時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雀と遊ぶ(3)♪

(食パン)

 食パンを一日に3斤も4斤も大変じゃないか!?と思われる方もおられるかも知れないが、食パン1斤は百円ショップで105円、大阪名物「玉出スーパー」のチェーンなら98円、神戸方面から進出して来た「業務スーパー」というチェーンなら、なんと「68円」なのである。これを知らない人は「日付を確認せなあかんで!」などと警戒感を露わにするが、68円が毎日の定価なのである。玉出スーパーなら大阪にはどこにでもあるが、業務スーパーはあちこちパラパラにしかない。私が知っているのは、京橋、赤川、松屋町、今川と南津守だけである。私はここで自分用にカフェオーレ紙パック1L88円かオレンジジュース1L97円のいずれかを買う。お茶を買いたいのだが、なぜか店内にはない。ドラ焼ばら売り一個39円を幾つか買うこともある。皮の部分は雀ちゃんたちに投げ、餡子のところは自分で食べる。甘過ぎる。あちゃ。実はこれはカステラの代用なのである。カステラは1袋198円(業務)とか298円(玉出)とかで売っているが、これが値段の割においしくないのである。玉出では百円菓子の「野菜カステラ」とか2個入りの百円おにぎりとかも買う。しかしおにぎりの欠片=ごはん粒は雀たちの人気は今一つで、彼らが躊躇っているうちに鳩たちが懸命につついてみんな食べてしまう。汗。

(交尾)

 私の餌場が、ときとして雀たちばかりが群れ集って寛げる場となることがある。ある者はまるで犬のように右足1本で立って、左足で背中を掻いたりする。鳩の真似をして(?)羽根を拡げて地面にへたり込んだりする者もいる。ほんの1,2秒のことだが、交尾の姿勢をとったりする。

(口移し)

 川べりでも公園内でも親鳥から子供鳥への「口移し」行動はしばしば見られた。まだ巣立ちしたばかりの幼い雀が母親(父親?)に連れられて私のポイントまでやって来て、両方の羽根をブルブル、バタバタ震わせて、親に餌を取ってくれるよう必死にせがむのである。巣立ちしたとはいえ、自分で地面から直接餌をついばむ能力はまだ備わっていないのである。それで巣の中にいたときの「おねだり」行動を餌場に来ても繰り返すわけである。大抵の場合親鳥は子供の求めに応じて、何度も何度も口移しの餌やりを繰り返すが、子供がバタバタ・ブルブルおねだりしても、誰も彼に餌を与えないケースもある。「いい加減で独り立ちしなさい!」ということだろうか。でも子供の雀が競争に打ち勝って餌を我が物とするのは並大抵のことではない。子雀のすぐ目の前にパンを投げてやっても他の雀や鳩に簡単に奪われてしまうのである。

(手渡し)

 公園のポイントでは、私は自分の腰掛ける椅子の眼前に自転車を置いて、サドルを応急の餌台としてその上に餌を
二つ並べることにした。これを覚えた雀は多い時は次々にサドルにやって来ては餌を持って行くようになった。私の給餌が間に合わないときは順番待ちである。ハンドルにまず留まり、次に後部の荷台に位置を変え、次にようやくサドルに乗って餌をゲットする。荷台で待っている雀に、私は手の平の中央に餌を乗せて餌を勧めるようになった。驚いて逃げてしまう雀もいるが、私の掌に瞬間飛び乗ってパン玉をついばむ雀もいた。体は預けずに、嘴だけで餌をついばむ雀もいた。「手乗り雀」は最近はない。私が餌撒きに忙しいため、荷台には「クリップボード」を載せ、そこを新たな広い餌台として設定したからである。
 「手渡し」と言っても、雀は目が悪いのか、餌ではなく私の中指第一関節の指紋のあたりに咬み付く雀もいた。彼らは一般に動体視力は鳩より優れているが、一旦静止した餌を見つけ出す能力は鳩に及ばないようである。

[PR]
by musasinokosugi | 2012-07-14 19:09

雀と遊ぶ(2)♪

(敵)

①最初私の敵は鳩だった。呼んでもいないのにいつの間にか集団で私の正面に陣取って、偉そうに雀のエサを横取りするからである。だから私は、私の足元に来る鳩などは懸命に追い払っていた。城北公園では体中に鳩を纏わり付かせながら餌遣りをしている人物もいた。鳩が好きなのだろう。他方あそこの休憩所には『頭上に注意!鳩の糞』などという看板も立っている。日本橋のデンデンタウン商店街には『鳩に餌を与えないで下さい!』という注意書きもあって、あの白いペンキのような鳩の糞を見るにつけ、私も鳩への餌遣りはマナー違反の如き「いけないこと」のような観念を刷り込まれているのである。大阪城公園では鳩への餌遣りは別段禁止されていないが、私自身は好んで鳩に餌を与える者ではない。

 野鳥のことなどこの歳になるまで丸で知らなかった私は中央図書館に行って、少しだが鳥類の図鑑などを見て初歩的なことを調べた。そこで初めて私は知ったのだが、いわゆる『ドバト』というのは、ユーラシア大陸に広く住む『カワラバト(Columba livia)』を家禽化した鳥が野生化したものだというのである。何のために家禽化(鳥だから家畜化とは言わないw)したのかと言えば、一つは食用のため、もう一つは伝書鳩として利用するためである。
 フランス料理にハトの料理があることは私も聞いていたが、そのこととドバトとは私の頭の中では結びついていなかった。あっちゃ。
 日本に於いては鎌倉時代に既に(というかようやくというか)飼われていたという記録があり、野生化もその時代に始まったものとされる。いずれにせよ、人間によって改良された種(?)がここまで大繁殖を遂げたのだから、鳩の繁殖力には凄まじいものがある。余程人間社会への適応能力に秀でていたのだろう。

英名:Feral Pigeon.
大きさ33cm.

②次の敵はムクドリである。

 雀と同じスズメ目に属するが体長は雀(14cm)より一回り大きい24cmで、こいつがすばしこく、ずる賢いから私は好きになれない。私が投げる雀用のパン屑(←私は白い部分を適度に引きちぎって弾丸状に丸めて投げている)などは雀たちを押しのけ強引に奪ってしまい一呑みである。鳩の方がむしろ雀みたいにいちいち突いて丹念に食べている。鳩たちは雀らの食べ残した『パン粉』のようなものまで几帳面につついて回るのである。

③現在の敵はカラスである。都市部に住む野鳥の大将である。カアと一声鳴いただけで、鳩もムクドリも、もちろん雀たちも一斉に路面からバタバタバタッと逃げ去ってしまうことがままある。私に触発されて(?)俄かに野生の鳥類への餌遣りを開始した人たちは、鳩も烏もムクドリも全然追い払わないから、カラスまでもがこの『ゲーム(?)』に参加するようになってしまったのである。私にとっては迷惑千万な事態だが、「野鳥を種によっては差別しない」という汎用的な博愛主義(?)という点では私などより遥かに人格的に優れているのかも知れない。 


[PR]
by musasinokosugi | 2012-07-09 15:31 | 時事

雀と遊ぶ(1)♪

*近頃なんたらかんたら、いちいち人間の相手をすることに疲れて来た。というか、還暦を数年過ぎたこの歳になって、新しい趣味?生甲斐?道楽?時間潰し?・・・のようなものを見つけたのである。

 と言っても、この遊びはまだ始めてから一ヶ月足らずである。きっかけは偶然だった。寝屋川の川べりで小休止した際たまたま近くにいた一羽の雀にパン屑を丸めて投げ与えたのである。彼(彼女?)は何の躊躇いもなくすぐに飛びついて来た。それをどこかで見ていた他の雀たちも数羽近寄って来たので彼らにも与えた。
 以後これが病み付きになったわけである。

 そう、私の始めた遊びというのは、この『餌付け』なのである。フィールド・ワークというほどかっこいいものでは到底ない。私の投げ与えるエサはパン屑主体であるが、文字通りこれを「エサ」に多数の雀たちを誘き寄せ、一方的に彼らに奉仕して、私は暇さえあれば「彼らに遊んで貰っている」のである。

 最初私は川べりに二ヶ所のポイントを作って連日のようにそこへ行った。来訪する雀は両方合わせても延べ20~30羽ほどで、決して多くはない。多くはないが、今では彼らと顔馴染みになって(!)私が現場に着くと必ず数羽が寄って来るのである。
 エサはパンをいろいろ試したが、今は食パンに落着いている。おにぎりの米粒とか、カステラも試した。これらは好評・不評が個体によって別れた。嫌な雀は見向きもしない。それとおにぎりの米粒の欠片とカステラ系は投げ難いのが困る。

 やって来るのは雀だけではない。まず鳩が来る。カラスも来る。雀は鳩に一目おいている。怖がるのか遠慮するのか、大阪城公園の噴水前で鳩に餌やりをしている人を私たちはしばしば見掛けるが、ただ普通に撒いているだけでは鳩の集団が蝟集して黙々と食べ続け、雀などは数羽が鳩の集団の外周りをうろつくだけである。
 私の餌付けはあくまで雀対象である。鳩などは招かれざる客だが来るのだからしょうがない。両者の生活圏はかなり重複しているようで、ねぐらまで一緒ということはないだろうが、雀のいるところには(ブッシュの中を除けば)鳩もいるし、鳩のいるところには(橋や歩道橋のような大型の鉄筋構造物を除けば)大抵雀もいる。

 カラスは威嚇に来るのか、単なる(縄張りの?)見回りか、一羽または数羽で時折やって来る。鳩は一斉に飛び立って逃げるときもあるし、無視して居残ることもある。鳩が逃げれば雀も逃げる。鳩は人間は恐れないが烏は恐れるようである。雀は烏も鳩も無論人間も自転車も犬も恐れる。犬は雀を食べたりしないだろうが、公園に住む野良猫は鳩や雀を襲って食べたりしないのだろうか。汗。

 撒き始めから1週間後くらいだったろうか、私は川べりの2箇所だけでは飽き足らず大阪城公園内に別のポイントを探しに出掛けた。そこで幸か不幸か、今ではメインとなってしまった来客多数の或る場所を発見したのである。
 それまでは1日に百円ショップの5個入り(?)の「ミニロールパン」を撒き切れない状態で、毎日余りを自宅に持ち帰っていた。そんな或る日連日の余り分全てを持って出掛け、そのスーパーポイントで多数の雀たちと出会い、瞬く間に撒き終わった。「これではパンが足りない!」と思った私は次の日から主要な餌を食パンに切り替えた。と言っても、一日で食パン1斤を撒き終わることなど到底無かった。それがどういうことか来客多数、1斤が2斤になり、やがて3斤から4斤になってしまった。午前の部と午後の部を合わせると(カステラ・どら焼きを加えて!)4斤を超えることもあった。見知らぬお婆さんからは嘘かホントか「あんまり餌をやると家まで付いて来るよ」と注意されるわ、それにあまり根を詰めてやるのも良くないし、第一体が保たないので今(7月7日現在)は成るべくセーブして撒いている。


[PR]
by musasinokosugi | 2012-07-09 15:27