人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:京都祇園祭 ( 24 ) タグの人気記事

by musasinokosugi | 2011-07-31 01:11 |

7/18.

京都祇園祭宵山16日(土)は夕刻四条烏丸周辺の幾つかの鉾を見て回った。翌日の山鉾巡行は先頭の長刀鉾が9時出発と早かったので、行こうか止めようか迷った末、大分遅れて1時前やはり四条烏丸に到着した。長刀鉾は既に定位置に帰着していたが、月鉾・鶏鉾などはまだこれから帰着するところだった。祇園祭は毎年見ているので、これを見てカメラに納めておかないと何か落ち着かないのである。去年は巡行を午前10時くらいからずっと追いかけていたが、今年は簡略版だった。解体の様子を少しだけビデオに撮ってすぐ引き返して来た。8月の大文字焼は夜間なので例年特に取材に出掛けることはない。次に京都へ行くのは恐らく秋の時代祭になるだろう。鞍馬の火祭りも同時開催されるが、こちらの奇祭は人混みを恐れてまだ行ったことがない。混雑は相当なものらしい。大阪では天神祭や住吉大社の夏祭があるが、私はそっちはあまり熱心ではない。今年の天神祭はギャル神輿が7/23(土)、宵宮が7/24(日)、本宮が7/25(月)ということである。

============

なでしこ、18日未明に決勝=米国と頂上決戦―サッカー女子W杯
時事通信 7月17日(日)14時46分配信
 
【フランクフルト時事】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、日本代表「なでしこジャパン」は17日午後8時45分(日本時間18日午前3時45分)から、当地で行われる決勝で初優勝を懸けて強豪の米国と対戦する。
 国際サッカー連盟の世界ランキングでは米国が1位、日本は4位。1999年以来3大会ぶり3度目の優勝を目指す米国との対戦成績は通算21敗3分けで、日本は未勝利。W杯では91年と95年に対戦しており、3度目の挑戦で勝てば女子サッカー世界一の座に就く。
 日本は今大会、1次リーグを2勝1敗で通過。準々決勝で3連覇を狙ったドイツを延長戦の末1―0で破り、初めて4強入り。準決勝ではスウェーデンに3―1で逆転勝ちし、決勝に進んだ。

============

サッカー女子W杯:日本、初優勝 PK戦で米破る
2011年7月18日 6時21分 更新:7月18日 10時28分 毎日JP

【フランクフルト(ドイツ)江連能弘】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝を行い、日本(なでしこジャパン)がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝した。年齢制限がないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤(INAC)が通算5得点で大会得点王になり、大会の最優秀選手にも選ばれた。

 日本は前半、米国の縦への速い攻めに再三ゴールを脅かされたが、無失点でしのいだ。後半半ば、速攻からモーガンに先制を許したが、35分過ぎ、右クロスのクリアボールを、ゴール前に詰めていた宮間(岡山湯郷)が押し込み同点とした。

 延長前半の終了直前、ワンバックに頭で決められ、勝ち越されたが、延長後半、左CKから澤が押し込み再び追い付き、PK戦で決着がついた。

 世界ランキング4位の日本は、1次リーグを2勝1敗で突破。準々決勝で3連覇を狙ったドイツを倒し、準決勝でスウェーデンに逆転勝ち。初の決勝進出で一気に頂点に立った。米国は3大会ぶり3度目の優勝を逃した。日本はW杯で95年大会のベスト8、五輪は08年北京大会の4位が過去最高だった。

◇PK戦内容◇

  1234計

米国×××○1

日本○×○○3

============

原始地球の熱が残存 東北大・井上教授チームが解明

 地球が形成された約40億年以上前に発生した熱が、現在も地球内部に残っているとする研究結果を、東北大ニュートリノ科学研究センターの井上邦雄教授(素粒子実験)らの国際研究チームが明らかにした。地球内部の放射性物質の崩壊で発生する「地球ニュートリノ」の観測で判明。成果は英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に18日、掲載される。
 地球の内部で生じている熱(地熱)は約44兆ワット。この熱エネルギーはマントル対流や大陸移動、地震などを起こすとされる。地球ニュートリノが発生する時にも熱が発生するが、地熱の何割を占めるかは、地球科学における謎の一つだった。
 研究チームは、岐阜県飛騨市にある東北大のニュートリノ観測施設「カムランド」で、7年8カ月間に106個の地球ニュートリノを検出した。これまでに地球ニュートリノを検出できる割合が分かっており、それから総量を計算すると約21兆ワットになった。
 この結果、地熱の約半分が、地球内の放射性物質起源によるものと判明した。
 宇宙のちりが集まって誕生した地球は、溶解して鉄を中心とした重い成分が中心に沈み、約40億年以上前に核を形成。このとき発生した重力エネルギーが、原始の熱に変換されたと考えられる。
 地球ニュートリノ以外に地熱に寄与する大きな要因はなく、研究チームは残りの約23兆ワットが地球形成時の原始の熱であると推定。地球の核が徐々に冷えながらも、原始の熱を残しているとの結論を出した。
 井上教授は「地球ニュートリノを道具として、地球内部を調べることが可能になり、今回は謎の一つを解明できた。地球科学の謎はまだあるが、地球ニュートリノ観測によりさらに解明が進むだろう」と話している。

[地球ニュートリノ] ニュートリノは物質を形成する素粒子の一つで6種類ある。地球ニュートリノはこの中の「反電子ニュートリノ」で、地球内部のウランやトリウムの崩壊により、熱を伴って発生する。他の粒子とほとんど反応せず、地球や人体を通り抜けるため観測が難しいが、東北大などの国際チームにより2005年、世界で初めて検出が発表された。

2011年07月18日月曜日 河北新報

============

by musasinokosugi | 2011-07-23 12:05 | 時事
by musasinokosugi | 2010-07-29 12:14 |
by musasinokosugi | 2010-07-29 11:49 |

2010年山鉾巡行29♪

by musasinokosugi | 2010-07-27 21:55 | 写真・ムービー等

2010年山鉾巡行28♪

by musasinokosugi | 2010-07-27 21:49 | 写真・ムービー等

2010年山鉾巡行24♪

by musasinokosugi | 2010-07-27 07:05

2010年山鉾巡行23♪

by musasinokosugi | 2010-07-27 06:54 |

2010年山鉾巡行21♪

by musasinokosugi | 2010-07-26 22:23 | 写真・ムービー等

2010年山鉾巡行20♪

by musasinokosugi | 2010-07-26 19:57 |