時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi

<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

d0136282_113038100.jpg


*余所の話で恐縮だが、私は昨夜気づいたが、goo-blogのランキングが10,000位まで表示されることになったのである。(これまでは1,000位迄の表示だったから私がランクインするのは年に一度あるかないかだった。)ランキングに載るかどうかのボーダーラインは一日100ipあるかどうか位になったのだろうか、私で言うとこの一週間の最高位が『将棋脳』のときの4,474位でこのときは171ipあったが、これは記事が優れていたというよりは同じくgoo-blogの『棋士・渡辺明』へ図々しくもTBして運良く受理されたからだろう。あの人は気さくな人で、将棋関連の記事なら大抵即日受付けてくれる。ラッキーッ!圏外はこの間2回あった。あちゃ。昨日は109ipで9,420位というぎりぎりの入選だった。汗。ここグー・ブログの数が今120万に届こうという感じで毎日増え続けている。以前言及した某飴風呂が公称800万あってそこが日本一のブログ数だそうだ。あそこには『ぺタ返し』という先祖伝来の風習があって、私も暫く嵌っていたがもう疲れたので今は付合い程度に留めている。ぺタもこちらから巡礼の旅に出掛けないと途端に付くぺタも激減する。あと、私は利用したことはないが、飴風呂では『致せり尽くせり』というか『おんぶにだっこ・手取り足取り』というか『ブログネタ』も日々あれこれ提供してくれるのである。「そうまでして書きたいか、バーロー、てめえ!たかが電動日記じゃねえか、この抜け作が!」などと間違っても悪態をついてはいけない。みなさん毎日自分の意思でやることを探すのに懸命なのである。ここでの私のように時事ネタ主体のブログを書いていれば(書く気力・意欲は別にして)ネタに困ることなどまずあり得ないが、これを「日々思ったこと、感じたことを・・」などと言っていると早晩「ネタ切れ」に陥る。我々の日常なんてそうそう波乱万丈というわけには行かないから「ネタ切れ」は誰もが経験する試練だが、これがけっこう苦しいのである。あはは。汗。別に誰に強制されるわけでもないのだから書くことがなければ書かなければいい道理だが『ブログ依存症』とでも言うのか、我々の多くは既に一種中毒症状を起こしていて、アップしないでいると「苛々する」「喉が渇く」「寝汗をかき悪夢にうなされる」等々の禁断症状が現れたりもする。(←ほんとかよ!?)

 ブログは人に読まれる(読ませる)ことを前提として書かれるわけだからいわゆる『日記』とは違う媒体の筈だけど、つくづく妙な文化が定着してしまったもんだね。私が中学生の頃はせいぜい好きな子との秘密の交換日記とか文通とかだったんだけど、今はプロフとブログの時代だもんね。ぁそ。

追記:2ヶ月前にいわゆる「孤独死」した飯島愛さんのblogも実は飴風呂で、さっき覗いたらコメントが49,107件あった。私は彼女は嫌いではなかったが、コメントを書く気にはならない。が、この死者に対する「鎮魂歌」的書き込みはこれからも当分は増え続けるだろうと、漠然と思う。

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-26 11:32

09/02/24トビタシネマ。

d0136282_20153013.jpg


*改造言及の甘利氏に不快感=河村官房長官 河村建夫官房長官は24日午後の記者会見で、甘利明行政改革担当相が政権浮揚のための内閣改造に肯定的な見方を示したことについて「真意をただしたい」と述べ、発言を慎むよう注意する考えを示した。河村長官は、甘利氏が「(改造は)首相の専権事項であり、1閣僚がとやかく言う話ではない」とも言及したことに触れ、「ここでおしまいの話だ」と強調した。また、自民党の大島理森国対委員長は同日、国会内で記者団に「内閣改造の議論の前に予算を成立、執行しなければいけない。そんなことを言の葉に乗せる時期でもない」と述べた。(了)(2009/02/24-18:36)jiji.com・・死に体の麻生がオバマに招かれた間隙を縫って、後がない閣僚どもが鬼の居ぬ間の洗濯(選択?)とばかりに好き勝手なことをやいのやいのと言い始めたという異様な事態であるが、麻生はオバマがホワイトハウスに初めて招いた外国首脳だと自画自賛して大騒ぎしているのは日本のメディアだけである。英首相は麻生なんかより早くとっくにワシントンを訪問しているし、オバマは自身がカナダを訪れている。ワシントンポストなどは今回の麻生訪米を酷評した。「よくて酷評、大方は無視」が米メディアのスタンスなのである。「WPは東京特派員の記事だから厳しい評論になるのだ」などとわかったようなことを言う奴もいるが、その同じ新聞の特派員がヒラリー訪日の際には実にわかり易い、日米双方に好意的な外電を送っていたのである。だいたいがオスカーにしても騒ぎ過ぎでみっともない。なんでアメちゃん以下欧米文化に権威づけられないと日本映画は国内での評価が定まらないのか。これじゃあ明治維新以降進歩というものがないではないか。私はワシントンポストのオスカー関連の記事を探したが、目立つのはオスカーを受賞したインド映画「スラムドッグ」と主演女優賞の記事ばかりで、私は「デパーチャー」の「デ」の字も発見出来なかった。別にハリウッド映画やインド映画の悪口を言うつもりはないが、彼の地で主流を占めるド派手なアクション映画を絶賛した人たちに、これとは好対照を成す地味な内面描写に拘った日本映画の良さを過不足なく了承出来るものかどうか、老婆心ながら私には甚だ疑問である。・・というわけで久しぶりにトビタへ行って、しかも洋画を見て来たが、やっぱりド派手だった。w

============

1.王妃の紋章(2008)→公式サイト・・これは後唐の時代に原案を探ったという、一年前に公開されたばかりのWBの映画で、日本で言えば遣隋使・遣唐使の時代をちょっと下がった「五代十国」の乱世直前の中華王朝中枢の血で血を洗う内紛を描いている。
 まあ、近親憎悪・近親相姦有り、同族殺し有りの、巨大な軍団がCGを駆使して群舞する実にもの凄いアクション・バイオレンス映画で、賛否両論を惹起した『08北京オリンピック』の政治臭芬々たる演出より私は遥かに好感を持った。『300』より凄いかも。(笑)
 アメリカ人というのはこれ程までに「これでもか、これでもか」とやらないと納得しなくなっているんだな。
 だからこれが史実に忠実かどうかとか、時代考証は正確かどうかとかを論じても余り意味がないと思うけれど、時代考証はかなり入念にやっていると思わせる描写は各所に散りばめられている。

cf.中国の歴史(とりわけ隋唐時代あたりを)。

王妃の紋章 - goo 映画王妃の紋章 - goo 映画

============

2.ミラクル7号(2008)→公式サイト・・こちらはチャウ・シンチーの香港映画でジャンルは学園もののSF映画ということになるのかな。細かい点で不満を言えばきりがないが、かなり笑える(しかもほのぼの系の)映画であることは確かだ。主演(助演?)の息子役の子は実は女の子だというのも、初めて知った人は必ず驚くことになっている。w

ミラクル7号 - goo 映画ミラクル7号 - goo 映画

============

3.キル・ビル←私が見たのはvol2.の方だが、ウィキペディアによれば元々はvol1.(2003)と2.(2004)は一本の映画になる予定だったが長過ぎたため分割されたということであり、一作目が好評だったため二匹目の泥鰌を狙うという普通のパターンとは違う。『女殺し屋の復讐譚』をテーマとしたバイオレンス映画だが、vol1.は残虐シーンが問題とされて各国版が編集されたそうだ。
 この映画のタランティーノという監督は日本通で夕張映画祭にも来ていたし、香港映画等にも一家言を持つ人だそうで、終わり方は一種不気味で、そう言えば千葉真一(ソニー・千葉)が刀鍛冶役立ったり、エンディングには梶芽衣子の『怨み節』も流されるといった、米亜諸潮流の混濁した不思議な映画だった。

キル・ビルvol.2(2004) - goo 映画キル・ビルvol.2(2004) - goo 映画

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-25 20:19

about dream.

d0136282_12541444.jpg


 今日は夢についてとりとめもない小論というか駄文を試みる。と言って私は夢占いや夢判断、夢診断などとは無縁の人間で、フロイドだのユングだの引用されてああだこうだと尤もらしい御託を並べられても全然信用出来ないというかせいぜいのところ「ほんとかよ!?」という感想を抱くだけでその真偽の程はさっぱりわからないというか、とてもじゃないけど信憑性を疑う。『科学万能』とは言わない迄も私は占い一般を信じないし、夢についてはまだ科学的に解明されていないことが多いから玉石混交・議論百出、誰もが好き勝手を言えるというのも大いに気に食わないところであるというか、何かいかがわしい新興宗教のようで信用出来ないのである。「夢学」などという学問の分野はまだ確定されていないのだ。だが、しかししかし、である。(はあ?)ここに私は先日「これは・・!」と驚くとっ拍子もない仮説を何かで読んだのでそれを紹介するあるよろし。と、ここで私の記述は一気に大道香具師風になるってか、はあ?それは何かと言うと・・えへん、ゴホゴホッ、さあお立会い、前の人はこの線まで進んでくだされ、あっ、後ろの人が見えないからしゃがんでねっとんとん・・♪(←私のblogの古い読者は知っているが、このギャグを私はこれまで何回も使って自分だけで受けているのである。ぁそ。)で、夢にはなぜ、これまで一回も会ったこともない人や見たこともない生物・動物が登場して来るのか?なぜこれまでの人生に於いて知悉し得なかった生命なり物体なりが突如として登場するのか?云々が私には不思議でたまらない時期があったと仮定して下され。これへの合理的な(?!)説明として『死者からのメッセージ』という仮説は充分にあっていいと考えられるのである。「夢は先達からの贈り物である。」そう考えるといろいろ説明のつくことが多々ある。・・とまあ、今日はそういった妄想をつらつらと書き連ねてみるのである、さあお立会い。ぁそ。

============

 1.まず、夢について私が日頃疑問に感じていることを幾つか上げてみると:

①どんなに生々しい夢でも、夢から醒めた途端すっかり完璧に忘れてしまうことが多々ある。なんとかその夢の欠片でも復元しようと未練がましく努めたりするが、その試みはまず成功することはない。

② その逆に「いつまでも覚えている夢」や「反復して何度でも見る夢」というものもある。いわば夢の只中での「デジャヴ現象」(既視感覚)というものがあって、その場合「この夢は見たことがある」「この場所には来たことがある」と自分でも納得していることが多い。目覚めてから反芻して、その状況設定が現実にはあり得ないシチュエーションであったとしても、夢の中ではあくまで一種独特のリアリティがある。

③目覚めた直後に、直前まで見ていた夢を自分で合理的に説明出来る場合がある。明らかに実社会での体験にアレンジを加えたと推測される夢で、その場合は誰の力も借りず自分独自で「夢判断」をすることも可能である。登場人物も知人が出演していたりして実にわかり易い。但し現実に起きた出来事を夢の中でそっくりそのまま反復することは、私の場合はない。

④この逆に、生涯一度も出会ったことのない(筈の)人とやけに親しげに話したり深刻なテーマで議論したりすることもある。夢の中ではそういう出会いを別段不思議に思うこともないので覚醒してから「何なんだ、これは?!」「何故俺がこんな夢を見なくちゃいけないんだ?!」と不思議に思う。

2.夢の舞台設定は複合的で時空を超越してあれこれ自由に混合されている場合が多い。夢というものは原則自由かつシュールで「何でもあり」なのだろうと思う。タブーや約束ごとはないというか、仮にあったとしてもそれを個々の事例に沿って逐一詳しく解析することなどは困難である。
 晩年の黒沢映画にタイトルもそのままの『夢』という映画があった。映画自体芸術自体が『夢』を扱う媒体だから、これを敢て映画のタイトルに据えるということが私には「結局みんな興味はそっちへ方面へ行くのか」と、意外と言えば意外だった。

 歴史家羽仁五郎が晩年、何かの会合で同席した埴谷雄高を捉まえて「君がいつまでも夢のようなことを書いているからいかん」と叱責したという逸話がある。
 なにせ埴谷さんと言えば『死霊』であり『闇の中の黒い馬』だから。w

3.夢というとすぐに引き合いに出されるのが「Rem睡眠」と「Nonrem睡眠」で、私が中学~高校の頃は、夢は寝ている間に眼球がコロコロ急激に動き回る「Rem睡眠」時に見ているものだというのが定説だったが、現在では「Nonrem睡眠」時にも夢は見る、むしろ強度の心理的圧迫を伴い寝汗をかくようないわゆる『悪夢にうなされる』場合は眼球が動かないNonremの場合に多いというのだ。

4.夢と大脳の記憶との関係はしばしば指摘されている。記憶のために我々の脳はいくつもの引き出しを持っていて、その記憶を整理し「無意味な情報を捨てて、有用な情報を残す知覚作用が夢である」などというものであるが「覚醒後の実生活への準備のために夢を見ているのだ」などと言うに至っては議論が「実用主義」に偏り過ぎていて私には興ざめである。大脳生理学がどうの、脳波の働きがどうの、深層心理がどうの・・といった本格的な議論は当然必須だろうが、私にはそこまで詳述する能力はない。あちゃ。

5.概要文で少し触れたが「夢は死者からのメッセージである」という仮説が私の目下のトレンドでお勧めである。ちょっとオカルトっぽいけど、これがなかなか想像力を刺激する仮説なのである。
 およそ生命というものを個々の個体中心に考えてしまうと、その歴史は一言『死屍累々』と言う以外になく、夥しい屍の連鎖を前提としなければ我々の今日はないと言える。
 で、問題は死んでしまった者たちが生前脳裏に保持・格納していた筈の種々雑多な想い・想念・雑念・怨念・確執etc,は個体の死後いったいどこへ行ってしまうのだろうか、という点である。すべてはきれいさっぱり宇宙の彼方に雲散霧消してしまうというのが目下のところ『科学的』な説明ということになっているのだろうが、それでは寂し過ぎると私は思ったりするのである。
 「我々は死んだらどこへ行くのか」「我々はどこから来てどこへ行くのか」という人類始まって以来の疑問にこの仮説は多少なりとも答えているのである。
 つまり『夢』が『夢』を連綿と引き継いで我々の想念を継承し続けているというのである。
 夢バトンである。ぁそ。

============

6.三日前見た夢はパチンコの夢である。私ではなく知り合いらしい人物が打っていて私は彼の背後から彼をサポートする役目のようである。知り合いは程ほど出している様子だが、隣にはヤクザ風の男が打っていてそちらは負けが混んでいて不機嫌である。まあそういう状況設定だが、そこからが意味不明で、打ち手がザラザラ皿に溢れて来る出玉の中にアルミ缶のプルトップが混じり込んでいることに気づいてそれを気にし始めた。今考えると、現在のアルミ缶飲料はプルトップ一体型だから、プルトップだけが外れてパチンコ球の中に混ざって来るなどというのは変な話だが、夢だからしょうがない。で、私が台の裏側を調べに入るとそこには平たく潰した数多くのアルミ缶を収集する巨大なベルトコンベアがあって、全体は工場のようになっている・・という、そういう夢だった。あっそ。意味不明である。
 他にも私がライブコンサートで岡林の『山谷ブルース』をアドリブで熱唱して結構受けるが、私の退出と入れ違いに会場へ入って来た若者の人気の方が遥かに上回っていたとか、今朝はまた別の興味深い夢を見たが、そっちはこれを書いているうちに内容をすっかり忘れてしまった。残念。ぁそ。

============

cf.ウィキペディアによれば『夢とは睡眠中に起こる、知覚現象を通して現実ではない仮想的な体験を体感する現象をさす』となっている。

というわけで、グーグルに検索をかけてみたが、ウィキペディア以外ではこれと言って気を惹かれる記述は見当たらなかった。もっと面白いことがたくさんあると思って期待していたのに・・。

============

cf.同じくウィキペデイア地球によれば:

 地球は2008年現在のところ、知られている中で唯一生命体の確認されている天体である。生命は地表だけではなく、地下10km程度から上空100kmに至る広い範囲に存在する。大気の組成(酸素の濃度)は植物によって維持されている。

* 生物圏(ガイア)
o 生命、生物、動物、植物
o 人類の活動が与える惑星地球、特に生命圏への影響は大きく悲観的な意見も少なくない。
o 地球を地殻、海洋や大気などのシステムの集合体として捉え、これらシステム相互の物質循環、エネルギー循環によって地球という惑星を捉える考え方もある。このような捉え方では、人類が狩猟採集の生活様式を取り、自然界の一要素として存在している場合には、人類を生命圏というシステム内部の要素として考えておけばよいとする。しかし、人類が農耕など自らのために環境を改変するようになった場合には、人間圏という新しいシステムが地球に誕生したとみなし、新システムと既存のシステムとの相互作用によって地球表層環境が定まるという見方をする[1]。このような見方に立つと、現在の地球は新しいシステムが誕生し、システム相互の新たな均衡に向かって変化しつつある時代に入ったということもできる。

 ・・ということである。
 
 太陽の寿命は100億年で今50億歳、地球を含む太陽系惑星もほぼ同時に生成されたらしく、隕石や月から持ち帰ったサンプルの岩石からは46億年という年代が測定されている。

============

cf.ガイア理論

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-24 12:55

ニュース散歩。

d0136282_17244797.gif


1.これはまたヒラリーネタだが、こちらでは余り報道されなかったが、日本の次に訪問したアジア最大の回教徒2億人という人口を誇るインドネシアでは、彼女は「靴投げデモ」の手荒い洗礼を受けた。
 その映像の直後に歓迎レセプションの様子を見たせいか、式場に足早に入って来る彼女は「またどこかから靴が飛んで来るんじゃないかしら?」とでも疑っているかのように、きょときょと会場全体を見回しているように見えた。
 彼女が外交デヴューの最初の訪問国に日本を選んだのは、日米関係重視の故というよりも、一番無難なところを選んだからだろう。世界広しと言えどもこれほどまで「手駒」として計算出来る国は他にはない。

2.タカジンの「そこまで言って委員会」を見た。最近は「サンプロ」は見ずに将棋を見て、政治関連はこっちを見ている。こっちの方が面白いからだが、なんたらかんたら理屈をつけて自民党を持ち上げ続ける田原は不愉快だ。
 将棋と言えば一昨日別のblogに『将棋脳』という一文を書いて二日間で300ip以上のアクセスを稼いだ。pvではなくip数でこんなに稼げたのは私としては久しぶりの快挙(怪挙?)だった。仮にその全部が巡回ロボットの仕業だったとしても多い。笑。

3.それでタカジンの中でも言われていたことだが、読売・ナベツネがまた『チーズ・森』と料亭で暗躍して、今度はポスト・麻生にあの桝添参議院議員を担ぎ出そうと画策しているらしいのである。勿論参議院議員でも総理大臣にはなれるし、なんならセンキョで衆院へ鞍替えしてもいいわけだが、フィクサー気取りの老害どもが料亭で根回しして国政をミスリードする企みを、一言の批判すら出来ないで当たり前のようにニュースで流す大マスコミとはいったい何なんだろうか?!

 といったところで今日はこの辺で。w

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-22 17:27 | 時事

Y,Z,α♪

d0136282_22212511.gif

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-17 22:22 | 写真・ムービー等
d0136282_22285355.jpg


d0136282_22291875.jpg

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-12 22:29 | イラスト

夕方のマック♪

d0136282_19221364.jpg

d0136282_19222330.jpg

d0136282_19223191.jpg


 というわけで、最後はなんばビックカメラ2Fのマクドナルドである。マクドは最近百円マックが少なくなって、その範囲も、寺田町店のようにハンバーガーだけの店もあれば、ここのように逆にハンバーガー以外しかやっていない店もあるといったようにまちまちである。
 で、まあマックシェイクSとドリンクSだけなら200円で済んだわけだが、思い切って(はあ?)↑写真のハンバーガーセット480円也にしてみた。価格はちょっと高い感じである。ポテトフライの量が多いが私だったらあんなに要らない・・と思いつつ、文庫本をちらちら読みながら結局ポテトもハンバーガーも全部食べた。あちゃ。社会人の他に高校生も多い時間帯だった。社会人は殆どが一人の客で回転も速く、高校生は友達同士で来て長居していた。ぁそ。

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-11 19:39
d0136282_1319348.jpg
d0136282_1320665.jpg


 で、お次は昼ご飯になんば千日前ビックカメラの近くの『ザ・めしや』豚汁定食530円也である。この価格はこの店では一番安い方のメニューと思う。『定食のご飯お代わり自由』という表示はないので、この店ではお代わりしたことがない。多分出来ないのだと思う。
 お味の方は可もなく不可もないという印象だったが、流石に豚汁は『なか卯』の朝定食よりは数段豪華だった。但し塩鯖は如何にもこじんまりとして小さかったし、添えられていたレモンのシャトーはまるで使い回しされたもののようにボロボロで不快だった。

 それでふと、昔私が入り浸っていた新宿のとあるスナック喫茶では、カウンターのお兄さんが自分の気に食わない客にはゴミ箱から拾ったレモンスライスをわざと使って笑っていたことなどを思い出した。見えないところでやる作業など疑い出したらキリがない。外食も出来なくなるし、スーパーの調理品なども買えなくなる。あっそ。そう言えば美章園のある定食屋の親父などは、注文の料理にとりかかる前に私の目の前で鼻糞をほじっていた。ばかやろう。w

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-11 13:47
d0136282_12354144.jpg


d0136282_12355251.jpg


d0136282_1236566.jpg


 久しぶりになか卯の朝定食を食べに行ったら、またクーポン券が始まっていた。今度は以前の吉野家みたいに3枚貯めるとミニ親子丼が只という券も付いていた。機会があれば貯めたいけど、最近寒いから(はあ?)あまり朝から外食しないからね・・。
 それにしても豚汁定食290円は安い。喫茶店のモーニングだって290円のところなんかないんじゃないの? でも豚汁の具材が気持ちこま切れになって量も減ったように感じた。
 ・・というわけで、いつも配膳されたばかりの写真なので、今回は食べかけ写真を特別大公開するのです。ぁそ。

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-11 12:48

フィルターチェック♪

d0136282_6225764.jpg


d0136282_6231983.jpg


d0136282_6233545.jpg


d0136282_6241162.jpg


d0136282_6242558.jpg


d0136282_6243744.jpg


d0136282_625263.jpg

[PR]
by musasinokosugi | 2009-02-10 06:27 | イラスト