時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi

<   2009年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

自民崩壊。

d0136282_843047.jpg

 自民党のキャッチフレーズが「日本を守る、責任力」で公明が「生活を守る」と、これはキャッチコピーからして既に自公は揃って「守り」の姿勢が顕著である。笑。「責任力」などという耳慣れない言葉はゲッペルス=世耕の発案だろうか、「国債乱発の責任力」「官僚丸投げの責任力」「世襲駆け込みの責任力」等々結構使い道のある造語かもしれない。wさて、今日の自公政権の地滑り的な崩落の特徴は、やれ「風が吹いた」だの「浮動票や無党派層の動向がどうだ」だのといった通り一遍の紋切り型の修辞で納まるところにあるのではなく、旧来自民党の「千年王国」と言われ続けて来た保守地盤の真っ只中で、軒並み「自民離れ」・「自民からの離反・造反」が後を絶たないという点にあるのであって、これは先の参院選からとりわけ顕著になった特徴である。こんなことは戦後史上かつてないエポックメイキングな出来事と言っていいのである。なにしろこれまで永きに亘って選挙と言えば自民党にしか投票したことのない田舎のおっさん、おっかさんたちが「もう自民党は沢山だ、オラもう金輪際自民党には騙されねえぞ」と雪崩を打って離反を開始しているのだから、この激流はちょっとやそっとの策動や急場凌ぎのまやかし・詭弁では留めようがない。一般に保守的な人たち程頑固一徹な人間はいないとしたもので、彼らが一旦決然と臍を曲げたらもうこれを覆すことなど誰にも不可能である。今自民党・公明党の幹部連中が顔色を失い、目の色を変えて自らの「地盤」と称する地区を必死に走り回っているが、因果応報、順当なら彼らの大半はもう国会には戻って来れないのではないか。・・というわけで、私もこの一ヶ月間は暇を見つけて近隣のあちらこちらをランダムに観察しておきたいと思っているのである。ぁそ。w

============

<元国交事務次官>駆け込み天下り?住宅機構副理事長に就任 7月28日21時3分配信 毎日新聞

 元国土交通省事務次官の峰久幸義氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構の副理事長に就任した。省庁による天下り先のあっせん禁止を盛り込んだ民主党の政権公約(マニフェスト)が27日に公表されたばかりだが、28日には、独立行政法人・日本貿易保険の理事長に鈴木隆史・前特許庁長官(60)を8月1日付で充てる人事も発表された。「政権交代前の駆け込み人事」との批判も出てきそうだ。

 支援機構の前任の副理事長は、旧建設省出身で旧国土庁事務次官だった三井康寿氏、日本貿易保険の理事長は、元経済産業審議官の今野秀洋氏。住宅金融支援機構は旧住宅金融公庫を引き継いで07年に発足。05年に三井物産出身の島田精一氏が初の民間人トップに就任したため、国交省OBは公庫副総裁(現機構副理事長)に就任してきた。日本貿易保険も経産省OBが理事長を務めている。

============

 霞ヶ関は自公と財界が永年に亘って育て来たった巨大かつ緻密に編みこまれた迷宮の如き利権集団であって、これを改革・改編するのは至難の技であるが、ぼちぼちであってもこれを解体して行かなければこの国は滅びる。

============

「マニフェスト信頼して」民主・鳩山代表が来県

 民主党の鳩山由紀夫代表が28日、霧島、鹿児島、鹿屋の各市を遊説し、衆院選での支持を訴えた。27日に公表した衆院選政権公約(マニフェスト)について、「信頼して支援してほしい」と呼びかけた。

 遊説会場のうち、鹿児島市のJR鹿児島中央駅前では1000人を超える人垣ができた。

 鳩山代表は、子ども手当支給や税金の無駄遣い根絶などの公約に触れながら、「公約を果たすことができなかったときに責任を取るのは当然」との意気込みを語った。

 さらに、2005年の前回の衆院選について、「『郵政民営化すればバラ色になる』と訴えた自民党政権は何一つ実績を残していない。こういう政権には責任を取ってもらわなければならない」などと訴えた。

 ■有権者の声

 鹿児島市の会場で、これまで自民党を支持してきたという薩摩川内市の自営業女性(65)は、「ここまで国政が混乱した今、民主党に期待せざるを得ない」と拍手を送っていた。鹿児島市の会社員男性(50)は「民主党の政権担当能力を国民が見るために、一度任せてみたい」と語った。

 鹿屋市の会場では、鳩山代表は市民らとの写真撮影にも気軽に応じた。同市の会社員男性(54)は「鳩山代表の訴えは市民に近い感覚で、共感できた。政治を変えるためにも民主を応援する」と語っていた。

 霧島市の会場では約800人が集まった。曽於市のトラック運転手男性(46)は「民主党の公約が全部実現すればすばらしいが、財源を考えると難しい面がある。民主の幹部はもともと自民の人たちだし、心配だ」との懸念を示した。

 ■他党の反応

 民主党の公約に対し、他党の立候補予定者からは厳しい意見が寄せられた。

 農家への戸別所得補償制度の創設を掲げたことについて、鹿児島3区の元農水官僚の自民前議員・宮路和明氏(68)は、「言葉だけが踊っており、現実味がない。民主は農業の実態や地方のことを知らず、簡単にできるなら我々が先にやっている」と切り捨てた。

 ガソリン税の暫定税率廃止について、元財務副大臣で鹿児島5区の自民前議員・森山裕氏(64)は、「廃止されれば、資力の乏しい地方自治体はどこに財源を求めればいいのか。財源が少なくなれば、地方の道路整備が遅れるのは間違いない」と指摘した。

 衆院比例定数の80削減について、鹿児島1区の共産新人・山口広延氏(34)は、「幅広く国民の声をすくい取り、小さな政党の存在を生かす比例制度の趣旨をないがしろにしている」と批判した。(2009年7月29日 読売新聞)

============

 突然の中田横浜市長の辞任発表であるが、『日刊ゲンダイ』はかなり手厳しい記事を書いている。私は7/29の昼のテレビに出ていた中田氏の発言を聞いていて、ふと「この人は竜馬になりたいのかな?」と思った。(根拠はないけど。ぁそ)

============

 ここで石橋湛山という戦後すぐの、当時としては一種卓越した政治家が既に「官僚主導からの脱却」と「分権主義」を謳っていたという話を松岡正剛千夜千冊『湛山回想』から部分引用しておくと: ↓ ↓

 たとえばこれは一例にすぎないが、大正13年の「東洋経済」の社説に「行政改革の根本主義」があって、ここにはすでに「官僚なるものの独占の批判」と「徹底せる分権主義」が謳われている。官僚が国民を指導するというのは革命時代や過渡期の時代の一時的変態にすぎず、国家や社会が安定すればただちにその旧蝋を脱するべきだというもので、「第二維新の第一歩は、政治の中央集権、画一主義、官僚主義を破殻して、徹底せる分権主義を採用することである」と結ばれる。

 松岡は末尾にこういうことも書いている。 ↓ ↓

 さらに痛快なのは、ロシア革命が進行した大正後期に、湛山はマルクス主義者でもないのに「過激派政府を承認せよ、過激派を援助しろ」と言いつづけたことである。
 この過激な湛山の発想は、やがて「朝鮮・台湾・樺太を捨てなさい」「支那・シベリヤに対する干渉をやめなさい」という主張へと明示されていく。

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-30 08:33 | 時事

財源論ってか!?

d0136282_9364250.jpg

米中戦略経済対話:初の開催 事実上の「G2」始動 毎日jp

 【ワシントン小松健一、斉藤信宏】米国と中国が経済、政治、安全保障の分野で新しい協力関係を閣僚レベルで討議する初の「米中戦略・経済対話」が27日、2日間の日程でワシントンで始まった。ブッシュ前政権時代の経済分野の対話を包括的な枠組みに拡充し、世界規模の課題に対する「責任の共有」を通して、21世紀の米中関係の基礎をつくる試み。米中2カ国による事実上の「G2」の始動ともいえる。

 オバマ大統領は開会式で演説し、「米中が相互利益を発展させることで世界は良い方向に向かう」と指摘。持続的で広範な協力を通じて「米中関係は21世紀を形成する」と強調した。中国の胡錦濤国家主席も開会に合わせ「両国は人類の平和と発展など重要な案件について一緒に責任を負うべきだ」とのメッセージを寄せた。

 同対話は戦略分野をクリントン国務長官と戴秉国国務委員(副首相級)、経済分野をガイトナー財務長官と王岐山副首相がそれぞれ共同議長を務める。

 米政府高官によると、戦略分野は気候変動とクリーンエネルギーが重要テーマで、初日は温室効果ガス削減の取り組みを米中双方が紹介し、「低炭素」経済創造に向けた米中の協力を話し合う。さらに北朝鮮、イランの核問題や核不拡散体制のあり方などについて意見交換する。米側は中国の人権問題も提起する見込みだ。

 経済分野では、米国は中国に輸出依存の成長からの脱却を求める方針。中国が世界一の保有国となっている米国債の価値を巡る議論も焦点となる見込み。米国の巨額財政赤字を背景に、中国は運用資産がドルに集中するリスクを意識し、米国債の価値下落への懸念を強めている。人民元の切り上げ問題など、米国が中国の姿勢を非難することの多かった従来の米中対話と比較して、構図の異なる議論が展開されそうだ。

 戦略・経済対話はオバマ大統領と胡錦濤国家主席が4月の首脳会談で合意、米中持ち回りで年1回開催する。

============

 ついに「G2」なる造語まで飛び出した。ここも背に腹は換えられず、掛け値なしに「チャイナ・マネー=命」の超大国の姿が浮き彫りになっている。アメリカは今や国内経済も極東情勢も中国におんぶにだっこであって、日本みたいな「イエスマン外交」一辺倒の国はどうにでもなると思われているのである。

============

攻守逆転 債権握る中国が米に注文、米は気配り 2009年7月28日11時31分
asahi.com

【ワシントン=尾形聡彦】27日始まった米中戦略・経済対話(SED)で、米国に財政再建を迫る中国側の攻勢が目立っている。従来のSEDは、米国が中国に人民元相場の切り上げを迫る場だったが、今回は中国への配慮が目立ち、「攻守」が逆転した形だ。米国側は、オバマ大統領をはじめ主要閣僚が勢ぞろいし、2大国対話(G2)の様相もみせている。

 「米国側とマクロ経済の問題について深い議論をした。米国の財政赤字が今後年々縮小していくことを希望している」

 27日の経済対話の内容を、中国政府の幹部はこう説明した。具体的なやりとりは明かさないものの、米国に財政の改善を求めたことを示唆するものだ。米国の内政問題に中国が口を出すのは、米国が財政赤字を埋めるために発行している米国債の保有で、中国が昨年秋に日本を抜いて世界一になったためだ。米国の09会計年度(08年10月~09年9月)の財政赤字は過去最大に上る見込みだ。米財政の悪化が続けば、米国債の価値が下がって中国に損が出かねない。

 中国側の27日午後の記者会見でも、中国メディアの記者から「米国債を大量保有して大丈夫なのか」という質問が続出。中国政府幹部は「オバマ大統領は経済が安定すれば、財政赤字減らしに注力する意向だ」と強調した。

 一方で、06年に始まったSEDで定番だった米国側からの中国への人民元の切り上げ要求は影をひそめている。別の中国政府幹部は27日夜の会見で「今回は、米国は人民元相場については強調していない」と満足げに話した。

 米国側からは、オバマ大統領が冒頭の演説で「米中の2国間関係が21世紀を形作る」と発言するなど、中国への配慮がにじむ。オバマ氏は「山の小道は、使えばすぐに道になるが、使わなければ、やはりすぐに雑草に覆われてしまう」と孟子の言葉まで引用してみせ、2国間の対話の継続を訴えた。今回の対話にはガイトナー財務長官、バーナンキ連邦準備制度理事会議長、サマーズ国家経済会議議長、カーク通商代表ら主要閣僚が顔をそろえ、力の入れようが目立っている。

============

選挙目当て?民主マニフェスト大丈夫? スポニチ

 民主党の鳩山由紀夫代表は27日、8月18日に公示される次期衆院選のマニフェスト(政権公約)を発表した。月2万6000円の「子ども手当」や「高速道路無料化」など家計支援を前面に押し出しているが、消費税の引き上げについては一切触れず。16兆円超の予算についても税金の無駄遣い削減で捻出するというが、早くも「選挙目当てのバラまきでは…」との声も上がっている。

 都内ホテルで記者会見した鳩山代表は、自分が表紙を飾るマニフェストを掲げ「国民の皆さんが主役になる政治をつくり出していく。この1点に集中を致します」と力を込めた。

 政権奪取への切り札は“国民生活の再建”。鳩山代表は社会保障などの財源として、将来の消費税率引き上げを論議する必要性は認めながらも「無駄の排除を徹底し、4年間は増税を行う必要はない」と明言。「英国でも野党が財源について責任を持って申し上げる必要はないと言われている」などの発言も飛び出し、裏付けとなる財源への不安はぬぐえないまま。

 鳩山代表は、(1)無駄遣い根絶(2)子育て・教育(3)年金・医療(4)地域主権(5)雇用・経済の「5つの約束」を掲示。海外メディアを含め約500人のマスコミの前で、実現できなかった場合「政治家として責任を取る」とキッパリと言い切った。

 主な政策には、子ども手当(中学生以下に1人月額2万6000円)、高校は実質無料化、月額7万円の最低保障年金、農漁業の戸別所得補償制度、高速道路無料化、ガソリン税の暫定税率廃止など。“国民目線”を意識し家計支援を中心に据えた経済対策がズラリ。

 これらの新規政策で必要となる財源は2013年度に総額16兆8000億円。このうち、9兆1000億円を予算の組み替えによる無駄根絶で捻出。それ以外は特別会計の「埋蔵金」活用などで4兆3000億円を確保するという。

 所得税の扶養控除と配偶者控除の廃止、企業向け優遇税制の見直しなどは2兆7000億円の財源調達を見込むが、事実上の増税とも言えるだけに、子ども手当が支給されない世帯や産業界などからの激しい反発に直面する事態も予想される。新政策で負担が増える有権者をいかに説得できるかが今後の鍵となりそうだ。

============

 出来るか出来ないか、実際これは北川元三重県知事も言っているように「やってみなければわからない」のである。
 ただ当然ながら「公約が実現出来なかったら政権の座から降りる」と鳩山兄は言っているのだから、少なくともかつて国会の場で「公約の一つや二つ守られなくたってどうってことない」と笑ってほざいた小泉・自公政権とは意気込みも信念も段違いである。「無責任」な自公にこのまま任せておくよりは千倍も万倍もマシだろう。

 選挙目当てじゃない政党が今どき存在するのか!?
 スポニチも馬鹿な見出しをつけるものである。

 御用マスコミの御用マスコミたる所以はスポンサーに生殺与奪の権限をすっぽり握られている点にある。財界の某不良分子が一言「パチンコ屋からしかCMが取れないじゃないか。オラ、スポンサーから降りるぞ」と脅しをかければ一溜りも無く震え上がってしまうのである。メディアは総じて「政」や「官」を批判することはあっても、容易に「財」へは批判の矛先を向けることはないのである。

============

中田横浜市長、辞任へ=国政復帰模索か 7月28日11時20分配信 時事通信

 横浜市の中田宏市長は28日までに、辞任する意向を固めた。同日午後記者会見し、表明する予定。今秋設立予定の政治団体を核に、国政復帰を模索するとみられるが、8月30日投開票の衆院選には出馬しない見通し。
 中田市長は今秋、中村時広松山市長、山田宏東京都杉並区長らと、政治団体「『よい国つくろう!』日本国民会議」を結成する方針を明らかにし、内外の危機を乗り越えるため、本物の政治の実現を目指す、などとしていた。
 このほか、橋下徹大阪府知事らと地方分権推進のための「首長連合」を結成し、分権や霞が関改革などの観点から各党のマニフェスト(政権公約)を評価し、支持政党を決定する考えも示している。
 中田市長は松下政経塾を経て、1993年衆院議員に初当選。3期目の途中の2002年に横浜市長選で初当選し、現在2期目。来年4月までの任期の途中での辞任となる。 

============

 橋下知事は民主党のマニュフェストを「自信を得て地方の視点が欠落した」と酷評したが、彼のやり方というのは例えば普通の人なら「学力最下位からの脱却を目指す」と言うだろうところをいきなり「日本一を目指す」と吹きまくってみるのである。
 中田市長の辞任は、ここでわざと半端な形で辞めれば大幅な節税になるのだそうで、いずれにせよ皆さんなかなかの智略家で深謀遠慮である。w

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-28 09:18 | 時事

神輿ギャル給水中。

d0136282_7542320.jpg
d0136282_7543652.jpg
d0136282_7545168.jpg
d0136282_755538.jpg
d0136282_7551812.jpg
d0136282_7553023.jpg
d0136282_7554383.jpg
d0136282_7555789.jpg
d0136282_7561691.jpg
d0136282_7563268.jpg
d0136282_756454.jpg
d0136282_7565981.jpg
d0136282_7571297.jpg

d0136282_7582296.jpg
d0136282_7583729.jpg

d0136282_8435420.jpg

 麻生は歴代首相では前例がないという連日の「得意先回り」である。危機意識の表明・伝達のつもりか、随分露骨なことをやってくれるものだが、それで「業界票」を固められるものならば苦労はない。一方「政・財・官」癒着構造の一極=財界にはこのところ戸惑いと混乱が如実である。これまでの自民党同様民主党にも金で差配する構造を移植したいと言ってもそうは問屋が卸さない。各企業が社会を構成する単位として公共に認められたいのなら、まず従来の一政党へ極度に偏った不公正な企業献金を自ら排さなければならない。世は田沼意次の時代ではないのである。「政・財・官」が「なあなあ」で癒着してこの国全体を支配するという、近代国家が聞いて呆れる旧態依然の構造は今度の選挙で打破されるのだ。少なくともその端緒には今度の総選挙は充分なり得るだろう。・・というわけで昨日は某blogへ大阪天神祭の「7・23ギャル神輿」のフォトとムービーをしゃかりきになってアップしたが訪問pv数が期待していたより一桁少なかった。あっちゃ~っ。私も時代からずれているってか、ぁそ。 .

============

民主党:浅尾参院議員を除籍 神奈川4区出馬表明 毎日jp

 浅尾慶一郎参院議員は24日午後、参院議員会館で記者会見し、民主党を離党し、衆院選に神奈川4区から無所属で立候補することを正式に表明した。同党は神奈川4区で前逗子市長の長島一由氏を公認しており、事実上の分裂選挙となる。浅尾氏は同日、鳩山由紀夫代表あてに離党届を提出したが、鳩山氏は離党届を受理せず、除籍(除名)処分とすることを決めた。

 岡田克也幹事長は24日、処分の理由について埼玉県宮代町内で記者団に「党一丸で戦っている時に、要職にある浅尾さんが離党し、既に党公認候補がいる選挙区から出るというのは、許し難い反党行為だ」と語った。

 民主党は同日、浅尾氏の参院会派からの退会届を参院事務局に提出した。参院の新勢力分野は次の通り。

 民主党・新緑風会・国民新・日本117▽自民党81▽公明党21▽共産党7▽社民党・護憲連合5▽改革クラブ4▽無所属6▽欠員1【野口武則】

============

経済界:民主党政権誕生を意識した発言相次ぐ 毎日jp

 衆院の解散、総選挙を前に、最近の政治情勢を踏まえて民主党政権の誕生を意識した発言が、経済界から相次いだ。

 経済同友会は17日、長野県軽井沢町で開いた夏季セミナーで、政権交代を前提に、今後の対応について意見を交わした。

 桜井正光代表幹事は民主党が比較第1党になる可能性が高いとして、政権交代で「政治的空白をいかに少なくするかが重要だ」と指摘した。長谷川閑史・武田薬品工業社長は「国民は長い目で見ることが必要だ」と述べ、民主党政権への期待感を表明。数土文夫・JFEホールディングス社長は、民主党が掲げる企業・団体献金の全面禁止に不安感を示した。

 16日から開いた同セミナーは、新政権に対し、さらなる構造改革や財政再建に向けた取り組みなどを求める軽井沢アピールをまとめ、閉会した。

 一方、電気事業連合会の森詳介会長(関西電力社長)は17日の会見で、地球温暖化対策の柱となる温室効果ガス削減の民主党案について、「経済、国民に与える影響を明らかにしたうえでやるべきだ」と注文をつけた。

 温室効果ガスは、主要8カ国(G8)首脳会議(ラクイラ・サミット)で、2050年までに80%削減する長期目標でG8が合意。日本政府は中期目標で「05年比15%減(90年比8%減)」を掲げ、民主党は「05年比30%減(90年比25%以上減)」の方針を打ち出している。

 森会長は「我々は削減に向けできることをやっている。ただ、設備更新に10~20年かかり、すぐに目標数値をやりかえることはできない」と、理解を求めた。【後藤逸郎、三沢耕平】

============

全国知事会:自、公、民各党と公開討論 地方分権テーマ 毎日jp

 全国知事会(会長・麻生渡福岡県知事)は24日、地方分権改革をテーマに自民、民主、公明各党と公開討論会を開催することを決めた。与党と野党第1党の民主党が策定したそれぞれのマニフェストについて、来月7日に東京で各政党幹部と知事が意見交換する予定という。

 知事会によると、討論会には自民党の菅義偉・選挙対策副委員長、公明党の山口那津男・政調会長、民主党の玄葉光一郎・分権調査会長が参加予定。知事会側は麻生知事や古川康佐賀県知事、橋下徹大阪府知事らが参加するという。各党の地方分権を巡る政策について、知事会として点数評価する方針。

============

2009年7月24日 21時26分 毎日jp
<橋下知事>経団連に支持政党表明迫る

 長野県軽井沢町で開かれていた日本経団連の夏季フォーラムで24日、大阪府の橋下徹知事が、衆院選で支持政党を表明するよう経団連に迫る場面があった。自民党を支持してきた経団連は今回、明確な態度を示しておらず、橋下知事は「企業献金なども含めて、本気になって(支持政党表明の)リスクを取らなきゃいけない」と、ハッパをかけた。

 道州制推進を掲げる御手洗冨士夫会長が、橋下知事を講師として招いた。橋下知事は地方分権の推進や、国と地方の関係見直しなどの持論を述べ、永田町や霞が関批判を展開。返す刀で経団連についても「国会議員や政党に振り向いてもらうには、ペーパーを出して『認めてもらう』のではなく、『認めさせる』やり方に変えなくてはならない」とばっさり。次期衆院選で要求が実現するか否かは「財界が政党に対してどれだけ圧力をかけられるのかにかかっている」と言い切った。

 御手洗会長は会見で、「経団連は政党支持ではなく政策の評価を機関決定してきている。このスタイルはこれからも続ける」と述べた。ただ、民主党に対して初めて、同党の「マニフェスト(政権公約)」の内容を聞く機会を設ける考えを示した。

 フォーラムは、少子高齢化、人口減少社会への対応として、道州制の導入や税財政、社会保障の一体改革の推進などを記した「アピール2009」を採択して閉会した。【福田隆、三沢耕平】

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-25 07:59 | 写真・ムービー等
d0136282_8454626.jpg

d0136282_8461292.jpg

d0136282_8463674.jpg

d0136282_23423843.jpg

・・というわけで、センキョ以外の話題も幾つか取り上げましたが・・。

============

 あれだけ騒いでみせた中川なり武部なりであったが、結局土壇場では彼らの行動は単なる猿芝居・出来レースであったことを隠そうともしなかった。田舎芝居にしても馬鹿丸出しで芸がなさ過ぎるから、アレを見て自民に心を戻した人がいるとも思われない。これに比べれば、平沼グループなり渡辺グループなりは(センキョ本番に自信があるためか)曲がりなりにも自民党を割って出ただけ遥かにまともで好感が持てる。第三極を目指すという勢力は総選挙後はいずれ結集して新党結成に至らなければ一貫しない。

 予想される全国の立候補者の顔ぶれをみると、劣勢を伝えられる自民党が乱立気味で、逆に民主党は先の郵政解散時の自民党のように比例区の名簿数が不足する事態を想定して至急増員を図っているとのことである。選挙区事情から、国民新党から民主党へトレード(?)された候補者もいれば、一方共産党はなんでもかんでも候補者を立てて党全体としての得票率を上げればいいというこれまでの基本戦略は捨てて、小選挙区では自主投票を大幅に増やすということである。ここもとりあえずは政権交代優先である。

============

中国の黄砂、13日間で地球を一周=研究 RSS 2009年7月21日

7月21日、研究報告によると、中国の黄砂が13日間で地球を一周していた。
[香港 21日 ロイター] 中国のタクラマカン砂漠で発生した大規模な砂嵐によって舞い上がった黄砂が、13日間で地球を1周していたことが分かった。九州大応用力学研究所の鵜野伊津志教授(環境気象学)らの研究チームが、英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」で発表した。

 黄砂は2度目に太平洋に到達すると一部は海に降り注いでおり、こうした自然現象が遠く離れた場所の環境にも影響を与える可能性が示された。

 鵜野教授は、ロイターの電話取材に対し「アジアで舞い上がった砂の粒子は通常は黄海や日本海に落ち、サハラ砂漠の砂は大西洋やアフリカ沿岸に降る。しかし、今回の研究では中国の砂が太平洋にも届くことが示された」と説明。その上で「砂には5%の鉄分を含んでおり、それが海には重要だ」と述べた。

 研究チームは、米航空宇宙局(NASA)の人工衛星や数学モデリングを使い、2007年5月8─9日にタクラマカン砂漠から空中に舞い上がった黄砂の動きを検証。上空8─10キロに上昇した黄砂の雲は垂直方向に約3キロ、水平方向に最大2000キロの大きさとなり、地球を1周した後もほぼ同じ状態を保っていたという。

============

 現在の米国は、まだ世界唯一の覇権国である。ドルは唯一の国際基軸通貨である。だが、米国の金融危機は潜在的に拡大しており、早ければ今夏の終わりにAIGなどで金融危機が再燃し、ドルや米国債に対する国際信用が下落する。
英文ウェブログ界では最近「9月末ごろにドル崩壊説」がよく出ている。このドル危機が起きた後、世界は多極化の様相を強め、米国の多極的協調の方針は具現化の度合いを増す。逆に、米金融が延命し、ドルや米国債の破綻が延期されれば、その分、多極化の進展は遅くなる。(田中宇7/21)

cf.CFR

============

政権交代先取り?市場は“民主銘柄”を物色
読売新聞2009年7月22日(水)20:03

 「政権選択」が最大の焦点となる衆院選に向けた各政党の動きが本格化する中、株式市場では政権交代の可能性をにらんで民主党が主張する新政策を意識した個別銘柄の動きが活発になっている。

 注目を集めているのが子育て関連株だ。民主党は月2万6000円の「子ども手当」の支給を打ち出しており、22日には個別指導塾を展開するリソー教育と玩具大手のタカラトミーが今年の最高値を更新。育児用品大手のピジョン株も堅調だ。農家への戸別所得補償をめぐっては農機メーカー大手の井関農機やクボタが値を上げている。

 一方、高速道路の無料化を巡っては、自動車用品販売大手のイエローハットが22日に今年の最高値を更新した一方、利用客減少の可能性がある鉄道や航空会社などの株は伸び悩むなど、明暗が分かれている。

 当面は、各党の政策や選挙の情勢分析などを材料とした取引が続くと見られるが、「政策の内容や実現性は慎重に見極める必要がある」(三菱UFJ証券の藤戸則弘氏)との指摘も聞かれる。

============

<西松事件>二階氏秘書「不起訴不当」検察審
7月22日12時16分配信 毎日新聞

 自民党二階派(会長・二階俊博経済産業相)の政治団体「新しい波」が西松建設からダミーの2団体名義でパーティー券代計340万円を受領した問題で、東京第3検察審査会は21日付で、政治資金規正法違反容疑で告発された二階氏の秘書を不起訴(嫌疑不十分)とした東京地検特捜部の処分(6月26日付)について「不起訴不当」と議決した。

 特捜部によると、秘書は西松にパーティー券を持ち込み購入を依頼したとされる。議決書は「捜査が尽くされているとは到底言えない、との印象が強い。強い政治不信が見られるという政治状況を踏まえると、パーティー券を購入した側(西松側)のみを処罰するのは納得できない」とした。起訴相当の議決が2回続くと起訴されるが、不起訴不当には法的拘束力はない。【岩佐淳士】

============

2009年7月22日 21時34分 毎日jp
<渡辺喜美氏>新党結成「今月あるいは8月上旬に」と述べる

 自民党を離党した渡辺喜美前衆院議員(元行政改革担当相)は22日、富山県高岡市内で開かれた衆院選への立候補予定者の総決起集会に出席した後、記者団に対し、新党結成の時期について「準備の都合もあるので、おのずとタイムリミットは限られている。今月あるいは8月上旬には作りたい」と語った。

 渡辺氏は、新党の参加者数について「2けたは集まっている」と、これまで通りの発言を繰り返した。【葛西大博】

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-22 23:51 | 時事

任期満了で盛夏の解散。

d0136282_5473180.jpg

 やっとこ解散だけど、なにせ40日も先のしかも盛夏の折のことだから今からエンジン全開でふかしていたら本番までもたない。ここはゆったり構えて興味を惹く話題があったときだけ適宜拾って行くつもりでいる。今週は日本三大祭の一つ「大阪天神祭」があるけど何しろ想像するだけでも暑いから、私は最近数年は行ってない。でも今年は京都祇園祭もパスした私としてはせめて23日のギャル御輿くらいはちょっとだけでも行ってみたいと思っている。

*防府市方面の梅雨前線が刺激されて発生したゲリラ豪雨は7月分の降水量が一日で降り尽くし、救援に向かった消防車3台他が鉄砲水に襲われ濁流に呑まれるなど、これまでの常識を大きく覆している。地球環境は変化しつつある。犠牲者の方のご冥福をお祈りします。合掌。

============

田中氏「今こそ改国」、冬柴氏「負けるわけには」…兵庫8区
はや”臨選” 21日解散
衆院選決戦の夏

 衆院解散を21日に控えた3連休「中日」の19日、与野党が激突する各地の選挙区では、立候補予定者らが街頭演説のほか、各種の集会などを訪れ、8月30日の投票日まで続く長い夏の戦いの前哨戦に火花を散らした。各党幹部も、民主が地方選挙での連勝の勢いに乗り、各地で「政権交代」を唱えたのに対し、党内のゴタゴタが収まらない自民陣営は派手な演出は抑え気味で、危機感が漂った。

 兵庫8区(兵庫県尼崎市)から立候補の意向を示す新党日本代表・田中康夫参院議員はこの日、神戸市を訪れ、「公共事業や地方分権のあり方を兵庫8区から皆さんと一緒に変えたい」と報道陣に〈出馬宣言〉。迎え撃つ公明党の冬柴鉄三前幹事長は「どんな人が来ても負けるわけにはいかない」と、闘志をむき出しにした。

 田中氏は「神戸まつり」でにぎわう神戸市中央区で街頭に立ち、「『小泉構造改革』で国は借金が増えた。医療や福祉は切り捨てられた。明治維新が国を開く『開国』なら、今こそ国を改める『改国』をしなければならない」。その後、報道陣の取材に応じ、「国土交通行政を変えたいという強い思いがある」と述べるなど、早くも、国土交通相だった冬柴氏を意識した発言も飛び出した。

 冬柴氏はこの日、午前10時から、徒歩と自転車で尼崎市内の支持者回り。解散がささやかれ始めた昨秋から続けているといい、「帰ってきたのでごあいさつに伺いました。尼崎で一生懸命やります」と話しかけていた。読売新聞の取材に対し、「だれが出ても勝たなければならないことに変わりはない。逆風は感じるが、やるべきことをやっており、淡々とした気持ちだ」と語った。

 兵庫8区ではほかに共産、社民などが候補者擁立を予定している。

 一方、与野党幹部は対照的な動きを見せた。

 沖縄県入りした民主の鳩山代表はこの日、那覇市で国民新党との合同決起大会に臨み、「政権交代の大きなうねりをつくろうではありませんか」と2000人近い支持者に呼びかけ、亀井静香国民新党代表代行らと拳を突き上げた。

 自民は、麻生首相があまり動きを見せない中、首相のおひざ元の福岡県では、18日に古賀誠選挙対策委員長(福岡7区)陣営が大牟田市で事務所開きしたが、報道陣をシャットアウト。与謝野馨財務相(東京1区)の事務所では19日、本人も姿を見せ、解散後の集会の日程調整に追われた。(2009年7月20日 読売新聞)

============

 先日の「そこまで言って委員会」で誰かが、関西圏ではヤッシーは意外と不人気だと言っていた。ヤッシーのワッペンなどは大阪のおかんのサンバイザー被りや自転車への日傘立てと通じる「センスのなさ」があるというのである。それが頭に残っていたから感じたのかも知れないが、明治維新は「開国」で今回は「改国」だなどという駄洒落(?)は私には全然面白くない。

============

政権懸け自民・民主が激突=長期戦スタート-衆院解散 jiji.com.

 衆院は21日午後解散され、政府は臨時閣議で第45回衆院選の日程を「8月18日公示、30日投票」とすることを正式決定した。小選挙区制下では5回目の衆院選で、21日現在、1231人が立候補を予定している。自民、公明両党の連立政権継続か、民主党中心の新政権誕生か、政権選択を争点に激しい戦いが展開される。今回は解散から投開票まで40日間あり、異例の長期戦となるが、与野党各党は早速、両院議員総会や街頭演説などを行い、事実上の選挙戦に突入した。
 河村建夫官房長官は21日午後、臨時閣議後の記者会見で、「経済は明るい兆しが見え始めているが危機を脱したとは言えない。国際情勢も北朝鮮問題など予断を許さない状況だ。国民が総選挙の意義を十分認識し、賢明なる審判を下すよう希望する」との政府声明を発表した。 
 衆院解散後、自民党は国会内で両院議員総会を開催。事実上の決起集会との位置付けで、麻生太郎首相は「40日間の長い選挙戦を戦っていただく。(わたしも)一致団結を力に先頭に立って戦い抜く」と衆院選勝利に向けた決意を表明した。首相はこの後、記者会見に臨み、経済政策に最優先に取り組んできた実績などを挙げて、政権継続に理解を求める。
 民主党の鳩山由紀夫代表は午後、党本部で記者会見を行う。これに先立ち、同氏は前・元議員や新人候補に対し公認証を手渡し、「新しい政治の夜明けを使命感を持って達成してほしい」と激励した。同党は解散前の地方選の連勝で勢いづいており、鳩山氏は官僚主導の打破、徹底した地方分権などを掲げ、政権交代の必要性を強調する考えだ。
 他の政党もそれぞれ記者会見や街頭演説などで政策をアピールし支持を訴える。自民、民主両党の争いに埋没しかねないとの懸念があり、議席増に向けて総力を挙げる。

◇今後の政治日程

【8月】
 6日  広島原爆の日
 9日  長崎原爆の日
15日  終戦記念日
17日  4~6月期の国内総生産(GDP)速報値発表
18日  衆院選公示
30日  衆院選投開票日
 月末  2010年度予算の概算要求締め切り
【9月】
中下旬  特別国会召集。首相指名選挙
24日  麻生政権発足1年。米ピッツバーグで金融サミット(~25日)
30日  麻生太郎自民党総裁の任期切れ (2009/07/21-17:08)

============

7月21日12時7分配信 毎日新聞
<衆院解散>民主「過半数」に壁 129議席増が必要
与党過半数割れそのとき民主は…

 自民党が大勝した郵政選挙から4年。今回の衆院選は自民、公明両党合わせて過半数の241議席以上を維持するか、民主党が連立相手に想定する社民、国民新両党と合わせて過半数に達するかが焦点となる。

 21日の解散時で与党は自民303、公明31の計334議席。ここから94議席以上減らせば過半数を割り込み、政権維持が難しくなる。この場合、公明党が解散時議席を確保すると仮定すれば、自民党は209議席以下に落ち込む大敗となる。

 攻める民主党の解散時議席は112。単独過半数には129議席の大幅な積み増しが必要。連立で過半数に達する場合でも、社民党7、国民新党5の解散時議席維持を前提に117議席以上という倍増を超える大躍進をしなければならない。

 自公と民主など3党がいずれも過半数に達しなかった場合にカギを握るのが共産党(解散時9議席)や小政党・無所属議員の存在だ。その場合、民主党が第1党になって主導権を握るためには、公明党の解散時議席確保を前提として自民党の最大議席209を上回らなければならず、民主党は98以上の議席増が必要となる。

============

 この種の議論は以前はしょっちゅう蒸返されていたが、最近は鳴りを潜めていた。民主党が超えるべきハードルは確かに高いが、このところの地方選の民主党の勝ちっぷりと自民党の負けっぷりをみると一気に突破してしまう可能性も充分にある。いずれにせよ自民党は今回は負ける選挙である。「万歳三唱」はいいけれど、あの中からいったいどれだけの議員が国会へ戻って来られるか、そのためには「泣き落とし」でも「同情票」でも何でも、負け方をどれだけ最小限度に止められるかの選挙なのである。
 世論の大勢としては、ここは一つ「初めてのお使い」を民主・社民・国民新党にやらせてみようという国民的合意が出来ているように私には思われるのであるが。

============

「選挙の顔」2度の好機逃し 首相がけっぷち 2009年7月21日18時46分
asahi.com

 首相就任直前、月刊誌への寄稿の中で、「国民の審判を仰ぐのが最初の使命だ」と言い切った麻生首相が、10カ月を経て、ようやく「初志」の衆院解散にこぎつけた。

 05年9月、小泉首相(当時)が自民党を圧勝に導いた郵政選挙のあと、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎3氏が総選挙を経ずに首相の座に就いた。衆院議員の任期満了まで1年を切った時期に引き継いだ麻生首相に、党内は「選挙の顔」の役割を期待した。

 ところが、政策や発言のブレなどで内閣支持率は低下。党内には「麻生首相では総選挙は戦えない」という気分が蔓延(まんえん)している。それでも首相が「私が解散する」と言い続けたのは、ここでまた「顔」を代えれば自民党への信頼は地に落ちる、そんな思いからだろう。

 「政局より政策」と訴え、景気対策を理由に解散を先送りしつつ信を問う好機をうかがった。だが、時機を失した感は否めない。

 これまで首相が解散に踏み切るチャンスは、少なくとも2回あった。

 最初は就任直後、昨秋の臨時国会冒頭だ。政権発足当初の支持率は40%を超えた。首相自身も「国会の冒頭、堂々と私とわが自民党の政策を小沢(民主党)代表にぶつけたうえで、国民に信を問おう」と論文で訴えた。しかし、世界的な金融危機で首相は思いとどまった。

 2度目は09年度予算成立後の「春解散」だ。3月、小沢氏の公設秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕され、首相の支持は回復した。だが、首相は5月の09年度補正予算成立まで解散を封印した。

 2度とも与党の勝利は微妙と見られたものの、首相が主導できる解散時期は他にはほぼなかった。それを見送った首相に残された選択肢は、8月のお盆をはさんで前か後かの総選挙、という「誤差」の範囲に狭まっていた。

 「支持率は良くなる」。首相に近い自民党幹部は5月の連休後、こんな見通しを示した。首相自身、7月の静岡県知事選や東京都議選に勝ち、その勢いで総選挙を戦うシナリオを描いていた。その読みは楽観的すぎた。中川財務相や鳩山総務相の辞任に象徴されるように、政策以前に首相の統治能力と資質が問われ、地方選挙でも連敗が続いた。

 1954年12月、首相の祖父の吉田茂元首相は造船疑獄などの逆境を解散で打開しようとしたが、側近や党内の反対に遭い断念。後継首相に選出されたのは鳩山民主党代表の祖父、一郎氏だった。

 それから55年。首相は鳩山民主党との政治決戦に臨む。「選挙の顔」の期待は消え、がけっぷちに追い込まれての選挙戦が首相を待ち受ける。(津川章久)

============

民主・鳩山代表の会見要旨 jiji.com

 民主党の鳩山由紀夫代表が21日午後に行った記者会見の要旨は次の通り。
 本日から40日間にわたる政権交代選挙に突入する。歴史的な使命を持って民主党は戦わなければならない。何としても政権交代を実現させる。
 あくまで民主党はチャレンジャーであり、マニフェスト(政権公約)を堂々と掲げて勝利を勝ち取っていかなければならない。政策論争を大いにやりたい。自公連立政権を倒して、新しい政権を作り上げたい。必ずできる。
 -東京12区など空白区の調整状況は。
 着々と準備を進めている段階だ。できれば今週中にも結論を出すべく準備を進めている。
 -勝敗ラインは社民、国民新両党と合わせて過半数獲得か。
 最低限、第1党になる。そして、野党と協力して過半数の議席を得ることが目標だ。
 -自身の偽装献金問題で、追加の調査報告を明らかにする考えは。
 新しい事実が分かれば弁護士を通じて発表することはあり得るが、いつになるか分からない。
 -政権交代した場合の閣僚人事などで、小選挙区当選を就任の絶対条件とする考えはあるか。
 少なくとも現職は小選挙区で勝ち上がってもらわなければ政権交代などおぼつかないが、そのことを絶対条件にすると考えているわけではない。
 -祖父の鳩山一郎元首相が自身にアドバイスをするとしたら。
 「孫として恥のないようにしっかり頑張れ」というエールでも送ってもらえるのではないか。
 -今回の解散のネーミングは。
 「政権交代解散」しかない。(2009/07/21-20:12)

============

山口の豪雨で5人死亡、11人不明 特養施設に土石流 NIKKEI NET

 山口県内で21日、発達した梅雨前線による記録的な豪雨の影響で、土石流が相次いで発生するなどし、山口県防府市の特別養護老人ホームの入所者ら5人が死亡、11人が行方不明になった。被害を受け、政府は官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。警察庁も災害情報連絡室を置き、情報収集を始めた。

 県警などによると、同日正午すぎ、防府市真尾の特別養護老人ホーム「ライフケア高砂」の裏山が崩れ、地上2階建ての1階に土砂が流入した。土石流が発生したとみられ、入所していた大野峯男さん(82)、藤沢繁美さん(95)、河野絹子さん(85)の3人が死亡、4人が行方不明となった。

 施設には約90人が入所しており、一時、87人が屋上に取り残された。県は午後、自衛隊の災害派遣を要請、同日午後8時までにヘリコプターで救助された。(02:20)

============

cf.防府市緊急防災情報

============

cf.大阪天満宮天神祭

7/23(木)・・ギャル御輿
7/24(金)・・宵宮
7/25(土)・・本宮

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-22 05:49 | 時事

時局&金融工学。

d0136282_5255145.jpg

 『マネー資本主義』という奥歯にモノが挟まったようなわけわからないタイトルのNHK特集全5回が昨夜終わったが「で、どうなんだ!?」(小田実)というと大事なことは何も言っていないという印象である。
①いわゆる「金融資本主義」なるものが資本主義の究極の姿であるのかどうか。
②資本主義の過去と現在に対する根本的な批判とそれに対して資本主義を擁護する側からの反・批判はどこでどう噛合っているのか。
③世界経済の行く末、なかんずく今や「ドル本位制」とも言うべき現在の世界の基軸通貨=ドルに未来はあるのか・・等々切り込むべき課題は山ほどあるが、NHKはその周辺を当たらず触らず徘徊してお茶を濁しただけである。スポンサーも持たないNHKはいったい誰に何を遠慮しているのかと言えば、その視線の先にあるのは自公政権と霞ヶ関だけだと言っていいのである。「政権交代」はかかるメディア内部の風通しも俄然良くする筈である。

 で、昨夜のゲストたちは「遠慮がちに」ではあったが少しずついいことを示唆していた。「各国マネーが(かつての肉弾戦の)代理戦争をしている」だとか「公益資本主義の視点が必要だ」とか、或いは「マネー投機」ではなく「(農業等)地場産業への地道な投資が必要だ」とかである。
 最後の「地場産業育成」について言うなら、これは単に日本国内においてのみ要請されていることではなく、全世界規模で「もの作り支援」が緊急に要請されていることは自明であるが、現実には「モノを作っていたんでは食って行けない(!)」民が世界中に溢れている上、「モノを右から左へ動かすだけ」更には「何も作らず動かさず単にデータを打ちかえるだけの人間が瞬時にして膨大な利潤を獲得してしまう」体制が世界を覆い尽くしているのであり、これこそが「金が全ての世の中」のぶっちゃけた姿なのである。
 この「ウォール街の投機合戦」に学問的権威付けを与えたのがいわゆる「金融工学」なる「学」で、複雑な数式を駆使してやっていることは、要するに確率論に基づく「投機の合理化」であり「リスクの可能的分散化」なのであって、「サイコロの出目にだって理屈がある(!)」と言っているようなもので元よりこんなものが学問の名に値するものかどうか、私には甚だ疑問である。だいたいが金を貸して利鞘を稼ぐなんてことが経済の中心になっていい筈もなく、古来人間存在は「モノを作ってナンボ」だったのである。

============

2009衆院選みやざき:「中山氏指示で党本部へ」 除名の自民支部幹部が証言/宮崎 毎日jp

 次期衆院選宮崎1区で、自民県連の決定に反して中山成彬氏擁立を画策したとして、自民1区支部幹部2人が18日、除名された。除名された大村嘉一郎副支部長は「中山氏の指示で党本部へ行った」と中山氏側の事前工作があったことを認めた。県連内からは中山氏自身の除名を求める声も出ており、県連と中山氏側との溝は深まるばかり。解散目前のお家騒動に党員からは悲鳴も上がっている。【種市房子】

 党紀委員会で除名が決まったのは、大村氏と久島時夫幹事長。

 大村氏は「約3週間前に中山氏の後援会から『中山氏を推薦する書類に署名なつ印してほしい』という依頼書が届いたため16日に支部総会を開いた。党本部に行ったのも1区支部長の中山氏の指示だった」と説明した。

 党紀委に先立って開かれた県連総務会・支部長会では、中山氏への批判が続出した。緒嶋雅晃・県連会長は冒頭あいさつで中山氏擁立の動きを批判したうえで「県連が決めた1区公認候補者は上杉光弘・元参院議員だ」と述べ「党本部が中山氏を公認するならば、県連会長を辞任する覚悟だ」と息巻いた。

 参加者からも「国会議員引退という重大な決意を公言し、それを撤回する中山氏の行為は政治家として許されない」「中山氏は07年の知事選でも県連推薦候補とは違う人物を支援したうえ、共倒れに終わり、県連の厳重注意を受けた。この時の処分は軽かったが、今度こそ除名処分を」との意見も出された。

 逆に、この会場で「中山氏を支援する」と述べた1区支部幹部は「不適切な発言があった」として党則を順守するよう勧告された。

 緒嶋会長は22日にも党本部を訪ね、上杉氏を公認するよう求める方針だ。

============

2009年7月19日 16時54分 ( 2009年7月19日 19時17分更新 )
比例は民主36%、自民15% 共同通信、電話世論調査

 共同通信社が18、19の両日、衆院選への有権者の関心度や政党支持の傾向を探るために実施した全国電話世論調査で、比例代表の投票先政党で民主党が36・2%に上り、15・6%だった自民党の2倍以上に達した。前回2005年衆院選の第1回トレンド調査では自民党が31・5%、民主党15・2%だったが、完全に逆転した形だ。ただ「まだ決めていない」の回答が34・7%あり、情勢が変化する可能性もある。

============

 比例区の投票先も党首の人気度も、どこのどの新聞社の調査においてもダブルスコア以上に離されているため、自民候補の戦術は「自民隠し」に走ることが多いのだが、政党政治の根幹を否定するようなこういう姑息な手段で最近成功したのは千葉の森田健作だけである。知恵もなくした自民党はオタオタするばかりだ。

============

自民の危機的状況象徴 津島氏引退 『河北新報』

 自民党津島派会長の津島雄二党税制調査会長が19日、政界引退を表明した。高齢多選批判で苦戦が予想されていたことに加え、衆院解散をめぐる党内混乱で自民党への逆風がさらに強まったことが、第2派閥の領袖を追い込んだ。解散直前、重鎮の唐突な行動は自民党の危機的状況がにじむ退場劇となった。

 79歳、当選11回。批判の風圧は本人が一番感じていたに違いない。4月の青森市長選で、通算6選を目指した盟友の自民系現職(76)が元県議の新人に敗れ落選した。

 津島氏は記者会見で「(盟友の落選も)一つの要素。高齢多選に対する批判が流れとしてある」と述べた。
 津島氏自身も前回衆院選(2005年)で、高齢・多選を批判した民主党候補に1万5000票差まで迫られていた。

 任期中に首相が3人も交代し、迷走を続けた自民党政治も、保守地盤が頼りのベテランにはこたえた。

 青森市の医師有志が昨年10月、後期高齢者医療制度の廃止を求めた。厚相を2度務めた津島氏のおひざ元で起きた「反乱」には、影響力の陰りが見て取れた。05年、第2派閥の旧橋本派を継ぎ、会長に就いた。党税制調査会長として社会保障の安定財源確保などの税制改正論議をリード。中央政界では存在感を示した。

 中川秀直元幹事長らが両院議員総会開催を求めて署名簿を集めた16日には「麻生降ろしに使われるなら、署名を引き揚げる」と表明。反麻生グループの鎮圧に一役買った。津島氏は「なんとか(党内の)意見の食い違いは収まった」と強調したが、有権者に渦巻く突風のような自民批判を抑えることにはつながらなかった。

 「結論は一人で出した。わたしより政治経歴の長い人は党内でもそんなにいない。相談できる立場ではない」と語った津島氏。33年の政治キャリアに幕を引いた。(解説=青森総局・一条優太、報道部・藤本貴裕)


●会見要旨
 19日の記者会見で政界引退を表明した津島雄二自民党衆院議員の会見での発言要旨は次の通り。

 【次期衆院選への不出馬の理由】わが党の将来、日本の政治も、若い人が素直な目で次の時代を切り開いていく必要性を感じた。高齢、多選に対する批判は流れとしてある。政権交代という主張などチェンジしてもらいたいという流れが(世の中に)あるということを見落とすことはできない。

 【党内情勢について】いろいろな意見の食い違いがあったが、両院議員総会ではなく、(両院議員懇談会で)意見を述べ合うということに収まったのは大変結構だ。選挙直前に風向きが厳しくなると、政策に異論を唱える人が出てきた。そういう状況で、自民党は解党的な出直しが必要だと確信している。
 閣僚の中からも(両院議員総会で)意見を交換する必要があるというのは、誠に奇異な感じがする。経済政策の中心になってきた人が、これまでの努力とは別に、何かほかの意見があるかのように行動したことに強い違和感を覚えている。

 【後継者について】わたしの政治哲学をよく理解する人に引き継いでほしいが、有権者の意見を踏まえて県連が決めることなので、静かに待ちたい。
 【派閥会長職の後継について】(派内の)何人かにわたしの決断を連絡して、みんなで相談してくれと伝えた。(意中の人は)いない。お任せする。

 【今後の政治とのかかわり方】党内の大きなグループを率いてきた経験は、今後も役立つと思っている。歯に衣(きぬ)着せずに与党に対しても野党に対しても、間違ったことはいけないという発言をしていきたい。


◎「寝耳に水」党に戸惑い

 自民党津島派会長を務める津島雄二税制調査会長が19日、引退を表明した。追随する議員はいないとみられるが、派閥領袖の突然の引退表明は党内に少なからずショックを与えそうだ。

 自民党選対幹部は19日、津島氏の選挙情勢に関し「青森市長選で自民党系の現職が落選するなど厳しい情勢だった」と明かした。党内ではこうした「個別事情」(幹部)との受け止めが大勢だ。

 ただ首相の政権運営がこのような状況につながったことは否定できない。参院幹部は「自民党の窮状をまともに受けた決断。本来なら派閥領袖として先頭に立って選挙を戦うべきだろうが、ぶざまな敗北を喫して晩節を汚すよりは自ら身を引く道を選んだのではないか。引退はせずとも同じ気持ちのベテランも多いだろう」と指摘。若手は「派閥領袖の解散直前の引退表明だけに議員心理に相当マイナスの影響がある」と懸念を示した。

 津島派の船田元・事務総長は談話で「全く寝耳に水だった。厳しい選挙に向かって陣頭指揮を執ってもらおうとしていた矢先の表明で、戸惑いを隠せない」としながらも「津島派として早急に態勢を整えて選挙に臨む」と強調した。津島派の後継会長には額賀福志郎会長代理の昇格が有力とみられるが、調整は衆院選後になる可能性もある。2009年07月20日月曜日

============

 中央では自民党第二派閥の会長が交代になるというだけのことかも知れないが、地元紙ではこのニュースが大きく取り上げられており、総選挙の票の一票一票は何も中央で一括処理されるわけではないので(!)これが大きいのである。

============

衆院、あす解散 8・30総選挙 2009年7月20日 『中日新聞』朝刊

 麻生太郎首相は21日午後、衆院解散に踏み切る。その後の臨時閣議で「8月18日公示-30日投開票」の総選挙日程を決定する。各党は公示を待たず、2005年9月の郵政選挙以来、3年11カ月ぶりの選挙戦に事実上突入する。麻生内閣が支持率低迷にあえぐ中、民主党が政権交代を実現できるかが最大の焦点だ。政権選択の選挙が、ついに始まる。

 首相は21日午前の定例閣議で衆院解散を正式に表明し、解散詔書を閣議決定する。詔書には、全閣僚が署名する見通しだ。

 衆院本会議に先立ち、自民党は党本部で、議決権のない両院議員懇談会を非公開で開く。懇談会には首相も出席し、東京都議選など一連の地方選敗北を総括した上で、衆院選に臨む決意などを示す。

 懇談会では中川秀直元幹事長ら、首相に批判的な勢力から首相の責任を追及する声が上がる見通し。

 懇談会を非公開とすることへの批判も党内外で高まっており、紛糾する展開も予想される。

 首相は選挙戦では、最優先で取り組んできた景気対策の成果をアピールするとともに、外交・安全保障分野を中心に民主党の政権担当能力を問う構えだ。

 しかし、首相に批判的な自民党候補が、公然と党の方針に反する政策を訴える「分裂選挙」となる様相が強まっている。こうした中で与党が過半数を確保し、首相が政権を維持できるかは予断を許さない状況だ。

 一方、民主党は不人気の首相による解散を歓迎。混乱する自民党を尻目に、選挙活動を本格化させている。政権交代が現実味を増す中、社民党や国民新党との連立協議も加速させる方針だ。

============

cf.金融工学とは何か?
cf.金融工学ウィキペディア
cf.金融工学入門

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-21 05:32 | 時事

玉出月曜丼特売。

d0136282_19144855.jpg
d0136282_1915562.jpg
d0136282_19152269.jpg
d0136282_19153994.jpg
d0136282_19155189.jpg
d0136282_19161025.jpg
d0136282_19162792.jpg

 今日は一日曇り空で時折小雨がぱらつくという天候だった。関西は梅雨はまだ明けていない。
 というわけで大池玉出は月曜は丼の特売日でその目玉が ↑ 写真の親子丼198円で、けっこうボリュームがあっておいしかったが、でも以前は同じく月曜日の特売で玉子丼が128円だったこともあるから、「どっちが得かよく考えてみよう」(←昔このフレーズが流行ったことがある)。ぁそ。

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-20 19:29
d0136282_1049417.jpg

 国会村は三連休に入ってしまったので裏で何をやっているのか知らないがニュースが入って来ないから私もネタ切れである。あちゃ。今日はTBS「サンデーモーニング」もNHK「日曜討論」もテレビ朝日「サンデープロジェクト」も私には大して面白くなくて、「これだったら平日の方がナンボかマシだな」と思ったりして、その後NHK「囲碁トーナメント」を見るのを途中で止め読売「そこまで言って委員会」へ回したら広瀬隆氏が呼ばれていて、常連たちからは概ね不評だったのには別段何ら意外性はなかったが、話の推移にちょっとだけ興味が湧いて来て検索にかけたら、「広瀬隆は、どこまで信用できるの?」という2チャンネルの古いスレッドがあっていまだになんたら書き込みがあったのである。で、普段2チャンネルには行かない私だけどこれが部分的には結構面白かった。自慢じゃないけどこの人の本は私は買って読んだことは一度もないし、なんというか彼にはキワモノ・イロモノという漠然たる印象を持っているには違いないが、それを言うなら委員会のメンバーだって勝谷にしろ宮崎にしろキワモノ・イロモノ専科の謂わば「評論芸人」以上ではないのだから、彼らがまるで天敵に出会ったかのように広瀬氏を攻撃するのは犬が電柱に小便をかけるのと同様まさに「目糞鼻糞を笑う」そのままで、自分らのショバを防衛しようというケチな了見が見え見え如実であったわけである。

============

セブン-イレブン、弁当値引きを容認 7月18日3時9分配信 読売新聞

 セブン-イレブン・ジャパンが公正取引委員会の排除措置命令を受け入れ、売れ残った弁当などを加盟店が値引きする「見切り販売」を認める方針を決めたことが17日分かった。

 加盟店は今後、仕入れ値を下回らない限り、販売期限間近の弁当などの値引き販売が事実上、自由にできるようになる見通しだ。

 セブン-イレブンは6月22日、見切り販売を制限したのは独占禁止法違反だとして公取委から排除措置命令を受けた。翌23日には加盟店の全額負担だった廃棄損失のうち15%(年間約100億円)を本部側が負担すると発表したが、一部加盟店の反発が根強く、見切り販売の容認を決断した。

 販売容認に当たり、具体的な販売ルールの素案を公取委に提出した。極端な安売りにならないよう「仕入れ値を下回らない範囲」で行うとの内容を盛り込んだ。仕入れ値を下回れば店舗の粗利が減り、本部が経営指導の対価として受け取るロイヤルティーにも響いて双方の経営を圧迫するためだ。今後は公取委と販売方法のルールの細部を調整し、まとまった段階で加盟店オーナーや従業員らに伝える。
最終更新:7月18日3時9分 読売新聞

============

 最近私の生活圏内でもどんどんコンビニが新規開店しているが、その内実たるや「夫婦で昼夜働いても合わせて手取り15万にしか届かない」などという話をテレビで見ると、この業界も「胴元」だけが儲かる賭場みたいな状況なのかと(!)恐れ入谷の鬼子母神状態に陥ってしまうのである。本社も各フランチャイズ店も共に共存共栄で儲かってしょうがないなどという事態が果たして起こり得るのか、私には大いに疑問である。ま、私はQQショップが変身した百円ローソン以外コンビニへ行くことは殆どないからいいんだけど・・。ぁそ。

============

「麻生降ろし」議員は応援せず…自民都議団 7月18日7時12分配信 読売新聞

 麻生降ろしに加担する国会議員は、衆院選で応援しません--。東京都議選で大敗した自民党都議団は17日、「挙党一致で行動しなければ、衆院選で支援しない」とする内容の決議文をまとめ、党本部に提出した。

 都議団は、麻生降ろしの動きが都議選敗退の一因とみており、「党内の混乱が続けば衆院選も大敗する」(都議)として、異例の決議文提出に踏み切った。

 決議文では、麻生首相に批判的な言動をする国会議員を「責任政党の一翼を担っている自覚も責任も全く感じられない」と指弾し、「挙党一致の行動がなされない時は衆院選は重大な決意をもって臨む」とした。

 背景には「麻生内閣の低支持率の下、組織力で都議選を戦うつもりだったが、党内の混乱が従来の『自民ファン』をも離れさせ、組織選挙も崩壊した」(都議)という思いがある。

 この日は、都議選敗北を総括する都連の会議が開かれ、都選出国会議員らも多数出席。都議らから「敗北は国会議員がガタガタして党が一つにならなかったから」「自分の名が売れればいいと、テレビの前で勝手なことをしゃべる国会議員がいる。冗談じゃない」といった不満が噴出。

 矛先を向けられた形の国会議員が「麻生首相が議員の意見を聞いてどんな日本にするか語る場を作るため、(両院議員総会開催に賛成の)署名をしただけ」などと釈明に追われる一幕もあった。最終更新:7月18日7時12分 読売新聞

============

自民党:「麻生降ろし」鎮圧…執行部対応に不信感 2009年7月17日 21時38分 更新:7月18日 1時6分 毎日jp

 自民党執行部が17日、両院議員総会ではなく、議決権のない両院議員懇談会を開くことで押し切ったのは、署名数が開催に必要な128人に満たないと判断したからだ。議員懇が非公開で行われることも決まり、両院総会の開催を求める署名活動の中心となった中川秀直元幹事長らの動きは失速した。しかし、細田博之幹事長ら執行部による「反麻生」鎮圧は、衆院選を目前に党内にぬぐいがたいしこりを残す結果となった。【近藤大介】

 細田幹事長は17日、党本部で中川氏らと会談した際、「署名名簿の中身についていろいろと意見がある」と語り、署名の一部に疑義があるとの認識を示した。若林正俊両院議員総会長も同日の記者会見で「改めて本人の意思を確認し、承知していないのに、署名されているなどのケースがあった」と説明した。

 中川氏らは16日に130人以上の署名名簿を携え、両院総会開催を要求。これに対し、執行部側は個々の署名者に対する意思確認を急いだ。署名した当選1回の衆院議員は同日、党職員からの電話で「次期衆院選の党公認が分からなくなる。選挙区での公明党の支援もどうなるか」と告げられ、署名取り下げを打診されたという。

 両院総会が開かれれば、中川氏らが総裁選前倒しの議決もやりかねない。党執行部には徹底した切り崩し工作しか道はなかった。ただこうした動きは、皮肉にも両院総会を乗り切るだけの求心力を失った麻生太郎首相の窮状を浮き彫りにした。

 21日午後1時からは衆院解散のための本会議が予定され、同日午前11時半に始まる両院議員懇談会に使える時間は1時間余りしかない。マスコミに非公開という党方針も失望感を生んだ。

 執行部のメンバーからも「なぜ麻生首相がそんなに逃げるのか、理解に苦しむ」(谷川秀善参院幹事長)との疑問が聞かれる。両院総会を求めた加藤紘一元幹事長は17日、党本部で「麻生さんは党所属議員を恐れてはいけない。それでは選挙にならない」と、記者団に強調した。

============

自民3648人集団離党…長崎衆院議員の支持者 7月18日19時52分配信 読売新聞

 自民党を離党した長崎幸太郎衆院議員(比例南関東ブロック、無所属)を支持する党員3648人分の離党届が18日、甲府市の党山梨県連に提出された。

 長崎氏は当選1回。2005年の前回衆院選で、郵政民営化に反対した堀内光雄・元総務会長に対する「刺客候補」として山梨2区から党公認で出馬し、比例選で復活当選した。党は昨年6月、堀内氏の次期衆院選の公認を内定。長崎氏は、この決定を不服として離党届を提出。17日に正式に了承された。

 今回の大量離党は、公認を巡る党の決定に不満を持つ支持者が長崎氏に追随した形だが、内部対立やドタバタが尽きない自民党に嫌気がさした側面もある。

 離党届を提出した一人、党員歴42年という駒谷隆利・富士河口湖町議は18日、「党の上層部は言うこととやることがちぐはぐだ。ご都合主義の自民党になってしまった」と語った。

 党山梨県連によると、08年度現在、県連に党費を納めている一般党員数は約1万2千人。県連関係者は「今回離党届を出した自称『党員』の中には、党費を毎年納めず、我々が党員に含めていない人もいる」と話している。
最終更新:7月18日19時52分 読売新聞

============

 離党した人間を捕まえて「元々党費もろくすっぽ払っていねえ奴だからいいんだ」なんて言い出すのは末期症状だ。全国の他の自称「党員」たちの間にもそういう人間が多いということを告白しているようなもんだ。w

============

自民公約づくりは非公開…「反麻生」結集恐れ? 7月18日22時47分配信 読売新聞

 自民党が次期衆院選の政権公約(マニフェスト)の骨子を明らかにしないまま、21日の衆院解散を迎えようとしている。

 作成過程も非公開で、麻生首相に批判的な中堅・若手議員は秘密主義だとして執行部への反発を強めている。しびれを切らして党とは別の独自の公約を掲げようとする議員の動きもあり、党内の不協和音はますます大きくなっている。

 自民党のマニフェストは、公約作成プロジェクトチーム(PT)座長で首相に近い菅義偉選挙対策副委員長のほか、園田博之政調会長代理、石原伸晃幹事長代理ら「インナー」と呼ばれる5人が、6月中旬から秘密裏に会合を重ねて原案の作成を進めてきた。

 17日にPTと公約作成委員会(委員長・細田幹事長)の合同会議が初めて開かれ70項目の政策を盛り込んだ原案が提示されたが、批判が続出。「検討」「調整」「原則」などの文字が並び、財源や政策実現までの工程表も示されていなかったためだ。

 笹川総務会長は「『検討』とか『原則』などの言葉は使うな。やるならやると書け」、尾辻参院議員会長も「役所言葉ばかりで、とてもマニフェストとは言えない。もっと強い表現で書いた方がいい」と厳しく注文をつけた。

 菅氏は幹部一任を取りつけようとしたが、尾辻氏らは頑として認めなかった。 執行部がマニフェストの公開に及び腰なのは「麻生降ろし」が沈静化する前に内容を示せば、「あれが足りない、これを入れろと批判が続出し、党内のドタバタに、火に油を注ぐ」(幹部)と考えているためだ。解散後の24日にも政調審議会、総務会で党内の了承手続きを行ったうえで、内容を公表する予定だが、これが「最初で最後の平場の議論になる」(中堅)と見られている。「反麻生」勢力がマニフェスト反対で結集しないよう、解散後の日程を組み立てたと見る向きもある。

 「反麻生」の急先鋒(せんぽう)、中川秀直・元幹事長も18日のテレビ番組で、党のマニフェストが未公表であることに懸念を示したうえで「我々の意見がマニフェストに入らず、その主張を降ろすようでは、政治家ではない」と強調。党のマニフェストが意にそぐわなければ独自の公約を掲げる可能性を示唆した。

 小池百合子・元防衛相ら東京都選出の有志議員、首相と距離を置く鳩山邦夫・前総務相らも、独自の公約を作成する構えを見せている。

 こうした自民党の混乱ぶりに対し、野党側からは「政党の姿をなしていない」(鳩山民主党代表)と厳しい批判の声が上がっている。最終更新:7月18日22時47分 読売新聞

============

 「非公開」というのは新しいタイプの「劇場型」だろうか?
 それとも単なるアラ隠しの秘密主義?

============

津島雄二氏、衆院選不出馬 「いろいろ考えて」2009年7月19日13時36分
asahi.com

 自民党税制調査会長で津島派会長の津島雄二衆院議員(79)=衆院青森1区=が1カ月余り先に迫った次期衆院選に立候補しない意向を固めた。19日朝、地元の党県連幹部に伝えた。

 関係者によると、県連幹部のもとに津島氏本人から電話があり、「いろいろ考えて引退することにした」と話したという。津島氏は19日午後4時から、青森市内の事務所で記者会見し、正式に政界引退を表明する。

 津島氏は1953年に当時の大蔵省に入省。参事官などを務め、76年の衆院選で初当選した。厚生相などを歴任し、05年11月から党内第二派閥の津島派会長を務めている。現在11期目。

 次期衆院選の青森1区には津島氏をはじめ、民主、社民、共産などから6人が立候補を表明、激しい選挙戦が予想されている。大票田の青森市では4月の市長選で、津島氏と支持層が重なるとされる当時の市長(76)が通算6期目を目指したが、「高齢・多選」を批判されて大敗。津島氏にも「高齢・多選」がつきまとっているうえ、このところの自民への逆風も重なり、支持者の間には次期衆院選への危機感が広がっていた。

============

 この人も当落が微妙と危ぶまれていた自民幹部クラスの一人である。

============

 というわけで、↓ 以下が私が今日見た2チャンネル「広瀬隆はどこまで信用できるの?」の気になった箇所である。

>311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/19(日) 17:41:45 ID:iyhOXpPV
1975 昭和天皇初訪米&初公式記者会見
http://jp.youtube.com/watch?v=4b6VuxlBUYI
原爆についての発言
「広島市民には気の毒であるが、止むを得ない事」
原爆投下そのものを肯定する発言で、しかも長崎は完全無視
これで皇室に敬意を抱けと言われてもちゃんちゃらおかしいw

>355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 03:59:08 ID:9VG5s+md
141 名無しさん@3周年 sage 2009/06/29(月) 14:09:26 ID:NYBg+6IZ
618 :不良債権問題と機密費とヤクザ:2005/08/24(水) 18:44:57 ID:a9EgD95r

元内閣安全保障室審議官が2チャンネルの真実を暴露
「2chの書き込みが膨大な内閣機密費を使って行われていることすら知らない若者が多いのには驚く」
と簡単に軍需利権に煽られる単細胞な若者の無知に元カナダ大使館公使が警告した。
「2チャンネルの書き込みが、当初と違って右傾化、政権擁護的になってきているのは、
権力者がネットの影響力に気づいて、機密費を使って役人や「さくら」に書き込ませ、世論誘導をはかろうとしているからだ。
これはもはや知る人は知っている。実に卑劣な手口だ。」
,,,これは,もはや知る人は知っている。
http://www.amakiblog.com/archives/2005/07/05/
http://www.shii.gr.jp/pol/2001/2001_02/2001_0218.html
首相 何に使われるか申し上げるわけにはいかないわけですから、そのことがいいか悪いか、
私が申し上げる立場ではない、こう申し上げています。
志位 許されないこととはいえませんか。つまり、(「機密費」の目的は)「国の業務を円滑にする」
というんでしょ。国会対策というのは、党派の問題でしょ。こういうものは許されないといえませんか。
『内閣機密費の闇』
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/isiikoki09.htm

============

 内閣機密費の使途が割れてしまうことも自公が政権交代を怖れる理由の一つである。つまりは政権は適宜交代して風通しを良くしておかないとどこまでも腐敗するものなのである。

============

cf.天木直人blog.
cf.広瀬隆website「地球の落とし穴」

============


1975 昭和天皇初訪米&初公式記者会見
 ↑ この記者会見のことは微かに覚えているが、記憶の中心は天皇が広島について言及された直後に「テレビは見るが何を見ているかは言えない」と答えて記者団を笑わせたところだった。

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-19 20:19 | 時事
d0136282_20151768.jpg

 最近『飛田東映』から遠ざかっていたのでどうなっているのかと思って行ってみたら、寅さんの第一作まで遡った後は隔週でリリーさんのシリーズを一本かけ、再び隔週で今回の『紅の花』がかかっていた。これを見た。飛田はやはり寅さんが似合う映画館である。来週は『釣りバカ』の第19作がかかるのでこれも出来たら行きたい。ぁそ。

============

①『侠客列伝』・・これは1968年に、巨匠・マキノ監督の手によって当時の東映ヤクザ映画のオールスター総出演で作られた言わば「大映画」とでもいうべき記念碑のような作品で、流石に正々堂々としたオーソドックスで鷹揚で重厚な仕上がりになっているが、しかし時の流れはまさにテレビの「軽薄短小」的気安さ・気楽さ・即応性を選択しつつある時代だったわけで、映画界は総体としていわゆる「斜陽化」の流れには抗い切れなかったのである。
 今仮にこのように多大の金と時間と労力をかけて「正攻法」の映画を作っても多分全然受けないし結果採算も取れないだろう。この映画も「古き良き昭和」の面影・その片鱗を映し出す一つのエピソードに過ぎないのかも知れないということである。

・明治40年という「賭博禁止法」が上程されようという時代を背景にしたこの作品で、鶴田浩二は特別出演として「人斬り浅」という流れ者の暗殺者を演じ、主演の高倉健との命のやり取りの最中逆に「味方(即ち悪玉)」の拳銃で暗殺されてしまう。ヤクザ映画には一般に奇妙なタブーというかセオリーがあって、看板スターたる鶴田浩二が同じく看板スターの健さんに殺されるわけには行かないのである。芸者役の藤純子との昔日の恋を実らせ、彼女を身請けして二人で旅立とうと計るのも鶴田浩二で、彼はこの映画の影の主役、悲運のヒーローだった。

・あとヤクザ映画定番の最後の殴りこみでは、殺された親分の墓前で健さんに他の善玉任侠道の三人が加わって総勢四人での豪華な(?)切り込みとなり、うち二人が殺されるという犠牲を払って敵の親分の玉を殺(と)ったところで白い制服姿の官憲多数が入って終幕となる。

侠客列伝(1968) - goo 映画侠客列伝(1968) - goo 映画

マキノ雅弘 (マキノマサヒロ) - goo 映画マキノ雅弘 (マキノマサヒロ) - goo 映画

============

②『出口のない海』(2006年)は先の太平洋戦争終結直前の大日本帝国海軍の秘密兵器=『人間魚雷・回天』の搭乗員らの周辺を描いた戦争映画であるが、山田洋次監督が脚本に絡んでいるから間違っても大東亜戦争礼賛の映画などではない。笑。

 タイトルの『出口のない海』は私は頂けないと思うが、全般に抑制の効いたいい映画で、主演の市川海老蔵も好演である。

監督 : 佐々部清
原作 : 横山秀夫
脚本 : 山田洋次+1
出演 : 市川海老蔵 、 伊勢谷友介 、 上野樹里 、 塩谷瞬 、 柏原収史 、 伊崎充則 、 香川照之 、 古手川祐子 、 三浦友和

出口のない海 - goo 映画出口のない海 - goo 映画

============

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995年第48作)は神戸淡路大地震のあった1995年の暮れに公開されたシリーズ最終作で、震災当時の村山首相の被災地訪問の実写フィルムを寅のボランティア活動と合成して本編に加えるなど、これまでなかった工夫もなされており、エンディングでは寅がまだ仮設住宅の立ち並ぶ現地・神戸長田区を激励に訪れてもいる。
 主演の渥美清が翌1996年4月に他界されたので結果的にこの作品が最終作になってしまったわけだが、山田監督としては区切りのいい第50作までは撮る構想があったとされている。詳しくは ↑ ウィキペディア参照。

 震災当日早朝、愛知県にいた私は大きな揺れを感じてすぐテレビを付けたが、あれはどの局のカメラマンだったか、ビルの外に出て倒壊しつつある近隣のビル街を茫然自失の状態で撮影していた。まだ高速道路倒壊の映像や続々派生した大火災の映像が配信される以前のことである。

キャスト

車寅次郎:渥美清・・・・撮影当時既に肝臓癌が肺に転移した状態で、医者には撮影は不可能と診断されていたらしい。
リリー :浅丘ルリ子・・シリーズ四回目の出演で、劇中過去三回のエピソードを寅と二人で回顧して満男くんに語って聞かせる場面があって旧作を記憶している者へのサービスになっている。
諏訪満男:吉岡秀隆・・・私は初期の作品で初代の満男くんが乳母車に乗せられたり小学生だったりする場面を相当数見せつけられていたので、今回社会人になって背広姿で靴屋の営業なんかをしているところを見ると隔世の感がある。w
及川泉 :後藤久美子・・かつては『国民的美少女』だった。
諏訪さくら:倍賞千恵子・初期の作品ではミニスカート姿も初々しい新妻姿だったが最終作ではすっかり中年のお母さんになってしまっていた。アッタリマイってか?あちゃ。
諏訪博  :前田吟・・・・・・・・・この人もあれだね、中年太りのおっさんだった。
車竜造(おいちゃん):下條正巳・・・すっかり老け込んでいた。
車つね(おばちゃん):三崎千恵子・・同上。
桂梅太郎(社長)  :太宰久雄・・・この人はなぜか歳を感じさせない。
源公:佐藤蛾次郎・・・・・・・・・・この人もそうだ。
(御前様:笠智衆は既に故人になっていてこの数作前から出ていない。)
ポンシュウ:関敬六・・・・・・・・・冒頭他で寅と一緒の旅先に出て来る。
及川礼子:夏木マリ・・・・・・・・・昔TBS会館での新人オーディションでこの人が山口百恵を破って優勝したところを目撃したことは既に以前書いた。ぁそ。
箕作伸吉:笹野高史・・・・・・・・・釣りバカではスーさんの運転手だが、今回はゴクミを嫁に迎える津山の旧家の親父役。
政夫:神戸浩・・・・・・・・・・・・満男に妨害されて花嫁に逃げられるだけの役どころで詳しい性格描写などはない。
リリーの母:千石規子・・・・・・・・幼いリリーを捨てて男と駆け落ちし、今は都下の特別養護院で暮らしている。面会に来たリリーに奄美大島へ来るかと問われても拒否する。
船長:田中邦衛・・・・・・・・・・・『でいご丸』とかいう奄美の離島を結ぶ連絡船の船長さんだが、注意して見ないと見過ごす。
パン屋いしくら店主:宮川大助・・・・長田区で被災してゼロからの再出発をするべ-カリーの主人で、一度一人でとらやへ寅を訪ねて来るが不在だった。
パン屋の妻    :宮川花子・・・・その奥さんだが映画では「大助・花子」は賑やかし程度にしか使われていないのが不満と言えば不満である。
駅舎の男 :桜井センリ・・・・・・・冒頭とらやで出した「探し人」の小さな広告を虫眼鏡で読む。寅は一年程音信不通だったという話になっている。とらやは男女の若い従業員二人を雇っているという設定だがこれはちょっと不自然か。
タクシー運転手:犬塚弘・・・・・・・終盤奄美へ帰るリリーと寅を空港まで送り届ける。
被災地神戸長田区の会長:芦屋雁之助・これもちょい役だった。

cf.YouTube予告編

============

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-18 20:21 | 写真・ムービー等
d0136282_9541555.jpg
d0136282_9542465.jpg
d0136282_9543516.jpg
d0136282_9545697.jpg
d0136282_955621.jpg
d0136282_9551822.jpg
d0136282_9554719.jpg
d0136282_9561058.jpg
d0136282_9562259.jpg

 ふと餃子を食べたくなって王将へ行き、餃子二人前にしようか、スープも付けようか、いっそ餃子定食にしようか・・と、瞬間いろいろ迷って結局シンプルに餃子とライスだけにした。餃子のサービスデーだったのである。ただ同じ王将でもここの餃子は焼き方が雑である。
 写真には写ってないが、店内はほぼ満席で、私の向かい側に遅れて合い席して来たお婆さんも私と同じメニューを注文したが、普通この単純なオーダーをする人は少ないように思う。ぁそ。

[PR]
by musasinokosugi | 2009-07-18 10:08