人気ブログランキング |

時事、写真、身の回りの事、etc.


by musasinokosugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:税金の使い道 ( 1 ) タグの人気記事

静岡県知事沈没。

d0136282_2152202.jpg


 WBCV2の経済波及効果だが、今日の報道では550~560億円と大分底上げされていた。笑。これもしかし純然たる『箪笥預金』や『床下預金』が関連グッズや記念セールへと大挙して参入して各種商品に化けるというのならまだしも、一般消費者には無尽の可能処分所得があるわけではなく皆さん財布の額は決まっているから、幾ら物流が刺激を受けるからと言ってそのまま景気が上向くなどという美味い話にはならない。「消費マインド」には好影響というだけのことだ。

 それで私が思ったのは、確かに日本の野球は今回世界一になったが、これは「アメリカ型の野球」をやって一番だったというよりも、今甲子園でやっている「高校野球」をやってトップに上り詰めたというのが正確ではないかということである。
 アメリカの国技たる「ベースボール」はもっとワイルドかつパワフルであって、「ダイナミックな力と力の激突」という意味では日本の野球の比ではないが、反面「緻密さ」「(ノムさん流)インサイド・ベースボール」「繋ぐ野球」という意味では日本に到底追いつかないことが今回計らずも露呈してしまった感がある。
 プロ野球が始まってまだ24年という韓国の野球は日米の中間に位置し、中南米その他欧米系の野球はアメリカより更にパワフルで力任せの野球をやっているという印象である。
 
 ただ日本の野球が大リーグでも十分通用することが認められるようになったのはせいぜいここ十数年のことで、昨年現役からは引退した野茂英雄投手がドジャーズにトレードされた1995年あたりからだろう。
 それまでの日米野球なんてあーた、大人と子供のタタカイだったもんね。あちゃ。
 今回韓国の名将=キム・インスク監督は「日本の技術」の優位を戦前から認めていて、決勝戦の敗因は「イチローと勝負したことだ」と悔やんでいた。(←ベンチからは敬遠のサインを出していたがそれが通じなかったというのだ!)イチローも以前「これで韓国には30年負けない」などと言わないでいいことを言って挑発したが、皮肉にもその挑発が最後の最後になって生かされたことになる。
 いずれにせよ、北京を全勝で制した韓国と侍ジャパンとは「極東の双子の野球」を展開する好敵手同士である。アメリカには別の国技=バスケットボールはあるが、惜しむらくは高校野球の伝統はない。w

============

 石川静岡県知事、辞職へ=空港立ち木問題で引責-午後に正式表明 jiji.com

 静岡県の石川嘉延知事は25日、静岡空港(同県島田市、牧之原市)西側の私有地に航空法の高さ制限を超える立ち木が残され、滑走路が短縮されて開港が延期となった問題の責任を取り、近く辞職する意向を固めた。同日午後に記者会見して正式表明する。
 同空港の滑走路は本来2500メートルだが、県の土地収用作業のミスにより西側私有地に残された航空法の制限を超える高さの立ち木や土地が障害となり、暫定的に2200メートルに短縮して運用することを余儀なくされた。短縮工事のため、当初3月を予定していた開港は6月に延期となった。
 2500メートル滑走路での完全運用のためには、地権者から除去の同意を得る必要があったが、交渉は難航。地権者は、除去の条件として、知事の辞職を求めており、要求に応じた形だ。 
 石川知事は1月末、一連の問題の責任を取るとして自身の給与カットを表明するとともに、空港の完全運用を自らの政治責任と位置付け、地権者から除去の同意を得られない場合、民事訴訟を提起して強制除去を目指すとしていた。しかし、訴訟を起こしても確定までには少なくとも数年掛かる上、県議会与党の自民党からも知事に対する反発が高まっていた。
 石川知事は1964年自治省(現総務省)入省。静岡県総務部長、自治省公務員部長などを経て93年知事に初当選し、現在4期目。7月末に任期満了を迎えるところだった。
 私有地地権者の男性(49)は取材に対し、「(会見の)内容を確認しないと正式なコメントはできないが、責任を明確にした上で、辞職するならば(立ち木の)除去には応じる」と話した。(了)石川嘉延(いしかわ・よしのぶ)(2009/03/25-09:46)

============

*静岡空港は①こんなところに果たして新空港が必要か②作ったところで利用者はあるのかといった基本的な視点から当初より批判の多い空港計画だったが、そこへこの立ち木の問題が浮上して、県当局は開港を急ぐあまり初歩的測量もおざなりにしていたことが発覚した。筋の通らない県の不手際とごり押しに待ったをかけた地権者に対しては「強制代執行」での正面突破を謀ったが、結局これもかなわず今回の辞任表明に至ったわけである。

 元々、官(国交省等)と地方政界が「談合」して何かいいものが出来た試しはない。狐狸しか通らない高速道路然り、一向に利用されない箱物然り、グリンピアもカンポの宿(←これは「民間」郵政だが)も、税を大量投入すること自体が自己目的化され、あとは野となれ山となれの状態もしくは破格の安値での売り飛ばしである。こういう税金の使い方はもはや通用しないのである。

by musasinokosugi | 2009-03-25 11:24 | 時事