時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歩き??スマホとSEALDs.

 歩き??スマホ??とSEALDsである。歩き??スマホ??は当人達が危険を予め判り、他者からの非難を承知でやっていることであるからこれも確信犯である。ばれたらバレタでどうにでもなるという了見である。それで死ぬんだからどうぞご勝手に、と言うことだろう。(他人様には当然大迷惑だが他人への迷惑など今の時代誰も考えていない。)

 ☆SEALDsは学生の任意の団体であるが、この度、標的を変更して辺野古米軍基地移転に変えるというものである。こちらの方が遙かに中身の濃い重大な社会事犯を採り上げているが、メディアの取り上げ方は一律同様で「あれも同様!これも同様!みんな同じニュースのてんこ盛りだから文句があるなら俺んとこへ言ってこい」という、人を食った思い上がった姿勢がある。日本の報道は既に死んでいるからそんなこともわからないのである。尤も「標的を変えた」とは言っても形だけのことでターゲットは不変だ。

 ☆ローソンのロースカツ丼も不味かった。750円もしたが不味かったのである。何段も囲い込みをしている。それで不味い。考案者は馬鹿である。袋に入れたり間仕切りをすれば料理は上手くなるものだと大錯覚しているのである。おかげでジュース2本を買えなかった。   

 ☆旭化成建材の社長は事故後初めて北海道庁知事に謝罪に訪れたそうだ。これも単なるアリバイ工作だろう。これとは別に、埴谷雄高が親友達の要請に応える形で生涯の自身の代表作『しりょう』『しれい』⇦グーは埴谷雄高の有名な小説がどちらを打っても入力不可能だった。これは私の著述に対する明白な妨害である。他所なら何処でも入る。『死霊』という言葉が入らないのでは後の著述が不可能である。フザケタ話である。

 ☆晩年の埴谷と友人たちの間には一種の齟齬があった。埴谷自身は『死霊』最終第十巻迄自分の手で書き切れるとは思ってはいなかったようである。が、彼の友人たちは悉く彼の方針に反発した。『死霊』は十巻迄行かず、友人たちの疑問は「埴谷自身もその前に死んでしまったらどうする?」というものだった。彼らは埴谷の生命力にも執筆力にも信用出来なかったのである。
 友人たちの疑問は結果から言うとその通りで、彼は危うく命を落とす寸前で十障迄を書き切りここに埴谷の死霊は完成を見た。が、内容は薄く書き繋いだものに過ぎず、埴谷自身が公言していたストーリーとは隔たった物になった。????????????????????????。当初の彼の方針では第十障(⇦これも誤字である。)は「釈迦牟尼と大雄の討論」がテーマになるはずだったが話はそこまで行かなかった。釈迦牟尼は討論に敗れてその場を退き、勝った筈の大雄も砂となって流れた。これが主人公・与志が自分の挿話の中で出した結論である。

[PR]
by musasinokosugi | 2015-11-09 10:48 | 時事
 ざっと見舞わしても、この私を含めて街中に下らない人間ばかりが満ち溢れている。どっちを向いても凡そ世間様のお役に立てないような不心得者ばかりが混在している。みんな他人のことなど慮ってはいない。自分と自分の家族のことで頭は一杯である。他人を信用する時間など誰にもない。これでは翻って道行く人々を信用しろと言う方が土台無理である。みんながみんな他者を信用出来なくなると挙げ句は「他者不信」のスパイラルに陥る。が、人間が人間を信用出来なくなったら人間は終わりである。馬鹿が馬鹿を量産し続けている時代である。特効薬は無い。バカに付けるクスリなどは無いのである。そこでさて、どうするか?
 ??????????????。世も末である。
 世間に「安物買いの銭失い」などという。これは確かに当たっているが、では中位の物や高級品なら買っても損はないのかと言えば全然そんなことは無い。向こうは商売をしている。損をして迄物を売ることは無い。「買う側は必ず損を承知で買う」のである。買えば損だと判ってながらなおさら買うのが我々一般の常識人である。買ってから気づいても遅いのである。「買わないで済ませる」のが最大で唯一の節約術なのである。寂しくもさもしい節約術だが年老いた貧乏人にはこれしかないだろう。

[PR]
by musasinokosugi | 2015-11-02 17:24 |