人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:写真・ムービー等( 394 )

d0136282_11551494.gif
d0136282_1155273.gif
d0136282_11554125.gif
d0136282_11555428.gif
d0136282_1156756.gif


 これは4年前の8月に作成したミニアニメ集で、今は作るのに必要な器材もないし、だいたいが作り方も大方忘れてしまっている言わば《過去の幻影》に過ぎないのです。第一《コブラーズ1号》ちゃんのブログに入ることさえ(PWを忘れているから!)不可能です。
 『コブラーズ(⇦みわちゃ姉妹のこと)』には元々1号ちゃんから4号ちゃんまでいたんだけど、3号ちゃんと4号ちゃんのとこはアメーバピグの海外版だったので、そこはサイト自体が閉鎖されてしまったから今はもうそこへ行くことすら出来ません。😰😅😥😡😠。
 そういうわけで、彼女たちには私はまだ未練たらたらで愛着心も沢山残っているから(今後もし機会があったらの話ですが)どんな形でも構わないので、彼女たちを復活させたいと思っているのです。あっそ。

 ☆☆注釈をしておくと、1号ちゃんは『ヤースケ伝免許皆伝』というブログの看板スターで、2号ちゃんは『みわちゃ見参』というブログを自分で張っている♪。二人は似たような顔立ちだが、色白でふっくらしている方が2号ちゃんである。3号ちゃんは一番年下で甘えん坊という設定で、彼女には『みわちゃ3号のブログ♪』(http://musasinokosugi.blogspot.jp/)というところがあるが、最近は投稿していないから折を見て何か写真でもアップしてみたい。4号ちゃんには自分のブログはなく、3号ちゃんのブログの1つのコーナーに居候している。彼女が最年長で姉妹の中では一番聡明で唯一人金髪の美女(?)である。みんな懐かしいキャラだ。w😄😍👙🙌🙌🚀🐳👽📺。

by musasinokosugi | 2015-09-13 05:26 | 写真・ムービー等

人生死ぬ迄の暇潰し?!

 待ち時間の過ごし方その一。
 置いてある雑誌やパンフレットには面白いネタがない。待合室は喫茶店ではないから新聞などはない。タブレットをいじるのもいいが途中で順番が来ると不愉快だ。
_image/2b/8c/2db07dd04f9d01841b65f67821a975ad.jpg" border="0">
 それでも何でも待ち時間は何かしていないと退屈な訳だ。

by musasinokosugi | 2015-08-31 13:23 | 写真・ムービー等

記念撮影。


 この写真は再開したばかりの私のフィギュアたちのうち小さいものばかりを記念に撮ったものである。今は全体的に作業はもっと進んでいるが、進んでいるというだけのことで内容はお粗末極まりない。
 それはいいとして、ニスや絵具をフローリングに垂らしてはいけないので「新聞紙」を敷く必要がある。今は新聞を購読していないからたまには売店で買って来ないといけないわけだ。アッソ。🚀🐼👽😅😆。

by musasinokosugi | 2015-07-02 05:36 | 写真・ムービー等

小津安二郎作品を見た。

 小津安二郎監督「秋刀魚の味」(1962年芸術祭参加作品)をYOUTUBEで見た。Youtubeはこのタブレットではよく映るときと全然駄目なときがあって両極端である。毎日よく入るのなら私も70年代ロックを観たり、映画を観たりで忙しいのだがそうではない。今日は珍しくよく入ったので、何気なく「秋刀魚の味」を付けてそのまま成り行きで1時間52分超の大作を終いまで観てしまった。

 小津映画には娘の縁談を巡る確執をさり気なく描いた作品が多いがこれもその手の作品である。戦争中は駆逐艦の艦長だったという主人公は妻君に先立たれ、娘と次男の三人暮らしをしているところ、24歳の適齢期を迎えた娘をそろそろ嫁にやらねばならぬなと悩んでいる。娘も結婚したい気はあるが、自分が嫁いだ後の父親と弟の生活を案じている。・・・。この主調音に長男夫婦、学生時代の同窓生仲間と恩師らとの交流が混ぜ込まれていて、派手さはないがじっくり見させられてしまう映画である。私が好きなシーンはというと、初めて寄ったバーで偶然艦長だった時代の乗組員の一人と鉢合わせして、これに亡くなった女房と面影が似ているというママが加わって三人で軍艦マーチのレコードをバックに敬礼で戯けるところである。私は別に軍国主義者ではないが🙆、このシーンは好きである。😊😁😌🔱🎬🚢。

 事実関係を確かめたわけではないが、昔「吉本隆明は小津を嫌いだがそれはなぜだと思うか?」と、或るマニアックな吉本ファンに唐突に訊かれたことがある。咄嗟のことだったが、私は「戦争に協力したからじゃないの?」と即答した。小津は戦争中中国大陸に渡って従軍映画を撮影した過去がある。大日本帝国陸軍に協力しなかったら映画を撮ることなど不可能だった時代の話である。生きた年代が懸け離れていたら許すも許さないもなかっただろうが、吉本隆明と小津安二郎は充分に近い時代を生き抜いている。ゲーテがワイマール共和国の鼻持ちならない木っ端役人だったからと言って、それを理由にGoetheの全作品を否定し去る人間はいないだろうと、これは埴谷雄高がかつて指摘していたことである。
 小津安二郎作品が流行った頃私はまだ小学校低学年だったから、私は小津を許すとか許さないとかいった価値判断の俎上に乗せることなど思いもつかない、ただの小津作品ファンの一人に過ぎなかったのである。

☆$¥124.74(13:40WSJ)

by musasinokosugi | 2015-06-02 13:34 | 写真・ムービー等
 米映画:マジェスティック(MR.MAJESTYK)(1974年)をDVD持参で見た。上映時間103分。
 当時流行っていた日本のヤクザ映画と通じるところのある矢鱈暴力的なアクション映画だった。

主演:チャールズ・ブロンソン
監督:リチャード・フライシャー。

allcinemaにはこうある。 ↓
暴力こそが現代の掟!
ショットガンに大地が震え、雷光が響く! 凄絶なる脱獄に賭けるプロンソン--
「トラ・トラ・トラ!」の リチャード・フライシャー監督と プロンソンがはじめて 手をくんで仕掛けた クライム・アクション巨篇!


 アメリカ南西部の農村を舞台に、行く当てのない貧しいメキシコ移民たちを使い、細々と小さなスイカ畑を経営するマジェスティック(ブロンソン)が、執拗なまでにいやがらせを繰り返す無法者たちに怒りを爆発。正義の鉄拳を叩き込む。ブロンソンが農夫を演じていると言うことが少し異色だが、その中でも彼の“渋さ”は十分に発揮され魅力的。R・フライシャーの演出もソツがなく、まずは気楽に楽しめる娯楽作となっている。

 スイカを栽培する大農園を営むマジェスティック。収穫期が訪れた頃、彼は貧しいメキシコ移民たちも雇い入れ、スイカの取り入れを始めることに。だがそこへ、コパスという男とその一味が仕事の引き渡しと手柄を寄越すよう迫ってくる。しかし、抵抗したことから喧嘩沙汰になり、マジェスティックは留置所送りになってしまう。やがて、同じく投獄の身にあったコパス一味の殺し屋レンダと共に護送されるマジェスティック。その道中、護送車が待ち伏せしていたレンダ一味に襲撃され、マジェスティックは混乱の中レンダを捕らえたまま逃走するのだった。そして、レンダから逃亡の取引を持ちかけられるも決裂に終わり離ればなれに。こうしてマジェスティックは、コパスとレンダの組織によって復讐され始めるのだが…。

============

 というわけで、たまには(悪事の限りを尽くす極悪人らの仕打ちに耐えていた主人公が最後に牙を剥くといった)こういう、日本のヤクザ映画お定まりのコースを辿る肩の凝らないアクションものもいいのではないかと考えたのだが、見た後微かに(悪を滅ぼしたという)一種の「爽快感」が残る程度で、他には何も残らないという感想しかない。
 マジェスティックというのは上にもあるようにブロンソン演じる主人公の名前で、原題も"MR.MAJESTYK"となっている。チャールズ・ブロンソンも亡くなってから既に11年近く経った。寂しい限りだが人は皆老いて死んで行くものだから仕方ない。
d0136282_10311059.jpg

by musasinokosugi | 2014-07-03 10:31 | 写真・ムービー等
 アルフレッド・ヒッチコック 監督作品「海外特派員」Foreign Correspondent (1940年)を昨日はDVD持込で見た。
予告編←要クリック。
 海外特派員は欧州の第二次世界大戦のまさに前夜を、精妙・精密な筋立てで見せる非常に良く出来たサスペンス映画である。作られた時期も時期だけに、先日見たナンタラいう韓国映画とは比べ物にならない迫力と重量感があった。
 アルフレッド・ヒッチコックの数ある映画の中でも、これは出色の作品と思う。

d0136282_1110711.jpg

by musasinokosugi | 2014-06-27 11:11 | 写真・ムービー等

寒波は今週一杯続く!?

d0136282_153074.gif
d0136282_153104.gif
d0136282_1532155.gif
d0136282_1533289.gif
d0136282_1534664.gif
d0136282_154057.gif
d0136282_1542667.gif
d0136282_1543911.gif
d0136282_1545713.gif
d0136282_155737.gif


 いつも旅行写真ばかりでは能がないので(?!)今回はイラストとかアメーバピグとかにしてみた。w
 元々は、こういうことがしたくてインターネットってものを私は始めたのである。


by musasinokosugi | 2014-03-06 15:08 | 写真・ムービー等

寒の戻りってか。

d0136282_13305243.gif
d0136282_13304972.gif
d0136282_13311393.gif
d0136282_13311385.gif
d0136282_13313578.gif
d0136282_13313874.gif
d0136282_1332149.gif
d0136282_1332042.gif
d0136282_13322542.gif
d0136282_13323611.gif


 最近「寒の戻り」とでも言うのか、再び冷え込んだり小雨がぱらついたりしているが、もう以前程の寒さではない。

 さて、今回は前回に引き続き、四年前の小旅行の際撮った写真のGIFアニメを掲載するのである。アニメはまだ他にも沢山作ってあるので、追々アップする予定だ。
 
 そろそろまた春の18切符のシーズンがやって来たが、現在私は体調が芳しくないので、鈍行列車にただひたすら乗っているだけの、こういう小旅行ももう出来ないかも知れない。

★追記・・・先程駅で時刻表を見たところ、18切符についての記述が一切無かったので(!)これは発売中止にでもなったのかと驚いたが、今PCで検索したら、春も従来通りで只今発売中なので、そのうち暖かくなったら「体調と相談して」買うことになるかも知れない。w


by musasinokosugi | 2014-03-04 13:42 | 写真・ムービー等

1010年の小旅行とか♪

d0136282_117197.gif
d0136282_1173189.gif
d0136282_1174296.gif
d0136282_1175427.gif
d0136282_118538.gif
d0136282_118229.gif
d0136282_1183221.gif
d0136282_1184239.gif
d0136282_1185874.gif
d0136282_119979.gif

 四年前に南紀と飛騨方面に二日掛けて出掛けたときの写真であるが、これは18切符を使ってもろに鈍行で出掛けた旅だったので、途中何回となく「特急待ち」とか「入れ替え待ち」とかで待機させられた記憶がある。時間を惜しむ人には到底出来ない小旅行だったろう。早朝から矢鱈電車を乗り継ぎ、夜が更けてから最寄のホテルに転がり込むという旅だった。
 
 東京へ行ったときにはネット喫茶に泊まることもあった。体には酷だったが宿泊代が節約出来るし、PCも無論いじることが出来た。ビジネスホテルでPCを使うと高くつくのである。

 私は18切符は20代の頃から機会があればしばしば利用している。昨年の春のシーズンには一冊5回分のシートを一人で三冊も使い切ってしまった。尤も電車の便は東海道本線と山陽本線以外はあまり良くないからこの二つの路線を往復することが多かった。

 とにかく道中「暇」で時間を持て余すもので、意味もなく矢鱈写真を撮りまくったから、今回のように写真でfotoanimeを構成出来るわけである。これがいわゆる「gifアニメ」というやつで、作り方はいろいろあるだろうが、私が利用しているのは「ペイントショッププロ9.0」に付録で(?)付いて来る「アニメーションショップ」というソフトである。各フレームの表示時間は1/100秒単位で様々に設定可能だが、今回の写真アニメでは1秒前後に設定してある。ぁそ。

 

by musasinokosugi | 2014-03-01 11:10 | 写真・ムービー等

京都・出町柳へ行った♪

d0136282_15544196.jpg

 ↑ 10月1日、いつもの餌播きを終えてから、京阪電車で三条まで行き、そこから鴨川河畔を歩いて出町柳に行った。下賀茂神社・糺の森のところで、鴨川と高野川が合流している。この辺りにヌートリアが60匹ほど住んでいるということだったので、さぞ「うじゃうじゃ」いるのだろうなと思って行ってみたのだが、鴨川『出町橋』下流には1匹も確認出来なかった。私の眼力もあるが、餌やりしている人もいなかったし、これは話が違うじゃないかと落胆してベンチに腰掛けていたら、1羽のスズメちゃんがチュンチュン鳴きながら私の足元に近寄って来た。これは明らかに露骨な『おねだり行動』である。是非は問わず、この子は観光客などによって充分訓馳されていたのである。
『出町柳』駅の1つ前『神宮丸田町』駅付近の河原で集団のスズメちゃんたちに餌を投げたときは一斉に逃げられてしまったので、このおねだりは嬉しかった。私はカステラの小さな切れ端を5,6個投げ与えただろうか、スズメちゃんは1つずつ丁寧に食べ、最後の比較的大きな塊は咥えたまま礼も言わずどこかへと飛び去った。子育てのシーズンではないので伴侶か仲間へのお土産にしたのだろうと私は思った。

 この時点では私はヌートリアとの遭遇は諦めていた。彼らとは会えなかったが、白鷺・マガモらの渡り鳥のハシリには会えたし、1羽だけだが私のカステラを啄ばんでくれたスズメちゃんもいたのだから、それだけで私は充分に満足していたのだ。

d0136282_180543.jpg
d0136282_1812949.jpg
d0136282_1815813.jpg
d0136282_1823715.jpg
d0136282_183789.jpg
d0136282_1834214.jpg
d0136282_1842840.jpg
d0136282_185334.jpg


 ところが、である。そんな私のすぐ眼下の川べりに、お待ちかねのヌーちゃんが現れたのである。時刻は四時近かった。これもスー様大明神のお引き合わせだったろうか!? 私は取り敢えず写真を1枚撮った後約1分半のショートムービーを撮った。それが↓一番下のYouTube動画である。この後また1匹のヌーちゃんが現れたので今度は約1分の動画にした。

============


 ↑ 引用した動画は餌付けシーンだが、この動画に寄せられた賛否両論が面白い。w
 そして ↓下が今回私が撮ったヌーちゃんの泳ぎの様子。私が見るのは泳ぐシーンばかりだ。



by musasinokosugi | 2012-10-03 17:55 | 写真・ムービー等