人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 不具合が発生していたのは私のところだけではなかったようなので一安心した。exblogは人気が急上昇しているということだろうか、誰かの悪意に基づく不具合でなかったことが判明したのは私には幸いだったが、それにしては私のブログの復旧は今日(3/27)になってからだから数日遅れということになる。

 私が今回の投稿不調で改めて確認したのは、我々ブロガーはあまりにもどれか一つのブログに拘泥・溺愛し過ぎて投稿・閲覧をそこのみへ偏重・集中してはいけないということだ。我々は各ブロバイダーに依拠してその場をちょっと間借しているだけの儚い存在に過ぎない。

 【本家ヤースケ伝】という某ブログなどはその良い例だ。私が2009年に書いた或る記事に対してどこの誰かは知らないが2年も経ってから一方的なクレームがついて、このクレームに怯えた編集部は私のブログ全体を突如閉鎖→閲覧不能にしてしまったのだ。しかもブログを復活させるには当日の記事投稿全部を削除せよとの条件まで付けて来たのには驚いた。私がその日に「投稿したという事実」そのものを歴史から抹殺しろという命令なのだ。

「あったことをなかったことにしろ!」というのだからこんなのは(誰かの言葉を借りるならば)『ナチスもやらなかった暴挙』そのものである。その日の記述には京都の【納涼床】関連の小コラムもあって、これなどは文句の付けようもない平凡そのものの平和ボケとでも言いたいくらいの内容だったのだから、この部分まで削除しなければならない【合理的】根拠などどこにもないのだ。

 私は編集部からの暴力的な威嚇に反発して2年以上その削除要求を無視し続けたが、どういう風の吹き回しか、つい先日ふと削除にあっさり応じることにしたのである。別にそのブログを失うことが心底惜しまれたというわけではない。「不当な要求に応じることを拒否してもしなくても同じじゃないか」と改めて感じただけのことなのである。いや、むしろそこは私が10年前後続けて来たブログであるだけに、自分では消し去ってしまいたいくらい気恥ずかしい内容の記事もたくさんあるのだ。

 こうして先方の指示する通り私は記事の全文削除に応じたのだが、向こうはまだ何か文句を言い足りないのか、私の『本家ヤースケ伝』というブログは今現在に至るまで未だ公開されておらず「確認中」だそうだ。


by musasinokosugi | 2014-03-27 18:35 | 時事

混線だ(追記あり)。

 いつもは同じexblogの『ヤースケ伝AAA』の方に入稿しているのだが、今日は何回やっても投稿画面に入れない(!)ので、こちらに記事をアップすることにした。他のブログでも原因不明の不都合・不具合がしばしばあるので困っている。原因はこの喫茶店のPCのせいか、はたまた悪意ある第三者の妨害か、私にはわからない。

 今日は他所のブログで昔の友達と少しチャットをした。偶然会えたのであるが楽しかった。w

d0136282_140290.gif
d0136282_1359367.gif
d0136282_1403366.gif
d0136282_140591.gif
d0136282_141096.gif
d0136282_141490.gif
d0136282_1415641.gif
d0136282_1412756.gif
d0136282_1422633.gif
d0136282_1415621.gif


 というか、ここはここは私が投稿した筈の『英作ちゃんのはちゃめちゃ幕末塾』の方ではなくて、『ヤースケ伝AAA』の方ではないか!!
 しかも画像がアップされていない!・・・と思ったらアップされた。なんだこれは。

 佐村河内氏の方は明らかに詐欺・詐称・虚像・なりすましetc.・・・の類であって、本人が難聴であったかどうかなどは本質的な問題ではない。つまりは「難聴者の中に詐欺師がいたっていいじゃないか」ということである。
 髪を切りサングラスを外してその辺の『頼りないおっさん』の風体で、自分がセットした会見場に現れたのは「叱られると思ったからだ」と言うのだから、元々の「犯意」や「悪意」というのを自ら認めていることになる。
 矢鱈報道陣への「謝罪の言葉」を繰り返したと思ったら、今度は「君子豹変する」とでも言わんばかりに「共犯者」=「本当の作曲者」への恨みがましい口撃に終始するのだから、この男はいったい何を考えているのか。おまけに自分を有名にしてくれた当の相手を「告発する(!)」というのだ。まるで「裏切り者は許さない」の世界だ。これでは私がサンテレビの時代劇で毎日のように視ている悪人グループの所業と変わらない。
 NHKも他の報道機関から遅れて「誤認報道」を認め視聴者各位に詫びていた。まさしく「遅れ馳せながら」というわけだ。ここも理研同様一般からの「金」で成り立っている組織だ。

 小保方さんの方は、前回も書いたが理研は「中間報告」ということで、歯切れの悪い言い訳会見の域を出ていないと私は感じた。小保方氏本人は周りが出さないのか本人が出たくないのか、恐らくその両方だろうが、今はメディアの前に出て来ない。テレビで見た範囲では彼女の協力者・応援団の中には、彼のノーベル化学賞受賞者への妬み・やっかみを隠さない研究者もいるということである。ここも派閥・学閥の世界であるということだろう。

(3/24追記)やっと編集画面に入れたので(!)少しだけ補足しておくと・・・
 東大文学部を限度の7年かけて卒業した私と同年齢の旧友は、日頃「東大図書館の本は全部触った」と豪語していたが、彼の話によれば東大図書館には珍本・奇本・稀有な書籍の類は少なく、そういう本を読みたかったら、どこそこの専門的な教授の研究室を訪問するしかないということだった。無論行ったからと言ってすぐお目当ての本を拝ませてくれるとは限らないわけである。教授に取り入って彼の「学閥」に混ぜて貰う学生は後を絶たないし、教授の娘と良い仲になる学生も当然いるのである。

 久しぶりにgmailを開けてみて、youtubeに行ってみたら私の動画に≪good≫の評価をした人がいた。
 以下にそのキドクで貴重な人(?)の動画をアップしておく。w ↓

http://youtu.be/C6GNmZOJd2A

============ 

★2014/3/27 追記 : ここはログインは出来ても肝心の【編集画面】には入れない状態が長い間続いていたので、私は数ある自分のブログを転々として記事をアップして来た。それで確たる不都合は生じなかったから、これからもこの方針で行くつもりだ。誰かの妨害か何か知らないが、ふざけたことをする人間もこのネット社会には大勢棲息しているらしいから、あまり目くじら立てて怒りまくっても仕方ないだろう。w

by musasinokosugi | 2014-03-17 14:05
 *マッチポンプとはマッチで火をつけておきながら、それを自らポンプで消すという意で、自ら起こした問題を自分で解決することをいう。1966年、自民党の代議士であった田中彰治は国会である問題を取り上げ、裏でその問題の該当者に金品を要求。相手がそれに応じると提議した問題を自らもみ消すといった事件があった。マッチポンプはもともとこの事件や田中代議士のあだ名として使われたものである。マッチポンプが単なる自作自演の問題解決でなく、それによって賞賛や利益を得ることが目的という意味合いが強いのはこのためである。例えば新聞記者が自ら事件を起こし、現場に最初に駆けつけた記者として記事に重みを付けるといった行為などがマッチポンプにあたる。
 (以上『日本語俗語辞典』より)

 私が最近つくづく思うのは、メディアの「マッチポンプ」というか「やらせ」というか、或いは「自作自演」とでもいうのか、彼らは総体として騒いでは揉み消し揉み消してはまた騒ぎ立てて、生の情報からは縁遠い我々一般市民を愚弄してでもいるかのように、ああでもないこうでもないという情報の泥沼へと曳き摺りこんで糊口を凌いでいる連中のことである。
 いや、これはニュース・情報番組に限らず、テレビ番組全般について言えることなのかも知れない。毎日暇さえあれば性懲りもなくテレビ漬けの日々を過ごしている私が言うのだから間違いない。ぁそ。

d0136282_11414757.gif
d0136282_114207.gif
d0136282_11421152.gif
d0136282_11422389.gif
d0136282_11423344.gif
d0136282_1143183.jpg
d0136282_11432057.jpg
d0136282_11433024.gif
d0136282_11434263.gif
d0136282_11435186.gif
d0136282_1144231.gif
d0136282_11441188.gif

 佐村河内氏の問題も今回の小保方晴子氏の問題も、連続してエンドレスに雑多な情報を提供されている者の一人である私の眼には、どちらも『似たような創り物』であるとしか映って来なかった。
 ただ、前者の場合は私は最初から殆ど反応しなかった。いわゆる「現代音楽のクラッシック(?)」には私は元々無関心の人間だった性もあって、誰が命名したのか知らないが「現代のベートーヴェン」などと全てのマスコミが大絶賛で唱和するに至っては、そんなことで「ヒロシマ」も「震災」もあるものかと、事件が発覚する以前から一種いかがわしさを感じていた。

 一方小保方氏のSTAP細胞の方は、私が元々『ギャル好きのスケべ爺ィ』であるためか、マスコミの尻馬に乗って(気づいたときには)一も二もなく応援する側に立っていた。
 しかしこれもいろいろな問題が続出して、マスコミも一時の大絶賛の立場から一転して、今度は彼女を総攻撃する立ち位置に居場所を変え、私自身もこれに釣られて居場所を変えたのである。こちらの方は情けないことだが私自身の『自主性』など微塵もないような状況である。

 どこもかしこも『人手不足』の時代であるから、『研究員の獲得競争』で各研究機関も大学も大忙しだという背景があって、彼女も大学や理研にいいように使われた節がある。持ち上げるだけ持ち上げておいて、いざ風向きが変わると、今度は彼女一人に責任をなすりつけ、やれ未熟だ、お調子者だ、おっちょこちょいだと、まるでどさくさ紛れにピエロ扱いをし始めている点ではメディアも理研も同等だと言えないか。毀誉褒貶があまりにも激しい。

『理研』というところも「官」であり、そうであるからには「閥」もあって、自分のところに上から金を引っ張ってくるためには、日夜あれこれ算段しているということだろう。

 さて、ではグループに、或いは理研全体に『悪意』の要素は本当になかったのか。
 
 論文の中核を成す肝心の写真画像については彼女は「取り違えた」と言い、論文の『コピペ』については「どこから引用したのか忘れた」などと言っているらしい。写真についてはド素人の私にはわからないが、コピペに関してはこの言い訳は嘘だろうと(何の根拠もないが!)私は感じている。
 忘れたのではなく(自分が引用したのではないから!)わからないのだ。

 私もニュース等を『コピペ』で引用する場合(可能な場合に限るが)その出典元を明らかにしている。
 自分のオリジナルな文章でないのならそんなことは常識じゃないかと私は思っていたが、どうやら世間様はそうではない方向に突き進んでいるらしい。


by musasinokosugi | 2014-03-15 11:39 | 時事

寒波は今週一杯続く!?

d0136282_153074.gif
d0136282_153104.gif
d0136282_1532155.gif
d0136282_1533289.gif
d0136282_1534664.gif
d0136282_154057.gif
d0136282_1542667.gif
d0136282_1543911.gif
d0136282_1545713.gif
d0136282_155737.gif


 いつも旅行写真ばかりでは能がないので(?!)今回はイラストとかアメーバピグとかにしてみた。w
 元々は、こういうことがしたくてインターネットってものを私は始めたのである。


by musasinokosugi | 2014-03-06 15:08 | 写真・ムービー等

寒の戻りってか。

d0136282_13305243.gif
d0136282_13304972.gif
d0136282_13311393.gif
d0136282_13311385.gif
d0136282_13313578.gif
d0136282_13313874.gif
d0136282_1332149.gif
d0136282_1332042.gif
d0136282_13322542.gif
d0136282_13323611.gif


 最近「寒の戻り」とでも言うのか、再び冷え込んだり小雨がぱらついたりしているが、もう以前程の寒さではない。

 さて、今回は前回に引き続き、四年前の小旅行の際撮った写真のGIFアニメを掲載するのである。アニメはまだ他にも沢山作ってあるので、追々アップする予定だ。
 
 そろそろまた春の18切符のシーズンがやって来たが、現在私は体調が芳しくないので、鈍行列車にただひたすら乗っているだけの、こういう小旅行ももう出来ないかも知れない。

★追記・・・先程駅で時刻表を見たところ、18切符についての記述が一切無かったので(!)これは発売中止にでもなったのかと驚いたが、今PCで検索したら、春も従来通りで只今発売中なので、そのうち暖かくなったら「体調と相談して」買うことになるかも知れない。w


by musasinokosugi | 2014-03-04 13:42 | 写真・ムービー等

1010年の小旅行とか♪

d0136282_117197.gif
d0136282_1173189.gif
d0136282_1174296.gif
d0136282_1175427.gif
d0136282_118538.gif
d0136282_118229.gif
d0136282_1183221.gif
d0136282_1184239.gif
d0136282_1185874.gif
d0136282_119979.gif

 四年前に南紀と飛騨方面に二日掛けて出掛けたときの写真であるが、これは18切符を使ってもろに鈍行で出掛けた旅だったので、途中何回となく「特急待ち」とか「入れ替え待ち」とかで待機させられた記憶がある。時間を惜しむ人には到底出来ない小旅行だったろう。早朝から矢鱈電車を乗り継ぎ、夜が更けてから最寄のホテルに転がり込むという旅だった。
 
 東京へ行ったときにはネット喫茶に泊まることもあった。体には酷だったが宿泊代が節約出来るし、PCも無論いじることが出来た。ビジネスホテルでPCを使うと高くつくのである。

 私は18切符は20代の頃から機会があればしばしば利用している。昨年の春のシーズンには一冊5回分のシートを一人で三冊も使い切ってしまった。尤も電車の便は東海道本線と山陽本線以外はあまり良くないからこの二つの路線を往復することが多かった。

 とにかく道中「暇」で時間を持て余すもので、意味もなく矢鱈写真を撮りまくったから、今回のように写真でfotoanimeを構成出来るわけである。これがいわゆる「gifアニメ」というやつで、作り方はいろいろあるだろうが、私が利用しているのは「ペイントショッププロ9.0」に付録で(?)付いて来る「アニメーションショップ」というソフトである。各フレームの表示時間は1/100秒単位で様々に設定可能だが、今回の写真アニメでは1秒前後に設定してある。ぁそ。

 

by musasinokosugi | 2014-03-01 11:10 | 写真・ムービー等