人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

京都北大路往復♪

d0136282_19914100.jpg

 また京都へ行った。なぜ用事もないのに京都へ行くかと言えば、大阪はもう飽きたから(!)というわけではなく、私のところから日帰りで行くにはちょうどいい距離にあるし、着いてしまえば行く場所に困らないからである。最近は専らJRの昼特切符を愛用しており、切符が切れるとすぐ最寄の金券ショップで補充しているほどである。京都ー大阪間の昼特はショップではどこでも片道340円くらいと思っていたが、先日京橋の某ショップを覗いたら315円と書いてあった。あちゃ。今度はあそこで買わなければならない。汗。あと駅前タワービルの2Fには百円ショップのダイソーがあって、これが雑貨も地図も食品もなんでも一応揃っているからなかなか便利で利用者も多いのである。レジにはいつも数人並んでいる。あとタワービルも新京極もそうだが、土産物店にしても最近はそんなに高いものばかり置いているわけではない。10月1日からタバコ値上げである。みんなに迷惑をかけるのだから、千円か二千円くらいにしてやればいいのだ。ぁそ。

============

1.このところ京都駅に着いても駅周辺をぶらつくだけで終わっていたが、いつもそれだけでは如何にも能がない感じなので、今回は不意の思いつきで市バスD2乗り場から206系統に乗ってみた。ちなみに京都市バス料金は大人220円である。

 行きたい場所としてはとりあえず四条河原町方面を考えていたので、「東山七条から・・」というアナウンスがあったから安心して乗込んだのだが、なんとこのバスは烏丸七条から東に曲がってそのまま道なりに東山七条まで真っ直ぐ進んでしまうではないか。あちゃ。「いったいどこへ行くのか」という一抹の不安を胸に注目して外界を見ていたら、バスは東山七条からはひたすら東大路を「叡電元田中」(←始発駅「出町柳」の次の駅)まで北上して、そこから西へ向かって一路終点「北大路バスターミナル」を目指すという長大なルートを担っていたのであった。汗。

 で、どういう停留所を通るかというと: ↓

 京都駅~烏丸七条~七条河原町~七条京阪前~博物館・三十三間堂前~東山七条~五条坂~清水道~東山安井~祇園~知恩院前~東山三条~東山仁王門~東山二条~熊野神社前~近衛道~京大正門前~百万遍~飛鳥井~叡電元田中~田中大久保~高野~高野橋東詰~高木町~下鴨東本町~洛北高校前~府立大学前~植物園前~北大路バスターミナル

 ・・とまあ、ざっとこんな具合だった。

 停留所の名前だけでもだいたいのことはわかると思うが、このバスを利用すればいくつもの観光地を巡ることが可能だ。事実常時乗降する大勢の生活者たちに混じって、地図やガイドブックを片手にこのバスを乗降りする旅行者たちも散見されたのである。1万円近く払って無難ではあるが味消しな観光バスを利用するよりは、成る程このような市バスや地下鉄を利用する方が好ましいのかも知れない。何よりもお仕着せやセットでなく、勝手気ままに自由が効くところがいい。
 だいたいが私は「時間制限」等制約があるから団体行動は嫌いなのである。ぁそ。

2.京都駅を出たのが14:21、北大路バスターミナル到着が15:17だったから随分乗ったようでも40分程の行程だった。ターミナルは市営地下鉄及び「北大路ビブレ」と接続していて、バス停留所は地下3F、VIVREは地上4Fまであって、いろいろ遊べる(?)ようになっていた。暇な私は一旦最上階まで一気に上がってから下りエスカレーターで各階のショップをゆっくり見て回り、1Fのセンタープラザでやっていた古本市では何故かクラッシックCDを2枚買ったのである。

 買ったのはモーツアルトのSym40番と41番の入ったCDと、ベートーヴェンのピアノコンチェルト「皇帝」のどちらもドイツ直輸入版CDで、2枚で840円だったが、家で聴いたら「皇帝」の方は頭から「音飛び」が激しくて鑑賞に耐えなかった。説明には「状態:良好」と書いてあったがあれは本来商品にはなれない筈のものだった。私は咄嗟の思いつきでこれらのCDを買ったのだが、本当に予定して購入するのなら廉価版も沢山出ているし、買うのが嫌ならツタヤもある。フルトベングラー指揮によるベルリンフィルの名演もダイソーなら105円で各種あるのだ。

 ちなみに私はBeatlesをリリース直後のLPレコードで聴いた世代で、音楽はこれまで日本民謡・童歌・童謡・演歌・フォークロアからフォークソングと、ジャズもコルトレーンからハービーマンなどを少々、ビートルズ、ストーンズ、ボブディラン、たくろう、泉谷、陽水、いまわの・・と広く浅く聴いて来た。最近のお気に入りは笠置シズ子の『買い物ブギ』とかあのへんの歌である。ぁそ。w

 なんだかんだで時間を潰し、夜になってからターミナルの「赤B3乗り場」から205系統「京都駅行」に乗った。目的は四条河原町~三条河原町のあたりに出ることだった。最近の私はJR専科となっていたので、あっちの方角はご無沙汰になっていたからである。ビブレの金券ショップで1回使用の京阪株主券を380円で買っていたから帰途は京橋までこれで帰るつもりだった。夕方から降り始めた雨はいよいよ本降りになっていた。

 通過した停留所は: ↓

 北大路バスターミナル~北大路大谷大学前~植物園前~府立大学前~洛北高校前(ここから下鴨本通り)~一本松~下鴨神社前~糺の森~新葵橋~葵橋西詰~河原町今出川~府立医大病院前~荒神口~河原町丸太町~京都市役所前~三条河原町・・

 ここで降りたのだが、あたりはすっかり暗くなっていたので景色はよく見えなかった。降りたのは道中三条河原町の「かっぱ寿司」に寄ることを思いついたためである。私は京都の百円寿司はここしか知らない。百円寿司以外でも「すき家」「王将」「松屋」「やよい軒」「スタバ」「マクド」「サンマルクコーヒー」・・など安いチェーン店はこのあたりに集中してある。ふと「吉野家は京都ではどこにあるのだろう?」と私は考えたが思い当たらなかった。

「かっぱ寿司」はレーンが二階建てになっていて、注文皿は二階の特急レーンを通ってやって来る。私はこの写真を撮りたかったのである。ちょうど注文する客が多かったのでシャッターチャンスも多かったから、ジャスピンではなかったが幸い何回か撮影出来た。おめれっと♪

3.新京極界隈(準備中)

============

by musasinokosugi | 2010-09-30 19:11
d0136282_16342168.jpg
d0136282_1634304.jpg
d0136282_16343887.jpg
d0136282_16344862.jpg
d0136282_16345634.jpg
d0136282_1635538.jpg
d0136282_16351341.jpg
d0136282_16352113.jpg
d0136282_16353150.jpg
d0136282_16355097.jpg

 ここは駅構内だから繁盛しているが、分煙はまったく出来ていないし、モーニングの時間が過ぎると途端に料金が跳ね上がるしで、好んで行く店ではない。
by musasinokosugi | 2010-09-23 16:35

金沢往復3。

by musasinokosugi | 2010-09-18 17:49

金沢往復2。

by musasinokosugi | 2010-09-18 07:42 | 写真・ムービー等

金沢往復。

d0136282_186551.jpg

 もう終わってしまったけれど夏の18切符の有効期限は9月10日迄で、私はその前日の9月9日に最後の5回目に出掛けた。出発は今回のシリーズでは一番早い朝6時だったから行った先で一泊するつもりなら相当遠くまで行けた筈だが、いろいろ考えてその選択は取らなかったので、結局JR北陸本線を金沢まで行って帰って来るだけの「鉄道の旅」となった。金沢までは数年前も行ったことがあり、そのときも今回同様駅前をぶらついただけで引き返したのだった。兼六園とかの名所旧跡は行って行けないことはなかったが、元々いわゆる「物見遊山」には左程興味を持てない性格なので(はあ?)検討中大阪迄の長い道程を考えると途端に億劫になったのである。でもあれは何だったろうか、金沢駅前の巨大なモニュメントには結構驚きと共に満足もしたし、噴水横で軽い昼食を取ったり、或いは同じ時間帯に偶然駅前広場に居合わせたお嬢さんたちの写真を彼女らのカメラで撮ってあげたりして(←それが普通で「あったりまい」ってか、でも他人の「記念写真」を傍から「横撮り」するのが私の得意パターンのひとつであるからね。ぁそ。)都合小一時間は金沢に留まっていた。写真は数えたら全部で400枚もなかった。電車に乗っている時間やホームで乗継を待つ時間が多いとやはり数は少なくなる。これから例によってサイズ変更してwebにアップするのである。それしか楽しみがない。あちゃ。そう言えば今回の北陸本線が5回の中では一番乗換え待ちが長く回数も多かったのであった。ぁそ。

============

1.出がけに空の写真を5枚撮った。まだ暑かったが雲は明らかに秋めいていた。涼しくなるのは中旬以降ということである。

6:20 寺田町2番線内回り発。青春18切符の5回目最終回である。

 18切符の発売期間は8月一杯迄で、例年これを過ぎると金券ショップの半端券は(利用者の足元を見て!?)途端に高騰する。私はもう1回分入手する予定もあったが結局買いそびれた。片道だけ特急券または高速バスを利用する手もあるのだが、今回はそうまでして行きたい場所もなかった。

6:44 大阪2番線着。
6:56 8番線から「快速米原行」。

「快速」と言っても名ばかりで高槻から先は全て各駅停車になるから、先を急ぐ人は「新快速」に乗る。ただこれは通常大変混み合ってすわれるかどうかは運任せである。私は仕事に行くわけじゃないから席がなきゃ嫌だ。(笑)
 東京でいったい何年あの「尻押しアルバイト」までいるぎゅうぎゅう詰め超混雑の通勤電車に乗ったことか!思い出しただけでもうんざりして来るじゃないか。汗。あちゃ。

8:44 米原終点8番線到着。やはり大阪からほぼ2時間である。
8:46 5番線から長浜行普通。北陸本線である。

 私はこの日「往路は北陸本線、復路は湖西線」という目途を立てその通り実行したのだが、これは前回金沢に行ったとき同様、逆に往路を湖西線にした方が良かったかも知れない。帰りの電車では日暮れてしまって琵琶湖の湖面が殆ど見えなかったからである。夜の車窓から目ぼしいものが何も見えないというのは寂しいものである。ぁそ。

9:11 長浜2番線発新快速近江塩津行。

 この電車を他の乗客に従ってなぜか「駅名未確認の何とかいう駅(←「余呉」だったか「木ノ本」だったか!?)」で乗換えたのであるが、待ち合わせが数分だった上それに加えて連絡通路が旧式で地下へ大きく長く迂回した急な階段になっていたので、私はすっかり面食らってしまい通り抜けるのに大汗をかいた。乗務員たちもそれは充分心得ていて、私たち乗換え客全員が無事渡り終えるまで、ホームの端にしゃがみ込んで半ば諦め顔でじっと待機していたのである。あちゃ。
 今思い出してもあの階段が今回の旅で最大の難関だったように思う。汗。

9:37 3番線からの新快速敦賀行へ乗換え。

9:44 しんひきた。

9:50 終点敦賀2番線到着。

9:53 3番線から「普通金沢行」。

 この「金沢行」が「18切符的蟹族」には人気の列車のようで、一旦乗った客はなかなか降りないし(←はあ!?それはお前だってか、あちゃ。)車内は終点金沢までほぼ満席状態で、立ち席の人も終始数人はいた。私は運良く(かどうか)かろうじてドア横の補助席に着けたが、普通のボックス席に移動することは最後まで出来なかった。

 このように乗換えの都合などで「18切符的蟹族」が集中する比較利便性が突出して高い列車は他の路線にも幾つかあって、私が出来ることなら避けたいと思っている電車である。「乗降り自由」とは言っても「各駅停車限定」ではその自由度は言うほどそんなに大きくないのである。何が便利かと言えば、それは座席指定のグリーン車であり特急や新幹線であるわけだが、それはそれで費用が嵩む別の旅なのである。

10:08-12 いまじょう。特急通過待ち。

 覚悟はしていたが、敦賀から金沢までは凡そ2時間半の道程で、これは(補助席では特に)長いのである。途中「福井」「芦原温泉」「加賀温泉」「小松」等降りてみたい駅も幾つかあったがみんな全然降りないし(!)、私も連絡がどうなるか不安だったので降りなかった。トレッキングは「迷ったときは引き返す」のが常識であるが、電車の蟹族はとにかく「迷ったときは先へ進む」ことが優先されるのである。

12:25 金沢5番線到着。

 ここは3・4・5番線が一つのホームになっている。真ん中の4番線は北へ大きくせり出した形で変則的に接続しているのである。

 テレビでよくやっている「各駅停車の旅」とか「路線バスの旅」とかが額面通り気ままにのんびり出来たなら私も異存はないが、あれは私の印象では「盛りの過ぎたタレント」たちが(!)専売特許のようにしてやっている仕事であって、我々が何の準備もせずいきなりその真似をしようと思ってもそう簡単に実行出来るものでもない。
「男はつらいよ」では寅が日本全国に出没して我々見るものの旅情を誘うが、あれだって用意周到の準備があるからこそ実現出来る言わば「虚構の旅路」なのである。実際のローカル線は極限まで間引きされ合理化されていて、時間の心配もせず生活者たちが普段利用している電車に同乗することなど思いの外困難な試みとなるように思う。「18切符」はあくまでローカル線の「夏涸れ」「冬涸れ」対策がメインであって、「利便性を言うなら新幹線や特急を利用しなさい」というのがJR各社の変わらぬ基本スタンスである。こちらの切符は宿やレンタカー、レンタサイクル、各種割引サービスetc.とコラボした実にさまざまな商品がJR側に用意されている。あちらもこちらも「商売、商売!」なのである。

13:29 金沢5番線発「小松行」普通電車。

 これで早くも金沢とお別れである。ざっと計算してみると遅くても夜8時台には京都に到着しそうで、これではちょっと早過ぎると思ったが、一応無難な選択をしたのである。金沢から京都ー大阪方面へは鈍行で6時間から6時間半くらいの行程である。所要時間は途中の接続に大きく左右されるようだ。

2.(準備中)

3.(検討中)

============

鈴木宗男議員 佐藤優氏らと特捜部批判 北海道帯広
毎日新聞 9月11日(土)21時27分配信

シンポジウムに参加した(左から)石川衆院議員、宮崎氏、鈴木衆院議員、郷原弁護士、魚住氏、佐藤氏=北海道帯広市で2010年9月11日、田中裕之撮影
 北海道開発局発注工事を巡る受託収賄罪などで近く有罪が確定して収監される見通しの鈴木宗男衆院議員(62)=新党大地(比例北海道ブロック)=が11日、北海道帯広市で開かれた政権交代に関するシンポジウムに出席した。有罪が確定した佐藤優・元外務省主任分析官や、民主党の小沢一郎前幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で起訴されている石川知裕衆院議員(道11区)らも参加し、会場は「特捜部批判」一色となった。

【鈴木宗男議員】:失職、近く収監へ 最高裁が上告棄却

 鈴木議員は、大阪地検特捜部が起訴した郵便不正事件で、厚生労働省元局長に言い渡された無罪判決に言及。「私の事件でも検察官は自分たちでシナリオを作り、都合のいい供述調書をあらかじめ作ってきた。抵抗すると精神的なプレッシャーをかけてくる」と主張。石川議員も「調書の内容は検察官にお願いしても一言一句変えてくれない」と訴えた。

 講師役の元東京地検特捜部検事、郷原信郎弁護士は「関係者間の供述が相互に符合し、一貫していることを裁判所に認めてもらうための取り調べのやり方は、ロッキード事件のころから変わらない。元局長の事件を機に、それが本当に正しいのかという議論をしていかなければならない」と指摘。ジャーナリストの魚住昭氏、作家の宮崎学氏も検察捜査の在り方に疑問を投げ掛けた。

 鈴木議員はこれに先立ち北海道北見市で開かれた後援会の役員会でも「民主党代表選のこの時期になぜ(上告棄却)か」と最高裁を批判し「3度目の奇跡が起こるかは分からないが、バッジがあろうとなかろうと生涯、政治家」と訴えた。【田中裕之、渡部宏人】

============

by musasinokosugi | 2010-09-12 18:09

トビタ洋画他。

d0136282_1451384.jpg

 台風9号が来てから我が列島は急激に秋めいて来たように思われる。この台風は観測史上初めて福井県に上陸したと言うのだから、極端に言えば北からやって来たようなものである。長生きすると人生いろんなことが起きるのだ。ふうん。日中まだ暑いが以前のように「鉄板で焼かれるが如き暑さ」ではない。秋は短いというから早く涼しくなって欲しいものである。電車で一緒になった老人たちも「こんな暑さは生まれてこの方経験したことがない」と口々に述懐していた。日本はもう「温帯モンスーン」の国ではなくなってしまったのだろうか。春と秋が短いというのでは味消しである。・・というわけで、私は昨日9日青春18切符の最後の一回分を使ってその辺を(はあ?)一回りして来たのだが、その話は次回に譲るとして、今日は7日火曜日に見て来たトビタの洋画の話である。ぁそ。w

============

1.マッハ!弐

 今年1月に公開されたばかりのムエタイ映画で、ロープも特撮も吹替えも使わない生身の格闘シーンの連続を売りものにした映画である。
 私的には象の存在感が圧巻で凄かった。w

マッハ!弐 - goo 映画マッハ!弐 - goo 映画

============

2.ザ・バンク 堕ちた巨像(2009年)

 これは去年の公開である。某巨大銀行が武器の密売に関与し、その秘密を嗅ぎつけた人間を次々殺して行くというストーリーである。映画の中で某銀行幹部がいみじくも告白するのだが「我々は銀行だから金を貸すのが商売である。我々は武器を売りたいのではなく諸外国を借金漬けにしたいのだ」と。
 これはこの資本制社会の核心をついた台詞である。金がひとたび自己増殖を始めるとこれは際限がなくなる。人の社会の中から生まれながらいつしか人の上に立ち、人の日々の生活から一挙一動に至る全てを差配し支配するようになるのが資本というものなのである。これを止揚する方策を我々はいまだ発見・発明し得ていないのが現状である。

シネマ・トゥディによると: ↓ ↓ ・・

チェック:巨大プライベート・バンクの陰謀を暴き、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス。クライヴ・オーウェン演じるインターポールの捜査官とナオミ・ワッツふんする検事が、世界を駆け巡り驚がくの真実を浮き彫りにしていく。『パフューム ある人殺しの物語』のトム・ティクヴァ監督が、骨太な作品に挑み改めて才能を発揮。実際の世界と重ね合わせて不安をかき立てられる一方、社会派エンターテインメントとして最後まで存分に楽しめる。

ストーリー:ルクセンブルクに拠点を置く国際銀行、IBBC。この銀行の不審な取引情報をつかんだインターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)とニューヨーク検事局のエラ(ナオミ・ワッツ)は本格的な捜査に乗り出すが、核心に迫ろうとするたびに関係者が消されてしまい……。

・・とある。

cf.公式HP

============

3.15ミニッツ

goo映画によると: ↓ ↓

あらすじ

殺人課のエディ・フレミング(ロバート・デ・ニーロ)は、ニューヨークで知らない者はまずいない有名刑事。ニュース番組『トップ・ストーリー』のアンカーマン、ロバート・ホーキンス(ケルシー・グラマー)などは、彼の人気を利用して視聴率を稼いできたほどだ。そんなある時、チェコ人エミル(カレル・ローデン)とロシア人ウルグ(オレッグ・タクタロフ)の2人組による、アメリカのメディアと法律に挑戦するような殺人事件が起こる。彼らは、自分たちの殺人を目撃した女ダフネ(ヴェラ・ファミーガ)を探していた。エディは、捜査に同行したいという消防局の若手放火捜査員ジョーディ(エドワード・バーンズ)と共に、ダフネをかくまいつつ、2人組を追いはじめる。しかしエディは彼らに捕らえられ、殺されてしまった。そしてロバートは、エディが殺害される現場をとらえたビデオを犯人たちから買い取り、自分のテレビ番組で放送してしまう。やがてエミルの方は逮捕されたが、予定どおり精神異常を主張して罪を逃れようとしていた。苛立つジョーディ。だがそんな時、逃亡していたウルグが公の場に現われ、エミルが精神異常を装おうとする発言を収めたビデオがあることを告げる。裏切りに憤ったエミルはウルグを射殺するが、そんなエミルをジョーディは怒りを込めて射殺するのだった。

・・ということである。

 これはショーアップされた報道の行き着く先を描いて警告を発している作品で、主演のエディ刑事(デニーロ)は途中で狂的な殺人犯2人組(←この二人はいかにも「来ている」感じで好演が光った)に虐殺され、その映像もビデオに撮られてネットワークで放映されるのである。
 状況は違うが、オウムによる弁護士一家殺害事件も報道(TBS)の関与なしには起こり得なかった事件であるし、アキバの無差別殺人他の報道をみても、この「ジャーナリズムと犯罪者の自己顕示(欲)との関係」は我々にとって他人事とは思われない。「見たい」「見せたい」という「視聴率競争」にはかかる常軌を逸した側面が常時纏わりついているのである。
 今この国では国を挙げて「地デジ・地デジ!」と騒がしいのであるが、テレビなんか見なくたって人生を豊かにする方法を我々は幾らでも持っているのである。テレビを見る利便性と弊害のどちらが一体大きいか、我々はたまにはゆっくり冷静に考えてみてもいいのである。

15ミニッツ - goo 映画15ミニッツ - goo 映画

ネットワーク - goo 映画ネットワーク - goo 映画

============

<民主代表選>小沢氏「菅氏を重要閣僚に」 菅氏巻き返しへ
毎日新聞 9月8日(水)21時23分配信

 民主党代表選(14日投開票)は8日、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の両陣営が国会議員票の上積みに向け多数派工作を激化させた。小沢氏は、首相に就任した場合、菅氏を要職で起用する考えを表明。国債増発による財政出動に前向きな考えを示し、挙党態勢や経済対策で踏み込んだ。一方、国会議員票の追い上げを図る菅氏は緊急集会に121人(陣営発表)を集めて気勢を上げ、自ら新人議員の支持獲得に動いた。

【明快図説】民主党の党内人脈図2010

 党員・サポーター票の劣勢を国会議員票で補いたい小沢氏は8日、代表選出馬の旗印としてきた「挙党態勢」の人事に踏み込んだ。

 衆院第2議員会館で記者会見し「特に鳩山由紀夫前首相、菅首相のお二人には政府の中で重要な役割を担っていただくのが目に見えて挙党一致になる」と両氏の重要閣僚起用を示唆。「輿石(東参院議員会長)先生にも党なり、政府なりで大事な役割を担ってほしい」とも述べ、菅、鳩山、小沢3氏に輿石氏を加えた「トロイカプラス1」体制を政権運営の基本とする考えを示した。菅首相も取り込む人事構想を示すことで、党内にくすぶる「分裂」への不安を打ち消す狙いだ。

 「政策」でも攻勢に出た。「当面の円高対策として市場介入も腹をすえてやるべきだ」と述べ、「後手」批判を受ける菅首相との違いを強調した。さらに「景気対策という点では国債の増発も念頭に入れざるを得ないときは迅速に判断してやるべきだ」と財政出動にも積極姿勢を示した。

 人事と政策の具体像を示して「小沢政権」への期待感を高める作戦だが、不透明な財源論に国債増発まで加わった経済政策は「バラマキ」色が一層強まり、「むちゃくちゃだ」(若手議員)との批判も広がる。人事構想も「脱小沢」路線を維持する菅首相との駆け引きの色合いが濃く、菅陣営の警戒感を誘う。

 対する菅陣営の「再選に向けた緊急集会」は同日、衆院第1議員会館の多目的ホールで開かれた。

 「チームプレーとリーダー(シップ)を調和させて頑張ってきていることで『もうちょっと菅にやらせよう』と応援いただいている。リーダー1人で改革なんかできっこない」。菅首相は前原誠司国土交通相、長妻昭厚生労働相、蓮舫行政刷新担当相ら居並ぶ閣僚たちとの「チーム菅」を前面に押し出し、「剛腕」が売りの小沢氏との対比で「オープンな民主党」づくりを訴えた。馬淵澄夫副国交相が「民主主義の原点は数でなく、開かれた議論だ」と「反小沢」を強調すると、会場は大きな拍手に包まれた。

 しかし、参加者は目標の150人に届かない121人。再選を確実にするには、国会議員411人の支持で小沢氏と拮抗(きっこう)する状況まで持ち込む必要がある。狙いは中間派の多い衆院142人の新人議員。首相は同日夜、新人議員との会食で2軒をはしごし、計約40人と「新人の熱い思いを感じ、民主党の原点に立った思いだ」と上機嫌に語り合った。

 この日、小沢氏と親しい鈴木宗男衆院議員(新党大地代表)の上告棄却が波紋を広げた。小沢氏を支持する三井辨雄国対委員長代理は記者団に「小沢氏を応援してもらっていたので影響が大きい。なぜ(最高裁の上告棄却が)この時期なのか非常に不思議に思う」と語った。

 菅陣営の集会では、選対本部長を務める江田五月前参院議長が鈴木議員の事件に触れ「政治とカネの問題は過去の問題ではない。卒業するためにどういう選択があるか。答えは一つ、菅直人だ」と「政治とカネ」問題を抱える小沢氏をあてこすった。【須藤孝、田中成之】

============

コーラン焼却集会中止を発表 フロリダの教会
2010.09.10 Fri posted at: 09:41 JST

(CNN) 米同時テロから9年目に当たる9月11日にイスラム教の聖典コーランの焼却集会を計画していたフロリダ州のキリスト教会「ダブ・ワールド・アウトリーチ・センター」が9日、集会の中止を発表した。

同教会のテリー・ジョーンズ牧師は集会中止の理由を、ニューヨークの「グラウンド・ゼロ」近くに建設が計画されているモスク(イスラム礼拝所)が移転すると思われるためと説明。今週末にニューヨークを訪れ、モスク建設を進めるイスラム教指導者フェイサル・アブドゥル・ラウフ師に面会し、移転先について話し合う予定だと語った。

これを受け同日ラウフ師が声明を発表し、コーラン焼却集会の中止は歓迎するが、ジョーンズ牧師との面会予定やモスク移転計画はないと述べた。牧師の発表に驚いたともしている。ラウフ師は8日にもCNNの番組に出演し、移転の計画はないとの考えを示している。

双方の言い分が食い違っていることについて、ジョーンズ牧師と事前に協議をしていたイスラム教指導者はCNNに、牧師はモスク移転の合意がないことを承知していると思うと語った。一方で、ラウフ師の事務所からは牧師との面会を歓迎すると伝えられたという。

コーラン焼却集会をめぐっては、国内外からさまざまな批判の声が上がっていた。6日にはアフガニスタン駐留米軍のペトレイアス司令官が、集会が実施されれば海外の駐留米軍にとって「重大な問題につながりかねない」と警告していた。

さらに9日にはオバマ大統領がABCの番組に出演し、「パキスタンやアフガニスタンなどで深刻な暴力が起こりかねない」「欧米の都市で自爆したいと考える者の(テロ組織などへの)参加が増える可能性がある」などと批判していた。

また、国際刑事警察機構(ICPO)は9日、集会が実施された場合、「攻撃が起こる可能性が非常に高い」として188の加盟国に警告を発しており、米国務省も反米活動の恐れがあるとして海外渡航勧告を出していた。

============

海兵隊の抑止力維持強調=普天間、県内移設を説明-防衛白書

 北沢俊美防衛相は10日午前の閣議で、2010年版防衛白書を報告した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古へ移設すると明記した5月の日米合意について「普天間の海兵隊ヘリ部隊を国外・県外に移設すれば、海兵隊の機能を損なう懸念があり、代替地は沖縄県内とせざるを得ないとの結論に至った」とし、在沖縄海兵隊の抑止力維持の必要性を強調した。
 防衛白書の公表は民主党政権にとって初めて。普天間移設をめぐっては、鳩山由紀夫前首相が県外移設の可能性を探り、政府・与党内で迷走したが、最終的には辺野古移設で日米が合意。これに対し、地元・沖縄は強く反発し、実現のめどは立っていない。
 白書は政権交代後の検討過程で、「東アジアの安全保障環境に不安定・不確実性が残る中、海兵隊を含む在日米軍の抑止力を低下させることはできないとの判断」があったと指摘。また、「代替施設を決めない限り、普天間返還はないといった現実の下、沖縄県民の負担軽減と危険性除去を優先したもの」とも強調し、今後も政府として負担軽減などに全力を尽くすとしている。
 一方、中国の動向に関しては、国防費の高い伸び率や、日本周辺海域で海軍の活動が活発化していることを踏まえ、「国防政策の不透明性や軍事力の動向は、わが国を含む地域・国際社会にとっての懸念事項」と明記した。北朝鮮情勢についても「わが国を含む東アジア全域の安全保障にとって重大な不安定要因となっている」と断じた。 
 白書をめぐっては、政府が7月末に予定した公表時期を延期。8月下旬の日韓併合100年を控え、竹島(韓国名・独島)を「わが国固有の領土」とする記述に毎年抗議する韓国側へ配慮したとの見方が出ていたが、政府はこれを否定し、「韓国哨戒艦沈没事件など直近の安全保障に関する記述を加えるため」と説明している。竹島に関し、最終的には例年と同じ記述が盛り込まれた。(2010/09/10-10:03)時事通信

============

自民総務会長に小池百合子氏 女性初の党三役
北海道新聞(09/09 10:21、09/09 11:51 更新)

 自民党の谷垣禎一総裁は9日、新役員人事で総務会長に小池百合子広報本部長(58)を起用し、石破茂政調会長(53)を留任させる意向を固めた。小池氏の起用は、環境相、防衛相などを務めた実績と高い発信力を評価した。自民党三役に女性議員が就くのは初めてで、党のイメージアップにつながるとも判断した。

 午後に谷垣氏が新役員となる議員を党本部に呼び、臨時総務会で承認後、記者会見に臨む予定だ。

 石破氏に関しては、自民党が勝利した参院選の公約づくりを主導、政策通で国会論戦での活躍が引き続き期待できるとして留任とした。大島理森幹事長(64)は副総裁昇格が決まっている。

 谷垣氏は9日午前、新幹事長に内定している石原伸晃組織運動本部長(53)と都内のホテルで会談し、役員人事について最終調整。今後の党運営のあり方をめぐっても意見交換した。

============

by musasinokosugi | 2010-09-10 14:08 | 写真・ムービー等
by musasinokosugi | 2010-09-08 20:19

場外発売4.♪

d0136282_18536100.jpg
d0136282_1854642.jpg
d0136282_1855698.jpg
d0136282_186818.jpg
d0136282_186218.jpg

「来年は高松宮競輪は中止になるかも知れない」と連れに言われて、「なら今のうちに行っておこうか?」ということで行ってみたが、いわき市の方でやっている特別競輪の場外発売だけだったので、ガランとした競輪場は車券を買わない私には何も面白いことがなかった。JRの大津京かまたはJR大津駅から送迎バスが出ていて、中に入ると観覧席は冷房が効いて涼しかった。
 この競輪場も赤字続きということで、来年の宮杯は多分開催されるだろうが、甲子園競輪や西宮競輪同様、いつ廃止されても不思議は無いということらしい。別に楽しみにしていたわけではないが、ここ数年毎年行っていたので廃止となれば寂しい気も少しする。

by musasinokosugi | 2010-09-08 18:22 | 写真・ムービー等

場外発売3.♪

by musasinokosugi | 2010-09-08 17:54 | 写真・ムービー等

場外発売2.♪

by musasinokosugi | 2010-09-08 17:44