人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

梅雨前線だ。

 ラジオを聴いていたら明日は大雨☔だというので、雨の中買い物に出掛けるのも嫌だと思って傘を持たずに外へ出たら既に雨☔は降っていたので📅予定を変更して徒歩で近くのローソンに向かった。店内では日刊ゲンダイも夕刊フジも🔝トップ記事はギリシャ関連だったので両方とも買いたくなったが我慢した。買ったのは⇩
 食パン、カレー、中華丼、牛乳、紅生姜、サラダ、おにぎりで897円だった。最近室内作業に没頭することも増えたので即席の食品を用意しておくことにしているのである。しかしフィギュアを造るのも作画するのも自分の勝手だから構わないのだが「置き場所」に悩んでしまう。売れるような代物では無さそうなのも困る。粘土は各種揃えたがどれもこれも一長一短で何を造るのにどの粘土を使うかの選択が難しい。小鳥を作ったり、貯金箱を作ったり、抽象的なオブジェを作ったりと、色々やっているがまだ「これはいい!」と自分で納得出来るものは作れていない。😥😍👙👽🐳🚀🐼。
 
 またラジオを付けたら明日の雨は大阪では🌆夕方には止むと言っていた。だったら何も急いで買い物に出掛ける必要など無かった。

by musasinokosugi | 2015-06-30 17:57 |
 ギリシャ、ギリシャと大騒ぎだが、超債務国=ギリシャ自身は「債務不履行はしょうがないじゃないか、返せないものは返せないんだ。まけてくれよ」と開き直っている。個人レベルで言ったら「自己破産申請」でもするしかない状況だが、そんなことをされたら「斜陽のヨーロッパ」全体がおかしくなってしまう。ヨーロッパが傾いたらアメリカだって日本だって無事では済まない。不況が嵩じて世界恐慌に迄至れば次に来るのは第三次世界大戦しかない。戦争したくてしょうがない連中が全世界に溢れかえっているのだから、これは殆ど「渡りに船」的状況である。レミングとかいうネズミの集団入水は虚構らしいが人間の集団心中=殺し合いなら過去に類例は無数にあるし、局地戦なら今現在も続行中である。無論今後戦争が皆無になる保証など何処にもないのである。

 今日のお買い物は⇩
 インスタントカフェオレ、ヨーグルト、食パン、ぼんち揚げ、そうめんの以上5点で786円だった。マンダイである。外は暑かった。30℃は軽く行くのではないか。私は寒がりで暑がりなので、調子に乗ってエアコンをつけていると電気代が怖い。あちゃ。🚀🐳👽👙☀😍😥。

by musasinokosugi | 2015-06-29 12:01 | 時事
 百田だか右田だか知らないが、あんなのは単なる親分探しだ。政財官に擦り寄って「親分、あっしにもどうかおこぼれを!」と懇願するだけの卑しい根性の持ち主だから、あんな「戦前の亡霊」のような者は無視黙殺してやって然るべきだと私自身は思っているのだが、世の中は今右寄りの風が吹いている。自民党内の復古派たちなどは元々ああいう連中に支持基盤を依拠している。一方で「アメリカ様々♪」と揉み手で媚を売りながら、他方では「自主憲法制定!」を金科玉条として来たのが我が自民党であり、その自民党政府に依拠しないと「世界戦略」どころの話ではないのが落ちぶれた世界の盟主・世界の憲兵=アメリカ様である。
 トヨタの大幹部が以前「パチンコのCMだけになってしまってもいいのか?」と《天下の朝日》を恫喝して震え上がってしまったのが脅された方のあのアサヒである。「古舘の屈服」もその流れの中で発生した一つのエピソードに過ぎない。

 自民党内右派が「CMを引き上げて批判勢力を干してしまえ!」と意気込んで見せるのは何も昨日今日始まった言論弾圧・言論統制などではない。これに文字通り「おんぶにだっこ」で盲従・追随して来たのが我が大メディアである。が、幾ら何でも「沖縄の2紙を潰してしまえ!」とは穏やかではない。今潰すべきなのは自公政権・安倍ポン政府と自民党なのである。あんなものがのさばっていたのでは我々年寄りは枕を高くして眠れないではないか。😠😡😲😰😆。

 ☆FMへ買い物に出掛けた。本当はあべのへ行きたかったが自重した。⇩
 天然水、「大阪日日新聞」、豆腐、百円菓子、バナナ、サラダ、うどん、ウスターソースの以上8点で756円だった。日日新聞は週刊紙分も併せて90円だったから随分安かった。新聞を読みたくて買った訳では無く(フィギュア造りのために)「新聞紙」そのものを欲しくて買った訳だが、早速一面記事だけサラッと読んで見たらあの百田が「オフレコで言っただけだ」とか「冗談で言っただけだ」とか醜く薄汚い言い訳をしていた。馬鹿野郎が!冗談はお前の禿げ頭だけにしておけ。チンピラ右翼たちも安倍ポン本人も、あいつらみんな冗談そのものだ。我々は冗談で戦争するわけにはいかないのだ。😡😠😡😠🚀🐳👽

by musasinokosugi | 2015-06-27 10:04 | 時事

素材探し。

 今の女の子たちはビーズ玉で遊ぶような事はしないのだろうか、男女を問わず子ども達の遊びも随分変わってしまったように思う。いい歳こいたオヤジが何故ビーズ玉が欲しいのかと言うと、フィギュアの小鳥たちを粘土で造る際小鳥のリアルな「目玉」にしたいからである。適当な「つぶらな瞳👽🐦💿」にうまく納まってくれる素材がなかなか見つからないので、今は裁縫用の「待ち針」の針の部分を切り取って使ってみたりしている。

「眼」は人形の命みたいなものだから、「眼」さえうまく決まってくれたら私は後は全然駄目でも結構満足出来るのである。事実今回の「新作」は全然駄目な作品ばかりで、これは「売る!」どころの話ではなさそうだし、バザーに出品するったってだいたいが「お祭り♪」でもない限りバザーなんて何処でもやってないんじゃないのかな!?🚀🐳🐼👙☀☁😅😳🐩😍😄。

by musasinokosugi | 2015-06-27 01:37 | スズメ

大阪は本降り☔。

 大阪は本降り☔の雨である。やや蒸し暑かったが傘を差して阪急に買い物に出掛けた。⇩
 麺つゆ、三輪そうめん、薬味、惣菜とサラダで1,003円だったから少し高い。利ザヤが小さく需要も少ないのだろう、素麺はコンビニにはないので不便だ。☔雨で自転車は危ないから仕方なしに近くの阪急に行ったわけである。あそこもつられて行っていると毎日通うようになるからセーブしないといけない。今月はFMがシルバーに到達したので「阪急オアシス」に通い詰める必要は無い。(⇦ゴールドは最初から諦めている。)
 「ポイント!ポイント!」と大騒ぎするつもりは毛頭ないが、1円でもバックして貰えるならその道を選ぶように私はしている。昔道端で1円玉を拾って笑われた人が「只で1円くれる人はいないぞ」と言い返していたことなどを思い出す。テレビ📺を見ていると金欲しさに人殺しをするニュースばかりだ。カネでなければ愛憎のもつれだ。
 今日はネット喫茶にでも行きたいところだったが☔雨では行けないから、部屋でおとなしく御人形ちゃんを造るしかない。🚀🐳🐼🐤👙☔🐾。

by musasinokosugi | 2015-06-26 11:23 |

鉄道の夢だった。

 18切符で友人と旅行している夢を見た。私が席で寝ている間に友人は先に降りてしまった。次に見た別の夢も電車に乗っている夢だった。
 フィギュア造りは順調とは言えないが一応進んでいる。12色入りの絵具セットだったが私の欲しい深紅の赤は無かったからまたあべのへ行ってバラで買い足して来ないといけない。造形と着色はお世辞にもうまくいっているとは言えない状況なので少しネジを巻いてかかる必要がある。
 作品が完成してからの話だが、いきなりネットオークションとかに進出するというのもどうかと思われるから、どこかご近所でバザーでもやっていたら参加するというのも一考である。以前はそうしていた。大阪ビジネスパークに『フリーマーケット風』というか、ボックスを貸してくれる店があったので短期だったがそこでスペースを借りたこともあった。売れたものの中では中古の一眼レフカメラが一番高価だった。私の撮った写真や描いたポストカードなどはフリマではなく京橋の路上で(!)良く売れたのである。👙🔰🐹。面白がって買ってくれるのだ。
 私も人生50を過ぎてから随分若いことをやっているのである。👙🐔🐤🐼🐳🚀🌱。

 ☆$¥123.62(23:52ロイター)。

by musasinokosugi | 2015-06-25 10:02 | 近況報告

世界は二つに一つだ。

 脳梗塞は脳細胞が部分的に死滅していく病であって、これについては以前ある人から「別に珍しい病気ではない。歳を重ねれば誰でも罹る。自分もそうだ」と教唆を受けたことがあった。治療法もこれを完治する処方は基本的には無く、悪化を食い止めることが急務で何より先決だというのであった。要は不摂生・不養生が祟っての発病であり、どんな病気でもそうだが大抵の人は罹患して初めて事の重大さに気付くというのである。気付いたときには既に手遅れということのないように我々は常に気をつけていなければならない。

 ⇩以下は「世界が病んでいるということは即ちこの地球が脳梗塞に陥っているに等しい」のではないかという私の一文である。

 M・フーコーに感化され、類似・類推の問題は私は半世紀近くに亘って考え続けている。現在は指折り数える「デジタル全盛」の時代であるが、一方類似類推の同心円上に世界を展開して行ったのが中世である。「ミクロコスモス(小宇宙)」である。我々が何か考える際の方法論=「出口戦略」としてはこれら「二つに一つ」⇨「アナログかデジタルか」しかない。
 「全ては金目でしょ?」というのは無論「01の連鎖への還元」に他ならないし、安倍ポンのもう一つ「自衛隊諸君、地球の裏側迄行って死んで来なさい(殺して来なさい)」というのも無論これである。時代はデジタルである。

 色々御大層な能書きばかりが矢鱈飛び交っている我が国であるが、やっていること・やりたいことは「蛮族の殺し合い」そのものなのである。👙🚀🆘👿👼。

by musasinokosugi | 2015-06-24 06:28 | 時事

カワチ発見。

 頭が変だったが少々無理して天王寺MIO迄画材店を探しに行った。ところが地下から12F迄案内板を見ても画材店などは無かった。諦めて帰ろうかと思ったが3Fに案内所があると知って、駄目元で行ってみることにした。案内所のお姉さんは「確かに以前はMIOに画材店はありましたが、今は閉店してありません」と言って「この近くでは近鉄の向こうの『あべのHOOP』になら画材店があります」と紹介してくれた。辛い思いをしてここまで来たのだからと、私は頑張って更に歩いた。そしてHOOP最上階の6Fに『カワチ』を発見したのである。そうだった。カワチだった。関西では有名な画材店なのである。

 私は12色セットのアクリル絵の具他を買って帰路に就いた。が、絵具を溶かすためのパレットを買い忘れた。あれがないと私は手当たり次第に色をみんな混ぜてしまうから良くないのである。・・・『色の三原色』=黄・赤・藍が有れば全ての色を出せるが全部混ぜると黒になってしまう。ここが光りと違うところで、『光の三原色』=黄・赤・藍を全部併せるとあら不思議、無色透明(白?)になってしまうのである。と、そんなことを教わった記憶が甦って来て懐かしかった。

 そういうわけで、後は彩色にも困らない筈だから今後が楽しみなおじ様である。🚀🐔😅☁☀👙🔰。

by musasinokosugi | 2015-06-23 17:26 |
 脳梗塞というのは脳細胞が徐々に死滅して行く病で一旦死滅した細胞は死ぬ迄回復しないまま人は生涯を終えるとされている。これには「治療法」というよりも「再発防止」のための医療が施される。と言っても格別の医術が駆使される訳では無く、要は「不摂生・不養生」を辞め「健康で文化的な」毎日を送ることを推奨されることになるだけだ。以前ある人から言われたことだが人はみんな健康を喪失して初めて健康の有難味を知り、これではいけないと養生に励むようになるというのである。その人はまた「脳梗塞は小さなものなら歳を取れば誰でも起こす。自分にもある」と言っていた。

 ☆「類似・類推」について今日は考えるつもりだったが冒頭から不治の病の話になってしまった。
 同心円。ミクロコスモス。小宇宙。出口。戦略。アナログ。デジタル。01の連鎖。

by musasinokosugi | 2015-06-23 02:32 | 近況報告

ヤースケ伝宣伝隊♪

 夏至である。日本では今日が一番日が長い。
 現状私の模型作りは何一つとっても上手く行っていない。

 ①造形が下手だ。
 ②彩色が下手だ。
 ③仕上げのニス塗りが下手だ。

 昔も素人離れした技術などの持ち合わせは無かったが、今はそれに輪を掛けて下手だ。思うに任せないから気分的には挫折しかかっているがこれを辞めたからと言って他にやりたいこともないから中止はしない。旅行は頭と体力に自信が持てないし、パチンコその他ギャンブルは資金が枯渇するからやってはいけないと自戒している。まあ急いでも仕方ないからボチボチ出来ることをやって行くしかない。

 私の人形たちは『痛快いけいけヤースケ伝』という私自身のオリジナルの童話のキャラクターを模型化したもので、昔から(⇦と言っても大阪に来てからだが)これ一本でやっている。ストーリーは途中迄しか完成していないが結末はハッピーエンドと決めている。主人公は「ヤースケ」という駄犬🐶で、これに絡むのが「英作」😤というラーメン屋🍜の倅(せがれ)、お嬢様犬🐶「ララ」、彼女を飼っている武蔵野家の老夫婦「小杉」😅と「マキ子」😍、夫婦の遠縁の娘「みわちゃ」😄、そこに出入りする小スズメ「ピー坊」🐤、彼らがこぞって出掛けて行く「鍵穴草原」🌱とそこの住人「青幕」たち😷、草原怪獣「ガッチャン」🐾、動く切株「しっとりくん」😳、「タイヨ」☀、「クモン」☁、粘菌「シースーさん」🆘・・・とキャラクターには困らないが、ストーリーを複雑にし過ぎたため収拾困難になって今物語は長期中断しているわけである。

 だがフィギュア造りが軌道に乗ればストーリーも進展するかも知れないと内心期待するところもある。

by musasinokosugi | 2015-06-22 11:35 | 近況報告