時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

危機一杯な日々。

d0136282_15565019.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース*3万円で買った中古PCが4ヶ月程で壊れてしまって、困ったのはニコンで撮ったムービーや写真を(専用のCD無しで)どうやってblogにアップするかということだったが、USB接続を使えばXPの機能だけで割と容易にこれが可能ということがわかった。

 でもムービーは簡単だが、写真のサイズ変更はどうやったらいいのかわからないのでこれはこれから研究してみないといけない。汗。なにせ私は自慢じゃないけど、PCがないとまるっきし生活のリズムが成り立たない爺さんだから困っちゃうもんね。あそ。

============

石原語録:知事会見から 妊婦死亡問題/コンビニの深夜営業自粛 /東京
 ◇こういう事態を作ったのは国--妊婦死亡問題
 ◇やっぱり無駄な電気は消した方がいい--コンビニの深夜営業自粛
 【妊婦が都立墨東病院など8病院で受け入れを拒否された後、死亡した問題】

 --舛添要一厚生労働相が「都に大きな責任がある。とても都に任せられない」と発言したが。

 ◆「あの人は大見え切ったつもりでいつも空振りするけどね、こういう発言する時に現場を踏んで、起こった事実を分析して掌握したうえでモノ言ってもらいたい。一国の大臣なんだから。今度も(墨東)病院に行って事態を聞いた後で、話がずいぶんトーンダウンしたじゃないですか」

 「これは医療事故じゃないんですよ。それだったら国に報告する責任ありますが、ER(救急救命室)はERとして処置をしてますしね。ただお産というのは非常に危険な作業でね、今度の場合は非常にレアケースでね、妊婦ご自身が脳出血をした。具合悪いことに出産と重なりましてね。頭痛に関してどういう会話があったか分からんけど、最後まで脳出血の手術はしたわけでしょ」

 「『東京に任してられない』じゃない、国に任してられないんだよ。厚労省のだな、医療行政が間違ってきて、お医者さんがこういう体たらくになった。足りないだけじゃなしに、低福祉・高負担がまかり通ってね、患者も非常に注文が多くなって、お医者さんが非常に苦しい立場で、昔はなかったような医療裁判にさらされて、だんだんなり手がいなくなってきた。こういう事態を作ったのは国じゃないですか」

 「これは本当にレアケースなんですよ。こういう万一の事態というのはなかなか想定しにくいんでね。それでもやっぱりお医者さんの数が多かったら、ここまで至らなかったかもしれない。医者の数を増やすのは国の責任だ、これ。東京は東京なりにいろんな誘致をしてますよ。だから他の県から恨まれている節があるけど、それでも絶対数が足りないんでしょ。赤ん坊を産む産科と、産んだ子供を育てる小児科が絶対的に足りないというのは、これはやっぱり国の責任じゃないですか。舛添君しっかりしてもらたいよ、本当に」

 【地球温暖化対策のためのコンビニエンスストア深夜営業自粛】

 --埼玉県知事が首都圏8都県市に提案する検討をしているが。

 ◆「彼(埼玉県知事)がオフィシャルに口火を切ってくれたのは大変結構だと思います。やっぱり無駄な電気は消した方がいい。こういう時代になれば、万民が納得してくれると思いますよ」

 「(電気の)付け方に工夫もいるんじゃないかな。店を全部閉めるというわけじゃありませんから。小さな試み、とも言えないけど、そういうものを少しずつ重ねていかないとこの事態は防げないと思いますね」

 【全国学力テスト】

 --結果を公表すべきとお考えか。

 ◆「公開すべきだと思います。教育者だってね、成果を挙げることに努力しているわけだから、ある意味で競争が必要だと思うし、いい成績挙げるための反省の素材にもなると思いますから」

 --市区町村別を明記すべきか。

 「いいんじゃないですか。それぞれの教育委員会があって、努力してらっしゃるんだから。その成果を相対的に発表するというのは私は結構だと思います」
毎日新聞 2008年10月25日 地方版

============

*都に問題がないとは言わないが、この枡添vs石原のバトルは私は石原乗りだね。w
 枡添は大見得切ってエエカッコし過ぎでしかもすぐコケる軽薄そのものの人間。私の一番嫌いなタイプだ。

============

*ロシアの好況の前提としては1.原油価格の高騰と2.ユーロからの潤沢な資金の流入があったとされる。今回の世界的金融危機でこの両方が破綻したからロシアも落ち込むらしい。
*タイとカンボジアはプレアビヒア寺院という世界遺産の遺跡周辺で死者まで出す銃撃戦をしていたけど、あれってどうなったのかね。どうしようもない人たちだ。

*日本はというと、『円高・株安』という一種怪現象に見舞われていて、お金のない人はなるたけ現金を持つようにして、他方大企業はこれを好機として自社株を買いまくるのがいいらしい。あっそ♪
*『食』はいよいよアブナイ状況に入って来た。米ダメ、アンコダメ、冷凍食品ダメ、輸入品ダメ、ハムダメ・・・etc.ったって、たとえ毒入りだろうと農薬入りだろうと殺虫剤入りだろうと、我々はスーパーとかで何か買って来て毎日食べ続けていないといけないわけだからね、外食は極力避けて、自炊、それも生野菜買って来てよく洗ってから自分で調理して食べるのが一番いいって誰かが言ってたよ。食料の7割方を輸入に頼っていること自体奇形的なことで、その食料の3割近くを食べもせず捨てている我々はまったく罰当たりな国民なのですな。あっそ。
============

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-26 21:08 | 時事

忘れぬうちに吉牛を。

d0136282_97443.jpg
d0136282_981589.jpg
d0136282_983765.jpg
d0136282_991237.jpg
d0136282_993413.jpg

 さて吉野家80円引牛丼であるが、おのおの方努々(ゆめゆめ)ご油断めさるな、この特別セールは明日14日まででござりまするぞ。
 というわけで、アメリカBSE騒動以前は280円だった牛丼並盛が今は380円だから、たとえ今回期間限定で80円引いて貰ってもまだ20円高いんだけど、これを『朝三暮四』よろしくみんな(かどうか)喜んでいるわけだな。平和なことだ。笑。
 さて、そこで久しぶりに食べた吉牛でありますが、拙者御飯がやけに多く、代わりに牛肉が一切れほど少ないという印象を持ちましてござる。こまけえってか、ぁそ。w

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-13 09:12 | 時事
d0136282_915237.jpg

 ご存知なか卯の朝定食のうち『豚汁定食290円也』である。土曜日も10時まで朝定をやっている。
 他に納豆定食とかもあったように思うが、私はなか卯ではいつもこれである。御飯は生卵で卵かけにして、これに豚汁とあと白菜の漬物も大量に付いて来るからこれで充分な気がする。
 あと、吉野家牛丼の80円引きっていつまでやってるんだろうか?
 こっちの方も忘れずに一回は食べておかなくちゃいけないってか、ああ忙しい。汗。

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-13 09:04
Excite エキサイト : 経済ニュース
d0136282_854063.jpg

*更生特例法適用を申請して経営破綻(はたん)した大和生命保険は11日、東京・新宿で契約者ら約300人を集めて債権者説明会を開いた。中園武雄社長は冒頭「支援協力いただいた関係者に心よりおわびしたい」と謝罪したが、参加者からは社長らの経営責任を問う質問や不安の声が相次いだ。*最初に質問した契約者の男性は「我々が払い込んだ保険料を使ってばくちをやって負けたということじゃないか」と怒りをあらわにした。「社長はこれまでの全報酬を返上すべきだ」と経営陣の責任を問う声も相次いだ。*保護される保険金額などの質問も多かった。契約者の保険料などを原資に会社内に積み立てた責任準備金の9割が保護される仕組みだが、契約者側から見ると、払い込んだ保険料との関係が見えない。このため「実際にいくら受け取れるのか」という契約者側の質問に会社側が答えられず、「何を言っているのか、さっぱり分からない」などとヤジがとぶ状況が続いた。*大和生命は15日までに、大阪や名古屋、仙台、福岡、広島で同様の説明会を開く。詳細は同社コールセンター(0120・846・810)へ。(asahi.com)・・お怒りごもっともだけどね、一般に広く金を集め、集めたその金を運用して利益を上げるというこのやり方は別段珍しくもないのが我々の社会である。言ってしまえば元々金融資本などというものは本来的に他人の褌で相撲を取ることを生業としているものなのであって資本主義が金融資本として展開を始めた19世紀半ばには「もう資本主義は金融資本主義に変質してしまったんだ」という議論が華々しく論じられ、これを亡命先のスイスの図書館で研究中のレーニンが「いや、資本主義は帝国主義の段階に突入したのでアル」と論断したわけですな。ぁそ。資本は自己増殖運動を自律的に繰返しつつその身の投下先を追求し、植民地の候補が世界各地にあるうちは先を争って植民地争奪戦を繰返すという「弱肉強食の時代」が第一次・第二次の世界大戦までの話で、我が国も食われる側にではなく近隣の他国を食う側に立って最後は破滅したのである。大戦も終わってテイコクシュギも植民地主義も止揚されたかと思えば、これがあにはからんや「米ソ冷戦の時代」とかあってアメリカという巨大帝国が「世界の憲兵」として君臨し続け、「形を変えた植民地」もしっかり公然と残されこれを「新植民地主義」と呼ぶ人たちもいるわけである。

============

第2党でも政権交代目指す=野党結集、与党の一部と連携も-小沢民主代表
10月10日19時56分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は10日のテレビ東京の番組収録で、次期衆院選後の政権の枠組みについて「基本的には(衆院)第1党が中心になって組閣すべきだ。ただ、第1党ではないけれども、合わせると圧倒的に過半数、という場合もある。それを否定する必要はない」と述べた。
 自民党の獲得議席を下回った場合でも、他の野党勢力を結集して政権交代を目指す考えを示したものだ。民主党が第1党に届かなければ与党が過半数を維持する可能性が高いことから、与党の一部との連携も視野に入れた発言とみられる。

============

REITファンドの9月末純資産は‐13.9%、相場下落と円高響く
2008年 10月 10日 14:24 JST

[東京 10日 ロイター] 投信情報サービス会社リッパーによると、国内で販売されている上場REIT(不動産投資信託)ファンドの9月末の純資産残高は前月末比13.9%減の1兆8830億円となった。5カ月連続の減少。

 国内REIT相場の下落や円高で資産価値が目減りしたほか、資金が流出超となったことが要因。昨年年央に米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題が深刻化した以降は、「投資家の間で、REITファンドを含む不動産関連商品全体に対する不安感が広がり、リスク回避のため解約する動きが続いている」(大手証券)という。

 さらに、9日にニューシティ・レジデンス投資法人8965.Tが経営破たんしたことで、REIT市場に対する先行き不透明感が強まっており、「投資家は当面、様子見姿勢を強める」(国内運用会社)との見方が優勢。

 9月は東証REIT指数が10%の大幅下落となったほか、欧州の不動産関連証券指数FTSE EPRA/NAREIT Europe Indexが7%下げ、米REIT指数MSCI US REIT Indexも1%弱下落した。また、円がユーロ、豪ドル、米ドルなどに対し上昇したことで外貨建て資産に投資しているファンドは打撃を受けた。 

 10月3日付のリッパー・データ・リポートによると、追加型公募投信で上場REITのみに投資しているREITファンドは前月比1本増の116本。リッパーが推計した資金流出入状況によれば、設定額から解約額を引いた純流出入額はマイナス279億円で、前月同様に流出超となった。  

 9月の純流出額が最も大きかったのは前月に続き、野村アセットマネジメントの「グローバルREITオープン」62004923JP。9月末時点でREITファンドとして残高が最大の同ファンドからは101億円が純流出した。このほか、同社の「ノムラ日米REITファンド(毎月分配型)」 62004590JPやDIAMアセットマネジメントのDIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)」62004576JPも流出超となった。

 一方、日興アセットマネジメントの「ラサール・グローバルREIT(毎月分配型)」62004552JPは前月に続き流入超で、純流入額は46億円だった。

 REITファンドは、株価との相関が低いことなどから、リスクや資産を分散するための商品として昨年前半まで人気を集めたが、その後の相場下落やサブプライム問題の余波で解約が膨らんだ。この結果、REITファンド全体の純資産残高は過去最高を記録した2007年5月の3兆9649億円に比べ半減している。
(ロイター日本語ニュース 大林優香記者)

============

NY株、一時8000ドル割れ=5年半ぶり-米経済に警戒感
jiji.com

【ニューヨーク10日時事】週末10日午前のニューヨーク株式相場は、金融危機を受けた米経済全般に対する警戒感が一段と強まって寄り付き直後は暴落し、ダウ工業株30種平均は一時前日終値比約700ドル近くも急落、2003年4月以来5年半ぶりに8000ドルの大台を割り込んだ。
 その後は乱高下を繰り返し、午前11時26分時点では351.49ドル安の8227.70ドルと、なお大幅安で推移している。
 ダウは9日までに7営業日連続で下げており、1日からの下げ幅は計約2271ドル(21%)に達しているが、なかなか下げ止まる兆候を見せていない。ポールソン米財務長官は8日、金融機関への公的資本注入を示唆したが、「実効性が全く不透明」(大手証券会社)であるため、今のところ支援材料となっていない。
 ハイテク株中心のナスダック総合指数は同時刻現在57.42ポイント安の1587.70。(2008/10/11-01:02)

============

*いよいよオバマさんの優勢が確定的となったアメリカでは金融安定化法が成立し、世界同時株安というこの未曾有の事態へのG7の協調介入合意が取り付けられたが、誰が何にどこまで介入するかが不鮮明のため、週明けの株価の推移は予断を許さないという現況である。
 米政府の総額7,000億ドルに及ぶ公的資金注入といったところで、彼のリーマン以下を救済処理するだけでもその半分以上を食われてしまうのだとか、リート(REIT)が増資不可・借入れ不可・資産売却不可のトリプルパンチでにっちもさっちもどうにもブルドッグ♪(←古過ぎってか)だとか、片や投機マネーの撤退で原油先売り価格が暴落しただとか(←けっこうなことじゃねえか!)で、なにしろ皆さん未経験の事態に陥ってしまったということで上を下への大騒ぎであるが、基本的に失うものは何もない我々の目から見れば、こんなものは「これまでさんざん投機に走って来た者たち全般へ、広く遍く天罰が下りた」という感想しか抱き得ないことなのである。

 小銭をどこかから拾い集めて来た人たちをもイッチョマイの金融家として広く巻き込んだ今般のマネーゲームであるが、冷静に考えてみれば、この株だの債権だのという世界は右肩上がりの全世界的膨張経済が大前提であって、それがない限りは個々の金融家がどう運用しようと、誰かが儲ければ他の誰かが凹むしかないわけであり、それも虚業が実業を食い散らかし足下にひれ伏させる今の構造の下では勝者などどこに発生し得るのか、しょせんは参加者全員がバブルの泡の中で踊り狂って果てるしかないだろうと、私などは冴えない頭でしかも完璧な他人事として愚考するしかないのである。

============

*今仮に今回の信用収縮が実の産業収縮・実経済収縮を招くことが避けられなかったとしてどうだろう? 滅びるのは実生活に直結する産業実体の方ではなく虚の世界に生きる金融の方だと私は思うのだが・・。
 金がなくなっても我々の衣食住に直結する産業は止むことはない。いよいよ巷に食べるものがなくなったら、金も職もない人たちに出来ることはスーパーの焼打ちくらいしかないだろうが、ハリケーンで凄まじい被害を被った彼の地ならいざ知らず、この国がそこまで至ることは想像し難いしまずあり得ないだろう。
 いずれにせよ、こうなって来ると「金が全ての世の中」というものはどこか歪んでひずんでいることはどんなに鈍感な人でもみんな薄々感づいてしまっているのだろうが、さてではどうしたら我々はこの状態から半歩でも脱却することが可能かというと、その答えはまだ誰も見出せていないというのが我々の抱える現実である。

============

(教えてgoo:)
 産業資本主義と金融資本主義のちがいについて教えてください。
産業資本主義が発展し、資本が過剰に蓄積し、金融資本主義になるとのことですが…それぞれの違いについてもう少し詳しく知りたいです。

(回答:)
 まったく素人ですが、回答させてください。
 湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資源を集中投入してそのスキップを勝ち取った。また、通信事業の分野では、電話線を引かなくても携帯電話サービス網のインフラに投資し、スキップを実現している。従来では重工業、軍需産業からのぽたぽた(トリクル・ダウン)、あるいはスピンオフから地域産業全体への波及という道筋だった。今はダイレクトにサービス産業への投資から産業を活性化させるという方向性が偏在する。このように、今では産業資本主義から金融資本主義へ、という道筋は主流では無いのかもしれない。ただし、日本のように町工場が強い、というのは実は想像以上に日本の工業を支えているのかもしれない。だから金融資本主義マンセーの風潮は、やばいと思います。

============

 ↑ 確かに素人。笑。
 基本がわかっていない人がこんなものを読んだ日には余計にわからなくなること請け合いである。笑。一般論として言えば、日経乃至三大紙程度の経済記事だったら、今NYtimesやWashingtonPostは無料でサンプルを購読することが可能なので、自分で生情報を直接調べてみた方が早いし安い。私は英語力が今ひとつ劣るので翻訳が面倒だからやらないだけの話である。あちゃ。
 であるからには基本的知識を速攻で仕入れておきたい人は、取りあえず↓ 以下のページとかを参考にされたらいいかもね。結構面白いことも書かれているし♪
 
============

cf.金融資本
cf.資本主義
cf.銀行
cf.双子の赤字

============

(閑話休題:)
 住之江大橋の水門はゴミが漂着し藻などが繁茂して澱んで臭い場所だが、そこには毎年鷺や鴨が訪れる。掃溜めに鶴とはこのことかと、私はときどき見に行く。

掃溜めに鶴・・むさくるしい所に似つかわしくない、すぐれたものや美しいものが現れるたとえ。[ 大辞林 提供:三省堂 ]

============

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-12 08:54 | 時事

補正予算と100円映画館。

Excite エキサイト : 経済ニュース
d0136282_232061.jpg
d0136282_23203524.jpg
d0136282_2321844.jpg
d0136282_23212724.jpg

 NHKは『参院不要論』だとでも言うのか、10/09日の国会は午前も午後もテレビ中継しないようである。この国営放送は、国会中継をするしないの取捨がいつも恣意的で、ばかやろう、こっちは逆に「今のご時勢に国会中継を理由なくサボタージュするNHKなど全く無用不要な存在であって、この石潰し放送局に国会や相撲の中継以外他に何か一つでも民放を凌ぐ取柄があるか?!」と言いたいところなのだ。・・というわけで、昨日は夜10時を過ぎて映画館から帰って来た。つまり街に出たら『飛田東映』『トビタシネマ』に最近ご無沙汰していたことに不意に気づき、それではと、もののついでに番組を見にちょっと寄ってみたらこれが大変、今飛田は洋画邦画共に三日連続で年に一度の『映画の日』の真っ最中で、しかも料金がなんと100円ポッキリだったのである。看板を見ながら一言「高い・・」と呟く変な爺さんを尻目に、前回うっかりから寅さんシリーズを一つ見逃してしまった私は、一も二もなく直ちに邦画の方へ飛び込んだ。そのラインアップはというと、『硫黄島からの手紙』『山口組三代目』『男はつらいよ』寅次郎と殿様・・の三本立てだったわけである。

============

 麻生やこれをヨイショする報道は最近「補正予算、補正予算」更に加えて「補正の補正」とバカの一つ覚えよろしく、これが我が『老病大国ニッポン』が健康を回復する唯一絶対の呪文ででもあるかのように称え続けているが、こんなものは万能の特効薬でも何でもない。それどころか来年度の収入を充て込んで今年の予算として使い込んでしまおうというものであるから、これは言わば『月給の前借』『年棒の前借』であって、これが通ったからと言って我々が子々孫々に今残しつつある1,000兆円になんなんとする借金がびた一文減るわけではない。あくまで救急医療、緊急のカンフル剤投与の措置に過ぎないのをうっかり忘れてはならないのである。こんなことを毎年毎年繰返さなければ立ち行かない国家財政などが健全である筈がないこともまた言うまでもないことで、この問題を素通りしてなんのかの御託を並べる報道は全て嘘っぱちなのである。

 経済アナリストたちは二言目には「マインドの冷え込みを懸念」などと言うが、そんなことを今更言い出している連中はこれまでさんざん我が世の春を謳歌して来た人たちであって、こちら下々の者たちのマインドはずっと以前から冷凍倉庫の中に置き去りにされ長いこと冷えっぱなしになっているのであって、室井佑月女史ならずとも「投資家たちの大損なんぞオラ知らねえ」と言いたいところなのである。メディアがしきりと取り上げる「(今般の株安で)老後の生活資金の大方を失った人」の数が少ないとは決して言わないが、仮にその総額を足しても再度のバブルに踊った人たちの今回の損失の足元にも及ばないこともまた確かである。
 昔だったらこういう場合「蔵を開け、借金証文を焼いてこれまでのあくどい儲けを全て吐き出せ!」と筵旗で要求する「徳政一揆」などがいつ起きてもおかしくない状況がずっと続いているにも関わらず、これも我が温厚なる国民性の故か、吾ら貧乏人どもはどこまでもあくまでも辛抱強く、日々耐えに耐え続けていて、彼の国の生活困窮者たちのように"Bail me out!"(「税金使って金持ち援けるなら私を助けてよ!」)とプラカードを持って街頭に打って出ることもないのである。

============

 2008年10月9日 19時31分 共同通信

地銀12行が中間赤字に 31行が業績下方修正

 08年9月中間連結決算の業績予想を下方修正した地方銀行が9日時点で、上場87行のうち31行に達した。秋田銀行など12行は純損益で中間赤字に陥る。地域経済の疲弊に加え、大口の貸出先だった不動産や建設会社の経営破たんが続出、不良債権処理費用が急増した。破たんした米証券リーマン・ブラザーズ向けの債権がある地銀も多く、損失計上は確実。11月の中間決算発表に向け、下方修正が増えそうだ。

============

2008年10月10日 06時44分
NY株式:ダウ9000ドル割れ、谷底は未だに見えない

 9日のNY株式市場は大幅続落。世界的な景気先行き懸念のほか、信用収縮の継続がさらに投資家心理を圧迫した。金融機関が危機を乗り切れないとの懸念があったほか、空売り規制が解除されたことで、金融株に売りが強まった。

 経営難に陥っているGMは暴落し、1950年以来の安値をつけた。米財務省が銀行への資本注入を計画していると発表したものの、ポジティブな反応は瞬間的だった。

 ダウ採用銘柄は全面安。GMの31%安を筆頭にアルコアやアメックス、シティG、バンカメの下落率が10%を越えた。原油安を背景にエクソンやシェブロンも大幅安。ポジティブな業績見通しを示したIBMも1.7%安で引けた。

 ナスダックもほぼ全面安。主力のRIMがメリルリンチによる買い推奨の据え置きを背景に上昇して終了したが、その他の主力は売り注文の波に飲まれた。
※情報提供:Klugクルーク

============

「東国原知事が出ないと困る」 中山前国交相が“出馬要請” 宮崎1区 知事は不快感

 次期衆院選で宮崎1区からの立候補を取りざたされている宮崎県の東国原英夫知事が8日、都内であった九州横断自動車道の建設促進大会に出席。来賓の中山成彬前国交相から「東国原知事にどうしても出てもらわないと困る。東国原劇場になるように心から訴える」と、“直談判”される場面があった。

 東国原知事は大会終了後、「唐突に公の場で依頼されたことに驚きと違和感を覚えた。いかがなものかと思う」と、中山発言に不快感を示したが、自身の出馬について「今は考えておりません」と、相変わらず含みを残す発言を繰り返した。

 失言問題で同選挙区から不出馬を表明した中山氏はこの日の来賓あいさつで、「(民主党が高速道路を)無料化するということは東九州自動車道も延岡線もできないということ。私は自民党が勝つため、延岡線をどうしても造りたい思いで(国交相を)辞任した」と強調。知事に「全国を回って、自民党でなければ高速道路はできないと訴えてもらいたい」と訴えた。

=2008/10/09付 西日本新聞朝刊= 最終更新:10月9日7時7分

============

清涼飲料水に値上げの波? サントリー、10円アップ検討
10月9日8時5分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 清涼飲料業界2位のサントリーが清涼飲料水の値上げを検討していることが8日、明らかになった。早ければ来春にも缶入りやペットボトルの飲料を10円程度値上げするとみられる。値上げに踏み切れば1998年3月以来、11年ぶりとなる。

 サントリーは原材料高に加え、缶やペットボトルなど容器の高騰で、2008年12月期に清涼飲料を含む食品事業で、前期に比べて70億円のコスト増を見込む。来期はさらに酒類と食品の合計で100億円規模のコスト増を予想、コスト削減や効率化で吸収するのは困難な状況だ。値上げに踏み切れば、現在、自動販売機で120円で販売されている缶飲料が130円に、150円のペットボトル飲料が160円になる見通し。

 清涼飲料業界は、キリンビバレッジやアサヒ飲料、伊藤園など大手も値上げを検討しており、業界2位のサントリーが値上げに踏み切ることで、追随して値上げする可能性が高い。清涼飲料はミネラルウオーターや炭酸飲料を中心に売り上げが伸びているが、「景気の先行き不安でコーヒーなど嗜好(しこう)品への影響が出る」(アサヒ飲料の岡田正昭社長)と、消費の落ち込みも懸念されている。

============

1.硫黄島からの手紙(2006年WB)であるが、これは言わずと知れたクリント・イーストウッド監督作品の二部作の一つ(←もう一つは『父親たちの星条旗』でこっちは遺憾ながら私はまだ見ていないのである)で、製作はスティーブン・スピルバーグという凄い映画である。公開当時は随分話題になったが興行的にはどうだったのか私は知らない。
 『・・星条旗』の方はアメリカ側からの視点、『・・手紙』の方は日本側からの視点で描かれているということになっているが、この映画は主演渡辺謙以下ほぼ全員日本人の役者が日本語で話す迫力満点の一大スペルタクル映画だが、いわゆる『日本映画』ではなく、これが日本人の手では作られなかった点は私も残念だと思う。
 一方スピルバーグがどうだとかは言わないまでも、例えば黒澤明監督作品『影武者』を冗長に過ぎるとしてあれだけズタズタに切り裂いた同じ(?)彼らが、自分たちの映画となると一転、いささかくどくて長ったらしい作りの映画となっているように私は感じた。が、これはとりあえずは『国民性の違い』とでも言っておくしかないだろう。

2.『山口組三代目』は故田岡一雄山口組三代目組長の自伝を元に作られた1973年の東映映画で主演高倉健が若き日の田岡一雄を好演している。田岡組長というと、同じ東映ヤクザ映画でも『仁義なき戦い』のシリーズでは金子信雄がこれも好演していたが、こちらは任侠の人・健さん演ずる好漢「くま」こと後の田岡組長とは違って実に優柔不断で、何か問題が起きると全て自分の子分たちに責任をなすりつけてしまって自分だけは延命を果たすという情けない性格設定だったのである。監督が違い主演が違うと映画はエラク変身してしまうものなのである。
 美空ひばりの後見人・後ろ盾が山口組・田岡組長だったのは有名な話で、結局はこれが原因となって晩年のひばり一家はNHKからは完全に干されてしまった。(NHKから復縁の復帰話を持ちかけられてもひばりサイドが意地で断わった)
 他にも映画では田岡一雄は先輩らが尻込みした当時人気の浪曲師・廣澤寅蔵の大阪公演を成功させて興行師としての地位を固めたとされている。

 ところで山口組というと私は故遠藤誠弁護士という人権派の雄をまず思い出すが、ヤクザこそ真っ先に人権が軽視~無視されてしまう存在だから緊急なる弁護が要請されるのだという遠藤弁護士の主張に私は賛成である。彼は暴対法で主たるターゲットにされた山口組の弁護を率先して買って出て、組サイドからは当時12億円の資金供与が申し出されたが氏はこれを峻拒されたということである。

 ヤクザ、ヤクザと我々はやかましく言うが、警察官にだって消防士にだって教員にだって、或いはテレビに出まくりの企業家にだって、犯罪に手を染める人間は枚挙に暇がないのは我々もテレビ等で日々伝えられて熟知しているところであり、この国は卑しくも「法治国家』なのであるからには犯罪を犯した者(個人)が法によって厳正に裁かれる制度を堅持(?)しており、故羽仁五郎大先生がいみじくもすっぱりと言い切ったように『団体は立小便出来ない』(←つまり裁かれるべきはあくまで実行行為として犯罪を犯した個々人であるという意味)のである。

山口組三代目(1973) - goo 映画山口組三代目(1973) - goo 映画

3.『男はつらいよーー寅次郎と殿様』はシリーズ第19作で、マドンナ役は若き未亡人として真野響子、スペシャルゲストにはアラカンこと嵐寛寿郎と三木のり平が出ている。アラカンは伊予大洲の殿様の末裔で、自分の末息子と鞠子(真野)との結婚に反対したことを後悔し一目逢いたいと切望している役どころである。

 嵐寛寿郎と言えば私が幼少の頃の鞍馬天狗・スーパースターだったが、老境に入られてからも東映ヤクザ映画には度々出演されていた。三木のり平の顔を使ったCMは今もテレビで流されている。

 この映画でも寅は冒頭江戸川土手に現れ、いつものいたづらでカメラマンのパトローネからフィルムを引き抜いてしまうのだが、他に風景画家の描きかけのキャンバスをこれも同じ江戸川土手で滅茶苦茶にしてしまうシリーズとかもあって、これは山田監督独特の自虐趣味なのか照れなのか、凡そゲージュツ家のゲージュツなど意に介さない寅の振舞いがしばしば描かれるわけである。なんのためにそこまで悪質な悪戯をさせるのか、私にはよくわからないけどね。w

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977) - goo 映画男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977) - goo 映画

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-10 05:52 | 時事
Excite エキサイト : 社会ニュース
d0136282_21404246.jpg

 『青雲の志』とでも言おうか、30年も40年も前の論文が今になってノーベル財団によって評価され、日本人の基礎物理学者三名が一挙にノーベル賞を独占受賞したが、うち故湯川博士に触発されてこの学問に身を投じた南部先生はいわゆる『頭脳流出』の先駆で、1958年には既にシカゴ大名誉教授に招かれその後米国籍を取得され現在に至っている。
 物質の根源から宇宙開闢の謎に迫るこの基礎物理学の分野は、60年~70年代を通して盛んに研究されたが、そもそも古代ギリシア以来物質の根源とされ、これ以上は分割不可能という意味で「原子即ちアトム」と命名された究極の物質単位が実は内に構造を持ち、更なる分解可能な要素を内在することが判明して以降は、このいわゆる『素粒子』学の分野はますますもって深化の一途を辿っているのである。

 私も昔は物理学など皆目わからないまま宇宙開闢の歴史には興味を抱いて、例えば『素粒子』(1961年。湯川秀樹他共著。岩波新書)とかその他素人向けガイドブックにはあちこち手出ししたものである。『宇宙開闢~ビッグバン』などという、この宇宙にも始まりがあって終わりもあるという議論など当時の一部若者たちには極めて刺激的・挑発的であって「では宇宙が始まる前世界はどうだったのか?」とか「宇宙の果ての更に外側はどうなっているのか?」など、長屋談義で考え始めると頭がおかしくなってしまうしかないテーマだったのである。

 今も覚えている仮説で一つ例を挙げると、これも湯川博士の提唱したものだったか『非局所場の理論』(ノン・ローカル・セオリー)というのがあって、これは量子力学の分野の議論と思うが原子を構成する電子というものは言わば『雲』のような存在で「そこにある」ことは確実だが「ではどこにあるのか?」とその居場所を特定しようとすると途端にするりと逃げられてしまうというもので、このネーミングが実に御洒落で「この理論は《田舎の論理》じゃなくて全世界・全宇宙に遍く通用するものですよ」と行間に主張するものだったから、我々にとっては拍手喝采ものの文句なしの命名だったわけである。(←このあたりは学問的に正確な記述であるという自信はない。汗)

 さて、ここに『ノーベル財団のポリシー』というか、「なぜ今?」といぶかしく思われる方もいるだろうが、南部理論を継承した小林・益川のお二人が理論上予測し存在を予言した「六つ目のクォーク」が発見されたのは1995年になってからだったのである。
(後註:とは書いてみたものの、今朝10/09のテレビを見ると、自称《ノーベル賞ウォッチャー》の益川先生も「これは日本人を集めたな」という感想を抱いたということである。)
 物理学の世界は吉本隆明大先生の嫌いな「実証主義」が幅を利かせている世界であって、原理は原理、理論は理論であって、それを実験が跡づけ実証し、学会の論文がそれを多々引用して初めて、理論はオーソリティから認知されるのである。
 今クォークという物質の究極の構成単位は、巨大な高エネルギー加速機を作動させ、粒子同士を激突させて初めて、我々の前に瞬時姿を(←というよりは正確にはその足跡を?)垣間見せるのみである。

============

↑ 写真は畳屋さんから無断で拝借しました。ちゃい。
cf.成田畳店

============

「若者同士の議論を」=京大生らにメッセージ-恋愛のコツも伝授・益川さん
jiji.com

 「若者同士の議論を」-。ノーベル物理学賞受賞が決まった京都産業大教授の益川敏英さん(68)は8日午後、名誉教授を務める京都大で学生ら約500人を前に講演した。「同じ発達段階にある者が激論することは非常に重要」「一つの学問を究めたら、似た学問を半分ぐらいの情熱でかじってみるのも悪くない」。恋愛のコツの話などで時折会場をわかせながら、熱く語った。(2008/10/08-20:15)

============

cf.クォーク

============

cf.中間子

============

 益川先生(68歳)は日頃から睡眠四時間であるというからナポレオンと同じである。この人も「死んでからゆっくり寝ていられる。今寝るのは時間がもったいない」という合理主義(?)に立脚する人のようである。
「四時間では体が保たない」とまず考えるのが我々凡人であるが、これは日頃からの日々の鍛錬で克服出来るものらしいから、お若い方は「思い立ったが吉日」、今からでも遅くはないから睡眠一日四時間に挑戦してみるのも一考である。この『体質改善(?)』が成功すれば一日20時間は覚醒して(かどうか)自由に(?)使える♪
 テレビのインタヴューに答えて「占いは信じない。自然界に生起する事象の答えは全て自然界にある」と言ってらした。京大系の学者先生は一般に反骨精神豊かなユニークな人が多く、この点があくまで『官』中心の東大とは異なっているところである。

============

2008年10月8日 19時13分 『毎日jp』
<ノーベル化学賞>下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に

 スウェーデン王立科学アカデミーは8日、08年のノーベル化学賞を下村脩・米ボストン大名誉教授(80)ら3博士に授与すると発表した。受賞理由は「緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見と発光機構の解明」。下村氏らが見つけたGFPとその遺伝子によって、たんぱく質を蛍光標識し、脳の神経細胞の発達過程や、がん細胞が広がる過程などを生きた細胞で観察できるようになった。分子生物学や生命科学の発展に大きく貢献したことが高く評価された。

 日本人のノーベル賞受賞は7日の物理学賞3人に続いて16人目。化学賞は福井謙一氏(故人)、白川英樹氏、野依良治氏、田中耕一氏に続き5人目。年間の受賞者数も過去最多の4人となった。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、下村氏ら3人に賞金1000万クローナ(約1億4000万円)が3分の1ずつ贈られる。

 下村氏は、1962年にオワンクラゲから緑色蛍光たんぱく質(GFP)を初めて発見した。さらに分離・精製にも成功した。このGFPは、紫外線を当てると発光する。その後、92年に別の研究チームがGFPの遺伝子を特定し、複製に成功。さらに別のチームが、異種の細胞内にGFPを導入し、発色させることに成功した。

 GFPの発見以前は、たんぱく質を蛍光標識する際、たんぱく質を一度精製した上で蛍光物質を付け、蛍光標識したたんぱく質を生きた細胞内に注入するなど、煩雑な作業が必要だった。GFPは、他のたんぱく質の遺伝子に融合させ、細胞内に入れるだけで、細胞内の好きな場所で蛍光を作り出せる。そのため、目的の遺伝子が生きた細胞内のどの場所で働いているか調べられるようになり、これによって分子生物学や生命科学などの研究が大きく進展するようになった。

【略歴】下村脩(しもむら・おさむ)氏 1928年京都府出身。51年に長崎医科大付属薬学専門部(現長崎大薬学部)を卒業。60年に米プリンストン大に研究員としてフルブライト留学した。63年名古屋大助教授、65年プリンストン大上席研究員、82年米ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員(01年退職)。主な受賞として、04年にPearse Prize(英国王室顕微鏡学会)、07年に朝日賞がある。米マサチューセッツ州在住。

============

 この先生も海外流出組である。

============

2008年10月8日 17時19分 J-CASTニュース

「ノーベル物理学賞日本人3人が独占」 欧米では「米国人1人、日本人2人」

「ノーベル物理学賞を日本人3人が独占した」。2008年10月8日付けの新聞各紙は誇らしげにこう報道した。もっとも、世界の有力紙を見ると「アメリカ人が1人、日本人が2人」になっている。どうしてこんな違いが生じたのか。
王立科学アカデミー発表では日本国籍は2人

8日付けの朝日新聞を見ると、一面トップで「ノーベル賞 日本人3氏」という大見出し。スウェーデン王立科学アカデミーは08年10月7日に南部陽一郎氏(87)、小林誠氏(64)、益川敏英氏(68)の「日本人計3人に贈ると発表した」とし、
「日本人のノーベル賞受賞は02年以来で13、14、15人目。物理学賞は同年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授に続き、5、6、7人目」

と書いている。他の新聞も似たような書き方だ。

しかし、世界各国の有力紙を見て見ると、
「物理学2008のノーベル賞は、アメリカのヨイチロウナンブと2人の日本人に与えられました」(仏:ルモンド電子版)「アメリカ人と2人の日本人の物理学者がノーベル物理学賞を勝ち取りました」(米:ニューヨークタイムス)「2人の日本人の科学者と東京生まれのアメリカ人が素粒子の発見で、2008年のノーベル物理学賞を受賞したと発表されました」(英:ロイター)「米国の研究者ヨイチロウナンブと、日本の同僚が今年の物理学ノーベル賞を受けることになった」(独:ディ・ヴェルト)

となっていて、日本人3人が独占、という表現は見当たらない。

ちなみに、アカデミーが発表した公式リリースには、小林氏、益川氏は日本国籍で、南部氏はアメリカ国籍とはっきり記されている。南部氏は1921年に東京で生まれたが、70年に物理学の研究を続けるために米国に帰化。シカゴ大学で半世紀に渡り研究に打ち込んで、現在はシカゴ大学名誉教授。「日本人3人がノーベル賞を受賞」や「日本人のノーベル賞受賞は15人」という表現が正確なのか疑問が残る。
「どこまで日本人と表記するかは新聞社の判断」

朝日新聞に対し、なぜ海外の報道と日本の報道にズレがあるのか聞いてみたところ、同社広報部は、
「南部陽一郎氏についてノーベル賞委員会がアメリカ人と発表していることは承知しています。 南部氏は小、中、高、大学と日本で教育を受け、湯川秀樹氏の薫陶を受けて理論物理学者の道に進み、大阪市立大教授になったあと、朝永振一郎氏の推薦で渡米しそのまま米国に研究の場を構えました。 ただ、現在も大阪市立大名誉教授であり、大阪大学に特別研究室をもち、大阪府には自宅があります。そうした実情を総合的に考え、見出しや前文などでは、小林、益川両氏を含め、日本人3人に物理学賞授賞と表記する一方で、略歴などでは南部氏について『米国籍』と明記しています」

と回答した。

別の大手新聞社は、アカデミー側が「受賞したのは日本人2人、アメリカ人1人」と発表したのは知っているが、
「どこまで日本人と表記するかは新聞社の判断で、今回の場合、3人としたほうが紙面的にもインパクトがあり、特に間違っている表現ではないと考えている」

ということだった。 

確かに、日本人という定義はあいまいだ。日本の国籍ありなしは関係ないというのが日本の新聞社の考え。外国に帰化しても日本人。つまり「民族」に重きを置いているのだろう。ただ、国際社会では国籍で判断するようだ。帰化した時点で、南部氏も日系の米国人と呼ぶのが正しいことになる。

============

*昨日は何気にTBを試みたところ141というこのblog始まって以来の多数のアクセスを得たので(感謝)、今日も『柳の下の泥鰌』を試みたが結果は・・ちょっと無理かな。汗。
 ちなみに141という数はこことしては3~4週間分のアクセス数であります。ぁそ。

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-08 21:42 | 時事

不況到来&200円の宿。

d0136282_18313816.jpg

Excite エキサイト : 経済ニュース 私の住む地区にはシャッターの下りた貸し店舗が少なからず点在するが、今朝のニュースを見ていると、NYウォール街にも空きオフィスがバタバタ出ているというのである。金融資本相互の信用失墜~信用収縮が昂じて、今や彼の地の稼ぎ頭・稼ぎどころたる『クリスマス商戦』の冷え込み~低迷は必至ということであって『天下のトヨタ』を筆頭とした輸出至上主義ではもはや我が国経済は立ち行かなくなっていること明白である。某経済アナリストは不況を乗り切る策として①買うなら輸入品を買え②投資は控えろ③現金で持っていろ・・の三点を挙げていたが、成る程今や我々は『がめつい奴』のおしか婆さんのように、或いは金に汚い脱税常習者たちのように、梅干の壺にありったけの現金を詰めて床の下に隠して置くしか自己防衛の手段がなくなっているのかも知れないのである。これを『世も末』と思うかどうかは個人個人で違うだろうし、私も室井佑月のように「投資家なんて勝ち組だから株価下落で大損していい気味だ。るんるん♪」という気分がしないでもないが(はあ?)「世界恐慌になって真っ先に困窮するのは我々下々の者だ」なんて断定されちゃうとそれはやっぱり困るのである。せいぜい安い輸入食品・輸入雑貨でも買い漁ってやろうか。それにしても、同じ成金でも一方にはホリエモンや村上ファンドの村上やポチとタッグを組んだ竹中のように、自分だけはちゃっかり蓄財してトンづらを決め込む奴がいて、他方元も子もなくして債権者から吊るし上げを食う駅前留学のNOVAだとか留学斡旋のゲートウェイ21もいるわけであり、小泉ポチならずとも「人生いろいろ」と嘯きたくなる昨今でありますな。汗。

============

 <個室ビデオ店放火>都知事発言にNPOが質問状
10月6日19時32分配信 毎日新聞

 大阪市の個室ビデオ店で15人が死亡した放火事件を巡り、石原慎太郎・東京都知事が「200円、300円で泊まれる宿はいっぱいあるのにファッションみたいな形で泊まっている」などと発言し、生活困窮者を支援するNPO(非営利組織)は6日、石原知事に公開質問状を提出した。NPOは「自立生活サポートセンター・もやい」(新宿区)で、「200円の宿があるなら紹介して」などとただしている。

 石原知事は3日の会見で「(都内北東部にある)山谷のドヤに行ってご覧なさいよ。200円、300円で泊まれる宿はいっぱいあるんだよ。そこへ行かずにだな、何か知らんけれどもファッションみたいな形でね、1500円っていうお金を払ってね、そこへ泊まって『おれは大変だ、大変だ』って言うのはね」と発言した。

 これに対し、生活困窮者から月約100件の相談を受けるという「もやい」の稲葉剛代表理事は「200~300円で泊まれる宿なんて聞いたことがない。個室ビデオ店に泊まる生活困窮者を『ファッションみたい』というのも失礼な話だ」と指摘している。【市川明代】

============

 この人も馬鹿なことを言うものである。この程度の認識で軽口を叩いていられるのだから、「呑気の父さん」というか大したタマだ。もう歳じゃないのか。
 ドヤ賃が200円~300円とは一体いつの時代の話だろうか。私が二十代から三十代の頃(つまり三十年くらい前)山谷を訪れた際には既に山谷一帯はかなり小奇麗に改装(?)されていて、そんな安いドヤはなかった。
 大阪釜ヶ崎と言えども、私が十数年前に見知った範囲で一番安いドヤはと言うと、JR新今宮駅前の『宝ホテル』という今は取り壊された宿で、そこは一泊500円で飛田の映画館(火・金)と同じ料金だった。w

 記事にもあるように『ファッション』とは何を言い出すのだろうか。今夜泊まる場所がない人を捕まえて、流行か何か、伊達や酔狂で泊まっているものと決めつけているのである。石原知事に彼らを揶揄したりまして誹謗中傷する底意があったとは思われないから、彼は本心から「あれはファッションだ♪」と信じ切って「1500円も払うなんて贅沢だ」と言っていたのである。これでは現代社会の抱える病巣は寸分も見えて来ないだろう。こんなお坊ちゃん的認識でオリンピックだの何だのと浮かれていたのでは北京の役人同様でいい筈がない。

============

*石原知事はその後「あれは私の認識不足。物価変動でドヤの料金は1,000円前後に変わった。」(←「それでも1,500円よりは安い」(!)と「あの葡萄は酸っぱいや」的負け惜しみを付け加えることは忘れなかったが)と発言を訂正し、これで一件落着と思いきや、今度は吉住弘台東区長が「(石原発言は)山谷のイメージダウンに繋がる」と抗議文を出すという展開に発展した。(この抗議というのも大阪『見張り番』の松浦某という婆さん同様ちょっと問題があるけどね。w)

============

cf.『がめつい奴』

がめつい奴(1960) - goo 映画がめつい奴(1960) - goo 映画

============

cf.室井佑月ブログ

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-07 17:54 | 時事

八百長モード。

d0136282_19213222.jpg

 珠ちゃんのいない朝のテレビで大相撲の八百長裁判を伝えていたが、元々大相撲の八百長はあって当然と私は思っているから、例によって協会の回し者=竜虎がしゃかりきになって全面否定してみせたりすると「ああやっぱりあるんだな」と、天邪鬼な私は逆に納得してしまうのである。竜虎にしても「地方巡業でご当地力士に華を持たせるのは当然」(!)などと断言するものだから「お前はアホか」と言うしかない。笑。大相撲トーナメントなんか見ていても、みんな怪我しないように適当に流していることは素人目にも明らかで、だいたいが一年六場所制で空いた月には巡業だのなんだのと、これも「金儲け第一主義」の故か、「超」の付く程の現行の過密スケジュールの下では真面目にやっていたのでは体が保たないだろうと、私は力士たちにはどちらかと言えば同情的である。そんなに毎度毎度全ての取組みを本気でやっていた日にはいずれ大怪我するに違いないだろうし、実際殆どの力士が体になんらかの持病を抱えながら毎場所「闘って」いるのである。「星の貸し借り」やら「こんちわ相撲」(←「こんちわ♪」と挨拶に行って個人八百長を持ちかける)やら「トイレの密談」やらは、相撲界が独特の閉鎖社会であるからにはない方がむしろ不自然である。がしかし、これが八百長の有無を法廷で争うという段になると、我が国の法廷は一に証拠第一主義に立脚するものであるから、これを実証するには相当な困難が伴う。協会が名誉毀損の損害賠償で出版社らを相手取って訴えたのは「八百長など一切ない」としている協会としては書かれっぱなしでは立場がないからだが、被告側は記事が根も葉もない絵空事ではないという、記事が書かれるに至る蓋然性を示せばいいということなので、大山鳴動鼠一匹、判決は灰色決着となるのが今から想定されるというのである。まあ八百長事件に名の挙がった当事者らが「はい自分はやりました」と言うわけもないので、白黒は付かないだろう。が、常識の問題として言えば八百長はあって当然だし、私は大相撲は力士レスラーたちの格闘ショーであって悪いとは思っていないのだ。wさて、午前中の衆議院予算委員会は自民党同士の質疑なのでこれを八百長と見るかどうかは別にして、麻生内閣の支持率は急降下していることでもあり、午後からの民主党・ミスター年金=長妻昭議員の質疑がどういう展開を見せるかこそが『焦眉の急』なのである。笑。
[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-06 19:16 | 時事
d0136282_1826876.jpg

 さて行楽の秋たけなわである。10月は忙しいのである。ぁそ。まず10/14は鉄道記念日で、青春18切符の秋期版とも言うべき切符が既に発売になっているらしい。去年はこの切符で赤穂~岡山経由で鳥取砂丘まで行った♪あっそ。今年はどこ?広島?金沢?でへへ。あと10日くらいしかないな。ああ忙しい。汗。しかし去年は切符を一枚しか使っていないのだがあとはどうしたのだろうか、物忘れがひどいからすっかり忘れてしまったってか。ぁそ。なんか3枚セットとかいうことになると、そんなに使い切れないように思う。第一そんなに時間がない。ぁそ。お金もない。ぁそ。体力だってない。ぁそ。『ぁそ』が多過ぎってか、あっそ。でもこの『ぁそ』もしくは『あっそ』はやり出すと病みつきになる。誰も遊んでくれないから自分で自分に相槌を打っているのだ。はあ?一人遊びかな? とにかく3枚だったら多過ぎだから中止かな? それはともかく「鉄道の日」が終わると今度は京都だ。時代祭と鞍馬の火祭が10/22に同時にやって来るのである。あちゃ。時代祭は滅茶苦茶混雑することはないから比較的楽に観覧出来るのだが、問題は鞍馬の奇祭の方である。こっちは相当混み合うから、時代祭を見終わった後おけいはんに乗ろうとすると大混雑が予想されて大変だ。ああ忙しい。時代祭の方は適当に流して鞍馬へ先回りした方が賢いかも知れない。そういうわけで少しでも楽に観覧出来る方法を今から考えておかないといけないのだってか、あっそ。汗。
[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-05 18:28

マスコミを取材した♪

d0136282_18421996.jpg
d0136282_18424147.jpg
d0136282_1843033.jpg
d0136282_18434962.jpg
d0136282_1844530.jpg
d0136282_18442686.jpg

d0136282_19423783.jpg

 午後1時過ぎ、浪速警察署前を通りかかったら報道陣が詰めていた。そのときは意味がわからなかったが、ヤマダ電機からビックカメラへ行こうとして『ああ、あの事件か』とはたと気づいた。場所はテレビに「難波中3-3-10」と出たから地図で見て知っていた。『餃子の王将』の近くなのである。行ってみてわかったが、近くどころか、事件のあったビデオショップと王将とは同じ雑居ビルの同じフロアにあった。私の想像では、個室ビデオ『Cat's難波店』の袋小路になった部屋の壁の向こうは王将の調理場辺りになると思われた。私はこの王将には2度程行ったことがあり、以前このblogにアップした『冷麺』はここで食べたものである。

 写真を撮っていたら二人の記者から取材された。あちゃ。面白かったのは「日本テレビです」と名乗った ↑ 写真のお姉さんで、カメラを向けると「写真は絶対撮らせない」というファイティングポーズ(?)をとるのだが、こちらがカメラを下ろすと途端に何事もなかったかのように手を下ろし質問を続けて来たのである。

「この辺にはよく来られるのですか?近くにお住まいの方ですか?」
「そう頻繁にではないけど、よく通るよ。あそこの王将なら何回か来たことある」
「写真撮られてどうされるんですか?」
「別にどうもしないけどね」
「コレクター?」
「コレクターやったらあそこ(←Cat'sのこと)行かんならんやん。webに乗せるんや」と私はジョークを交えて答えたつもりだったが相手は「行かないんですね」と聞き違え「ありがとうございました」と去って行った。

 もう一人は男の記者で「事件の夜何をされていましたか?」と来た。まるで土曜ワイド劇場の世界である。「火事を見ましたか?」(←見てるわけねえだろ?!)
私は「テレビで見たから来たんだ」と答えた。相手は笑っていた。

 ところでビデオショップというのは(昔そういうところに入り浸りだった知人がいたので!)とにかくエロビデオの濡れ場だけを狂ったようにザッピングしまくる殆ど変態のような人物が出入りする場所だと思っていたら、今はそういう需要よりも格安の仮眠施設として使われることが多いと知って驚いた。それにしても、一旦入ると密室、窓なし、袋小路、迷路、外からの音は聞こえない・・と言うのだから、これは起こるべきして起きた惨事だったと言うしかない。一階に泊まっていざというとき逃げ出せないというのだからひどい。亡くなられた15人の方は本当にお気の毒だった。合掌。

[PR]
by musasinokosugi | 2008-10-02 19:39 |