めたのも辞めたのも昭和天皇だったことをメディアも政府もまるで無かったことのように避けて通っている。ドイツの爪の垢でも煎じて飲んだらどうだ?!
 薩長連合が倒幕から明治時代を招聘し、維新の元勲・立役者だった西郷隆盛は下野の後決起を余儀なくさせられて自滅し、以後の明治政府は言ってしまえば長州閥即ち安倍ポン出身の山口県の独裁だった。それが今現在迄続いていると言ってもあながち言い過ぎとも思われない。

 この国は敗戦を終戦と言い換えて羞じない国である。今の学者先生達が使っているかどうかは知らないが《ジャパニーズ・オブスキュランテイズム》という言葉が昔はあった。「日本型蒙昧主義」という意味である。歴史でも何でも独自の立案で理詰めに考察・検証することが出来ないから「感じ」「印象」「類似・類推」「盗用・盗作」・・等々で「その場凌ぎ」ばかりを繰り返すのが我々日本人は大の得意なのである。そこには日本人独自の独創的発想などまず無い。
 その意味で言うならば安倍もあの目つきの悪い某デザイナーも同じ「曖昧模糊万歳!」の蒙昧主義者なのである。🚀🚀🐾🐾😅😅👙。
 

by musasinokosugi | 2015-08-14 21:19 | 時事
 大阪の今日の最高気温の予想は京都と同じ37℃だったが、そこまでは行かないで36℃台で留まったようだ。が、冷房の嫌いな高齢者は相変わらず熱中症で倒れている。私は冷房は好きな人間だがドライでかけているし、アタマがいつもおかしいから食品を買うとき以外は殆ど外出しない。自転車もそろそろ買い替える時期だ。パソコンは愈々古い中古が壊れてしまったのでスパイダーさえ出来なくなってしまった。ノートパソコンでも3万か4万円位の新品が出ているから買いたい気持はあるが量販店迄行くのが面倒だし、webに繋ぐのも大変だ。高校野球もプロ野球も大して興味はないが部屋に居て暑気払いするにはこれしかない。高校野球は朝日とNHKの《美辞麗句》及び《きれいごと》には辟易するがそれには(限度はあるが)只ひたすら耐えるしかない。きれいごとの好きな連中にはろくなもんがいない。只の偽善者たちだ。

 ヤフーニュースだけというのも白々しいので《日刊ゲンダイ》はよく見ている。SEALDsに影響されてOLDS(60~70代)とかMIDDLES(中年)の反・安保法案の団体が出来たらしい。小沢さんは今回の新しい提言では「野党は総辞職する位のやる気を示せ」と訴えていたが、正にその通りである。奴らは結局自分らのみすぼらしい《議席》が惜しいだけの連中=《口舌の徒》だから安倍一派のクーデター政権にアンチの旗を掲げることが出来ないのである。弱小諸派と雖も仮に「彼らが一致結束して総辞職!」すれば、幾ら安倍ポンでも解散~総選挙しか打つ手はないだろう。

 8月30日の日曜日に反安保法案の百万人デモが日本全国各地各所で企画されているらしい。これが何処まで盛り上がるか、である。
「果たして倒閣迄行くかどうか」それは神のみぞ知るだ。🐼👽👙😡☀😍🚀。

by musasinokosugi | 2015-08-10 20:04 | 時事

安倍も死に物狂いだ。

 昨日私はたとえ15分間と雖も参院中継を視るつもりでいたがNHKは恥も外聞も無くスルーした。安倍から『絶対放映するな!』と厳命が下ったのである。今朝になってNHKは「総合的に判断した結果だ」などとわけわからない言い訳をしていた。まるで普段は「総合的判断」などしていないとでも言いたげである。

 安倍は参考人質疑のTV放映には到底自信が持てなかったのである。日本全国にあんなふざけた男を晒すわけには行かなかった。自分自身が《任命責任》の集中砲火を浴びることが目に見えているからである。民放は何故か国会中継をしないことになっているから、ここはNHKさえ押さえ込んで置けば後はどうにでもなると踏んだのか、愈々終末期を迎えた安倍ポンの最終最後の悪足掻きが始まったと言っていい。奴らは今「逃げて逃げて逃げまくる!」事しか念頭に無いのである。安倍一派は最低最悪のファッショ政権であるが、野党諸雑派などとてもじゃないが元より宛にはならないから、我が日本は愈々切羽詰まった土壇場に追い込まれている。🚀🐳😡👽💿🐾😅👙😆。

 ☆今度は滋賀選出の武藤とかいう議員が「戦争へ行きたくないなどという《SEALDs》は利己主義だ」などとツイッターに書き込み、これにタカ派である筈の橋下大阪市長迄もが「そんなに威勢のいい事を言うのならお前がまず最前線に立て!」と噛み付いた。私も同感だ。自民議員は全員最前線に立て!(自分達は後ろからああだこうだと能書きだけを垂れて済ますつもりなのだ。卑劣な奴らだ。)

 この若造も安倍の有力なブレーンだというのだから、安倍一派の暴走は止まらないどころか益々「キチガイ染みて!」来た。これではまるで《玉砕覚悟の特攻隊》ではないか。

 安倍にとっては「戦争に行きたい!殺し合いをしたい!」と絶叫する正味《戦争志向》の若者=バカ者こそが《普通》であり、「戦争なんか行きたくない!」と国会周辺で騒ぎ立てている《フツーの若者たち》などは国賊か何か「騙されているだけのノータリン達」なのだ。
 ばかやろう。我々を騙そうとしているのは、おまえ達安倍一派だ!!

 ☆左右両翼が愈々対立し始めたというのが現況である。🚀🚀🚀🐳🐳🐳👙。

by musasinokosugi | 2015-08-04 08:10 | 時事