人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi

<   2009年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

d0136282_16383873.jpg
d0136282_16384639.jpg
d0136282_16391251.jpg

 一口に「大阪名物・玉出スーパー」と言っても、大阪市内は勿論のこと市外にもたくさんあって、それぞれ微妙に店の雰囲気や品揃えが異なっている。
 私が普段通っている近所の玉出スーパーは全部で4~5軒はあるように思うが、このスーパーチェーンに関しては消費者側の好き嫌いが激しく、行かない人は絶対行かない。笑。ぁそ。

 それで今回は私が普段あまり行かない店の玉子丼を取り上げる。128円というのは半額セールではなく、「丼特売日」の通常価格である。ちょっと小ぶりだけど、「ミニ丼」という程でもなく、冷たくなってはいるがチンすれば充分おいしいと私は思う。

============

2009年6月29日 16時11分 共同ニュース
イオンが100円ビール発売へ サントリーと共同開発

 大手スーパーのイオンは29日、低価格の「第三のビール」で、サントリー酒類と共同開発した独自ブランド商品を、7月末から全国のジャスコなどで発売すると発表した。価格は350ミリリットル缶で100円と、大手ビールメーカーより2割程度安く設定した。節約志向の消費者を取り込み、年間3千万本の販売を目指す。スーパー業界では、大手メーカーと商品開発から手掛けたのは初めてという。

============

by musasinokosugi | 2009-06-29 17:00

横須賀市長選。

 細田というのは何者だろうか。どこの馬の骨か知らないが、私には民主党を始めとした野党を口汚く『罵倒』(←本人の言葉)することだけに長けている(?)というイメージしかない。育ちが悪いのか言説が下品で国会村の野次狸そのままである。お前に言われたくないってか、あちゃ。麻生は「党三役の人事なんか自分では言ったことはない」と言っているそうだが、じゃあ誰がそんな勝手なことを言っているんだろうか。ナベツネか。笑。今の時期、人事で抜擢される側(桝添とか?)は嬉しいだろうが、降ろされる側はたまらない。降ろすのなら真っ先に細田と麻生自身だろう。二人とも無能なことにかけては誰にも引けをとらないからだ。

*そうかと思えば横須賀市長選では自公民相乗りの旧自治省官製候補が33歳の元市議の新人に敗れた。小泉ポチも街頭で応援した元役人の現職である。無党派層の勝利だそうである。連合はここでも相乗りを立てた。時代もあれだね、変わるときは早い。あっという間に小泉旋風は地元で去った。

*とにかく最近の政治はいいこと悪いこと含めて、メディアを通して連日何かと話題になっていないといけないらしい。メディアが要請するのか議員・政治家の側からオファーが来るのか、毎日テレビに顔を出している人間とそうでない人間との間には、選挙に入ってからの街頭での人集めにも、実際の獲得票にも自ずと大きな開きが生じるだろう。これもテレポリティックス現象の一つで、我々の日常は概ねテレビ漬け、報道漬け、ネット漬けなのである。劇場型政治の基礎・土台は日々弛まなく醸成され続けている。これを断ち切るったって、あーた、いったい我々のとり得るどんな有効な手立てがあると言うのかね!?日々のニュースの内容をとりあえずは把握していないと現状認識に遅れをとりかねないし、そうかと言ってこれらにずぶずぶに漬かっていたのでは単なるマリオネット・夢遊病質に成り下がる可能性大である。我々は結局は偉大なるナベツネ大明神の掌の上にしか生存を許されていないのかねってか、はあ??今日もあちこちで報道されるどこかで聞いたことのオーム返しのような「街の声」ではなく、正真正銘自分で考えたことを自分の言葉で発する「自助自立」という在り方は、我々にとってなかなか困難な課題なのである。

============

首相、党人事見送り…「自分から言ったことない」 6月27日22時25分配信 読売新聞

 麻生首相は27日夜、東京・内幸町の帝国ホテルで自民党の細田幹事長と会談し、衆院解散・総選挙の時期や閣僚の補充人事を巡って協議した。

 党三役人事については否定的な見解を示し、見送られる公算が大きくなった。解散時期に関しては、重要法案の成立を優先する考えを示し、7月12日投開票の東京都議選後とする意向を伝えた。結果的に、三役交代を巡る党内の混乱を露呈したことで、首相の求心力は一段と低下する可能性も出ている。

 会談で細田氏は党役員人事について、「首相にすべてお任せする」と述べた。首相は「党役員人事をやるとか、自分から言ったことはない。外野が言っているだけだ」と述べ、細田氏ら党三役を交代させない考えを示唆した。内閣改造についても否定的な見解を示したが、閣僚の補充人事を行う可能性は残されている。

 一方、首相は貨物検査特別措置法案、臓器移植法改正案、水俣病未認定患者の救済法案に関し、「早くまとめてほしい」と指示した。貨物検査特措法案の国会提出は7月3日になる見通しで、これらの法案の今国会での成立を目指す考えを表明することで、都議選前の衆院解散は行わない意向を示したものだ。

 首相は細田氏との会談に先立ち、同ホテルで島村宜伸総裁特別補佐と会った。島村氏は党三役を代えず、都議選前に解散しないよう進言し、首相は聞いていたという。

 党内の一部からは首相の退陣を求める声が公然と出ているが、首相は自ら衆院解散・総選挙に踏み切る考えで、8月上旬の投開票を念頭に党内調整を加速させる構えだ。静岡県知事選(7月5日投開票)と都議選の結果をふまえ、最終判断をするとみられる。

 これに関連し、伊吹文明・元幹事長は27日の読売テレビの番組で「目前に衆院解散が迫っている。今の態勢を変えずに挙党一致で進んでいくしかない」と述べた。園田博之政調会長代理も徳島市での講演で、「(選挙)寸前になって役員を代えて出直そうというのも問題だ」と語った。

 古賀選挙対策委員長は名古屋市内での党愛知県連大会であいさつし、「表紙を替えれば自民党が信頼を得る政党として変わっていけるのか。しっかり軸足を構え、腰を据え、今の態勢で選挙に向かう」と述べ、党内の「麻生降ろし」の動きをけん制した。 最終更新:6月28日1時44分 読売新聞

============

横須賀市長選、小泉元首相応援の現職敗退…33歳新人が当選
特集 2009政権選択

 小泉純一郎元首相のおひざ元の神奈川県横須賀市で28日、市長選の投開票が行われ、新人で前市議の吉田雄人氏(33)が、元首相が応援する現職の蒲谷亮一氏(64)ら2人を破り、初当選を果たした。

 14日に31歳で初当選した熊谷俊人・千葉市長らに続き、全国で3番目に若い市長の誕生となる。

 小泉元首相は告示前の14日に街頭演説で、告示日の21日夜にも蒲谷氏の個人演説会で、旧自治省(総務省)出身の蒲谷氏の行政経験を挙げ、支持を訴えた。元首相が地元で選挙の街頭演説をしたのは9年ぶり。次期衆院選には、神奈川11区(横須賀市など)から次男進次郎氏(28)が出馬する。

 米海軍横須賀基地を抱える同市では、9期36年にわたり、旧自治省出身者3人が市政を担い続けてきた。今回も自民、民主、公明の県議や市議らが超党派で蒲谷氏を応援したが、吉田氏は「若さ」と「変革」を前面に掲げて、無党派層の多くを取り込んだ。蒲谷氏を応援した市議は「小泉人気も通用しなかった。選挙の方法を一から見直さなければならない」と話した。(2009年6月28日23時46分 読売新聞)

============

橋下知事らの新グループ、大阪の全首長に参加呼びかけへ
6月29日3時5分配信 読売新聞

 地方分権の推進を掲げ、新たな政治グループ「首長連合」の結成を目指す大阪府の橋下徹知事が7月1日、府内全43市町村長に首長連合への参加を呼びかける会合を大阪市内で開く。

 次期衆院選に向け、まず地元で賛同を広げる狙いだ。

 橋下知事は今月26日、各市町村長にあてた文書で「地方分権改革を大阪から推進しようとする私の考えを聞いていただく会を開催したい」と連携を呼びかけている。最終更新:6月29日3時5分 読売新聞

============

by musasinokosugi | 2009-06-29 09:19 | 時事

麻生が決断した?!

 『前門の虎、後門の狼』とでも言うのか、選挙を打てば負けそうだし、かと言って先送りすれば内部から指弾されそうとあって、どこかのアホなマスコミによる「10月解散・総選挙」の誤報以来8ヶ月を経過し、無能で愚鈍な麻生もいよいよぐずぐずしていられなくなって腹を括ったようである。公明・大田に打診したとされる『7月解散、8月2日または9日の投票』というスケジュールはここへ来て俄然真実味を帯びて来たかのようである。尤もこれも東京都議会選挙の結果次第であって、万一ここで自公が大敗するようなら任期満了まで粘る以外の選択肢はないだろう。解散権は麻生唯一人にしかないのだから我々としては「どうぞお好きなように」というところである。

*一方橋下知事らの『首長連合構想』は意外に(?)不支持が多いようだ。「支持政党を打ち出す」などと言われてはビビッテしまう首長さんが多いのではないか。霞が関出身かつ与野党相乗りで誕生した知事や市長などが喜び勇んで参加して来ることなどは考え難い。古賀選対は橋下知事にもやはり声をかけたそうで、なりふりかまっていられないということである。

============

<民主党>暫定税率廃止で党内に溝 6月26日21時9分配信 毎日新聞

 民主党の次期衆院選マニフェストの主な柱となるガソリン税(揮発油税)の暫定税率廃止を巡って26日、岡田克也幹事長が「すべて(政権獲得の)初年度からやるのは難しい」と実施時期の先送りを主張し、「即時廃止」としてきた小沢一郎前代表の路線を踏襲する鳩山由紀夫代表らとの溝が露呈した。党税制調査会役員会は同日、「従来通り初年度から」との方針を確認。今後、党内の綱引きが激化しそうだ。

 党マニフェスト検討準備委員会(委員長・直嶋正行政調会長)では、岡田氏が「環境税との並行議論が必要」と主張したことを踏まえ、「政権獲得2年目」と従来より1年先延ばしする方針をいったん固めた。これに党税調が反発。26日の役員会では「即刻廃止」の主張がほとんどを占め、会長の藤井裕久最高顧問も同調した。

 岡田氏は26日の記者会見で、税調の結論に対し「恒常的な財源を見つけ出してから廃止することも考え方だ」と持論を展開し、党内で議論を続ける考えを示した。

 しかし、鳩山氏は同日、北海道苫小牧市での会見で「(即時廃止は)既成事実化されている」と強調。「最後は私自身が必要なら修正したい」と述べ、即時廃止へのこだわりをみせた。【小山由宇】

============

シティバンク銀に一部業務停止命令=金融庁 6月26日18時45分配信 ロイター

[東京 26日 ロイター] 金融庁は26日、シティバンク銀行に対し、個人金融部門のすべての取り扱い商品の販売業務を7月15日から1カ月間停止(顧客が利用したい場合は除く)する一部業務停止命令を出した。
 マネーロンダリング(資金洗浄)への対策など、業務の健全・適切な運営の観点から法令順守態勢や経営管理態勢などに問題があると判断した。金融庁は、態勢整備や経営責任の明確化などを命じる業務改善命令も出した。
 一部業務停止命令では、個人金融部門におけるすべての取り扱い商品にかかわる広告、宣伝、勧誘を含む販売業務を停止させる。顧客の混乱を避けるために準備期間を設け、7月15日から1カ月間の停止とした。
 業務改善面では、マネーロンダリングなどの疑わしい取引の届け出義務を果たすよう態勢の整備・強化や、経営陣を含む責任の所在の明確化、役職員の法令に対する理解・順守の徹底などを命じた。7月末までに業務改善計画を提出させ、9月末から3カ月ごとに実施・改善状況を報告させる。
 シティは2004年にもプライベートバンキング部門で行政処分を受けており、今回は2度目。マネーロンダリングなどの疑わしい取引の扱いに関しては、04年にも業務改善命令の対象とされた経緯があり、金融庁幹部は「反社会勢力の口座を態勢的にチェックできなかったのは重大な問題」と指摘している。シティは疑わしい取引をデータベースを通じて検出する仕組みを利用しているが、入力されたデータが「極めて限定的」(金融庁)だったため、口座開設の事前審査や事後検証が形骸化していたという。 最終更新:6月26日18時45分ロイター

============

2009年6月27日 00時57分 ( 2009年6月27日 01時42分更新『共同』 )
首相、公明党に8月上旬投票案 衆院選、2日か9日想定
 
 麻生太郎首相が26日の太田昭宏公明党代表との会談で、7月12日の東京都議選と衆院選の間隔を1カ月以上あけるのは難しいとの認識を示し、事実上、8月上旬の衆院選を検討していることを伝えたことが分かった。複数の与党関係者が明らかにした。7月上中旬に衆院を解散し、投票日を8月2日か9日とする日程を想定しているとみられる。党内情勢も見極め、最終判断するとみられる。

============

首長連合、川崎・浜松市長前向き…読売調査 6月27日14時42分配信 読売新聞

 大阪府の橋下徹知事らが政治グループとして「首長連合」の結成を打ち出したことを巡り、知事、政令市長、県庁所在地市長計83人のうち、少なくとも7人が参加の打診や相談を受け、うち2人が前向きに考えていることが、読売新聞の全国調査で分かった。

 橋下知事が目指す支持政党明確化などへの賛同者はゼロだった。

 調査は25~26日、首長連合を主導する橋下知事、中田宏・横浜市長、中村時広・松山市長と、自民党からの衆院選立候補が取りざたされた東国原英夫・宮崎県知事、知事不在の静岡県を除く知事、政令市長、県庁所在地市長計92人に実施。83人から確認した。

 参加要請や何らかの相談を持ちかけられたと認めたのは3知事と4市長。うち阿部孝夫・川崎市長と鈴木康友・浜松市長は、中田市長らと意見交換を重ねていることを認めた上で、「地方分権を進めるチャンス」などと、前向きに考える姿勢を明らかにした。

 知事で要請を受けたのは、東京都の石原慎太郎氏、滋賀県の嘉田由紀子氏、熊本県の蒲島郁夫氏。石原氏が「断った」としたほかは、「今後検討する」などとしている。

 また、小嶋善吉・静岡市長は、要請の有無については明確にしなかったが、「趣旨には賛同する」としている。

 確認できた83人中、47人が首長連合で分権推進を目指すことに一定の理解を示した。また、保留を含めて34人が「今後、グループの方向性をみて判断する」などと参加に含みを残したが、49人は「全国知事会などの場で地道に議論すべきだ」(野呂昭彦・三重県知事)などと不参加と回答した。最終更新:6月 27日14時42分 読売新聞

============

by musasinokosugi | 2009-06-27 23:54 | 時事

ヤースケ伝アーカイブ。

by musasinokosugi | 2009-06-27 11:20 | 写真・ムービー等

麻生は勝つつもり。

d0136282_1013332.gif

麻生は直近の世論調査の結果を知っていて敢て言うのだろうが、都議選も衆院選も勝つつもり、勝てるつもりだそうだ。そう言っておかないと今日明日にでも総理の椅子を追われかねないからいいも悪いもないのである。下馬評では順当なら自公は両党とも二つの選挙で議席を減らして負ける運命にあるが、問題はその下げ幅である。古賀選対は以前衆院選の勝敗ラインを241議席とした。議席を70減らしても公明と合わせて過半数をぎりぎり維持出来ればいいという判断である。しかしこれでは三分の二条項は当然使えないわけで現行の自公主導のごり押し政治は不可能となり「新政権」は早晩行き詰る。逆に言えば、野党が過半数を占めて政権をとった方が衆参の捩れも解消されて政治はスムースに運営されるのである。霞ヶ関の抵抗はますます陰に籠った悪辣なものになるだろうが、そんなものは我々市井のおっさんやおかんの力で撥ね返して行けばいいのである。ぁそ。「地方分権選挙だ」とそのまんまは言うが、今回の選挙のテーマはかかる「政権交代」が成るか否かなのである。今の政・官癒着構造を温存したまま地方分権もあるわけはないから、これは目眩ましであり問題の意図的すり替えである。私には彼は「地方救済」を口実に「自民党救済」に走っているようにしか見えない。目立ちたがりの彼に「中央志向を排せよ」とは言わないまでも、彼はとにかく国政に出たくてしょうがないだけのようで、それも「今なら高く売れる」とばかりに自民党の要職に就きたい願望を自制出来ないのである。ちょっとお里が知れるというか、ピントがずれている。「自分が自民党の要職に就けば自民党は生まれ変わり地方分権も成る」というのは余りにも手前勝手な暴論で、本音は「ポストが欲しいだけだ」と言われても仕方ないところであるが、こんな男でも巷間では麻生よりは人気があるようだ。(←鳩山兄が1位で4位がそのまんまである。)

============

茨城県医師連盟、1200人が自民離党届 2009年6月25日21時8分 asahi.com

 次期衆院選で民主党公認候補の推薦を決めている茨城県医師会の政治団体「茨城県医師連盟」は25日、自民党県連の職域支部「自民党茨城県医療会支部」にいる党員3462人に離党を呼びかけたところ、1256人から署名入りの離党届が返信されてきたと発表した。近く県連に提出する。

 同連盟は今月、先に離党した原中勝征委員長ら幹部10人に同調するかどうか確認するため、会員やその家族に離党届と党籍継続届の2種類の書面を郵送した。これまでに1302人からの返信を受け、継続届は46人で、残りはすべて離党届に署名してきたという。

 同連盟は医師から会費として集めた中から、党費(08年は約900万円)を一括で支払っていた。党員継続者には今後、個人で支払うよう要請する。住居が確認できなかった党員を除く、回答がなかった1931人については、党費を払わなければ自動的に党員資格を失うため、事実上の離党になる、としている。同連盟は回答の締め切りを30日に設定している。

 原中委員長は「医師連盟としての一致団結感を示すことができた結果になった」と述べた。一方、自民県連の海野透幹事長は「今回の結果は想定内。自民を支持しているという医師も多く、県医師連のトップが代われば、また党員として戻ってくるだろう」と説明した。

 同連盟は後期高齢者医療制度を導入した政府・与党を批判し、長年続けてきた自民党支持を転換。次期衆院選での民主公認候補の推薦に加え、今秋予定されている県知事選でも、自民推薦の候補者を支援せず、現職の橋本昌知事に立候補を要請している。(岡村夏樹)

============

自民党:「郵政造反組」 西川社長交代を総務相に申し入れ 6/25毎日jp

 自民党の議員連盟「郵政研究会」は25日、東京都内で幹部会を開き、「日本郵政の西川善文社長の続投を現状では容認できない」として、26日に佐藤勉総務相に社長交代を申し入れることを決めた。同会は「郵政造反組」が主要メンバーで、川崎二郎元厚生労働相、山口俊一首相補佐官らも出席した。

 会合後、川崎氏は記者団に「議員の多くは鳩山邦夫前総務相に理があると受け止めている。鳩山氏の孤軍奮闘ではいけない」と指摘した。【木下訓明】

============

強気の首相、揺らぐ自民=正念場の都議選 jiji.com

 自民党内で「麻生降ろし」がくすぶる中、麻生太郎首相は25日の記者会見で、あくまで自らが衆院を解散する「伝家の宝刀」を持っていることを強調した。総裁選前倒しは不要と党内の動きをけん制するなど、強気の姿勢を貫いたが、支持率低迷にあえぐ首相の前途には暗雲が漂う。7月12日投開票の東京都議選で敗北すれば、引責辞任論も噴出し、党内の揺らぎは収まりそうもない。
 「わたし自身は、もちろん(衆院選で)勝てると。勝たねばならん」-。記者会見で首相は、次期衆院選勝利に自信を見せた。「麻生降ろし」につながる総裁選前倒し論に関しても、「(衆院選前に)もう一回、総裁選をやることはむしろマイナス」と一蹴(いっしゅう)。都議選に敗北した場合の引責辞任論も否定した。
 日に日に強まる逆風も意に介さない首相について、周辺は「自民党にとって、退陣が好転をもたらすなら考えるかもしれないが、そんな状況ではない。絶対辞めない」と強調。首相を支持する閣僚経験者は「もう(首相を)とっかえひっかえできない」と語る。
 しかし、会見に対する党内の受け止めは冷ややかだ。山崎派中堅は「都議選で負けたら、一気に引きずり下ろされる」と指摘した。町村派若手は「麻生さんと心中するつもりはない。首相は『裸の王様』なのではないか」と突き放す。
 「自民党は変わる。わたしは、日本の政治を変える」-。首相は記者会見で政権運営への自信を示したが、首相に対する不信感は与党内にも強まっている。都議選で結果を出せなければ、首相は一層の窮地に立たされるだけに、都議選前の解散もなお取りざたされている。(2009/06/25-22:09)

============

佐藤総務相側に献金 談合関与6社から1142万円 NIKKEI NET

 佐藤勉総務相が支部長を務める自民党栃木第4選挙区支部(小山市)が、公正取引委員会から談合したとして排除勧告を受けたり、談合への関与が指摘されたりした企業6社から総額1142万円の献金を受けていたことが25日、分かった。同日の参院総務委で共産党の山下芳生議員が指摘した。

 総務相は政治資金制度全般を所管する閣僚。佐藤氏は総務委の答弁で「具体的な事情を把握していない」と述べ、調査のうえ、献金を返却するかどうか検討する考えを示した。 (16:00)

============

by musasinokosugi | 2009-06-26 10:14 | 時事

橋下も動く。

d0136282_1495687.jpg

 今朝のスーパーモーニングは終了寸前、宮崎県庁の知事室前を異例の割り込みで報じた。何かあったのかと思ったら「東国原知事が登庁して来ました!集まった報道陣は20人、他に県庁観光の方も10人いらっしゃいます!」と取り乱して絶叫しただけである。この現場のなんたらいうディレクターからして既に過剰な群集心理が働いている(或いはそのように装っている)のである。
 ばかやろう!
 知事が県庁に入るのがそんなに珍しいのか!
 この常識も見識も皆無の「狂乱報道」をまたしても引き出したというだけでも、今回の古賀と東国原の会談には充分意味があったと言わなければならない。「小泉劇場」以来一片の反省もないメディアである。まあこういう低水準の報道こそをスポンサー各社は望んでいるということだろう。

*ところで暗躍ばかりが目立つ最近の古賀の言行だが、これが「単独行動」の筈もないとしたら、背後で彼を支え連携しているのはいったい誰だろうか。「ポスト麻生」まで日程に上がらせているのだからまさか麻生本人ではないだろう。笑。中川・武部らの自称「構造改革推進派」か、チーズ・森の一派か。後者だとしたら裏にはまたしてもナベツネが暗躍していることになる。この爺さんは反麻生だから、辞任前の鳩山弟を国士だと褒め称えていた。いずれにせよこれはれっきとした倒閣運動である。

============

2009年6月24日 22時01分 毎日jp
<西松事件>「法違反はない」…小沢氏が公判に初言及

 民主党の小沢一郎代表代行は24日、西松建設前社長の初公判で、検察側が公共事業受注に関し「小沢事務所から『天の声』が出ていた」と指摘したことに「私も、事務所の者たちも、法に反することは一切していない」と反論した。19日の公判に関して小沢氏がコメントしたのは初めて。

 一方で、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相がダミー団体を通して迂回(うかい)献金を受けていた問題については「私は選挙担当で、他の人について論評する立場ではない」とコメントを避けた。愛知県田原市で記者団の質問に答えた。【渡辺創】

============

 与謝野の釈明を聞いていると、西松絡みの小沢サイドからの釈明と言葉上極似していることがわかる。「政治と金の問題」の経済事案としても(こちらは給料から強制徴収した金を迂回献金したとのことだが)似たような話だからである。与謝野は貰った五千万を返さないと言っているが、離党した渡辺は「不適切とわかれば返却する」と答えている。自民と非・自民とでは同じ趣旨の金を貰っても対応がくるりと変わってしまうところが私には興味深かった。与謝野は現内閣で3つの重要な大臣ポストを兼任するという異常な体制であるから、もしこれがヤバイということになれば即麻生は退陣だろうが・・。

============

2009年6月24日 21時03分 ( 2009年6月24日 23時53分更新 )毎日jp
<東国原知事>次期衆院選出馬に意欲…「地方のために行く」

 宮崎県の東国原英夫知事は24日、次期衆院選について、県庁内で「地方のために、国を変えるために国(国政)に行くと言わせていただく」と述べ、自民党公認候補として出馬することに意欲を示した。一方で、23日に示した二つの出馬条件に変わりがないことも強調。自民党の回答や県民の声も踏まえ、慎重に判断する意向だ。

 東国原知事は「自民党が改革していこうと言うのであれば、私は言い出しっぺの責任がある。後援会を含め(県民の)理解を得られたら、地方のために(国政に)行く」とも述べた。【石田宗久】

============

橋下知事ら20首長が新グループ…衆院選の支持政党表明へ
6月25日3時7分配信 読売新聞

 大阪府の橋下徹知事は24日夜、東京都内で横浜市の中田宏市長らと会談し、地方分権の推進を目指す自治体首長らによる政治グループを結成する方針を決めた。

 次期衆院選で各政党が政権公約(マニフェスト)で示す地方分権政策を見極め、政党支持を表明する考えだ。

 会談には、ほかに中村時広・松山市長、露木順一・神奈川県開成町長が参加した。橋下知事は会談後の25日未明、読売新聞の取材に対し、新グループについて「全国知事会や全国市長会といった既存の枠組みを超えた政治運動にしたい」と述べた。

 現時点で全国約20人の首長が賛同している、という。

 橋下知事は「応援した政党が負ければ国からの予算配分はひどいことになる。(知事を)辞める覚悟を持って取り組む」と語った。
最終更新:6月25日3時7分 読売新聞

============

東国原知事、出馬なら「比例」で 自民・古賀氏が明言

 自民党の古賀誠選挙対策委員長は24日、次期衆院選の出馬要請のため23日に会談した東国原英夫宮崎県知事について、立候補する場合は比例代表での出馬になるとの認識を示した。古賀、東国原両氏の会談に対し、説明を求めた丸山和也参院議員と党本部で面会した際に、明らかにした。

 丸山氏によると、古賀氏は東国原氏について「衆院選に出たいというなら比例しかない。本人次第だ」と明言。ただ具体的な比例代表のブロック名には言及しなかったという。古賀氏は丸山氏との面会後、出馬の可能性について記者団に、「(東国原氏は)意欲を示されているので、ゼロではないと思う」と期待感を示した。(08:01) NIKKEI NET

============

橋下知事ら「優れた政党を示したい」 nikkansports.

 大阪府の橋下徹知事らと自治体の首長でつくる新グループ結成で合意した松山市の中村時広市長は25日、「あまりにも(政党間で地方分権政策に)差がある場合には、この政党の方が優れた取り組みをしようとしているということをメッセージとして出していきたい」と述べ、次期衆院選での支持政党表明も必要との考えを示した。

 松山市で記者団の質問に答えた中村市長は「リスクを負って、政党に地方分権をどこまでやるのか突きつけたい」と強調。橋下知事らとの協議については「各政党に地方分権をどこまでやるのかを約束してもらうきっかけを、どのようにつくるか考える時がきたのではないか、という話をした」と明らかにした。

 中村市長には今月に入って、横浜市の中田宏市長から呼び掛けがあり、会談に出席したという。(共同)[2009年6月25日13時0分]

============

 これは選挙公約だけの話で「言うだけ」なら自民党とて民主党に比してそれ程見劣りする施策を打ち出すわけもないから、言ってみただけだろう。
 仮に彼らがはっきり「民主支持」を打ち出さなかった場合「民主も自民も(地方分権に関して)政策的にはどっちもどっちで同じですよ」と評価したに等しいわけである。まやかしの言葉が乱舞する季節である。

============

by musasinokosugi | 2009-06-25 14:03 | 時事

ミスドでミスしたど。

d0136282_31243.jpg
d0136282_311249.jpg
d0136282_312188.jpg
d0136282_312977.jpg
d0136282_313926.jpg
d0136282_314826.jpg
d0136282_315525.jpg
d0136282_32391.jpg
d0136282_321215.jpg
d0136282_321916.jpg

 しんちゃん風に言えば「オラ、ミスドでミスしたど」というわけで、↑ 写真ではわかり難いかも知れないが、アイスコーヒーのフレッシュの代わりに間違ってレモン果汁を加えてしまったのである。あちゃ。入れてから透明だったので気づいた。汗。
 一口飲んでみたら、ちょっと変だったけど充分飲めた。ぁそ。でも後からフレッシュも入れた。w

by musasinokosugi | 2009-06-25 03:09
d0136282_12574691.jpg

 古賀の宮崎県庁訪問は20分で終わったがこれは第一幕に過ぎず、記者会見の後は料亭で両者の側近を交えて2時間に亘って六人で鍋をつついたというから「なんだ、これは出来レースじゃないか」と私は察した。会談内容は後になって東の隣の席にいたという副知事が詳細にわたって解説した。
 いかにも降ってわいたようなそのまんま東の騒動だったが、これが最初から仕組まれていた大芝居だったかどうかは結果を見ればわかることである。一例を上げれば『東国原は東京の比例ブロックから出馬し(←これが自民党にとって一番旨味がある)当選後は副総理格総務大臣で登用、全国知事会の公約は極力実現に努力する』あたりで両者が合意に達するのなら、こんなのは最初から落としどころが決まっていた見え見えの猿芝居だったということになる。
 「自民党内の反発」と言ったところで「敵を欺く前に味方を欺く」というのが陰謀の鉄則であるし、わかって反発してみせている狸どもも大勢いる筈である。今の自民党には自力更生の力もなく相当いじけてひねくれているから、これくらいの策動は平気でやってのける。「手打ち」に至るのなら即ち謀略であると言っていい。「総務大臣の椅子を用意するから出馬して下さい」「はい、喜んで」などとまともにやっても、下がる一方の支持率に歯止めがかかる筈もないからここは一芝居打ったわけである。

 今朝の小倉さんの番組では東京の街頭で行われた「次期総理にふさわしい人は?」との緊急アンケートには東国原が断然トップで麻生の四倍、鳩山兄の三倍のシールがペタペタ貼られていたから民主党も気が気ではないだろう。宮崎県庁に来るメールは87%が東の国政進出に反対とのことだが、あの男の方は「今更宮崎のセールスマンなんてやってられるかよ」と内心うそぶいているかも知れないのである。

*どういうブレーンが付いているのか知らないが、大阪の橋下知事は常に先手を打って自分のやりたいこと、やりたくないことを次々と明らかにして来たから人気が出るのはわかるが、一方の雄・東国原がなんでここまで人気があるのか、私には今ひとつ飲み込めない。しかし今やこの二人がタッグを組めば天下を取れそうな勢いがあるのは確かである。そして裏で彼ら二人のタレント知事が連携していない保証など何一つないのである。

============

2009年6月24日 12時26分 共同通信
自民、古賀氏へ批判相次ぐ 東国原氏出馬要請で、辞任要求も 

 自民党で24日、古賀誠選対委員長が東国原英夫宮崎県知事に次期衆院選への立候補を求めたことに批判が相次いだ。午前の参院議員総会では丸山和也氏が「党にエネルギーがないから『力を貸して』と言うこと自体が既に敗北。古賀氏の責任を追及すべきだ。即刻辞任してもらっていい」と辞任を要求。出席者からは「そうだ」と同調する声も出た。

============

by musasinokosugi | 2009-06-24 17:50 | 時事

コンビニとスーパー。

d0136282_0151166.jpg

 衆院選への出馬要請にわざわざ宮崎へやって来た古賀選対に対し、そのまんまは①全国知事会の国に対する要望書を一字一句違えることなく自民党の選挙公約に盛り込めるか②自分を9月20日任期満了の自民総裁選の候補者として迎える意思があるのかの2点を逆提案したと言う。②の総裁選候補者(総裁の椅子だとも言う)になるには推薦人を集めなければならないが、絶対不可能ということではないだろう。①の全国知事会の要望書を全部呑めというのは当然の要求と思われるが霞ヶ関と連携している自民相手ではまず実現不可能だ。これら①②の条件提示の狙いは何なのか(単にパフォーマンス狙いでふっかけてみただけなのかどうなのか)まだわからないが、これでまたメディアがやいのやいのと大騒ぎするのは必定である。古賀選対は予期せぬ逆提案で切返されて「俺を誰だと思ってるんだ?!ガキの使いやあらへんで!」とむかついているかも知れないが、そのまんまの方だって「俺を客寄せパンダにする気か?!俺は高くつくぜ!」と言いたいところだろう。まあしかし、いずれにせよそのまんまなんて私には「タケシ軍団の一員で、殴り込みの先頭に立った一芸人」という程度の認識しかなくて、政治の世界を志向して以降今は宮崎のトップセールスマンの地位を得ているわけだが、彼一人の存在だけでも今の自民党を揺るがすには充分過ぎるくらいだということが図らずも露呈して、いよいよこの政党は終わっているなという実感である。時代に付いて行けない古賀もクビにした方が自民党のためにはいいと私は思うけどね。・・ということで今日はコンビニの話を少々。

============

定価販売は正当=「多数の加盟店値引き反対」-セブンイレブン 6月22日21時1分配信 時事通信

 弁当などの値引き制限について公正取引委員会から排除措置命令を受けたセブン-イレブン・ジャパン(東京)は22日、都内の本社で井阪隆一社長らによる記者会見を開いた。値引きマニュアル作成などを求める命令に対して井阪社長は、弁護士らの意見を踏まえ「中身を精査した上で受け入れるか受け入れないかを含め検討する」と述べた。
 会見で同社長は「命令を受けた事実、指摘を受けたことは真摯(しんし)に受け止める」としながらも、値引きの弊害などを強調。「多くの加盟店が値引きに反対している」とも述べ、定価販売を促す正当性を訴えた。
 また、本部の一部担当者に加盟店指導の「行き過ぎがあった」ことは認めた。しかし、商品の値引きが広がれば、同じ商品でありながら価格が違う物が混在してブランドイメージが崩れる上、価格競争も激化すると指摘。さらに、「本部が加盟店より優越的地位にある」とした公取委の判断に対しても「あくまで対等だ」とし、否定的な見解を示した。 

============

セブンイレブンに排除措置命令=弁当見切り販売で制限-独禁法違反と認定・公取委

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)が、フランチャイズ(FC)契約を結んだ加盟店に対し、賞味期限が迫った弁当やおにぎりを値引きして売る「見切り販売」を制限したのは、独禁法違反(優越的地位の乱用)に当たるとして、公正取引委員会は22日、同社に見切り販売を可能にするマニュアル整備などを求める排除措置命令を出した。
 セブン側は「見切り販売は価格競争や売り上げ低下を招く」などと主張していたが、公取委が制限を不当と認定したことで、実質的に値引きを禁じ、定価販売を基本としてきた経営方式にも影響を与えそうだ。
 公取委によると、同社のFC本部は契約書で「商品価格は加盟店が自由に決められる」としているにもかかわらず、見切り販売を行った加盟店に「二度とやるな」と命じたり、従わない店に契約の打ち切りを示唆したりするなど、取引上の地位を利用して、販売方法を制限した。
 同社の契約では、商品の廃棄が出た場合、原価損は加盟店側の負担とされており、公取委は「本部の拘束は加盟店の合理的判断で負担を軽減する機会を失わせた」と判断した。(2009/06/23-00:16)jiji.com

============

 例えば私が最近よく行く大池橋の24H営業の某玉出スーパーだが、ここはとにかく在庫品の停滞を嫌って半端な売れ残りはどんどん半額で処分して行く。それが何であってもどんどん売れちゃうから不思議だ。
 月曜日は確か「弁当の特売日」だったが、6/22朝なんかは行ったら「日曜特売」の残りもの(賞味期限は今朝の10時)を全部半額にしていた。そうやって売り場面積を急いで確保しておかないと月曜の仕事が出来ないのだ。「半額」と言っても元が238円くらいの弁当があるから、これなんか半額にしたら119円になってしまう。6/22朝私が買ったのは元値が298円だったから半額でも149円もした!でもこれで一食済ませちゃうのだから自炊なんかするより遥かに安上がりである。あっちゃ。
 ここは各種おにぎりは一律税込69円で、昆布が安いとか鮭が高いとかいうこともない。弁当が売り切れのときは、私は158円の巻き寿司かこのおにぎり2個になる。弁当のお米よりおにぎりのお米の方が遥かにおいしい。ぁそ。
 食パンは一時値上がりしたが、今はヤマザキの「湯捏ね食パン」が1斤98円で安定している。

  氷を買うときは玉出には1kg98円の「純氷」というビニール袋入りのがある。「100円ローソン」には1kg105円の氷があるが、「普通のローソン」の氷は1.3kgまたは1.1kgというのがあって値段はこの倍額以上するのである。普通のローソンは105円惣菜もないし、私には他所へ出掛けたときくらいしか存在価値がない。ぁそ。
 そう言えば先日普通のローソンで買った「ニチレイパーティアイスペイル」というのは缶ではなくて立派なポリプロピレンの箱に入っていて500gで126円もするが、氷関係ではそれが一番安いのである。品質が良ければ別に文句も言わないが、これが流通の過程で一旦溶けかかった氷を再び氷結させているから、氷の大きなブロック同士が滅茶苦茶にひっついて、とてもじゃないけど、アイスピックでも使わないことには氷を分解出来ないのである。
 そりゃあニチレイだって儲けを出さなきゃならないから、これも「差別化」の一環として「見てくれ」を良くするんだろうけど、「無駄なことには金をかけない」というのは商品開発の基本ではないのか。どの家にだって氷入れの容器くらいはあるだろうし無かったら丼にでもいれたらいいのだ。このポリ容器だってパーティが終わったら大半はゴミになるだろう。「底に穴を開ければ園芸用のポットに使えるな♪」などと考えるのは私のようなしみったれ爺さんくらいのものだ。

 今回問題の「7-11」は関東なんてこれ一色で、最近大阪にも進出が目立つが私の家の近くにはない。あちゃ。あ、天王寺駅前にあるな。「サンクス」は「サークルK」と経営統合して「推奨価格(つまりは定価)」での販売を要請しているとのことだが、私の行く店はときどきレジ前のワゴンに値引き品を置いている。
 ジャンジャン横丁の入り口の向かい側でも最近パチンコ店が撤退してその跡に某コンビニが進出しているし、あの辺りはコンビニが随分増えた。w

============

2009年6月23日 22時10分 毎日jp
<セブン―イレブン>食品廃棄、加盟店の損失を15%負担

 セブン―イレブン・ジャパンは23日、現在は加盟店だけが負担している弁当やサンドイッチなど食品類の廃棄損失を本部で一部負担すると発表した。負担割合は仕入れ原価の15%で、7月から実施する。加盟店の廃棄損失を本部が一部負担するのは大手コンビニでセブンが初めて。加盟店への損失しわ寄せや食品の大量廃棄の問題は他社も抱えており、同様の動きが業界全体に広がる可能性もある。

 同日、記者会見したセブンの井阪隆一社長は「加盟店が廃棄を出すことを恐れて十分な注文を出さないと、品切れで顧客に迷惑をかけ、商売が成り立たなくなる」と説明。また、公正取引委員会が22日、セブンが加盟店に対し、食品類の「価格統制」を実施していたとして排除命令を出したことをきっかけに、値下げ販売に踏み切る加盟店が増え、コンビニ業界全体がスーパー並みの価格競争に巻き込まれることを防ぐ狙いもあるとみられる。

 セブンは新たな支援策で年間100億円の負担を見込んでいるが、井阪社長は「(本部負担実施により、適正な発注を保つことで)品切れのため発生していた損失を回復できる面もある」と述べ、最終的な収益への影響はほとんどないとの見解を示した。【秋本裕子】

============

 以前コンビニの廃棄品を早朝拾い集めて釜ヶ崎ではセンター周辺で1個一律100円で売られていると書いたが、コンビニ側はそれも迷惑だということで、ゴミの収集車が店にやって来る時刻に合わせて食品を出しているというのであった。夏場は寿司類とか生ものは危ないと思うが、なにせ食べ物がないときは平気でゴミ箱を漁る人もいるので・・。w

 記者会見をした「7-11」の社長は如何にも「やり手」という感じで人相も悪かったし、言ってることにまだ反省の欠片もなくて、私はあまり良い印象は持たなかった。
 一時コンビニの台頭に押されて経営が悪化した各スーパーのチェーンだが、営業時間を広げ低価格商品も開発して今は持ち直しているように私には思われる。

「適正価格」を維持して「競争力」を高め、とにかくまず第一に「捨てろ!」、次には「ゴミとして廃棄して誰にも食わせるな!」という「神の声」が通用する世の中ではないだろう。

============

「総裁?まず研さんを」自民・大島氏が東国原知事にぐさり
6月23日22時39分配信 読売新聞

 自民党の古賀選挙対策委員長が宮崎県の東国原英夫知事に次期衆院選への出馬を要請したことについて、大島理森国会対策委員長は23日、「総裁になりたいなら、国政での経験、研さんを積んで、期待が集まってからだ」と否定的な見方を示した。

 党内では今回の動きがかえって「麻生降ろし」を加速しかねないとの見方も浮上している。

 一方、民主党の鳩山代表は「知事はまだ1期目も終えていない中で、政党を救うため、知事の職を投げ捨てるみたいな発想が県民、国民に理解されるのか」とけん制した。

 東国原知事同様、住民から高い支持を受けている大阪府の橋下徹知事は「度胸ありますね。いきなり総裁選というのはしゃれとしか思えないが、東さん(東国原知事)らしいといえば、東さんらしい」と語った。
最終更新:6月23日22時39分 読売新聞

============

by musasinokosugi | 2009-06-24 00:17

人材不足。

d0136282_11404055.jpg

 これは別に難しいことではなくて、我々(?)一般大衆が思うのは「小沢をやるなら二階もやれよ!」ということなのである。政権交代を謳う民主党にはなんやかや言いがかりをつけるが、今や「落ち目の三度笠」たる自民党議員らは一切不問に付しお咎めもなしというのは庶民感情(?)が許さないのである。このメディアを総動員しての「故意的サボタージュ=片手落ち」こそが即ち「国策捜査」を疑われる所以そのものであって、検察審査会にNGを出されるなどという大失態も余りにも当然の帰結なのである。こういう恥ずべき行いをして墓穴を掘り自分で自分の首を絞めているのが、今の検察の実態であり漆間の見下げ果てた姿なのであって、いまどき「検察の無謬性・公正性」などを盲信しているのはどこかのおバカなお兄ちゃんだけだろう。この件に関して民主党の野田豚が「(一部民主党は)検察批判に傾き過ぎたきらいがある」などと発言して内部から足を引っ張っているのは、この男の度量の無さ・レベルの低さを表わすもので、幾ら小沢が嫌いだからと言って、例えば前原ちゃんだったら「そんなことには口にチャック」で通すだろう。野田豚が普通でまともでもっとしっかりしていたら、あの永田偽メール事件も防げたんじゃないだろうかと、今になっては思われて来るのである。忠臣蔵人気に顕著なように、我々は多分「片手落ち」や「えこ贔屓」が大嫌いな国民性を有しているのである。郵政の後始末だって仮に「喧嘩両成敗」で西川も切っていたら麻生人気はむしろ上がっていたかも知れない。小泉ポチ一派のごり押しに負けてうだうだ弁明するくらいなら今からでも遅くはないから(?)西川の首を切ったらどうだ?笑。麻生についてもう一つ思うことは今都議選の自民選対へ行って「この面を初めて見た人?」と盛んに自己PRに努めているが、ありゃ何だ!?こいつはアホじゃないかと関連のニュースを見る度に思うのである。だいたいアレって自己PR以外何の意味がある??それに自称「漫画好き」ったって、あーた、出て来るのは「ゴルゴ」と「こち亀」だけだろう?視野が狭過ぎるよ。日本の漫画を舐めているし、時代に付いて行けてないっちゅうの!麻生なんかどうせ暇人なんだから、私に倣って(?)古本屋のワゴン1台に満載の古い漫画でもパラパラめくってみろってんだ。ま、全然ついて行けないだろうけどね。笑。

============

衆院選、与党過半数割れも=自民・伊吹氏 6月21日19時5分配信 時事通信

 自民党伊吹派会長の伊吹文明元幹事長は21日午後、福島県喜多方市で講演し、次期衆院選の勝敗に関して「内閣支持率が落ちて、本来なら自民、公明両党で(過半数の)241議席を取れるところが、230とか220議席になってしまう」と述べ、与党で過半数割れする可能性があるとの厳しい見方を示した。
 伊吹氏は支持率低下の理由として、鳩山邦夫前総務相の更迭に発展した日本郵政社長人事をめぐる混乱に触れ、「麻生太郎首相が物事をうまく処理できないということを満天下に示すことになった」と指摘した。 

============

安倍元首相:総裁選前倒しをけん制 6/22毎日jp

 自民党の安倍晋三元首相は21日、フジテレビの報道番組で「麻生太郎首相は辞める気持ちが全くない。総裁選を前倒しすることは国民に姑息(こそく)な手段だと見られる」と述べ、次期衆院選前に首相を交代させるべきではないとの認識を示した。党内にくすぶる「麻生降ろし」の動きをけん制する狙いがある。

 これに関連し、民主党の鳩山由紀夫代表は同日、秋田県大仙市で講演し、「(衆院)選挙なしに首相が3人も代わった。4人も代わることがあるべきではない」と指摘した。【佐藤丈一、近藤大介】

============

「姑息(こそく)な手段」ったって、安倍ポン自身が体調不良と政局とを姑息に使い分けて首相を辞めた張本人じゃねえか!
 かつて小泉ポチに禅譲された総理の椅子を守れずに、ああだこうだ言い訳しながら放棄したこのマザコン・下痢ピーの極右男にもいよいよ出番が回って来たってか。あちらさまはすっかり人材難だな。
 なんならお前がまた総理になって参院同様大敗してくれてもいいんだぜ。

============

 人材不足と言えば民主党もはっきり言って玉石混淆で、チャラチャラ浮かれて桝添あたりに色目を使うアホもいれば、千葉市長選では連合と手に手をとって対立候補支持に回った裏切り者もいるらしいのである。
 連合は官公労や大手企業の組合が主流で私はあまり信用していないが「バカと鋏は使いよう」と言うし、何も無理して敵に回す必要もないだろう。
 ただ連合の選挙関連実務は厳しくチェックしないと、彼らの中には動員手当を食い逃げするだけのノー天気な者も多いそうだから、彼らの行動がいったいどこまで有効で実際の集票能力があるかは甚だ疑問である。ややもすれば我々「無党派層」「浮動票」と呼ばれる人間の方が遥かに民主党の行く末を気にかけていたりするのである。ぁそ。

============

by musasinokosugi | 2009-06-22 11:41 | 時事