人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今考えること。

 「過度の『餌やり』は生態系の破壊を招聘し『自然に』生きている鳥獣類にとっても決して良いことではない」という批判があることは私は餌播きを始める遥か以前から知っている。

 ここに単純に『自然』と言っても、人間によって破壊し続けられた結果の『自然』であるからには、「『自然』って一体何よ!?どこからどこまでが『自然』なのさ!?」という反論も当然成立するし、これはあって然るべき議論である。
『人類史』はどこからどこまでが『自然史』なのかという問題である。

「『火』を使うようになってからはいわゆる『自然』の範疇を超えている」という人もあれば、「いやいや我々は今現在に至っても尚自然過程の真っ只中にいるのだ」という人もいる。

 私は最近の私はちょっと深入りし過ぎているように感じる。趣味・娯楽の範囲を超えているのである。餌やりを続けて楽しいことなど殆どない。「自分が今日休めば雀たちがお腹を空かすのではないか?」とか考えるのはそれこそ「余計なお世話」と言うべきものだろう。

 「道具を使う」ということで言えば、よく引用されるのが、野生のチンパンジーが小枝を使って蟻を吊り上げる手法だが、それを言うなら仙台地方の「ハシボソカラス」などは走行する乗用車を使ってオニグルミを轢かせて割り、中の実を食べるという「文化」を持っているのだから、人間と98%までDNAが一致するというチンパンジーとどちらが賢いかわかったものではない。

 が、我々もチンパンジーもカラスも皆、「宇宙船地球号」の乗組員の一員である。

============

「敵は制度、味方はすべての人間」という故・埴谷雄高のテーゼを、私はつい最近まで単純に考え過ぎていた。『死霊』第七章「最後の審判」で黙狂・矢場徹吾は、イエスはガリラヤ湖で弟子たちに大漁の魚を獲らせたじゃないかと論断し、釈迦に対しては断食前後に豆を食ったじゃないかと批判した。

 埴谷が「敵は制度」というときには、彼は国家だの何だのの「社会秩序」「社会的諸制度」だけを論難しているのではない。彼が許せないのは他の「生命」を殺して食べないことには一日たりとも存命出来ない我々の生存要件・存在様式(即ちシステム)そのものなのである。

 そうこう考えて来るとこのテーゼは前半と後半で矛盾し齟齬を生じることがわかる。
 埴谷は『平凡パンチ』という昔の男性週刊誌に ↓ 以下のように始まる短文を寄稿したことがあった。
 それは:

 近頃何が腹が立つと言って、腹の立つことばかりで、腹を立ててばかりもいられません。

 というものだった。
 埴谷が『味方はすべての人間』というとき、彼は(己を含めた)すべての人間を『許す』ことにしたわけである。ここの理解が私には欠けていたように思う。

d0136282_13283088.jpg
d0136282_13285038.jpg
d0136282_1329641.jpg
d0136282_13293225.jpg
d0136282_13294734.jpg



by musasinokosugi | 2012-10-11 19:11 | スズメ
d0136282_1438520.jpg
d0136282_14381487.jpg
d0136282_14382416.jpg
d0136282_14383441.jpg
d0136282_14384471.jpg
d0136282_14385357.jpg
d0136282_14392100.jpg
d0136282_14391130.jpg
d0136282_1439203.jpg

 この記事にアクセスがあったようだが、自分で見に行ったら文章が皆無だったので、少しだけ注釈を加えておく。

 ここは最近行ってないが、新世界の一角にある古風蒼然たる大きな映画館である。毎日洋画の3本立てで、番組は1週間くらいで変わると思う。(←十日間隔である。)結構特色あるいい映画をかけているし、館内はきれいで場内禁煙も守られているから飛田のようなことはない。笑。
 一日千円でいつ入っても翌朝の5時閉館までいられる。お客は飛田ほどは入らない。外出は15分間だったか(←外出は40分間OKである)その都度受付で外出許可のメモを書いてもらうのである。値引きは早朝にならないとしてくれない。確か午前3時頃の入館で200円位安くなるだけだ。
 飛田より料金が高い分居心地はいいのだが、ここは入ってあっと驚く光景が繰り広げられることでも有名だ。その話はまた別の機会に。w

 ちなみに『国際地下』は料金が上階より少し安いアダルト映画専門館である。私はまだ入ったことがないので、中の様子は知らない。

============

 ↑ 上の写真は私が始めて国際に行ったときのものだった。
 ↓ そして以下が当時他のブログに書いた私の記事である。

 私はいつも飛田(トビタ)ばかり行っているので、新世界周辺をぶらつくようになってから十年以上立つが「国際劇場」に入ったのはこれが初めてである。入ってすぐ「この建物はいったいいつ頃建てられたのだろうか?」と私は驚愕し、昭和初期のいわゆる「映画館」の雰囲気を色濃く残している館内のスナップを、どさくさに紛れてあちこちバシャバシャ撮ってやった。二階席もあり私もちょっと登ってみたが、最前列のかぶりつきは膝が支える程狭く小さかったのですぐまた下へ降りた。観客はパラパラとそれでも50人以上はゆうに居たろうか、エアコンの送風が強烈で、送風口の直撃を受ける列にすわると肌寒い程だった。座席数は全部でいくつあるのかトビタの数倍はありそうで、しかも座席がボロボロということもなくきれいだった。(あったりまいってか、あちゃ。)全座席には近くの安アパート名の入ったカバーがかけられていて、「館内禁煙」はしっかい守られていたし、ゴミは多少は出るが、映画一本終わるごとの長い休憩時間中に複数の清掃員がゆっくり回るから床もきれいで、要は何もかもがあのトビタとは雲泥の差だったのである。ここは「普通の映画館」なので(はあ?)女性客もパラパラいた。大人千円である。入り口の自販機で切符を買ってモギリに渡す。「オールナイト」という券も同じ千円で売っていたので「入替え」でもするのかと思ったらそれはなかった。千円で入れば翌朝の5時まで居られる。いわゆる「二番館」ということか、封切り後間もない洋画の3本立てが十日周期くらいで入れ替わるのである。「国際」の券売機の隣には「国際地下」の券売機もあって、こちらは大人800円で、入ってすぐ階段を降りて行くようになっている。「地下」は成人映画専門なので「子供」の券は売っていないと思う。そう言えばトビタ(飛田)では子供の券はないのだ。あそこは若い女性や子供の行く映画館ではないのである。ぁそ。笑。

============

1.エンブレス 運命の戦い
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=333084
allcinemaによると: ↓ ↓

エンプレス―運命の戦い―(2008)
原題:江山美人 AN EMPRESS AND THE WARRIORS
メディア 映画
上映時間 95分
製作国 香港
公開情報 劇場公開(ツイン)
初公開年月 2009/04/04
ジャンル アクション/歴史劇

監督: チン・シウトン
脚本: ジェームズ・ユエン
チャコール・タン
チン・シウトン
チュン・ティンナム
武術指導: チン・シウトン

出演: ドニー・イェン 雪虎
ケリー・チャン 燕飛児
レオン・ライ 段蘭泉
グオ・シャオドン 胡覇

【解説】
身分違いの悲恋物語として知られる中国の古い説話“江山美人”をモチーフに、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のチン・シウトン監督が映画化した武侠アクション。出演は「インファナル・アフェアIII 終極無間」のケリー・チャンとレオン・ライ、「HERO」のドニー・イェン。
中国戦国時代。隣国の趙国との長きにわたる泥沼の戦争ですっかり疲弊してしまった燕国。ある時、国王が討たれ、側近の将軍・雪虎に全権を託して絶命する。雪虎は王の甥で王位継承を目論む胡覇将軍を退け、王女・燕飛児を王位継承者に指名し、自ら後見役となり、武術と帝王学を授けていく。しかし、飛児は胡覇が差し向けた刺客に襲われ深手を負ってしまう。瀕死となった飛児を、山奥で隠遁生活を送る元軍人の段蘭泉が救う。蘭泉の献身で次第に回復していく飛児。そんな2人の間にやがて恋心が芽生えていくが…。

・・となっている。
山奥で隠遁生活を送る段蘭泉というのは「朔月戦士」というかつて最強と言われた武人集団の唯一人の生き残りであり、何故か熱気球を自作して大空を翔ることに執念を燃やしている。
監督はロープ技を使った特撮が得意な人だそうで、言われてみれば(タイトルは忘れたが)私も彼の作品は見た記憶がある。ああいう曲芸団のような芸当は中国系の人たちの得意技で日本映画ではまずお眼にかかれない。

============

2.http://scam-movie.com/
作戦 THE SCAM

韓流ドラマにはなぜか私は辟易していて、テレビで始まるとすぐ他のチャンネルに変えてしまう程だが、このところ韓国映画を2本続けて見て、映画の方は「これは相当面白いぜ♪」と感銘を受けているのである。

goo映画によると: ↓ ↓

5年前、一発逆転人生を狙って手を出した株取引に失敗し、あっという間に全財産を失ったカン・ヒョンス。死んだつもりで再び株を学び直した彼は、デイトレーダーとして腕を磨き、ある株の取引で大金を手にする。しかし、それは暴力団あがりの投資会社代表ファン・ジョングが仕掛けた仕手株だった。仕手戦に失敗したジョングはヒョンスの居場所を突き止め身柄を拘束するが、彼の実力を知って600億ウォン級の仕手戦のメンバーとしてスカウト。テサン土建の大株主パク・チャンジュ、証券会社のエリート社員チョ・ミニョン、在米韓国人のファンドマネージャー、ブライアン・チョイ、そして、資金源であるユ・ソヨンらと共に前代未聞の“作戦”が始まる。(作品資料より)
[ 2010年1月16日公開 ]

・・ということで、私は韓国の株の話など全然わからないのだが映画は面白かったし、役者さんたちはみな芸達者で、とりわけ仕手戦の資金元のユ・ソヨンを演じる女優さんが色っぽくてお気に入りだった。ポッ。{/nezumi/}

cf.http://woman.excite.co.jp/cinema/Interview/rid_13409/
パク・ヨンハ インタヴュー

============

3.http://www.kangoku-tou.jp/
監獄島

goo映画では: ↓ ↓

絶海の孤島に、世界各国から10人の囚人が集められた。彼らは、ある富豪のTVプロデューサーが企画する番組に、参加するために集まった死刑囚たち。その番組とは、30時間以内に最後の1人になるまで殺し合いを繰り広げ、その模様をインターネット上の番組で生中継するというもの。もし、参加者が制限時間内に全員を殺すことができなければ、足に巻きつけられた時限爆弾が爆発する。生き残った一人には自由が保障されている。島の至る所にはり巡らされた TVカメラが、彼らの殺し合いを24時間撮影。そして、カメラの向こうには、世界中からこの生中継を見ている視聴者たちが…。

“史上最凶のタフ野郎”との異名を持ち、挑発的な言動や、ビール片手に我が道を行く荒くれ者のスタイルで、アメリカ・プロレス界屈指の異端児として人気を博し、通算6度のWWE王座を獲得したスーパースター、スティーブ・オースチンが初主演を飾るアクション映画。現役時代に鍛え上げられた強靭な肉体で、格闘技とストリートファイトを融合させた、壮絶なリアルファイトを繰り広げる。監督は、『ハード・トゥ・ダイ』でカルト的な人気を博したスコット・ワイパー。(作品資料より)

・・となっているが、「監獄島」という邦題は(意図してのものかも知れないが)「意訳」というよりは誤訳であり、私はこの誤訳は良くないと思う。「殺人ゲーム」の舞台となった「島」と「監獄」とはプロデューサーが連結しただけの話で直接的な関係はない。
ともあれ絶海の孤島へ死刑囚を集めて殺し合いをさせ、その実況中継を全世界にインターネット配信するという狂気の試みが実行に移されたわけで番組は瞬間1,200万のヒットにまで上り詰めるのであるが、最後は「需要があって供給がある。クレジットカードで料金を支払ってまで暴力や殺人の現場を見たがる我々視聴者にこそ責任がある」というTVレポーターのやけに分別臭いお利口さん発言で締めくくっていた。まるでこの映画を喜んで(かどうか)見ている我々に主要な責任があるかのような口ぶりだが、「だったらこんな映画作るなよ!」とこちらは言いたくなり「それを言っちゃあおしまいよ」となるわけだが、一般に映画の最後で能書きを垂れるなど「愚の骨頂」であり、どっちにしたって我が人類史と人間同士の殺し合い=相互殺戮とは切っても切れない関係にあるのである。

============


by musasinokosugi | 2012-10-11 15:20

近況♪


 毎日同じことをやっている。いい加減飽きて来た、というか、疲れが蓄積している。餌播き終了後は京都や淀川にも出掛けているので、その上PCなどをいじっていては体が休まる暇がない。書くこともそんなにないし、ということで、記事を毎日アップすることは今は控えている。

 但し、「私が一日休んだら、さぞかしあの子たちはお腹を空かすだろうな・・」という一種負い目のようなものはいつも感じていて、それで仮令1時間でもいいからと、ブログはともかく餌播きだけは極力休まないようにしているのだ。しかしそれもまあ杞憂というか『余計なお世話』とでも言うべきことで、たとえ地上に繁殖し過ぎた人間の為す技の集大成が、現在のこの地上の生態系を破壊し続けているのだとしても、それがどうだと言うのだろうか。

『万事已む無し、万事は神の御心のままに』ではないのか。←但し私は無神論者である。

d0136282_1853193.jpg
d0136282_1854964.jpg

d0136282_1934972.jpg
d0136282_19343582.jpg
d0136282_19345036.jpg
d0136282_19351555.jpg
d0136282_19353494.jpg
d0136282_19355545.jpg


=============

 ↓ 足環ちゃんをいつも追っ払ういじめっ子の周りにコメを播くとどうなるか?という実験。
 結果⇒コメが多いときは普通に食べているが、少なくなって来ると「追い払い行動」に出た。


 ↓ 10/1に鴨川へ行ったときの2回目のヌーちゃん映像。1回目のヌートリアがいなくなった場所(中州)と違うので別のヌーちゃんと思われる。南アメリカ産の外来種が我が国で繁栄する理由の一つに気候の変化が挙げられると思う。今我が国は「温帯モンスーン」型ではなく、「夏は亜熱帯~冬は亜寒帯」とでも言いたいような気候である。私が子供の頃とは明らかに違って来た。




by musasinokosugi | 2012-10-11 14:59 | スズメ

京都・出町柳へ行った♪

d0136282_15544196.jpg

 ↑ 10月1日、いつもの餌播きを終えてから、京阪電車で三条まで行き、そこから鴨川河畔を歩いて出町柳に行った。下賀茂神社・糺の森のところで、鴨川と高野川が合流している。この辺りにヌートリアが60匹ほど住んでいるということだったので、さぞ「うじゃうじゃ」いるのだろうなと思って行ってみたのだが、鴨川『出町橋』下流には1匹も確認出来なかった。私の眼力もあるが、餌やりしている人もいなかったし、これは話が違うじゃないかと落胆してベンチに腰掛けていたら、1羽のスズメちゃんがチュンチュン鳴きながら私の足元に近寄って来た。これは明らかに露骨な『おねだり行動』である。是非は問わず、この子は観光客などによって充分訓馳されていたのである。
『出町柳』駅の1つ前『神宮丸田町』駅付近の河原で集団のスズメちゃんたちに餌を投げたときは一斉に逃げられてしまったので、このおねだりは嬉しかった。私はカステラの小さな切れ端を5,6個投げ与えただろうか、スズメちゃんは1つずつ丁寧に食べ、最後の比較的大きな塊は咥えたまま礼も言わずどこかへと飛び去った。子育てのシーズンではないので伴侶か仲間へのお土産にしたのだろうと私は思った。

 この時点では私はヌートリアとの遭遇は諦めていた。彼らとは会えなかったが、白鷺・マガモらの渡り鳥のハシリには会えたし、1羽だけだが私のカステラを啄ばんでくれたスズメちゃんもいたのだから、それだけで私は充分に満足していたのだ。

d0136282_180543.jpg
d0136282_1812949.jpg
d0136282_1815813.jpg
d0136282_1823715.jpg
d0136282_183789.jpg
d0136282_1834214.jpg
d0136282_1842840.jpg
d0136282_185334.jpg


 ところが、である。そんな私のすぐ眼下の川べりに、お待ちかねのヌーちゃんが現れたのである。時刻は四時近かった。これもスー様大明神のお引き合わせだったろうか!? 私は取り敢えず写真を1枚撮った後約1分半のショートムービーを撮った。それが↓一番下のYouTube動画である。この後また1匹のヌーちゃんが現れたので今度は約1分の動画にした。

============


 ↑ 引用した動画は餌付けシーンだが、この動画に寄せられた賛否両論が面白い。w
 そして ↓下が今回私が撮ったヌーちゃんの泳ぎの様子。私が見るのは泳ぐシーンばかりだ。



by musasinokosugi | 2012-10-03 17:55 | 写真・ムービー等