人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:橋下大阪府知事 ( 3 ) タグの人気記事

鳩山・麻生・東国原。

d0136282_1610016.jpg

2009年7月1日 23時37分 ( 2009年7月2日 09時15分更新 ) 毎日jp
<橋下大阪府知事>首長グループ構想 政党支持を事実上断念

 大阪府の橋下徹知事は1日、次期衆院選に向けた首長の政治グループ結成構想に関し、「政党支持まで掲げると、(首長の)参加は厳しいかと思う」と述べ、グループとしての政党支持を事実上断念する考えを示した。これに先立ち、大阪市内のホテルで開いた府内の市町村長への説明会では、出席者から「政党支持を言うなら参加できない」など否定的な意見が相次いだ。

 説明会には43市町村長のうち24首長が出席。橋下知事は「国に圧力をかけるため必要なパワーは、選挙で応援するかしないかに尽きる」と政党支持に理解を求めた。これに対し、地方分権の推進では全員が一致したものの、政党支持も含めて参加を表明したのは1人だけだった。【福田隆】

============

 橋下知事の「今が(地方分権を国に認めさせる)最後のチャンスだ」というもの言いも根拠が薄弱であるというか、ないに等しい。まず原則日本国が続く限り「最後」などということはあり得ない。①衆院選で自公がかろうじて政権の座に踏み止まり②尚かつ来年の参院選でも自民の失地回復がなると決まっているのなら、確かに今回の衆院選が(当分)最後のチャンスという言い方も或いは可能と思われるが、それら両方が実現する可能性は極めてレアケースと言ってよく、まして今回仮にも一旦「政権交代」が成ったなら、「地方分権」のチャンスは今後何回でも波のように押し寄せ得るだろう。つまり、この橋下提言は「自公政権存続」が大前提であると言い得るのである。

============

 鳩山兄の個人献金だが、これはおかしな話である。秘書に有事の際(?)必要と思われる緊急の資金を預けておいたら、秘書がこれを勝手に架空名義で自分の政治団体に献金していた(?)なんて話が実際あり得るのだろうか。しかも2,200万円なんて額は鳩山兄にしてみれば微々たる金額の筈だからこんな細工をしてまで「脱税」する意味がない。なんなんだ、これは?!一昨夜の阪神みたいに「満塁ホームラン打たれて大逆転」みたいなことにはならないだろうな。頼むぜ、おい。
 普段個人献金が少ないということで、秘書が勝手に気をきかして余計な粉飾を行ったというのだが、これでは監督不行き届きの誹りは免れないし、そもそも「政治家は虚飾の自己演出はしてはならない」という基本的な教育を怠っていたということになる。しかもこれをやったのが公設秘書だと言うんだろ?何をやってんだろうね?・・やっぱりあれだね、こうしてみると代表は「付け届けは一切はじき返す」という「鉄仮面=岡田」にしておいた方が市井の人気も高かったんだし、無難だったってことにならないか。あちゃ。おまけに金権・自民党に「二代続けて民主党の代表は金に汚い」なんて言われてりゃあ世話ないぜ。どうして毎度毎度こうなるのかねえ・・。

============

「政権交代は必ず景気後退」首相が民主批判 6月29日21時23分配信 読売新聞

 麻生首相は29日の参院決算委員会で、民主党が無駄遣いの根絶や埋蔵金の活用などで20・5兆円の財源を確保できると主張していることに関し、「予算の分類を変更しただけで財源が捻出(ねんしゅつ)されるがごとき話をしているが、そんなことはあり得ない。政権交代は必ず景気後退になる」と批判した。

 自民党の西田昌司氏の質問に答えた。最終更新:6月29日21時23分 読売新聞

============

自民、鳩山氏を徹底追及へ=「故人献金は違法行為」
6月30日21時8分配信 時事通信

 自民党の細田博之幹事長は30日夜、鳩山由紀夫民主党代表が故人の名を個人献金者として政治資金収支報告書に記載していた事実を認めたことを受け、都内で記者団に「亡くなった方が献金するわけはない。どういう実態かしっかりと説明していただきたい。法律上は違反行為であるのは間違いない」と批判し、鳩山氏を徹底的に追及していく考えを示した。
 また、自民党の菅義偉選対副委員長も、横浜市内で記者団に「野党の代表としてあるまじき行為だ。脱税も予測されるから国民に説明すべきだ。国会での参考人招致や証人喚問を含め、当然説明してもらう」と述べ、国会の場で鳩山氏の問題をただす方針を強調した。 

============

2009年7月2日 01:20 知事、熊本市長不参加の意向 首長連合

 蒲島郁夫知事は1日の定例会見で、衆院選を前に大阪府の橋下徹知事が呼び掛けている首長グループについて、「全容が分からないので簡単に判断することはできない」と述べ、現時点で参加はせず、当面は活動を見守る考えを明らかにした。熊本市の幸山政史市長も6月30日の会見で参加しない意向を表明した。

 蒲島知事は「地方分権を掲げた行動に共感を覚えており、誘われもしたが、目的や活動の方向性が明確ではない」と理由を説明。衆院選で支持政党を表明するかどうかについては「任期中、特定の支持政党を表明することはない」と述べた。

 幸山市長も「地方分権をさらに進めていく意味では大いに賛同する。ただ、これまでどの政党とも距離を取ってきた政治姿勢を大事にして、参加することはない」と話した。 =2009/07/02付 西日本新聞朝刊=

============

鳩山氏献金問題、与党が本格追及へ
2009年7月2日1時20分 『朝日新聞』

 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体の収支報告書に、故人や献金していない人の名義が記載されていた問題で、自民、公明両党は1日、「鳩山民主党代表の個人献金偽装問題」プロジェクトチーム(PT)を立ち上げた。自民党役員人事などで迷走した与党は、鳩山氏の献金問題の責任を追及し、反転攻勢に転じたい考えだ。

 麻生首相は1日夜、鳩山氏の献金問題について「説明としては、すごくちぐはぐなような感じがした。何となくおかしいなという感じがする」と記者団に語った。

 自民党の村田吉隆・国会対策筆頭副委員長は1日のPT後の会見で、30日の鳩山氏の説明について「言い逃れに終始し、なぜ個人献金に偽装しないといけないのか、まったく理由が分からない」と批判。さらに「(鳩山氏の)政党支部の場合、多くの議員が全部12月25日に『クリスマス献金』をしている」と指摘。鳩山氏に「(個人献金の)原資はどこか、明らかにするべきだ」と説明を求めた。

 民主党提出の政治資金規正法改正案の審議入りに同党が難色を示すことに、自民党の葉梨康弘国対副委員長は「鳩山氏の問題が大きくなることを恐れている」と批判した。

 一方、衆院政治倫理確立・公職選挙法改正特別委員会は1日の理事懇談会で、与党提出の公選法改正案と政党助成法改正案について、2日に審議入りすることを決めた。与党は同特別委で鳩山氏の献金問題を追及する構えだが、民主党は「与党の自作自演につきあう必要はない」として、審議を欠席する見通し。

============

 東国原を麻生が現時点で入閣させなかったのは当然で、彼を引っ張って来るというのは元々古賀選対ら倒閣勢力の陰謀である。だが東は最近はいよいよ中央志向が激しくなって「(大臣になって雛壇に)並ぶだけなら止めておいた方がいい」と盟友の筈の橋下知事にまで釘を刺された。今回の一件で、彼のこれまでの異様なバブル人気は今急速にしぼみつつあると私は思う。今の彼は単なる猟官主義者だ。

 で、外交・防衛と財源と、この鳩山問題が目下のところ自公の言わば『三種の神器』である。ここに自公は今から野党になる練習を始めているという感じもするのである。w

============

by musasinokosugi | 2009-07-02 10:20 | 時事

橋下も動く。

d0136282_1495687.jpg

 今朝のスーパーモーニングは終了寸前、宮崎県庁の知事室前を異例の割り込みで報じた。何かあったのかと思ったら「東国原知事が登庁して来ました!集まった報道陣は20人、他に県庁観光の方も10人いらっしゃいます!」と取り乱して絶叫しただけである。この現場のなんたらいうディレクターからして既に過剰な群集心理が働いている(或いはそのように装っている)のである。
 ばかやろう!
 知事が県庁に入るのがそんなに珍しいのか!
 この常識も見識も皆無の「狂乱報道」をまたしても引き出したというだけでも、今回の古賀と東国原の会談には充分意味があったと言わなければならない。「小泉劇場」以来一片の反省もないメディアである。まあこういう低水準の報道こそをスポンサー各社は望んでいるということだろう。

*ところで暗躍ばかりが目立つ最近の古賀の言行だが、これが「単独行動」の筈もないとしたら、背後で彼を支え連携しているのはいったい誰だろうか。「ポスト麻生」まで日程に上がらせているのだからまさか麻生本人ではないだろう。笑。中川・武部らの自称「構造改革推進派」か、チーズ・森の一派か。後者だとしたら裏にはまたしてもナベツネが暗躍していることになる。この爺さんは反麻生だから、辞任前の鳩山弟を国士だと褒め称えていた。いずれにせよこれはれっきとした倒閣運動である。

============

2009年6月24日 22時01分 毎日jp
<西松事件>「法違反はない」…小沢氏が公判に初言及

 民主党の小沢一郎代表代行は24日、西松建設前社長の初公判で、検察側が公共事業受注に関し「小沢事務所から『天の声』が出ていた」と指摘したことに「私も、事務所の者たちも、法に反することは一切していない」と反論した。19日の公判に関して小沢氏がコメントしたのは初めて。

 一方で、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相がダミー団体を通して迂回(うかい)献金を受けていた問題については「私は選挙担当で、他の人について論評する立場ではない」とコメントを避けた。愛知県田原市で記者団の質問に答えた。【渡辺創】

============

 与謝野の釈明を聞いていると、西松絡みの小沢サイドからの釈明と言葉上極似していることがわかる。「政治と金の問題」の経済事案としても(こちらは給料から強制徴収した金を迂回献金したとのことだが)似たような話だからである。与謝野は貰った五千万を返さないと言っているが、離党した渡辺は「不適切とわかれば返却する」と答えている。自民と非・自民とでは同じ趣旨の金を貰っても対応がくるりと変わってしまうところが私には興味深かった。与謝野は現内閣で3つの重要な大臣ポストを兼任するという異常な体制であるから、もしこれがヤバイということになれば即麻生は退陣だろうが・・。

============

2009年6月24日 21時03分 ( 2009年6月24日 23時53分更新 )毎日jp
<東国原知事>次期衆院選出馬に意欲…「地方のために行く」

 宮崎県の東国原英夫知事は24日、次期衆院選について、県庁内で「地方のために、国を変えるために国(国政)に行くと言わせていただく」と述べ、自民党公認候補として出馬することに意欲を示した。一方で、23日に示した二つの出馬条件に変わりがないことも強調。自民党の回答や県民の声も踏まえ、慎重に判断する意向だ。

 東国原知事は「自民党が改革していこうと言うのであれば、私は言い出しっぺの責任がある。後援会を含め(県民の)理解を得られたら、地方のために(国政に)行く」とも述べた。【石田宗久】

============

橋下知事ら20首長が新グループ…衆院選の支持政党表明へ
6月25日3時7分配信 読売新聞

 大阪府の橋下徹知事は24日夜、東京都内で横浜市の中田宏市長らと会談し、地方分権の推進を目指す自治体首長らによる政治グループを結成する方針を決めた。

 次期衆院選で各政党が政権公約(マニフェスト)で示す地方分権政策を見極め、政党支持を表明する考えだ。

 会談には、ほかに中村時広・松山市長、露木順一・神奈川県開成町長が参加した。橋下知事は会談後の25日未明、読売新聞の取材に対し、新グループについて「全国知事会や全国市長会といった既存の枠組みを超えた政治運動にしたい」と述べた。

 現時点で全国約20人の首長が賛同している、という。

 橋下知事は「応援した政党が負ければ国からの予算配分はひどいことになる。(知事を)辞める覚悟を持って取り組む」と語った。
最終更新:6月25日3時7分 読売新聞

============

東国原知事、出馬なら「比例」で 自民・古賀氏が明言

 自民党の古賀誠選挙対策委員長は24日、次期衆院選の出馬要請のため23日に会談した東国原英夫宮崎県知事について、立候補する場合は比例代表での出馬になるとの認識を示した。古賀、東国原両氏の会談に対し、説明を求めた丸山和也参院議員と党本部で面会した際に、明らかにした。

 丸山氏によると、古賀氏は東国原氏について「衆院選に出たいというなら比例しかない。本人次第だ」と明言。ただ具体的な比例代表のブロック名には言及しなかったという。古賀氏は丸山氏との面会後、出馬の可能性について記者団に、「(東国原氏は)意欲を示されているので、ゼロではないと思う」と期待感を示した。(08:01) NIKKEI NET

============

橋下知事ら「優れた政党を示したい」 nikkansports.

 大阪府の橋下徹知事らと自治体の首長でつくる新グループ結成で合意した松山市の中村時広市長は25日、「あまりにも(政党間で地方分権政策に)差がある場合には、この政党の方が優れた取り組みをしようとしているということをメッセージとして出していきたい」と述べ、次期衆院選での支持政党表明も必要との考えを示した。

 松山市で記者団の質問に答えた中村市長は「リスクを負って、政党に地方分権をどこまでやるのか突きつけたい」と強調。橋下知事らとの協議については「各政党に地方分権をどこまでやるのかを約束してもらうきっかけを、どのようにつくるか考える時がきたのではないか、という話をした」と明らかにした。

 中村市長には今月に入って、横浜市の中田宏市長から呼び掛けがあり、会談に出席したという。(共同)[2009年6月25日13時0分]

============

 これは選挙公約だけの話で「言うだけ」なら自民党とて民主党に比してそれ程見劣りする施策を打ち出すわけもないから、言ってみただけだろう。
 仮に彼らがはっきり「民主支持」を打ち出さなかった場合「民主も自民も(地方分権に関して)政策的にはどっちもどっちで同じですよ」と評価したに等しいわけである。まやかしの言葉が乱舞する季節である。

============

by musasinokosugi | 2009-06-25 14:03 | 時事
d0136282_12574691.jpg

 古賀の宮崎県庁訪問は20分で終わったがこれは第一幕に過ぎず、記者会見の後は料亭で両者の側近を交えて2時間に亘って六人で鍋をつついたというから「なんだ、これは出来レースじゃないか」と私は察した。会談内容は後になって東の隣の席にいたという副知事が詳細にわたって解説した。
 いかにも降ってわいたようなそのまんま東の騒動だったが、これが最初から仕組まれていた大芝居だったかどうかは結果を見ればわかることである。一例を上げれば『東国原は東京の比例ブロックから出馬し(←これが自民党にとって一番旨味がある)当選後は副総理格総務大臣で登用、全国知事会の公約は極力実現に努力する』あたりで両者が合意に達するのなら、こんなのは最初から落としどころが決まっていた見え見えの猿芝居だったということになる。
 「自民党内の反発」と言ったところで「敵を欺く前に味方を欺く」というのが陰謀の鉄則であるし、わかって反発してみせている狸どもも大勢いる筈である。今の自民党には自力更生の力もなく相当いじけてひねくれているから、これくらいの策動は平気でやってのける。「手打ち」に至るのなら即ち謀略であると言っていい。「総務大臣の椅子を用意するから出馬して下さい」「はい、喜んで」などとまともにやっても、下がる一方の支持率に歯止めがかかる筈もないからここは一芝居打ったわけである。

 今朝の小倉さんの番組では東京の街頭で行われた「次期総理にふさわしい人は?」との緊急アンケートには東国原が断然トップで麻生の四倍、鳩山兄の三倍のシールがペタペタ貼られていたから民主党も気が気ではないだろう。宮崎県庁に来るメールは87%が東の国政進出に反対とのことだが、あの男の方は「今更宮崎のセールスマンなんてやってられるかよ」と内心うそぶいているかも知れないのである。

*どういうブレーンが付いているのか知らないが、大阪の橋下知事は常に先手を打って自分のやりたいこと、やりたくないことを次々と明らかにして来たから人気が出るのはわかるが、一方の雄・東国原がなんでここまで人気があるのか、私には今ひとつ飲み込めない。しかし今やこの二人がタッグを組めば天下を取れそうな勢いがあるのは確かである。そして裏で彼ら二人のタレント知事が連携していない保証など何一つないのである。

============

2009年6月24日 12時26分 共同通信
自民、古賀氏へ批判相次ぐ 東国原氏出馬要請で、辞任要求も 

 自民党で24日、古賀誠選対委員長が東国原英夫宮崎県知事に次期衆院選への立候補を求めたことに批判が相次いだ。午前の参院議員総会では丸山和也氏が「党にエネルギーがないから『力を貸して』と言うこと自体が既に敗北。古賀氏の責任を追及すべきだ。即刻辞任してもらっていい」と辞任を要求。出席者からは「そうだ」と同調する声も出た。

============

by musasinokosugi | 2009-06-24 17:50 | 時事